« LUXMANの新製品「L-507uX」展示しました! | トップページ | 6F 番外編 »

2012年9月 1日 (土)

6F D'Agostinoステレオ!

どうもこんにちは。
雨が秋を呼んでくれれば良いのですが…
 
いくつかのフロアーで順番に聴いていったアンプです。
Momentum_stereo1Dan D'AgostinoMomentum Stereo
モノラルの方を展示したのは
もう結構前になっていますが
ステレオタイプも登場です。
 
※短期で借りた製品です。
 9月3日(月)早いうちに引きあげの予定です。

 
個人的にはモノタイプがすごく好きだったので、
ようやく聴けるな~とワクワクしていました。
 
プリはARiONLine 1』、SPはB&W800 Diamond
CDはお馴染みのCH PrecisionD1C1
普段はこの組み合わせにFirst WattSIT-1』を
使っているわけですが、その部分をD'Agostinoに換えてみました。
 
モノアンプ自体が、2つの増幅部をブリッジした形だったそうで
それを独立させ、左右へと割り振ったそうです。
リンクにしっかりした文章で書かれていますが、その説明を
見ただけで、なんとなく音は想像できるかと思います。
 
ですが今ここにはモノはないし、聴いた記憶も遠いので
その辺には触れず、ただ聴いた感想のみにします。
 
Momentum_stereo2  
いやいや、やはりパワーがありますね。
音に余裕がすごくあること、そして奥行きがでました。
※音が奥に引っ込んだわけではないです。
スピード感はそこそこですが、しっかり駆動している音色です。
 
音の解像度が上がったとまで書くと、なんとなく誤解が生まれそう
ですが、音の出し方は丁寧さが感じられました。
増幅段が減り、パワーとしてはマイナスな感じですが、
信号を劣化させる部分がシンプルになれば
情報はより鮮度の高い状態で出てきますね。
 
Momentum――値段の違いはありますが、どちらの傾向が
ほしい音か、そいういう選択になるかと思います。
基本の音色は揃っていると思います。
Momentum Stereoを買って、後々もう1台買うのも良いですね。
バイアンプ駆動なんて良いじゃないですか!
値段もすごい事になりますが、後の楽しみができるという事で。
 
試聴室にあると、んー2台有った方がかっこいいな…
と思ってしまいます。それにしてもお洒落なアンプです。
あとはこのアンプでDD66000を鳴らしてみたかった。
ステレオモノの違いをDD66000でも聴きたかったですね。
 
あ、新製品です→JBL EVEREST DD67000 / DD65000
 
さあ、だらだら書きましたが明日なら聴けます!
 
5555 / H.A.L.Ⅱ / A.武田でした。
mailto takeda@dynamicaudio.co.jp mailto

|

« LUXMANの新製品「L-507uX」展示しました! | トップページ | 6F 番外編 »