« 中古情報...MIMESIS28EVO | トップページ | Acoustic Solidの 「Solid Machine small」を展示しました! »

2012年3月26日 (月)

Today's lunch!! Vol.127

最初に感想を!! いや~、実に美味かった!! 久しぶりに感動しました!! (*^_^*)

寒くて天気が良くないとランチはどうしても近所で済ませてしまいますが、今日はちょっと足を延ばしてみようと思い、しかも事前にネットで調べたお店ジャイヒンド(JAI HIND)に向かうことにしました。テレビの料理番組で何回も取り上げられていたので、秋葉原にそんな店が出来たんだ~と以前から屋号は覚えていなくても存在だけは知っていた店です。

http://r.tabelog.com/tokyo/A1310/A131001/13006352/ 

このお店はネットでも有名らしく詳細な場所やメニューなど豊富な写真で紹介されているので、私のつたない案内は全部割愛させて頂くことにしましょう。いつも昼時のピークを外して行くので特に店の前に行列みたいなことはありませんでしたが、入口のドアを開けると出てくる客とすれ違い。店内は八割くらいの席が埋まっていました。

ランチメニューはAからDまでの四種類で、¥1,250が一番高いDランチでした。迷わずこれを注文。そしたら、出てくるのが早いこと!! 先ずはこのプレートが運ばれてきました。

2012032601

私はインドカレーの店に行ってもナンよりもライスの方が好きなのですが、どちらかを選ぶのかと思ったら両方が盛られています。選んだカレーはチキンバター・マサラカレー(写真左上)とキーマカレー(写真右上)他のランチメニューはここまでなのですが、Dランチには私の好物であるタンドリーチキンとお肉が付いています。次のお皿が来ました。

2012032603

ほほ~、と思っていると周囲の席はどんどん埋まっていきます。回転も早く人気がある店ということが入ってみて実感されますね~。

2012032602_3

で、結果的にはテーブルの上にはこのようにDランチが揃いました。まあ、この瞬間までは私も「ふ~ん、そうなんだ~」と期待はしていなかったのですが、最初に味見のつもりでスプーンですくったキーマカレーを一口食べた瞬間に「ははー! 恐れ入りました!!」と脱帽の心境。他のカレー屋さんで食べたキーマカレーには失望するものがあり、自宅で家内が作ったキーマカレーの方がずっとましだわ~と思っていたのですが、これには参りました。

ピリッとしながら、あっさりとした食感。味付けは甘くないです。これが素晴らしい。ほんのりとした塩加減で硬めに炊き上げられたライスと抜群の相性で堪りません!! 小さなライスの塊はあっという間に腹に納まってしまいました。キーマカレーにこれほど多数の食材と香辛料が含まれているのかという実感、小さく刻んだセロリが口の中でしゃきっと感じられ、挽肉の一粒ずつがジューシーに感じられるのだら参りました。こちらはピリ辛で食べ進んでいると額から汗が出てくるのですから驚きました。でも、後を引く美味さは堪りません(^^ゞ

もう一種類のチキンバター・マサラカレーは逆にほんのりとした甘さがあり、多分トマトなどの野菜から引き出されたあっさりとしながらコクのある甘さなのだと思います。こちらは食べやすく、中には鶏肉の塊がころころっと入っていて、これがまた美味い!! ライスはあっという間になくなってナンを食べ始めると、これがまた美味い。もちっとした食感で微妙な塩加減があるのか、ふっくらとしていて、これだけでも普通に食べられてしまう美味しさ。物足りないかな~と思っていたらとんでもない。このナンによって次第に満たされていくお腹は幸せそうでした(笑)

そうこうしている、私の隣にインド人のカップルがやってきました。インド人のウェイターとメニューを指さしながら交わす会話はチンプンカンプン(笑)アッサム語やサンスクリット語、シンディー語など22種類も公用語がある国なのだから改めて凄いと思ってしまいます。女性は黒いサリーですっぽり身を包み顔だけ出していました。私は本物のインド人がどのようにナンを食べるのかに興味が湧いて観察していたのです。

そうです、彼らは左手では食事しないのでしたね~。私は両手でナンをちぎって食べましたが、もっちりしているナンをちぎるのも結構力が要りました。でも、彼らは器用に右手だけでナンをちぎって食べているのですから相当右手の握力と指の力が鍛えられているのかな~と思ってしまいました。物静かに話しながら着々と食事をしているお隣を見ながら、私は相当の満腹状態になってしまいました(^^ゞでも、デザートの甘いヨーグルトは別腹でしたね~。

それから、食事には関係ありませんが、この店で接客に当たるインド人の女性がまた素晴らしかった!!(^^ゞ まあ、この点はここでは述べませんが、行けば分かります^^;

いや~、実に美味かった!! 店内には年配の日本人女性が一人いてインドの現地語で注文をキッチンのインド人シェフに告げていましたが、その方に私はお会計をしながら「初めて来たけど美味しかったね~」と一言告げると満面の笑みで答えてくれました。何事にも中途半端は行けないという見本なのか、本場のインドカレーと看板は上げていても、店によってこれほど美味さが違うのかと驚いてしまいました。

私が久しぶりに感動した味でリピーターになってもいいと思ったお店でした。推薦致します!!さて、仕事だー!!

|

« 中古情報...MIMESIS28EVO | トップページ | Acoustic Solidの 「Solid Machine small」を展示しました! »