« 6F Esoteric | トップページ | LUXMANで鳴らす「ACCORDO」・・・明日3/8(金)はイベントを行います!! »

2013年3月 5日 (火)

6F Vivaldi 登場

どうもこんにちは。春に向かって急加速してます。
 
展示期間終了となりました。ありがとうございました。
Vivaldi_transportdCSVivaldi Transport
  『Vivaldi DAC
dCSの新しい最高峰を考えた
モデルだと思いました。
 
ConstellationVirgo』『Centaur』、B&W800 Diamond』への
接続で試聴しました。
 
1ヶ月前にチラッと聴いた時は、リスニングポイントに
座りませんでした。横から聴いていても実力の高さを
感じることは充分にできていたと思います。
 
今回は1人。空調も切って気合を入れてみました。
 
デュアル接続で、アップサンプリングはDXD(44.1kHzの8倍)
DACのフィルターは初期設定のF1のまま。
ワードクロックはDACをマスターに。ケーブルも付属品です。
 
ピアノとボーカルだけの静かなCD。最近はこればっかりです。
 
音が出始めて、あ~この感じだったな~と思っていました。
普段から、特徴を掴んでやろうというような聴き方を
私はしています。仕事ということもあり、それを優先します。
そして当然好きか嫌いかも考えてしまいます。
 
Vivaldi_dac  
このVivaldiの組み合わせには主張の無さを感じました。
 
広がり奥行き、あまりにもさり気なく自然に鳴らしてしまい
自分がリモコンを置いたコトッという音も同じ空間にいて音楽と
混ざっていった気がしました。
 
こう書いていて「つまらない音」という解釈をされて
しまうのではないかと不安になります。
 
展示終了いたしました。次回展示をお楽しみに!
 
5555 / H.A.L.Ⅱ / A.武田でした。
mailto takeda@dynamicaudio.co.jp mailto

|

« 6F Esoteric | トップページ | LUXMANで鳴らす「ACCORDO」・・・明日3/8(金)はイベントを行います!! »