« 2014年6月8日 - 2014年6月14日 | トップページ | 2014年6月22日 - 2014年6月28日 »

2014年6月21日 (土)

6F K-01/3 Xを聴きました!

どうもこんにちは。

 
先日、ESOTERICの新製品である『K-01X』と『K-03X』の
試聴をさせていただきました。
 
ESOTERIC社の試聴室で聴きました。
初めて聴くスピーカだったのもあり、その時感じた事が
今回のブログになります。
 
製品の性能、特徴については公式ページを見ていただき、
このブログに関してはあくまで個人的な感想を述べるだけ
になります。
 
・『K-03X
外観の小変更でも、だいぶ違う物に見えました。
しかし、以前のK-03とCDでの比較を行った時に
大きな変化が感じられました。
 
K-03を聴き、続いてK-03Xにした瞬間に感じたのは
音の艶やかさと余韻でした。
ピアノソロだったので、どうしても余韻の出方は
気になります。
 
03Xは余韻、音の減衰のしかたが滑らかに感じました。
これも34bit処理の賜物なのでしょうか?
特に痩せたような感じもないですし、神経質にも
なっていません。
活き活きとしたなり方になっており、定価自体は
上がってしまいましたが後述するK-01Xに近づこうと
した感じがよくわかりました。
 
このクラスでも100万円を超えるというのは、1つの
ハードルだと思います。CDにそんなにかけない!という
方もいらっしゃいます。一体型プレーヤとして、今の
ESOTERICの再生機の基盤になったとも言えるこの機種達が
しっかり同じ方角に向かったと思えるのは
とても良い事じゃないでしょうか?
 
周りの環境に対応しつつ、今回も高レベルな製品に
仕上がっていると思いました。
 
・『K-01X
個人的に1番気になっていたのがこのK-01Xです。
今までのブランドイメージから大きく変化があったK-01から
どんな変化があったのか気になっていました。
 
後発のセパレートP/D-02、またgrandiosoからの技術が
多く反映されていますね。音にもその部分が表れていました。
 
音のエネルギーは前によく出るようになったと思います。
K-01は奥に引っ込みやすかったので、ある意味大きな違いが
ここにあるように感じました。
 
この空間のでかたに関しては好みのわかれるとことだと思います。
 
ただ、音が生々しい。
 
より鮮明で、力強くなっていながらサ行の子音や
ピアノのアタックによる耳が痛くなるような部分でのきつさは
さほど変わらない印象でした。
 
この音にするには、かなりの努力・苦労があったのでは?
という思いと、信じられずに再検証したい!という思いが
あります。
 
ここ(◆)を良くすると、そこ(◇)が悪くなる
逆にそこ(◇)を良くすると、ここ(◆)が悪くなってしまう。
このくらい相反するような部分をとても良くまとめてきたと
思いました。
 
そして低音楽器が入ってきた時に、より低い帯域まで
真っ直ぐに伸びていると感じました。
ウーファから出てます!というような低音ではなく
音として自然に、振動として床からもうまく伝わってきました。
足がしっかり地に着いているような音の印象です。
 
エレキベースとかの音源だとあまり目立たない帯域ですが
ウッドベースを始め、大編成のオーケストラやパイプオルガン
等の超低音まで入っている音源であれば
この変化は大きいと思います。
 
変化があったということで、全く新しいK-01K-01X
なったわけですが、このレベルであればどちらも甲乙つけ難い
魅力を持っていることに変わりはありません。
 
改めてK-01が良い製品だったと感じましたし、
K-01Xにも大きな期待ができました。
 
K-01K-03に関しては在庫は極少とのことなので、
過去形表現にいたしました(^^;
 
発売を待っている方には楽しみにしていてほしいですし、
既にK-01をお持ちの方には興味を持ってほしい製品です。
 
~最後に~
実はESOTERIC試聴室に行くのは初めてでした。
冒頭にも記載いたしましたが、スピーカも初めて聴く製品で
今後の発表を待つところです。
 
国産100万円前後のCDプレーヤは本当にレベルが高いと
思いました。当然grandiosoも置いてあったのですが、
聴き比べるというような事はしませんでした。
 
値段も違いすぎますし、ESOTERICとしての最高峰は
grandiosoなわけで、あえてどう違うか比較する必要は
ないと思っています。
 
それだけK-01X/K-03Xという2機種は完成している。
そう思いながら、楽しい時間を過ごしました。
 
K03x_k01x  
 
5555 / H.A.L.Ⅱ / A.武田でした。

|

LUXMAN 「D-06u」展示しました!

