« サウンドハウス エクスプレス VOL.7 | トップページ | 6F コンパクトお買い得品 »

2014年6月19日 (木)

ESOTERIC K-01X、K-03X 発売決定

K-01、K-03登場から4年の歳月が経ち、Xシリーズに進化を遂げました。
K01x_pho8
K-01X \1,450,000(税別) 

K03x_pho1
K-03X  \900,000(税別)
正式発売は7月1日となります。
K-01を皮切りに、K-O5、K-07。セパレートのP-02、D-02、
そしてGrandioso。
日々探究し続けるESOTERICのプレーヤーですが、今回も先行してこちらから無理矢理お願いをしてESOTERICの試聴室にて試聴できる機会を設けてもらえましたのでレポートをお届けいたします。
K01x_pho9
非常に立派な試聴室にセンターに並んでいたのが、新旧のモデルとプリアンプC-02とクロックジェネレーターのG-O1。ラックの前にはオーディオベースに置かれたGrandioso M1。スピーカーはESOTERICが輸入販売しておりますTANNOY DC10T。
資料で見た時は違いが良く解りませんでしたが、現物をみるとそのトレイ部分の美しさに目を奪われました。デザイン面ということですが、ラウンドを付けており、また一段と高級感が増したように感じました。また良く見ると今までボタンの下にPLAY、STOPなど英語で書かれておりましたが、全て記号に変更されております。
今回もエソテリック(株)の販売促進部の町田氏に試聴前に色々と違いとこだわりをお伺いしました。
●旭化成の最新DAC ICのAK4495Sを採用し、K-01Xは35bit、K-03Xは34bit対応
 (35bitは24bitの2048倍)
●メカ部分のスピンドルのベアリングをセラミックから選別品のスチールを採用
●クロック入力が22Mまで対応
●日本電波工業と共同開発のVCXO 高精度クロックを採用
●電源は同じですが、それ以外の基盤は一新
K01x_pho3
●D/Dコンバート機能で8倍のアップコンバート機能追加
 (今までは2/4/DSD)
K01x_pho5
●XLR(AES/EBU)のデジタル出力が追加
K01x_pho2
●USB入力が2.8MHz、5.6MHz、PCM 384kHz/32bitまで対応
  (今までは192kHz/24bitまで)
●デジタル入力時のクロック対応

K01x_pho4
●DSDフィルターのON、OFF機能の追加(以前はデフォルトでON)


K01x_pho7
●リアパネルの変更

K01x_pho6_2
●オートパワーセーブモード

Kx_rcpho1
●リモコンの変更



やはり4年間の月日を感じてしまいます。
細かい試聴は店頭に入荷してまたお届けできればと思いますので、触りだけお伝えしておきます。
クロック無しの状況で、K-03→K-03X→K-01→K-01Xという順番に試聴しました。K-03は昔ながらのESOTERICトーンを残した細やかで情報量が引き立つイメージがありましたが、K-03Xに変更した瞬間耳を疑うぐらいの変貌ぶりでした。厚み、高域のなめらかさ、低域の沈み込み、余韻とも大幅に進化しております。グレードが3段階上がった感じです。音の方向性は別として、クオリティー的にはK-01に近づいてきた印象です。これで10万アップはESOTERICの企業努力の賜物ですね。
それからK-01。4F H.A.L.3で聞きなれた感じのままのサウンドですが、奥行き感はさすがなところがあります。K-03Xとは音の質感も違い安心感というか迫力は少ないもののバランスが非常に良く感じます。ただ聴き方によってはK-03Xが好きなお客様もいらっしゃるのではないかと感じました、それだけK-03Xが良くなっていると思っていただいてもよろしいかと思います。

最後にK-01Xを試聴しました。K-03からK-03Xを聞いた時までとはいきませんが、その進化ぶりに感心と感動とが入り混じりました。
厚みと高域の自然さ、低域の安定感。抜群ですね。ただK-01とK-01Xに関してはもう少し検証する必要性を個人的には感じております。
この世界は情報量やクオリティだけで語れないところも存在します。
奥行き、VOCALの質など。K-01に感じてK-01Xに感じない部分というのが若干ありました。そこをもう少し追っかけてみたいですね。実はその後にディスクを数枚試聴しましたが、CDとSACDでまたイメージが変わって、SACDの場合はCD再生時にあった違和感はあまり感じませんでした。
その後最近自社でPC用の再生ソフトも発売しておりますので、K-01XをUSB DACにしての試聴も行いました。ハイレゾを中心に再生を行っておりますが、DACのクオリティの高さも感じることができ、更にUSB使用時にクロックのG-01の有る無しの比較も行いましたが、この変化は恐るべしですね。
試聴開始が夜の20時半ぐらいで終わったのが10時半と有意義な時間だったと思います。
今回はまだ多くを語らずということで!!
しかしまだまだ進化するESOTERICには脱帽ですね。

皆様に正式にご紹介できる日が今から楽しみです!!

4F H.AL.3 島

|

« サウンドハウス エクスプレス VOL.7 | トップページ | 6F コンパクトお買い得品 »