« Dynamicaudio Spring Festival 2014 Concept | トップページ | 5F諸石 3/7 拘りのシステムが生む魅惑の音世界 »

2014年2月 8日 (土)

☆H.A.L.3 News☆-LUXMAN-2014・1・8

☆H.A.L.3 News☆-LUXMAN-2014・1・8
LUXMAN M-900uの真価

P1010711
皆様、こんにちわH.A.L.3の天野です。
本日は関東地方に10年に一度の大雪が降っています。このブログを書いている今も深々と秋葉原の街が白くなりつつあります。はたして本日は家に帰ることが出来るのでしょうか…。

さて、そんな中、H.A.L.3のおすすめアンプ「LUXMAN M-900u」に変化がありました。
製品としてはステレオパワーアンプとして発表されているこのアンプ、LUXMANの現行フラッグシップとして、日々、皆様からご用命を頂いております。
このM-900uは通常ステレオアンプですが、もう一台ご用意することにより、モノラルアンプとしてご使用頂くことが出来ます。もちろん、もう一台追加するわけですからお値段も倍になりますが、その音の変化はなかなか…かなり…。
P1010710

LUXMAN M-900u BTL \2,310,000(込/5%/ペア)
もともとM-900uにはBTL回路が組み込まれており、単純に一台増やしてスイッチを切り替え、接続を背面の指示通りに繋ぐだけです。
定格出力にて8Ω時に600Wの高出力を獲得しています。一聴して、その圧倒的な余裕感が感じられます。H.A.L.3ではB&W802SDを鳴らしています。一台でも十分に鳴らしきる力を持っているアンプですが、BTL接続をするとやはり…。
しかし、私の少ない経験の中でBTLが、しっかり良い方向へ行くというのは実は少なく何かしらのマイナス要素があることが多いのですが…例えば量感は増えるけど、質感を損ねる等…、しかし、M-900uのBTLに関しては、しっかりM-900uの純粋な魅力は残しつつ、厚みや余裕感が出ます。これはLUXMANの技術力や思想の高さが出ているのではないでしょうか。

皆様のご来店・ご試聴を心よりお待ち致しております!

LUXMANも技術陣の世代交代があったそうで、900シリーズや新しいプリメインに関しては過去の製品と音色が少しづつ変わっていきます。それは賛否両論あっても、少なくともH.A.L.3では良い変化だと思っています。あくまで予想ですが、今年にはSACDプレーヤーが発表されると思います。広く名の知れた国産の老舗ブランドという枠に捕らわれない前向きな音作り、これからもH.A.L.3ではしっかりLUXMANを取り上げていきたいと思います!

H.A.L.3 天野
amano@dynamicaudio.co.jp
03-3253-5555

|

« Dynamicaudio Spring Festival 2014 Concept | トップページ | 5F諸石 3/7 拘りのシステムが生む魅惑の音世界 »