« 迷った時には【コース】はいかが? | トップページ | 明日、6月29日ヴィエナ・アコースティック 試聴会を開催します。 »

2012年6月27日 (水)

6F AES/EBUかえてみた!

どうもこんにちは。過ごしやすい気候ですが
明日の天気は下り坂だとか。
 
ケーブルを換えてみた機器があります。
P02ESOTERICP-02/D-02
今まではこのケーブルでした。
7N-DA2100 Nexcel AES/EBU
ブレの無い再生音です。
 
本当に短い期間、ケーブルを換えたこともありましたが
今回はそれなりの期間置いておけそうなので書きます。
それと良かったと思えるので紹介←1番重要。
 
SarumdigitalCHORDSarum Digital AES/EBU
※1m 税込定価¥220,500 参考まで
ワードクロックのBNCも同ブランドの
同モデルです(価格も同じ)
 
全体を写すと、硬いケーブルに見えるのですが融通がきく硬さです。
曲げようと思えば素直に曲がり、その感触は柔らかいです。
同じSarumでもスピーカーケーブルは余裕があった方がよさそうです。
 
アンダンテラルゴが扱いを始め、試聴ケーブルが6Fにあります。
Sarumシリーズは20万円~の価格設定ですが、他にも種類があります。
もちろん最上級モデルの存在というのは大きいのですが、
もう少しお手頃で試したい方も多いと思います。
Cadenzaシリーズのラインケーブルも試聴ケーブルがあります。
 
同じメーカーの特徴として豊かな色彩感は色気があり、
拘った端子の恩恵かとても静かで、陰影にも美しさを感じます。
 
今回、ESOTERIC製品のデュアルAES/EBUをCHORDに換えてみて
表情がよく見えるようになりました。
以前はまったく隙のない完璧な美人という感じでしたが
とても豊かな表情を持っているんですね~と言う感じです。
 
久しぶりに書いてるので変な例えになってます。
 
どちらのケーブルに換えても基本ESOTERIC製品らしさは
残っていての話です。
その他、Sarumのラインケーブルは通常使っています。
体験してみてください。
 
5555 / H.A.L.Ⅱ / A.武田でした。
mailto takeda@dynamicaudio.co.jp mailto

|

« 迷った時には【コース】はいかが? | トップページ | 明日、6月29日ヴィエナ・アコースティック 試聴会を開催します。 »