« 2014年5月11日 - 2014年5月17日 | トップページ | 2014年5月25日 - 2014年5月31日 »

2014年5月24日 (土)

☆H.A.L.3 News☆-2014/5/24-

☆H.A.L.3 News☆-2014/5/24-
B&W 805 Maserati Edition H.A.L.3 Tune-up

B&W805MaseratiEditionが登場して早くも1ヶ月が経ちました。
鳴らしこみも徐々に進んで来て、805MEの実力が発揮されつつあるように感じます。

しかし、この805ME、ただ鳴らすだけではつまらない!
H.A.L.3はアクセサリー類を使って805MEをカスタマイズしてみました。

今回使ったのはこのアクセサリー類↓↓

■MusicTools FNA007 ¥9,000(別/1パッケージ7kg)
805me_st3 Photo
今回のマセラッティ・エディションの特徴の一つである、専用スタンドに一工夫しました。
過去(現行805SD)の805のカスタマイズでも定番とされておりました手法です。
スタンドの支柱の中は空洞になっており、この空洞部分に何を重点するかによってその音色は変わります。実は、今回のMusicToolsを使う前にも別の素材を充填してみました。
それは→ELAC「LS Fillter」という製品です。この製品は音色の変化としては音が軽やかになります。振動吸収材とwebでの説明にあるように雑味が薄くなります。
では、今回のMusicTools FNA007ではどのような変化が起こったか…。
まず一聴して感じるのは重心が下がるという事。重心の位置は皆様の好みによる所なので一概に全ていいとは言えませんが、H.A.L.3の場合は重心が下がってまとまりが出てきました。さらに、音の密度が濃くなりました。何もしていない時は浮遊感と言いますか、空中に広がるところがって、芯が薄い印象がありました。H.A.L.3は割とPOPSやロックも多く聴きますので、この方があいそうです。

■TAOC SCB-CS-HC50W \32,500(別/1枚)
P1010870
オーディオボードの定番TAOCボードの新製品です。
今までのTAOCボードとは形状が異なり、台形のような形状になっています。
この製品は「Ctype」と「Wtype」の二種類があり、Ctypeは表面をメラニンボードでコーティングされており、固めの音色が特徴、そしてWtypeは天然なら材を使用して温かみのある音色を作っています。今回805MEに使用したのはWtypeです。B&Wはダイヤモンドツイーターを使用しており、人によっては多少高域がきつく感じる方もいらっしゃるのではないでしょうか。足元の影響はやはり重要で、ここに木質の製品を仕様するとそのキツさが薄まり、音楽に色気が出てきます。B&Wに限らず、今お使いのスピーカーに一工夫加えたいという方にはオーディオボードが一押しです。

■B&W SOLID-SPIKE/S \6,666(4本1組)
P1010872
B&W CMシリーズのオプションスパイクです。CMシリーズですが805MEには仕様することが出来ます。上記のボードもそうですが、やはりスピーカーの足元の重要度は軽視できません。純正のスパイクも悪いものではありませんが、より強固なものになります。このスパイクに変えることにより、得られる変化は安定感と解像度の向上です。一音一音がはっきりしますので、ボーカルの口元がよりはっきりと聴けるようになり、低域の締りが出てきます。低域の変化は音楽全体に影響します。今回は805MEに使用していますが、CMシリーズをお使いの方も注目してみて下さい。

■805ME付属バスレフ吸音スポンジ
P1010873
B&W製品(802/800以外)の場合、お部屋によって低域の量感をコントロールするのに最も効果的なのはこの吸音スポンジです。アクセサリーとして付属されています。三段階のコントロールが可能です。1.何も使用しない、2.ちくわ型、3.密閉型。現在、多くのスピーカーが「適度な量感」を考えて作られています。それはシステムやお部屋によって変化しますので、B&Wではお客様の好みによって低域の量感をコントロールできます。もちろん何も使用しない状態以上の低域は出せません。H.A.L.3では上記の製品を使用した時に必要以上の低域が出ていると思い、ちくわ型の吸音スポンジを使用することになりました。この着け外しはすぐに出来ますので、ご試聴の場合は申し付け下さい。しかし、これを使用する事によって量感以外も変化があります。B&W(800/802以外)はフロントにバスレフポートが設計されていますので、何も使用しない場合に比べて前に出てくる量が減ります。ジャズやロックを聴かれる方は前に出てくる方が好みだという事もあると思われます。このあたりは、調整をしながら皆様お好みの音に仕上げていく必要があります。

