« 6F B&W×Luxman | トップページ | LINN 「MAJIK DSM」リニューアル発表のお知らせ! »

2012年4月 6日 (金)

6F 素のDD66000

どうもこんにちは。御茶ノ水公園の桜が良い感じでした。
朝で寝ぼけていたのでいやに白く見えましたが、明日は
早めに家を出て神田明神に寄ってから来ようと思います。
 
さてこの所B&W800 Diamond』を中心にブログを書いて
いましたが、その間このスピーカにも変化がありました。
Dd66000_b100fJBL  『Project EVEREST DD66000 /EB
LuxmanB-1000f
   『C-1000f
以前の写真はこちら → DD66000
 
そう以前はイルンゴオーディオ特注スタンドを設置していました。
8日(日)の夕方から試聴希望があり、今度は直置きの音を
というリクエストに答えた形です。
 
当然、私達はスタンドに乗せたらどういった変化が起きたのか
というのは言葉にして説明できたのですが、いぜ外すと「こんなに
違ったっけ?」と改めて驚かされました。
調べてみると2009年の6月頃からスタンドに乗せていたようで
チェリー、メープルそして今のエボニーと3代に渡って使い続けて
いたようです。(当時の写真)
当時のブログに「まだしばらく乗せています」とあり、それから3年
近く経っているとは、時の流れを感じました。
 
決定的に良い点というのはEast Activeの椅子は、とても低く深めに
座るものなので、スタンドが無い方がホーンの位置が適切に近い
という所でしょうか。
低音域も以前よりは楽々出ているように感じます。
これが通常の音なのですが、イルンゴオーディオスタンド
いかにナチュラルな響きを与えていたかが分かります。
 
発売から時間も経っており、生産が終わったカラーもあります。
次のモデルの開発にいってくれれば良いのですが、今のところ
正式な情報はないです。楽しみですね。
 
現在唯一ベリリウムのコンプレッションドライバ2基搭載した
モデルです。直置きの音をぜひどうぞ!
 
5555 / H.A.L.Ⅱ / A.武田でした。
mailto takeda@dynamicaudio.co.jp mailto

|

« 6F B&W×Luxman | トップページ | LINN 「MAJIK DSM」リニューアル発表のお知らせ! »