« REAL Sound-Check・・・お客様宅紹介 vol.17 | トップページ | »

2012年7月 6日 (金)

LUXMANの新製品「L-305」展示しました!

Real_soundcheck_3

今週のサウンドハウスは新製品が続々やってきます。第一弾はLUXMANの新製品「L-305」です。

http://www.luxman.co.jp/presspro/l305.html


Resize0673_3

このレトロなデザインいかがでしょうか?懐かしいと思われる方も多いと思います。外見だけでなく回路もアナログ全盛期の技術を採用しています。フィードバック回路には、自然な音色を求めた独自の「ODβ(Optimized Dual Beta)」を搭載。
70年代のスピーカーとの組み合わせや、アナログ全盛時代の名演奏・名録音を当時の雰囲気で堪能できるということです。ラックスマンは他にも「SQ-38u」で同様のコンセプトの真空管プリメインアンプを出していますが、「L-305」はトランジスタアンプ。パワーも50W(8Ω)と十分とれています。

Resize0675_3

サイズは400(幅)×169(高さ)×330(奥行き)mmと幅はフルコンポサイズからすると4cmほど狭いだけですが、小さく感じます。でもフロントパネルをご覧頂ければ分かるように機能は非常に豊富です。低域、高域のトーンコントロールにはそれぞれターンオーバー周波数の切り替えスイッチもついます。(低域は150Hz、300Hz、600Hz。高域は1.5kHz、3kHz、6kHz)効きも良く、曲に合わせてのコントロールが可能です。他にもMC、MM対応フォノイコライザー、バランスコントロール、モノラルスイッチ、ヘッドフォン端子など。多数のノブが上手くデザインに生かされ佇まいが見事ですね。リモコンはシンプルに音量調整とミュートのみ。


Resize0674_3

タンノイの「
TURNBERRY/SE」と組み合わせマイルスの”カインド・オブ・ブルー”やクライバーのベートーベンの4番を聴いてみました。狙った通りの音というのでしょうか。レンジはほどほどですが、その分雰囲気、集中力が凝縮されて聴こえてきます。音色は自然ですね。雰囲気は非常に良く伝わります。 古めの録音があるべき密度をもって聴こえるのが素晴らしいです。とてもホッとする・・・ずっと聴いていたい音ですね。来週の金曜日(7/13)はこのアンプの試聴会を行います。是非ご参加くださいませ。

LUXMAN「L-305」 定価\315,000(税込)

販売価格お問い合わせ下さい!



お問い合わせは
ken@dynamicaudio.co.jpまでお願致します。

上遠野 ken@dynamicaudio.co.jp

KATOUNO SOUND CHECK

http://www.dynamicaudio.jp/5555/2/ken/index.html

■■■■是非、御試聴下さい!■■■ 

↓下記までご連絡くださいませ。

Shtop 2F SOUND HOUSE FLOOR

林(水曜定休)
hayashi@dynamicaudio.co.jp

とも田(木曜定休)
tomo@dynamicaudio.co.jp

上遠野(火曜定休)
ken@dynamicaudio.co.jp

電話:03-3253-5555/03-3253-2001
FAX 03-3253-5556
       

営業時間:11:00~20:002

|

« REAL Sound-Check・・・お客様宅紹介 vol.17 | トップページ | »