« 2012年9月23日 - 2012年9月29日 | トップページ | 2012年10月7日 - 2012年10月13日 »

2012年10月 6日 (土)

JBL 「S3900」を展示しました!

Real_soundcheck_3

JBL 「S3900」を展示しました

Resize0711  

JBL伝統のホーン&コンプレッションドライバーを搭載した最新モデルがサウンドハウスにやってきました!当フロアーで大好評の「S4700」の弟機になります。

Resize0710

B&Wの「804SD」と並べてみました。「S4700」に比べれば大分コンパクトになりましたが、25cmのウーファーが2つ、存在感がありますね。

このシリーズはウーファーが硬く馴染むまで時間がかかりますが、JBLらしい音離れの良さ、意外なほどの繊細さを兼ね備えたモデルです。 是非お聴きください!!

JBL 「S3900」 定価\703,500(ペア、税込)

http://www.harman-japan.co.jp/jbl/hifi/s3900/

 
販売価格お問い合わせ下さい!


上遠野 ken@dynamicaudio.co.jp

KATOUNO SOUND CHECK

http://www.dynamicaudio.jp/5555/2/ken/index.html

■■■■是非、御試聴下さい!■■■ 

↓下記までご連絡くださいませ。

Shtop 2F SOUND HOUSE FLOOR

林(水曜定休)
hayashi@dynamicaudio.co.jp

とも田(木曜定休)
tomo@dynamicaudio.co.jp

上遠野(火曜定休)
ken@dynamicaudio.co.jp

電話:03-3253-5555/03-3253-2001
FAX 03-3253-5556
       

営業時間:11:00~20:00

|

OPSOLU 端子クリン

Op1 皆様、オーディオ機器のクリーニングはされていますか?
こと端子類は思っている以上に汚れているものです。また、厄介なことに音質にも影響してきます。接点復活剤やクリーニング液などを使用して磨いてみると、以外や端子の中まで磨くのは結構大変です。
そこで今回ご紹介するOPSOLUから発売されている、その名も“端子クリン”です。

Op2 セット内容は左からRCAピンジャックショート・RCAピンジャックロング・RCAピンプラグ・XLR・AC3Pインレット・ACアース・ACメガネ・AC/DCアダプター・ACコンセント・スピーカーYラグ・フォンジャック・スピーカーバナナ端子用となっております。アナログ系の端子はほぼ全てこれひとつでOKというすばらしい内容です。

Op3 特にすばらしいのがこれ。XLR端子用ですが、今までは綿棒を加工したりしてなかなか大変な思いでクリーニングをしていました。これがあればあっという間にクリーニングできます。ほんとうにニッチなところをついてきた、うまいアイテムだと思います。
単体で完結するクリーニングキットなのですが、接点復活剤などと合わせ技で使用するとさらに効果UPが期待できますね。

Op4 おまけはこれ。
ACアダプター用(左)とACプラグのアースピン用(右)のクリーナーです。ご覧ください、このクリーナーの形状!芸が細かいですね。日本人にしか発想出来ないのではないかとさえ思ってしまいます、このこだわり。

秋の夜長にクリーニングでも如何でしょうか?
店頭にて絶賛発売中!! 税込¥3,990です!

(送料がかかってしまいますが、e-DYNAでも販売しております。)

お問い合わせ / ohta@dynamicaudio.co.jp
記/ 大田

|

H.A.L.3 トピックス 10月6日

★10月6日~10月9日までの限定展示


Conste_g3


PART1
-----Constellation audioで聞くVIVID AUDIO G3-----
SPEAKER :VIVID AUDIO G3 \2,900,000
POWER AMPLIFIER:Constellation audio CENTAUR \2,800,000
PRE AMPLIFIER  :Constellation audio VIRGO   \2,300,000
CD/SACD PLAYER :ESOTERIC K-01 \1,400,000
 
Kiso_accordo


PART2
-----DEVIALETで聞くACCORDOとKISO ACOUSTICS HB1-----
SPEAKER:FRANCO SERBLIN ACCORDO \1,100,000
SPEAKER:KISO ACOUSTIC:HB1 \1,300,000
PREMAIN AMPLIFIER:DEVIALET D-PREMIER AIR \1,580,000


小型ではありますが、あなどれないスピーカー達
個性と個性のぶつかりあいです。
それを駆動するのはフランスのデジタルアンプ DEVIALET。
これまたデザイン性に富んでおり、セットで欲しくなるシステムかも



Einstein_octave


PART3
----EINSTEIN VS OCTAVE プリメイン対決


PREMAIN AMPLIFIER:OCTAVE V80 \1,120,000
PREMAIN AMPLIFIER:EINSTEIN THE ABUSOLUTE TUNE2 \1,200,000


比較のリクエストが多いこの2機種。
真空管を使用しておりますが、その味わいはまた違います。
深みと低重心のEINSTEINかさわやかさと透明感のOCTAVEといったところでしょうか。
実に面白い比較です。


3連休お時間を見つけてご来店ください!!


