« 6F 中古品情報 | トップページ | REAL Sound-Check・・・お客様宅紹介 vol.12 »

2012年5月 6日 (日)

☆H.A.L.3 News☆

☆H.A.L.3 News☆

GWも最終日となりました。
どうですか?皆様、満喫されました?
途中豪雨にも見舞われましたが、後半良いお天気でしたね!
私も、個人的にイベントがあって、一生忘れられないGWになりました。

さてH.A.L.3では、そんなGW中の特別企画という事で↓↓↓のようなことをやっていました。

◆H.A.L.3 GW企画 Japanese Made フェア◆

♪ESOTERIC P-02/D-02 定価各\1,470,000(込)
H.A.L.3のリファレンスCDプレーヤーはLUXMAN D-8と双璧をなるESOTERIC K-01。
PCオーディオやネットワークオーディオが勢いを増す中、日本の技術力を象徴するような音質で人気を保ち続けるSACD/CDプレーヤーですが、そこで気になるのがセパレートシステムの存在です。今のオーディオ市場はセパレートよりも一体型(CDプレーヤー)の方が盛んに発表されていますが、やはりセパレートシステムの音質は素晴らしいものがあります。ディスク再生に強いこだわりを持つESOTERICだからこそ出来た最高クラスのシステムP-02/D-02。各入/出力ありますが、やはりESOTERICと言えばDualAES/EBUの伝送です。今回はESOTERICのデジタルケーブルではなく、H.A.L.3がおすすめしているケーブルメーカーカルダスです。

♪LUXMAN C-600f/M-600A 定価各\525,000(込)
新製品ではありませんが、国産を語る上でLUXMANはなくてはなりません。
特に、H.A.L.3がお薦めしているスピーカー達B&W802SDやTADE-1を鳴らす上で、コストを押させて…でも、ちゃんと鳴らして…と1いうご要望のお客様には必ずご紹介しているシステムです。LUXMANらしいちょっと柔らかめですが、ちゃんと芯があって真面目な音作りは信頼のおけるシステムです。

♪SPEC RSA-M1 定価\609,000(込)
♪SPEC RSA-F1 定価\1,239,000(込)
SPECというメーカーをご存じでしょうか?新しいメーカーです。某大手国産メーカーで技術を磨いた設計者が作り上げた渾身の作品との事です。基本はデジタルアンプですが、その音質はデジタルらしくない、非常にまろやかな鳴り方をします。H.A.L.3ではRSA-F1をSonasfaber Grneriやフランコ・セルブリンAccordoと。RSA-M1をB&W 803SDやDALI HELICON800MK2と併せて鳴らしました。絶対的な特徴を持たないのは国産ならではと言った所だと思いますが、完成度の高さ、丁寧な作り込みに驚かされます。大手国産メーカーのアンプの元気がなくなってきている今、国産ガレッジメーカーが面白いかもしれません。

Aurorasound CADA(USB192Ver,) 定価\598,000(込)
Aurorasound VIDA 定価\312,900(込)
こちらも新進の国産ガレッジメーカーです。H.A.L.3では発売当時からその音質をおすすめしているメーカーです。DAC搭載プリアンプのCADAはUSB192Ver,とAES/EBUVer,(\592,000)の二種類からお選びいただけます。直熱三極管を採用した真空管プリアンプです。特におすすめはUSB入力によるPC再生です。USBDACとして使っても、他のハイエンド機器に負けない質感を持っています。
VIDAはフォノイコライザーですが、驚かされるのは機能の多さ。MC/MMに対応しているのはもちろん、SubsonicFilter機能、MCインピーダンス切り替え、CartDegauss機能、Stereo/Mono切り替え機能が可能です。この中で注目したいのはStereo/Mono切り替え機能です。「レコードを買ったはいいけど、モノラル録音じゃないか!」ってことありませんか?モノラルのカートリッジ持っている方は良いのですが、持っていない方…ステレオカートリッジをお使いでも、モノラルカートリッジとしてご使用頂けます。
…両方の製品に共通して言えることは、ガレッジメーカーならではのオーディオ好きがユーザー目線で作った製品であること、そして大手には出来ないコストパフォーマンスの良い技術をふんだんに盛り込まれている事。数々の製品を聴きこんだH.A.L.3が認める音を聴きにいらして下さい。

TAD E1 定価\2,100,000(込)
TAD M2500 定価\1,680,000(込)
TAD D600 定価\2,625,000(込)
H.A.L.3がお薦めしている国産と言えばTAD。特にH.A.L.3のリファレンスの一つになっているスピーカー「E1」はTADの持つ技術力と新しい試みが融合して、上位機種にはない色気を醸し出しています。GW中はSACD/CDプレーヤーのD600やパワーアンプのM2500も併せてより濃くTADの音を楽しんで頂くことが出来ました。E1に関しては常時展示を行ってGW中だけでなくご試聴頂けます。もう一つのリファレンススピーカーB&W802SDをご検討中の方はもちろん、「良いオーディオ」をお探しの方、TADは必聴です!


他にもSONYのSS-AR2やEOSTERICセパレートアンプ等、国産製品を数多く展示しています。インポートオーディオに目を向けがちですが、オーディオ大国日本は今でも健在です。

ダイナミックオーディオ5555 H.A.L.3 天野
amano@dynamicaudio.co.jp
03-3253-5555

|

« 6F 中古品情報 | トップページ | REAL Sound-Check・・・お客様宅紹介 vol.12 »