« 黒と白のケーブル。 | トップページ | 6F A1-Mono- »

2012年12月12日 (水)

6F A1-Stereo-

どうもこんにちは。もう1年が終わってしまうのですね。
 
さて、いよいよ来ましたよ。
Ch_a1CH PrecisionA1
モデルに関して表現が難しい
ですが、ステレオが2台来てます。
まずはステレオとして聴きました。
 
昨日CH含め、Ocean Way等いろいろ入ってきました。
ちょっとトラブルがありましたが…
(製品ではなく6Fの環境的な問題です。)
ゼファンの技術の方もいらしていて解決してくれました。
 
D1 C1 A1そしてB&W 800Diamond の接続で聴いてみます。
 
なんというか“CH”って感じでした。
毎回驚かせてくれるのですが、今回もそうでした。
 
フィードバックの設定調節ができるのもポイント
ではありますが、大きく性格がかわるものではないので
まずは0にしています。
 
1番最初に驚いたのはウーファの速度、制動力でした。
別のスピーカになってしまったかのように高域にしっかり
ついてくる、ピタッと止まる。
100Hz以下の曖昧になりやすい低音もブレなく鳴ります。
 
一気に霧も晴れ、冴え渡るように気持ち良く音楽が
奏でられます。
うーむ、ステレオでここまでやられるとは…
 
とてもキビキビと鳴っているのですが、事務的ではない
キレの良さを感じました。
CHらしい嫌みの無い音色を持っていると感じます。
とにかくドライブ力がしっかりしている。
 
ステレオで定価¥3,600,000(税別)はとても高額ですが
あまりスピーカに対して心配いらない気がしました。
 
これだけ聴いたらモノも聴きたくなる…
これからモノでバイアンプ設定にしてみます!
 
続きは次回
 
sign01CH Precisionのイベントは今週末→ No.206sign01
 
5555 / H.A.L.Ⅱ / A.武田でした。
mailto takeda@dynamicaudio.co.jp mailto

|

« 黒と白のケーブル。 | トップページ | 6F A1-Mono- »