« 福田雅光 電源&アースを斬る~present by オヤイデ電気 ~ | トップページ | 試聴会のお知らせ・・・4/11(金)新ブランド“JUNONE”発表会 IN DYNAMICAUDIO! »

2014年3月14日 (金)

6F Calypsoシステム

どうもこんにちは。

出勤途中に梅の花が咲いている事に気が付きました。
ほぼ満開という感じでした。
 
さて、本日登場した製品のお知らせ。
Calypso
           『Calypso-DAC
新登場のDACと共にセットしました。
親子亀みたい…でも音は?!
 
何ヶ月か前にC8 Ref.と一緒に展示をしていました。
久しぶりのセパレートだったので、改めてこのサウンドを
体験すると変わらぬ方針が感じられて嬉しかったです。
 
ただ、以前あったC2A Sig.というDACは価格設定が
ほとんど倍であったというのもあり、その後継の登場が
あれば良いなと思っていました。
 
設置後すぐに聴いてみましたが、予想を上回り
こんなに濃厚な音楽性を披露してくれるとは…
艶っぽさ、安定感の良さも感じられました。
 
DACと重ねているのは、スパイク受けがあるから
だけではなく、DACの脚はボールベアリングに
なっているためです。
元々はKALISTAにのみオプションであった
Silent Baseであり、以前のDACは全てスパイク
のみでした。(各電源部はスパイクか平足)
※現在もCalypsoにオプション設定されています。
 
CD回転による横方向の微弱な振動をキャンセル
させるための構造であり、多くの方が後に
追加させたアイテムでした。
 
静寂性が抜群に良くなった記憶があったので
Calypsoを乗せて、ボールベアリングの恩恵を
受けれれば…という魂胆でした。
 
この構造はMetronomeの音色にかなり
良い方向に働いていると思えます。
上記に書いた印象はこの構造あってものだと思います。
 
KALISTA Ultimate SEという上位トランスポートが
ある以上、上には上があるのでしょうけど、
価格も相応に上がってしまいます。
 
Calypsoシステムとしての高級CDプレーヤで
“音楽を聴く”という事に高い満足感を
与えてくれると思います。
 
しばらく展示しています。
 
5555 / H.A.L.Ⅱ / A.武田でした。

|

« 福田雅光 電源&アースを斬る~present by オヤイデ電気 ~ | トップページ | 試聴会のお知らせ・・・4/11(金)新ブランド“JUNONE”発表会 IN DYNAMICAUDIO! »