« 6F 続・カーボンラック | トップページ | 未開封中古&プレミアム中古レコード盤情報! »

2015年2月22日 (日)

英国の音・・・Goldring社 カートリッジのご紹介。

Analog2f
 
株式会社ナスペックがこの度扱うことになった英、Goldring社のカートリッジを試聴しました。

http://naspecaudio.com/category/goldring/

全13モデル、良い意味で個性、魅力のあるカートリッジでした。

Resize1266

以下は簡単なレポートです。まずMC型カートリッジから

Resize1268EROICA LX-MC
落ち着いたサウンド、ELITEほどではないがオルトフォンと比べると少しくすんでいてシブい音。解像度はほどほどで厚みも適度にあります。後で聴いたELITEと比べると個性はないもののどのジャンルもオールマイティーに楽しめると思います。

EROICA H-MC
LXよりも前に出てくる感じでしょうか。こちらもオールマイティーだと思います。

Resize1272 ELITE-MC
厚みがあり、柔らかな音。レガシーと比べると解像度は落ちる。というか別の特徴のカートリッジ。クラシック向けかと思いましたがジャズも厚みがあり、ベースにコシが入っていて楽しい。アタックは強くでてくるタイプではないですが、十分イケます。弦楽器は気品と奥ゆかしさを感じます。英国の音?なんとも言えない味わいがあり、分析する感じではなく芸術的。他のメーカーと比べても良い意味で個性の強いカートリッジです。

Resize1270_2 LEGACY-MC
弦楽器の繊細な表現も難なく再生。ピアノのタッチもクリアかつ明瞭で、和音の重なりも全く濁らずに再生できます。分解能、クリアネス等のオーディオ的な性能はピカイチ。クラシック、ヴォーカルは美しく、品があります。ジャズだと線が細くグルーブ感が出にくく、個人的にはあまり向かないと思いました。

MM型カートリッジ

ELAN
バランスは良いものの音数が少ないです。今回聞いた13点の中で一番価格的にも安いが、これだけ聴いていてもあっさりしていて何か物足りなさがあります。

ELEKTRA
ELANに比べ格段に音数が増え、厚みが出てきます。低域寄りで前に張り出す感じがあります。ジャズ、ヴォーカルも楽しく聞けます。クラシックは少し荒さを感じ、ピアノだと和音のffだと苦しくなります。価格差を考えるとELANにするなら絶対ELEKTRAにするのをお勧め致します。

Resize1271 1006
ELEKTRAよりもさすがに解像度が高く、このシリーズでは一番元気が良いです。音の重心は低域寄りでベースが太い。反面シンバルの伸びはないですね。エネルギー充実でジャズは楽しい。少し荒いもののクラシックも楽しめます。

1012(カタログからは外れています)
1006より音が広がり、高域も伸び、ブラシ、シンバルの表情が出てきます。バランスも良いです。

1022
(カタログからは外れています)
大人しめで端正。落ち着いた音。あまりエネルギーを感じない。理由は分からないがこのシリーズの中では音が引っ込んで聴こえました。

1042
ベース、ドラム、メロディーのバランスがとても良く、演奏が上手く聴こえます。1022よりもエネルギーがある。MMらしい押し出しもありながら雑な感じはないのが素晴らしいです。ウォームな雰囲気。このシリーズでザラつきが一番なく、
木管の滑らかさもでている。MM型としては価格も高いですが、凄く良いカートリッジだと思います。

IM型カートリッジ

G2100
同じくMMポジションで聴けます。1000シリーズよりも細かな音を良く出します。すっきりして整った音。ただ弦楽器がぎらつきを感じます。鉛筆でいうとHか2Hくらいの感じでしょうか。

G2300
2000シリーズの中で音が引っ込んで感じる。2100で感じたぎらつきは薄れますが、全体が大人しい感じに聴こえました。

G2500
管楽器、弦楽器の表情も良く出てきます。さすがにこのシリーズで一番良いですが、それでもあまり好きな音ではないです。個人的にはこの価格ならEROICAを買った方が絶対に良いと思います。

今回試聴して感じたのは、EROICA、ELITEと1000シリーズがGoldring社本来の音ではないかということです。カートリッジを取り換える意味のある特徴があって好きですね。

ELITE、EROICA、1000シリーズ、ELEKTRAは使いやすく、音も良いカートリッジだと思います。
中でもELITEは凄く気に入りました。他社と比べてもこのカートリッジの持つ個性は独特で、得難い音色を持っています。今後も仕様を一切変えずに作り続けてほしいですね。

2000シリーズはデジタル時代のアナログという感じで現代の録音には良いのかも(想像です)しれませんが、いわゆるアナログならではの厚みのある音で楽しみたいのならお勧めしません。

Resize1267_2 注意としてはどのカートリッジも自重が軽いためシェルの選択を間違えるとバランスをとれず、アームによっては針圧をかけられないこともあります。今回の試聴ではオルトフォンの「SH-4」(重さ9.4g)で行いましたが使用したORTOFON 「AS-212S」ではギリギリ、場合によってシェルにウェイトを付けました。重さ13g前後のシェルをお勧め致します。

それとカートリッジの針カバーが簡単に外れやすいので、シェルに取り付ける際はマスキングテープなどで軽くとめておくと良いです。

全てのカートリッジの展示は難しいので、LEGACY、ELITE、EROICA LX-MC、1006、1042、ELEKTRAを選んで展示することにしました。準備ができましたらまたご連絡致します!


上遠野 ken@dynamicaudio.co.jp

KATOUNO SOUND CHECK

http://www.dynamicaudio.jp/5555/2/ken/index.html

■■■■是非、御試聴下さい!■■■ 

↓下記までご連絡くださいませ。

Shtop 2F SOUND HOUSE FLOOR

電話:03-3253-5555/03-3253-2001

FAX 03-3253-5556       

営業時間:11:00~20:00

|

« 6F 続・カーボンラック | トップページ | 未開封中古&プレミアム中古レコード盤情報! »