« ☆H.A.L.3 News☆ | トップページ | INVICTA MIRUS »

2013年6月 3日 (月)

Wienna acoustics「Beethoven Concert Grand」のご紹介。

Real_soundcheck_3

今月はウィーアンアコースティクスのスピーカーのデモを行っております。「Beethoven Concert Grand」をご紹介します。

Vienna Acoustics Logo

「Vienna Acoustics」・・・当フロアーで非常に人気の高いスピーカーブランドでした。去年の年末に突然輸入が途絶えてしまい、心配されていた方も多いかと思います。この度、株式会社ナスペックから輸入が再開されました。前の代理店では「ヴィエナ・アコースティクス」と呼んでいましたが、新しく輸入を開始した株式会社ナスペックでは「ウィーンアコースティクス」と呼ぶようです。

「ウィーンアコースティクス」は、ブランド名の通りオーストリアのウィーンにある会社です。創業は1989 年と新しく、また、創設者であり開発・設計の総責任者でもあるPeter Gansterer (ピーター・ガンシュテラー) は現在まだ40代半ば、幼少の頃から音楽教育を受け、大学では哲学と音響工学を専攻していたということです。

現在、「Klimt Series」「Schönberg Series」「Concert Grand Series」の3シリーズが用意されています。その中核になるのがハイドン、モーツァルト、ベートーベンとウィーンにゆかりのある音楽家の名前を冠したコンサートグランドシリーズ。

http://naspecaudio.com/wp-content/uploads/2013/05/Beethoven-Concert-Grand-top.jpg

ご紹介する「Beethoven Concert Grand」は、同シリーズのトップモデル、ウーファー/ミッドローが17.8cm、ミッドが15.2cmで中低音域を構成した、3ウェイ・5スピーカー・システムです。

Resize0834

ツイーターはスキャンスピークと共同開発したシルクドームツイーターを使用。職人による一つ一つ入念な手作業により最適なコーティング が施されています。ミッドレンジユニットは、3種類のポリプロピレンが合成された独自の高機能樹脂「X3P」をコーン部分に使用しています。

Resize0835_2

ウーファーユニットは「X3P」を クモの巣状のリブで補強し高剛性を実現しています。ミッドレンジユニットとウーファーユニットで微妙にポリマー(樹脂)の調合を変えてそれぞれのユニットが再現する周波数によって強度を調節しています。

Resize0833

フロントグリルネットを装着して試聴します。クリアーなのですが、どこか奥ゆかしい。大げさに言うとスピーカーから音が出ているというのではなく、空気全体が鳴っているような印象を持つスピーカーです。まるでホールで聴くようなふくよかさを感じます。ピアノのタッチが尖った音のする録音もありますね。上手くピュアなタッチで聴かせてくれるところも好きなところです。クラシックの柔らかなサウンドはもちろん素晴らしいですし、ジャズも雰囲気良く鳴ってくれます。

この感じ・・・同じオーストリアのベーゼンドルファーのスピーカーを思い起こさせます。
ベーゼンの名機「VC7」はサイドに取り付けられた共鳴板を震わせることで豊かな低域を再生するユニークな方式でしたが、このスピーカーの外見はごく普通のトールボーイ型です。専用に設計されたカスタムユニットやディフューザー装備のフロントグリルネット、キャビネットを工夫し、このサウンドを獲得しているのでしょう。手法は全く異なりますが、設計者が描いている響きは共通しているのではないかと感じました。

最近のスピーカーは細かい音を漏れなく聞かせてくれるのだけれど、どうも分析的に聴こえてしまう・・・そんな疑問がよぎったら是非ウィーンアコースティクスを聴いて頂きたいと思います。

6/7(金)は試聴会を行います。是非お越し下さいませ。↓
http://dyna5555.cocolog-nifty.com/5555blog/2013/05/67-d25b.html

お問い合わせは
ken@dynamicaudio.co.jpまでお願致します。

上遠野 ken@dynamicaudio.co.jp

KATOUNO SOUND CHECK

http://www.dynamicaudio.jp/5555/2/ken/index.html

■■■■是非、御試聴下さい!■■■ 

↓下記までご連絡くださいませ。

Shtop 2F SOUND HOUSE FLOOR

上遠野(火曜定休)
ken@dynamicaudio.co.jp

林(水曜定休)
hayashi@dynamicaudio.co.jp

小山(木曜定休)
koyama@dynamicaudio.co.jp

電話:03-3253-5555/03-3253-2001
FAX 03-3253-5556
       

営業時間:11:00~20:00

|

« ☆H.A.L.3 News☆ | トップページ | INVICTA MIRUS »