■スピーカー⇔スタンド間のちょい足し
スピーカートスタンドは通常、ネジで強固に締め上げますが、H.A.L.3はここにも注目してみました。1.フェルト使用。まずはスピーカーとスタンドの間にフェルトを敷いてみました。2.緩めのネジ締め。そしてネジを緩めに締め、フェルトの効果がより出やすい状態にしてあります。これにより音像が30cmほど上に行きました。また、音が少し緩やかになりました。このフェルトも現在はインシュレーターの付属品を使っていますが、今後製品として音質に特化したものに変えてみる予定です。


…とこのように、色々カスタマイズして自分好みの音色に変えていくのもマセラッティ―・エディションの楽しみなのかも知れません。
H.A.L.3は、マセラッティ・エディションの鳴らしこみを徹底していきたいと思います。
良い音で鳴ってますよ。

H.A.L.3 天野
amano@dynamicaudio.co.jp
03-3253-5555

|

「ララ~現代ギター作品集」を805D/MEで聴く。

 昨日のLINN EXAKTシステムによるタワーレコードの音源試聴会は盛況に終わりました。お越しいただきありがとうございました。面白くて音の良い音源をリーズナブルな価格で提供しているタワーレコードのオリジナル企画盤はオススメです!!

Dsc01268
 レオ・ブローウェル「ララ~現代ギター作品集」は、昨日のイベントでもかけた一枚です。現代ギターですので少し難解な音楽ですが、このCDを805Diamond/MASERATI EDITION(以下、805D/ME)で聴いてみました、、、全曲、ほぼ同じような曲調のアルバムでした。しかし、自分の性格からいって飽きてもおかしくないCDですがなぜか聴きこんでしまう面白さがありました(個人的にも買いました!)。
 ギターは音の立ち上がりが早いですが、805D/MEはこの音の立ち上がりをきちっと出してきます。その結果、ミュージシャンの演奏のニュアンスもよりダイレクトに聴き手に伝えてきてくれます。このあたりがB&Wのいう805D/ME専用のチューニングかもしれません。

 上記のCDはサンプルがありますので、試聴してみたい方はお声掛けください。

サウンドハウス2F 小山(03-3253-5555)

|

2014年5月22日 (木)

明日はLINN EXAKT & TOWER RECORDS 試聴会です!



明日は試聴会を行います。
席は後少しです・・・是非ご予約下さいませ!

TOWER RECORDS @ DYNAMICAUDIO

タワレコがダイナにやってくる! LINN EXAKTで最高の音楽と出会おう!!


Resize1024    

タワーレコードのコーポレート・ボイス“ NO MUSIC、NO LIFE. ”
音楽を通じて生活を豊かにしたいという気持ちはオーディオ販売に携わる私たちも一緒です。

“TOWER RECORDS @ DYNAMICAUDIO”は音楽ソフトのプロに
アーティストや聴きどころをご紹介頂き、優れたオーディオ機器による再生でより深く音楽に触れる機会を創ろうというものです。

再生システムは LINNの最新システム「EXAKT」。
昨年末発表されオーディオ界に衝撃を与えた製品です。

http://www.linn.jp/products/new/exakt.html

通常プレーヤーでデジタルからアナログに変換し、アンプ、
帯域分割ネットワークを経由してスピーカーを鳴らすのが従来のオーディオシステム。EXAKTはEXAKT LINK によるデジタル伝送、帯域分割までデジタルプロセッシングで行います。
スピーカー内に設けられたパワーアンプでスピーカーユニットを直接駆動するマルチアンプ方式により微小信号までロスなく信号を音に変換します。

アナログ接続を極限まで排した音は想像以上に鮮烈・・・
「EXAKT」の優れた再現力により、コンサート会場に皆様を誘います!