Real_soundcheck_3

LUXMAN 「D-06u」展示しました!

http://www.luxman.co.jp/presspro/d-06u
 

Resize1053
 

ブラスターホワイトのフロントパネルに、ヘアライン仕上げのトレイパネルやトップパネル・・・前作D-06と同様ですが、落ち着きと高級感のあるものです。シャーシは変えていませんが、その分デジタル回路をはじめ内部は一新しております。ディスプレイの表示が大きくなりました。

Resize1052

USB接続によるファイル音源の再生にも対応しました。USB入力は、最大384kHz/32bitのPCMデータと、DSDデータ(2.82M、5.64MHz)に対応。S/PDIF入力は、最大192kHz/24bitのPCM信号に対応しております。

Resize1054

早速「LUXMAN Audio Player」でDSDファイルの再生も行いました。設定は非常に簡単でインストール後すぐに認識してくれます。ファイル再生には初めてという方にも迷わないと思います。この辺りの気遣いもラックスマンならではですね。


Resize1051


DSDファイルを認識するとサンプリングレートが表示されます。高品位なDSD音源はさすが・・・と思いましたが、
CD、SACDも負けじと素晴らしいサウンドを聞かせてくれます。ヌケの良いクリアーなサウンドですが、特に微小信号のディテールが豊かにかつ自然に再現されるようになりました。楽器の音色も正確に引きだしてくれます。このクラスでは出色の出来です!LUXMANのラインナップの中では真ん中のモデルですが、これで十分と言い切れる音質を持っております。

LUXMAN 「D-06u」
定価\580,000(税別)


販売価格お問い合わせ下さい!


なお、LUXMANより発売を記念しまして、初期出荷から200台を
標準で付属する電源ケーブル JPA-10000 を上位モデルの JPA-15000 に交換して出荷するキャンペーンを行っております。

D06u2


この機会を是非お見逃しなく!!

上遠野 ken@dynamicaudio.co.jp

KATOUNO SOUND CHECK

http://www.dynamicaudio.jp/5555/2/ken/index.html

■■■■是非、御試聴下さい!■■■ 

↓下記までご連絡くださいませ。

Shtop 2F SOUND HOUSE FLOOR

電話:03-3253-5555/03-3253-2001

FAX 03-3253-5556       

営業時間:11:00~20:00

|

JBL S4700 & S3900 期間限定セール!!

Dsc01276_2  JBL
  S4700(写真右)
税別定価 \940,000/ペア
 S3900(写真左)
税別定価 \670,000/ペア

 人気のJBL S4700とS3900がお求めやすくなってます。当フロアでも人気の機種ですが、ご検討中の方はお早めにお問い合わせください。期間は6月30日(月)までのご注文までとなります。なお、お電話でのお問い合わせはご遠慮ください。

どうぞこの機会をお見逃しなく~~~!!

5555 2F 小山(03-3253-5555)

|

2014年6月20日 (金)

LUXMAN D-06u 入荷しました!!

