« アナログブースを設けました! | トップページ | 6F Stylus Fine »

2012年3月16日 (金)

☆H.A.L.3 News☆

☆H.A.L.3 News☆

◆TAD -Technical Audio Devices- 製品試聴会◆
● [日程] 2012年 3月18日(日) 13:30~15:00
● [場所] ダイナミックオーディオ5555 4F H.A.L.3 試聴室
● [定員] 15名 ※先着順とさせて頂きます。
● [インストラクター] 前TAD社長/現TADアンバサダー宮川氏
● [製品] ↓↓↓
■スピーカー   TAD-E1     \2,100,000(税込)
■パワーアンプ  TAD-M2500    \1,680,000(税込)
■プリアンプ   TAD-C2000    \1,995,000(税込)
■プリアンプ   TAD-C600    \3,150,000 (税込)
■CD/SACD PLAYER TAD-D600    \2,625,000(税込)

まだ若干の席が空いております。ご希望の方はお早めにどうぞ!!
今回は、TADの元社長にして現アンバサダーという肩書をお持ちの宮川氏をお迎えTADの魅力を語って頂きます。スピーカーは今旬号のステレオサウンド誌でB&W802SDと比較試聴を行っているTAD-E1を使用致します。私天野の注目は新製品プリアンプC600です。お客様のご希望でほんの少しだけ試聴をしましたが、あの時の衝撃は忘れられません。定価300万円というハイエンド製品ですが、日本を代表するブランドがこれほどの製品を仕上げてきたという所になんとなく誇りを感じます。

さて…そうです。今旬号のステレオサウンド誌では各評論家先生によって注目機種の比較レポートが書かれています。例えばYGacoustics Kipod 2 SignatureとMagico Q3を和田先生が、VividAudio G2 GIYAとKEF Blade(弊社では展示がありません)を小野寺先生が…
H.A.L.3が注目したいのはB&W 802SDとTAD E1を三浦先生が評論をしています。802SDはH.A.L.3のリファレンススピーカーですが、まさに対抗馬として台頭してきたのがTAD-E1です。昨年末から展示を開始しています。
そして、もう一つの記事ではFranco Serblin AccordoとSonusfaber Guarneri Evolutionを柳沢先生が評論しています。H.A.L.3ではGurneriEVO./Gurnerimemento/Accordoの三機種を展示しています。これらを比較されたいという気持ちはご購入を検討されている方であれば当然ですよね!

と言うわけで、今回のステレオサウンド誌はまるでH.A.L.3のためにあるような内容です!是非ご一読を!

H.A.L.3 天野
amano@dynamicaudio.co.jp
03-3253-5555

|

« アナログブースを設けました! | トップページ | 6F Stylus Fine »