第1回目は5/23(金)に行います。
「クラシック・・・タワーレコード・オリジナル企画盤を中心とした優秀録音・演奏盤編」です。

お越し頂くのはタワーレコードの北村晋氏。
クラシックの大海原を照らしてくれる最高の案内人です。
モノラル時代から現代の最新録音まで膨大なタイトルを知る北村氏。
今回はタワーレコード・オリジナル企画盤を中心とした優秀録音・演奏盤をお楽しみ頂きます。LINNのEXAKT がその全てを聴かせてくれます。思いもしなかった出合いが待っていることでしょう。

日時: 5月23(金)19: 00~20 :30
会場: ダイナミックオーディオ 5555 2F
定員: 30名(要予約)
解説: タワーレコード 北村晋氏
担当: ダイナミックオーディオ 上遠野

ご予約はお名前、ご連絡先お電話番号をお書き添えの上、メール(ken@dynamicaudio.co.jp)お電話 03-3253-2001(フロアー直通電話)にてお申し込み下さい。皆様のご来場をお待ちしております。

使用機材

Klimaxexaktsystem


LINN「KLIMAX EXAKT DSM + KLIMAX EXAKT 350」
\8,000,000(税別価格)

販売価格お問い合わせ下さい!


上遠野 
ken@dynamicaudio.co.jp

KATOUNO SOUND CHECK

http://www.dynamicaudio.jp/5555/2/ken/index.html

■■■■是非、御試聴下さい!■■■ 

↓下記までご連絡くださいませ。

Shtop 2F SOUND HOUSE FLOOR

電話:03-3253-5555/03-3253-2001

FAX 03-3253-5556       

営業時間:11:00~20:00

|

2014年5月21日 (水)

試聴会のお知らせ・・・5/30(金)アナログ講習会!

Real_soundcheck_3

アナログ再生の基礎はとにかくきちんとした水平、位置出しと言われています。基礎ではありますが、それが全てといっても良いくらい重要です。ドイツのアコースティカル・システムズ社「SMARTractor」を使用するとより正確な調整を行うことができます。

http://www.noahcorporation.com/as/201401as_release.pdf

↓動画で解説しております。

http://www.youtube.com/watch?v=L2MTuOmP_hc

Resize1033


DR.FEICKERT「BLACKBIRD」にセットした「SMARTractor」。アームの設置位置を正確に決めることができます。


Resize1013

「SMARTractor」はトーン アーム、カートリッジの正確な位置出しを行い、なおかつタンジャンシャルカーブの設定も行えます。

5/30の金曜日に上記のアナログ試聴会を行います。試聴会、というよりもアナログ講習会と言った方が良いかもしれません。ドイツのアコースティカル・システムズ社トー ンアーム「AXIOM」をDR.FEICKERTのプレーヤーにセットして、「SMARTractor」使ってアーム調整を1から行います。別にSMEのトーンアームもご用意してこちらでも調整を致します。かなりマニアックな内容ですが、アナログ再生に関心をお持ちのお客様に是非お勧めの試聴会です。

日時: 5月30(金)19: 00~20 :30
会場: ダイナミックオーディオ 5555 2F
定員: 10名(要予約)
解説: 株式会社ノア 牧野氏
担当: ダイナミックオーディオ 上遠野


ご予約はメール(ken@dynamicaudio.co.jp)もしくは、お電話 03-3253-2001(フロアー直通電話)にてお申し込み下さい。皆様のご来場をお待ちしております。

