« ★H.A.L.3 News★HAP-Z1ES-2015.2.6 | トップページ | スプリングフェスティバルへのご招待 »

2015年2月 9日 (月)

6F カーボンラック

どうもこんにちは。今日はいちだんと寒いですね~
 
新しいラックを紹介します。高級ラック登場ですよ~
 
Aeon
ステンレスの柱とカーボンの板で
構成されたラックです。
←は板無し状態。
 
このメインフレームはカーボンと樹脂の複合材です。
足は平足でした。(クッション付)
スパイクだと音が鋭すぎるのでしょうか?
他のモデルがスパイクなので、音的な理由が
あるのでしょうね。
 
Aeon2
クッション材の上にカーボン板を
乗せます。組立自体はお手軽。
この部分は中が空洞になっているのが
下から見るとわかります。
 
続いては板の部分。
 
Aeon4
こちらは綺麗な光沢があるカーボン。
美しい仕上げになっております。
こちらも空洞な気がするので、
長方形ではない形にしているのかと思います。
 
音に関してはとてもピントが合っていると感じました。
融通の効く作りではありますが、
価格に見合った質の高い音が出せると感じました。
 
さて、カーボンはかっこいいです。
体力の関係で2種類ですが、製品を入れてみました。
珍しく大きめの写真にしています!
変なものが映り込んでいたらごめんなさい…
 
Aeon_ch
これはCH PrecisionX1』です。
3段なので、1番下は電源部。
なんだかこの状態でもかっこよく
見えてきます。
 
Chcarbon Chcarbon2
 
 
 
 
 
いかがでしょうか?なかなかかっこよく
収まっていると思います!
結構、横幅のあるラックという事が伝わると良いのですが。
 
Esotericcarbon
続いてESOTERIC
3段ラックですので、電源部2個は
省略しております。
 
明るめの製品を乗せても締まった印象になります。
Bassocontinuoは見た目にこだわったラックを
制作しているので、お洒落です。
カーボンが似合う部屋はすごくかっこいい部屋でしょうね。
 
写真、1段目のメインフレームを見るとわかりますが、
わりと下に干渉する作りなので、柱の長さを
考えるときは注意が必要ですね。
 
入れて出しての作業は単純ですが、
機器が重いので腰が痛いです。
写真だと傾いて見えますが、撮影者のせいですのでcrying
 
しばらく展示しています。
入口のところですが、かっこいい機械を依頼しています。
お楽しみに!
 
5555 / H.A.L.Ⅱ / A.武田でした。

|

« ★H.A.L.3 News★HAP-Z1ES-2015.2.6 | トップページ | スプリングフェスティバルへのご招待 »