« ブログDEカウント・ダウン!!(SACD編)“7” | トップページ | Today's lunch!! Vol.130 »

2012年4月14日 (土)

凄いコストパフォーマンス!「DH LABS」ケーブルのご紹介。

Real_soundcheck_3

本日は、ケーブルのご紹介です。フロアーで扱っている商品がミドルクラスまでなので、あまり高くなく(3、4万円くらい)システムの良さが生きるようなケーブルがあればと以前から考えておりました。先日、輸入元の営業の方が来られて一度聴いてほしいと言われたのが、今回ご紹介する「DH LABS」のケーブルです。不勉強でメーカーの名前すら知らなかったのですが、1992年にアメリカフロリダ州で創業し、現在では、レコーディングスタジオや音楽ホールなどプロ用でも評価の高いケーブル専門メーカーということです。

詳しくは下記のホームページをご覧いただきたいのですが、高純度銅プラグと絶縁体に「AIR MATRIX」を自社開発して搭載しているのが主な特徴です。

http://www.dhlabs.jp/

まず最初に聴いたのは「ProStudio」のRCAケーブル。

Resize0604

導体は、銀コーティングの銅線を採用。ケーブルは非常にしなやかです。プラグは自社製、コレクトチャック方式で精度の高いものです。フランソワのピアノで試聴したのですが、抜群にクリアで、フォーカスがピタリとあった音にビックリしました。情報量も上がる、本当は減らしていないということなのでしょうが、細かいニュアンスも明瞭に聴こえます。このクオリティーで3万円台はお買い得でしょう。

次に聴いたのは、トップモデルの「REVELATION」。

Resize0601

こちらの導体は純銀単線。ホット、コールドに3本ずつ使用しています。単線ですので、ケーブルは固めです。同じピアノを聴いたのですが、更に解像度が上がり、特に低いバスの震えがハッキリと聴こえてきました。古い盤なので、今までくぐもって聴こえていたのは録音のせいだと思ってましたが、ケーブルでした。

「REVALATION」の定価は、
\69,300(税込・1m)他のケーブルメーカーも銀を採用するのはウン十万するトップモデルだけで、以外のクラスは銅に銀コーティングがほとんどです。導体に純銀を用いてこの価格というのは驚きですね。

ケーブルによって何かを付けくわえるのではなく、極力信号に影響を与えずに伝送するということに徹している「DH LABS」。コスト度外視とも思える内容と優れた音質は、間違いなく価格を遥かに超えるパフォーマンスを備えています。自信を持ってお勧め致します!

DH LABS「ProStudio/1.0m」定価\37,800 販売価格お問い合わせ下さい!

DH LABS「REVELATION/1.0m」定価\69,300 販売価格お問い合わせ下さい!

上遠野 ken@dynamicaudio.co.jp

KATOUNO SOUND CHECK

http://www.dynamicaudio.jp/5555/2/ken/index.html

■■■■是非、御試聴下さい!■■■ 

↓下記までご連絡くださいませ。

Shtop 2F SOUND HOUSE FLOOR

林(水曜定休)
hayashi@dynamicaudio.co.jp

とも田(木曜定休)
tomo@dynamicaudio.co.jp

上遠野(火曜定休)
ken@dynamicaudio.co.jp

電話:03-3253-5555/03-3253-2001
FAX 03-3253-5556
       

営業時間:11:00~20:00

|

« ブログDEカウント・ダウン!!(SACD編)“7” | トップページ | Today's lunch!! Vol.130 »