上遠野 ken@dynamicaudio.co.jp

KATOUNO SOUND CHECK

http://www.dynamicaudio.jp/5555/2/ken/index.html

■■■■是非、御試聴下さい!■■■ 

↓下記までご連絡くださいませ。

Shtop 2F SOUND HOUSE FLOOR

電話:03-3253-5555/03-3253-2001

FAX 03-3253-5556       

営業時間:11:00~20:00

|

Bowers & Wilkins 805Diamond/Maserati Edition

Dsc01267
Bowers & Wilkins
805Diamond Maserati Edition
ペア価格 \1,500,000(税抜)

 805Diamond/MEが導入されて1カ月ほど経ちました。エージングとしてはまだこれからだろうと思いますが、徐々にレギュラーモデルとの違いが出てきました。キャビネットの違いが大きな違いとなりますが、専用設計されたスタンドと合わせて入念な調整が施されています。そのため、低域までバランス良く、また緻密な表現が魅力となっています。
 805Diamond/MEは、当初から試してみましたが質の良い真空管アンプと良く合います。また、ポップスやロックをお聴きの方はMcIntoshのアンプもオススメです。上の写真では、SOULNOTEと組み合わせてみましたが、音のキレ、演奏、空間表現など申し分なく、SOULNOTE特有の説得力のある音が魅力です。
 日本での発売は100セットと言われる限定モデルですが、単なるプレミアムな製品ではなくB&Wの2ウェイスピーカーの完成度の高さを感じさせる製品となっています。

 サウンドハウス2Fでは、常時試聴が可能です。ご希望の組み合わせがある場合はご予約をオススメ致します。

サウンドハウス2F 小山(03-3253-5555)

|

2014年5月20日 (火)

☆H.A.L.3 NEWS☆2014・5・19

VOL.1 Devialetが最新版に進化しました。

002devialet

4F
でも人気の高いフランスのDevialet社の各モデルが進化し、型番が変更になりました。

また同時に516日より価格改定されました。

Devialet 240
 → Devialet 250    2,180,000(税別)

Devialet 170
 → Devialet 200    1,180,000(税別)

Devialet 110
 → Devialet 120     880,000 (税別)

下記代理店ステラ資料

 

発売以来、たゆまぬ進化を続けておりますDEVIALETに、更に新たな進化を遂げる最新版ファームウエア V7.1 がリリースされました。新しいファームウェアV7.1では内部の最適化により各機種の出力がアップ!

出力に合わせ、お持ちのDEVIALETが、SDカードによる簡単なアップデートでモデル名も進化します。
新たにDevialet 170に対してのデュアルモノ動作への対応(Devialet 400)

Devialet 240
のデュアルモノ(Devialet 500)に関しては最大出力が800Wまでアプ!(Devialet 800)
更にSAM(Speaker Active Matching)の機能が追加され、DEVIALET社にて用意されたパラメーターにより、よりスピーカーシステムに合わせたドライブが可能です。

B&W 802D 805D
WILSON AUDIO Sphia3MAGICO S1・・・・(対応スピーカーは順次拡大予定です。)

そしてPC及びMacより最大192kHz 24bitの音源をストリーミング可能なDevialet AIRソフトも安定性がアップいたしました。
このファームウェアはD-Premier Airを含むDEVIALET全機種にインストール可能です。
ファームウェア、ソフトウェアのダウンロード、アップグレードの手順はこちらをご覧下さい。

以上 代理店資料より

Devialet 200
 に関してはDUALモノが出来るようになりました。

こちらをご覧ください。

今回面白いのはSAM機能です。

こちらをご覧ください。

B&W 802D 805DWILSON AUDIO Sphia3MAGICO S1KEF LS50
Sonus faberVENERE2.5FOCAL DIABRO UTOPIA3ATOHM GT1

 

本国のサイトではリクエストも受け付けているようです。

こちらをご覧ください。

さて今H.A.L.3ではDevialet 120を使用し、更にSAM機能を使用し、805Masratiを鳴らしております。
ノーマルよりもかなりバランスの良いなり方をしてくれています。
Devialetを既にお持ちのお客様はまずはヴァージョンアップして、それからSAM機能に対応しているスピーカーでしたら、そのプラグラムを入れてみるのもよろしいかと思います。
恐るべしDevialetですね。

