« ご来場ありがとうございました! | トップページ | TANNOY『PRESTAGE GOLD REFERENCE』 »

2013年10月29日 (火)

SONYの本気?HAP-Z1ES

皆様こんにちは。

弊社のマラソン試聴会がおわり、某ヘッドホン祭りがおわり、そして今週末のインターナショナルオーディオショウが控えている、そんな中にあり、当1Fフロアーには数日前よりある機器が展示されていたのです。

Hapz1 いま注目のハードディスクプレーヤー 「SONY HAP-Z1ES」
HDDプレーヤー自体は過去にもoliveなどがありましたが、今や時代はネットワークオーディオと云わんばかりとなりました。

そこに何故またHDDプレーヤーを投入するのか?
使ってみて納得、ハイレゾ対応ウォークマンetcポータブルなどの周辺も固めながら、そこにはSONYの意図がわかりすぎるくらい見えました。
もちろんSONYの平井社長自らがすでにハイレゾに対して言及をしてしておりますが、HAP-Z1ESを操作してみると、あらためてSONYのこの分野に対する本気を感じます。

HDDプレーヤーのメリットは、NASに比べ何といってもネットワークに関わる煩わしさがないことでしょう。もちろんHDDに曲を伝送する為にLANを経由するのですが、HAP-Z1ESをLANと接続し電源を入れまして、初期設定はフロントのパネルに表示される案内に従い進んでいけばあっという間に完了です。

続いてPCに楽曲伝送の専用アプリ「HAP Music Transfer」をインストールし、すでにPCなどに溜め込んだ曲をHDDにコピーするだけで、音楽をお楽しみ頂けます。

操作にはiPhone・iPad・アンドロイドなどの端末に「HDD Audio Remote」というアプリをDLしていただければok。非常に操作性の良い、完成度の高いアプリに仕上がっています。また、ネットワークプレーヤーの弱点であった本体からの操作性ですが、HAP-Z1ESはフロントの表示パネルだけでも十分に操作が可能です。(ただし老眼の方はきついかな?)

音源もDSD、そしてappleユーザーも安心のAIFF,ALAC対応です。
ハードからソフトまでの一連を総合的にここまでの完成度で出せると言うのは、やはりSONYだからではないでしょうか。

今までネットワークオーディオの煩雑さに二の足を踏んでいた方に、一石を投じるアイテムになりうるかも?兎にも角にもこの操作性のよさは、ハイレゾを主とするPCオーディオ/ネットワークオーディオの入り口として、誰もが手軽に楽しめる最適なプレーヤーと言うことです。

そのうち普通の中学生が、普通にハイレゾ音源をウォークマンなどで聴くようになるかもしれませんね。

P.S
簡単とはいいましたが、ネットで自由に調べものも出来ないくらいPCの知識がない方には、やっぱり難しいかもしれません。

詳しいスペックは ⇒ SONY  HAP-Z1ES

SoundHouse 1F / 大田
お問合わせ / ohta@dynamicaudio.co.jp
電話 / 03-3255-2151 / 兼サウンドパークダイナ

|

« ご来場ありがとうございました! | トップページ | TANNOY『PRESTAGE GOLD REFERENCE』 »