Dsc01275  LUXMAN
SACDプレーヤー
   D-06u
\580,000(税別)

 待望のLUXMAN D-06uが入荷しました!前作D-06は当フロアでも人気のSACDプレーヤーでしたが、新製品のD-06uは前作のバランスの良さをそのままにブラッシュアップしているので、オススメのモデルとなっています。
21日(土)より試聴が可能です。

また、発売を記念して、200台限定で付属の電源ケーブルが上位モデル(JPA-15000)にグレードアップされてますので、ご検討中の方はお早め。(**詳細はお問い合わせください。)

5555 2F 小山(03-3253-5555)

|

☆H.A.L.3 News☆-特価情報-14・6・20-

☆H.A.L.3 News☆-特価情報-14・6・20-

梅雨の中休みのように気持ちの良い青空が広がる今日この頃です。
さて、特価情報の情報です。

ESOTERIC K-01 定価\1,400,000(別)
→当店展示機 \ASK(お問い合わせ下さい)
納期:8月1日以降
付属品、元箱完備・通常メーカー保証付き
状態:傷等はございません。
使用期間:おおよそ2年
P1010911 P1010912

ここH.A.L.3で長らくリファレンスSACD/CDプレーヤーとして展示してきたK-01を皆様にご紹介致します。
先代となる「X」シリーズの一体型SACD/CDプレーヤーから「K」シリーズに移行されたのが4年前の事。SACD/CDプレーヤーメーカーとして世界の先駆者と言っても決して過言ではないESOTERICが技術の粋を集めて完成させたK-01/K-03。基礎となるメカニックVRDS-NEO 「VMK-3.5-20S」を搭載して、各所にXシリーズからのグレードアップを感じさせる作りは、登場以来、今に至るまでハイエンドSACD/CDプレーヤーの代表格に君臨し続けました。

H.A.L.3では新製品となるK-01Xの展示も予定しておりますが、この二機種の比較試聴は購入を検討されている方であれば気になる所ではないでしょうか。その為、納期は8月1日以降とさせて頂きました。

※K-01は、現在ESOTERICが保有している数台の在庫が無くなり次第、販売終了となります。

※重量物の為、東京近郊の方はH.A.L.3スタッフがお届けに伺います。遠方にお住まいの方は専門配送便を使用致しますので、別途配送料を頂戴致します。

皆様からのお問い合わせをお待ち致しております。

H.A.L.3 天野
amano@dynamicaudio.co.jp
03-3253-5555

|

6F コンパクトお買い得品

どうもこんにちは。
 
お買い得品の紹介になります。
4735
¥232,000 >>> ASK
元箱、ACケーブル、リモコン付属
CDプレーヤになります。
 
トップローディングのCD専用機になります。
 
4736
¥148,000 >>> ASK
元箱、ACケーブル付属
プリメインアンプです。
 
小型ですが最大40Wx2(4Ω)の出力を持っています。
小型スピーカであれば、なかなか力強く鳴らしてくれます。
 
4733
¥130,000 >>> ASK
元箱、ACケーブル付属
いわゆるD/A Controllerです。
 
アナログ入力2系統(RCA)、同軸デジタル1系統(RCA)
USBがついています。今流行りのハイレゾ対応ではありません。
またヘッドフォン出力や片ch・2Wのスピーカ出力もついています。
 
基本的にはプリなので、アナログ出力(RCA)は音量の可変出力のみ
となっています。
 
3機種ともデモで使った製品になります。
外観は使用感がありますが、中古品と違い保障登録できます。
 
ゆったりした鳴り方と見た目にひかれた方は
お問い合わせください。
 
5555 / H.A.L. / A.武田でした。

|

2014年6月19日 (木)

ESOTERIC K-01X、K-03X 発売決定

K-01、K-03登場から4年の歳月が経ち、Xシリーズに進化を遂げました。
K01x_pho8
K-01X \1,450,000(税別) 

