« MARK LEVINSON NO52 合同試聴会 詳細決定 | トップページ | サウンドハウス2Fからのお知らせ。 »

2013年4月 8日 (月)

6F つけっぱなしにして

どうもこんにちは。
暖かい日差しが感じられるようになりました。
 
当フロアーにしては珍しく、展示開始の金曜日から
電源入れっぱなしで様子を見てみました。
Ml_no52Mark LevinsonNo52
       『No532
 
Bowers&Wilkins800 Diamond
 
前回聴いた時のままCH PrecisionD1 Stereo out』で
聴き始めました。
 
開封直後の新品だったということもあり、少しギクシャク
していたような印象が見事に消え去りました。
 
音の出る瞬間だったり息継ぎの瞬間の表現が
とてもなめらかになりました。音の均衡も良くなり
ハイエンドプリらしさがここに来てようやく
顔を見せた印象です。
 
いくつかの曲を聴いて納得できる音楽が聴けました。
 
Metronome TechnologieCALYPSO』『C3A Sig.に切り替え
聴き始めました。
こちらの組み合わせの方が、良い意味での緩さが
活かされた気がします。
 
800で中域がしっかりした鳴り方を聴くのは久しぶりな
気がします。反応の早い音が多い中、こうしっとりと
した雰囲気にも惹かれてしまいますよね。
 
5555 / H.A.L.Ⅱ / A.武田でした。
mailto takeda@dynamicaudio.co.jp mailto

|

« MARK LEVINSON NO52 合同試聴会 詳細決定 | トップページ | サウンドハウス2Fからのお知らせ。 »