4F H.AL.3  /天野 

|

2012年10月 5日 (金)

Sonodyneはじめました。

Sonoピュアオーディオではあまり馴染みのないブランド名“SONODYNE”
しかしその実40年以上の歴史をもつ老舗メーカーでして、レコーディングスタジオ等で使用されるモニタースピーカーを扱っています。

左はエントリーモデルでもっともコンパクトな SM50AK。
180W×262H×220Dmmというサイズはデスクトップに置くことも可能でしょう。

Sono2 さらに右の写真。
パワードです。入力コネクタはXLRとTRSコネクタを装備。フロントにボリュームを装備していますので、プレーヤーからダイレクト接続が可能ですが、ステレオ使用の場合はアッテネーターやプリアンプを使用した方がよいですね。
音質は実にモニターらしく、全帯域がフラットに再現されます。個人的には好きな音ですが、オーディオ的に楽しむには真空管アンプを使用すると良いかもしれませんね。

楽器系列のショップではすでに取り扱いが始まっておりますが、オーディオ系列のショップはこれからということで、価格等は近日中の発表となります。ご紹介のモデルは10万を切るくらいになると思います。現在店頭で試聴可能です。

SONODYNEメーカーサイト

Red2 続いてRed Wine Audio のヘッドホンアンプつきD/Aコンバーター “Isabellina HPA LFP-V Edition”
こちらは10月12日発売予定となっておりまして、現在店頭にある試聴機はヘッドホン出力が4PINバランス型モデルです。標準プラグモデルもございます。
(予価/4PINバランス型 \450,000前後 : 標準プラグ型 \390,000前後)

Red3☆特長その1、 バッテリー駆動。バッテリー駆動により、電源ノイズに影響されない環境をつくれます。もちろん背面の切り替えスイッチによりACとバッテリーの変更ができます(写真右)。

☆特長その2、2種類のDACを搭載しており、NOS DAC(48kHz/16bitまで、CD音源を忠実に再現)とWolfson DAC(192kHz/24bit対応、USBは未対応)を環境に合わせて使い分け出来ます。

☆特長その3、増幅部に真空管が使用されている為、デジタルに関わる機器でありながら温かみのある豊かな音色を楽しめます。

Red Wine Audioメーカーサイト

先に紹介しましたSONODYNEとの組み合わせは悪く無かったですね。
これから色々とオーディオショウが開催されますが、過ごしやすくなってきた秋に足を運んでみては如何でしょうか。

ohta@dynamicaudio.co.jp
記: 大田

|

2012年10月 3日 (水)

6F 妥協無き音

どうもこんにちは。湿度が高いですね~
私は冬が好きなので、こう寒くなっていく過程も嬉しいです。
 
さて、やっと展示ができました。
Altair1ConstellationAltair
       『Hercules
フラグシップモデルの登場です。
マンスリー企画により実現!
 
こちらの製品はお値段でとても驚けるのですが、6Fと言えば
VirgoCentaur(stereo)を常設展示しております。
皆様から色々な感想をいただきますが、ほとんどの方に
美しい音色という言葉が含まれております。
 
価格差にピンとこない方はメーカーページの価格リストを
ご覧頂くとして、いったいどういう物が聴いてみました。
 
プリに表示等がほぼ無く、ワイヤレスのリモコンを手元に
試聴開始。
 
Altair2 
第1印象というのはとても大事なことで、出た瞬間に
言葉を失うような“アノ”感じを期待していました。
 
Constellation  Reference Seriesの音色に
きっと圧倒されます。
 
Centaurステレオモノの違いと同じように、ただ単に
出力が大きいとかを感じさせるアンプではないです。
確かに絶対的な駆動力を感じさせ、スピーカが色んな音楽を
平然と、しかし情熱的に奏でてくれます。
 
Heracules 
相変わらず純度が高い、そのレベルが驚異的と言えるような
音色でした。
 
良い録音のディスクをかけてみてください。
 
5555 / H.A.L.Ⅱ / A.武田でした。
mailto takeda@dynamicaudio.co.jp mailto

|

2012年10月 1日 (月)

6F 明日の6F

どうもこんにちは
 
明日、10月2日(火)は東、武田と外出の為
11:00~15:00頃まで6Fクローズしております。
 
ご迷惑おかけいたしますが、よろしくお願いいたします。
 
5555 / H.A.L.Ⅱ
東 :azuma@dynamicaudio.co.jp
武田:takeda@dynamicaudio.co.jp

|

« 2012年9月23日 - 2012年9月29日 | トップページ | 2012年10月7日 - 2012年10月13日 »