K03x_pho1
K-03X  \900,000(税別)
正式発売は7月1日となります。
K-01を皮切りに、K-O5、K-07。セパレートのP-02、D-02、
そしてGrandioso。
日々探究し続けるESOTERICのプレーヤーですが、今回も先行してこちらから無理矢理お願いをしてESOTERICの試聴室にて試聴できる機会を設けてもらえましたのでレポートをお届けいたします。
K01x_pho9
非常に立派な試聴室にセンターに並んでいたのが、新旧のモデルとプリアンプC-02とクロックジェネレーターのG-O1。ラックの前にはオーディオベースに置かれたGrandioso M1。スピーカーはESOTERICが輸入販売しておりますTANNOY DC10T。
資料で見た時は違いが良く解りませんでしたが、現物をみるとそのトレイ部分の美しさに目を奪われました。デザイン面ということですが、ラウンドを付けており、また一段と高級感が増したように感じました。また良く見ると今までボタンの下にPLAY、STOPなど英語で書かれておりましたが、全て記号に変更されております。
今回もエソテリック(株)の販売促進部の町田氏に試聴前に色々と違いとこだわりをお伺いしました。
●旭化成の最新DAC ICのAK4495Sを採用し、K-01Xは35bit、K-03Xは34bit対応
 (35bitは24bitの2048倍)
●メカ部分のスピンドルのベアリングをセラミックから選別品のスチールを採用
●クロック入力が22Mまで対応
●日本電波工業と共同開発のVCXO 高精度クロックを採用
●電源は同じですが、それ以外の基盤は一新
K01x_pho3
●D/Dコンバート機能で8倍のアップコンバート機能追加
 (今までは2/4/DSD)
K01x_pho5
●XLR(AES/EBU)のデジタル出力が追加
K01x_pho2
●USB入力が2.8MHz、5.6MHz、PCM 384kHz/32bitまで対応
  (今までは192kHz/24bitまで)
●デジタル入力時のクロック対応

K01x_pho4
●DSDフィルターのON、OFF機能の追加(以前はデフォルトでON)


K01x_pho7
●リアパネルの変更

K01x_pho6_2
●オートパワーセーブモード

Kx_rcpho1
●リモコンの変更



やはり4年間の月日を感じてしまいます。
細かい試聴は店頭に入荷してまたお届けできればと思いますので、触りだけお伝えしておきます。
クロック無しの状況で、K-03→K-03X→K-01→K-01Xという順番に試聴しました。K-03は昔ながらのESOTERICトーンを残した細やかで情報量が引き立つイメージがありましたが、K-03Xに変更した瞬間耳を疑うぐらいの変貌ぶりでした。厚み、高域のなめらかさ、低域の沈み込み、余韻とも大幅に進化しております。グレードが3段階上がった感じです。音の方向性は別として、クオリティー的にはK-01に近づいてきた印象です。これで10万アップはESOTERICの企業努力の賜物ですね。
それからK-01。4F H.A.L.3で聞きなれた感じのままのサウンドですが、奥行き感はさすがなところがあります。K-03Xとは音の質感も違い安心感というか迫力は少ないもののバランスが非常に良く感じます。ただ聴き方によってはK-03Xが好きなお客様もいらっしゃるのではないかと感じました、それだけK-03Xが良くなっていると思っていただいてもよろしいかと思います。

最後にK-01Xを試聴しました。K-03からK-03Xを聞いた時までとはいきませんが、その進化ぶりに感心と感動とが入り混じりました。
厚みと高域の自然さ、低域の安定感。抜群ですね。ただK-01とK-01Xに関してはもう少し検証する必要性を個人的には感じております。
この世界は情報量やクオリティだけで語れないところも存在します。
奥行き、VOCALの質など。K-01に感じてK-01Xに感じない部分というのが若干ありました。そこをもう少し追っかけてみたいですね。実はその後にディスクを数枚試聴しましたが、CDとSACDでまたイメージが変わって、SACDの場合はCD再生時にあった違和感はあまり感じませんでした。
その後最近自社でPC用の再生ソフトも発売しておりますので、K-01XをUSB DACにしての試聴も行いました。ハイレゾを中心に再生を行っておりますが、DACのクオリティの高さも感じることができ、更にUSB使用時にクロックのG-01の有る無しの比較も行いましたが、この変化は恐るべしですね。
試聴開始が夜の20時半ぐらいで終わったのが10時半と有意義な時間だったと思います。
今回はまだ多くを語らずということで!!
しかしまだまだ進化するESOTERICには脱帽ですね。

皆様に正式にご紹介できる日が今から楽しみです!!

4F H.AL.3 島

|

« 2014年6月8日 - 2014年6月14日 | トップページ | 2014年6月22日 - 2014年6月28日 »