VOL.2
 Entreq 専用ページ開設

Entreq01



H.A.L.3
で大ブレーク中のEntreqですが、専用ページを開設しました。

こちらをご覧ください。

必見は私のレポートよりもお客様のレポートです。是非ご覧いただければ幸いです。
さて昨日も既にSILVER TELLUSを購入いただいたお客様のご来店があり、その良さを語ってくれております。
効果に満足はされており、更にご自身で様々なアースケーブルを作って楽しまれているとのことです。
「ケーブルで違って本当に面白い」「アースってここまで大事だとは思わなかった」「ESOTERICはアース端子がある分、効果は絶大」「安定化電源からもとったが逆効果だった」「WBTのターミナルはなかなか良かった」
「これ絶対売れるよ!!」
お客様の後押しも非常に強い製品となってきました。まずは店頭でその効果をご試聴ください。

アースって本当に大事ですね。

VOL.3
 ラックスマングレードアップ試聴会 再ご案内

Luxmantop

5
31日(土)に開催しますラックスマングレードアップ試聴会の再ご案内をさせていただきます。

詳細はこちらをご覧ください。

まだまだ席は十分にございますので、興味のあるお客様は是非ご参加ください。

H.A.L.3 /天野

|

2014年5月19日 (月)

SIMON & GARFUNKEL “THE CONCERT IN CENTRAL PARK”

Dsc01264
 新しいフォノイコ(税別 \160,000)がきたので、アナログをかけていますが良いですね。フォノイコが良くなると、アナログで音楽を聴くのが楽しくなります。写真のSIMON & GARFUNKELはなんとなく知ってる、聴いたことがある程度でしたが、音職Hの解説付きで聴くことができました。ライブ盤でありながら録音が良く、豪華なミュージシャンが参加しています。音楽っていいなぁと思わせるアルバムですね。

 そうそう、新しいフォノイコは店頭でデモ中です。興味のある方はぜひご来店ください。

サウンドハウス 小山(03-3253-5555)

|

2014年5月18日 (日)

PHASE TECHのMCカートリッジ「P-3G」特価です!(5/19売約済みです。)

Special_3



Resize1032


PHASE TECHのMCカートリッジ「P-3G」を特価にて販売致します。
生産完了品につき新品1台限りです。

http://www.phase-tech.com/html_japan/productspage_p-3G.html


PHASE TECH「P-3G」希望小売価格115,000(税別)
お買い上げありがとうございました! 

上記商品のお問い合わせはken@dynamicaudio.co.jpまでお願致します。


上遠野 ken@dynamicaudio.co.jp

KATOUNO SOUND CHECK

http://www.dynamicaudio.jp/5555/2/ken/index.html

■■■■是非、御試聴下さい!■■■ 

↓下記までご連絡くださいませ。

Shtop 2F SOUND HOUSE FLOOR

電話:03-3253-5555/03-3253-2001
FAX 03-3253-5556
       

営業時間:11:00~20:00

|

TANNOY Kensington/GR

Dsc01262

TANNOY Kensington/GR
外側(ペア税別\1,680,000)

 TANNOY Kensington/GRが良く鳴ってきました。TANNOY PRESTIGE GRシリーズは聴き疲れしない音でバランスが良く、ジャンルを選ばず音楽を聴かせてくれるスピーカーです。Kensington/GRはCanterbury/GRに次いでアルニコマグネット搭載のスピーカーですが、横幅約40cmと省スペースが魅力です。前作よりも仕上げが良くなっているところも魅力です。

 店頭ではKensington/GRと上杉研究所のアンプの組み合わせで試聴可能です。また、McIntoshのアンプやラックスマンのアンプとの組み合わせも可能です。
 
サウンドハウス2F 小山(03-3253-5555)

|

« 2014年5月11日 - 2014年5月17日 | トップページ | 2014年5月25日 - 2014年5月31日 »