« 話題の新製品AKURATE DSM 期間限定集中デモ行います。! | トップページ | 明日、2/17(金)は、LINNの新製品「AKURATE DSM」試聴会を行います! »

2012年2月15日 (水)

★H.A.L.3 News★

☆H.A.L.3 News☆

ViV laboratory 「Rigid Float /H」
P1000176

先週の11日にイベントを行ったViVlab.
置くだけアームのメーカーです。ちょこっとだけ紹介致します。

オイル上に浮かぶピボット。オフセット核を持たない完全ストレート構造。RCA出力端子搭載、セッティングは置くだけ。さらにオリジナルヘッドシェル(Nelson Hold)との組み合わせによりアナログは再び唯一無二の音源へ。―カタログより―

これはカタログの冒頭に載っている一文です。
特徴はなんといっても、置くだけという手軽さ、現在お使いのターンテーブルが気軽に2アーム、3アームに出来ます。置くだけと言っても、もちろんオーヴァーハングやその他もろもろの調整は必要です。おそらくですが、置く場所の素材などでも音は変わります。ちょっと、今お使いのアナログに変化を加えて、楽しみたいという方に是非!

P1000188


種類は長さの違う三種類をご用意。
実効長7-8インチ/9-10インチ/13-14インチ
それぞれのお値段はこんな感じです↓↓↓

名称:Rigid Float 7/H
型番:RF-02E/H
実効長:7-8インチ
重量:約2㎏
定価:\288,750.(込)

名称:Rigid Float 9/H
型番:RF-02S/H
実効長:9-10インチ
重量:約2㎏
定価:\299,250.(込)

名称:Rigid Float 13/H
型番:RF-02L/H
実効長:13-14インチ
重量:約2㎏
定価:\330,750.(込)

☆置くだけという手軽さの中にも、こだわりがあります。
まずは、オイルフロートピボットが採用されている事、完全固定ではなく、オイル上に浮くことによって滑らかな動きと共に振動の反射を防いでくれます。この方式はウィルテンパード等のアナログにも採用されており、音質的におすすめ出来るものです。

さらに、ヘッドシェルに同社開発のオリジナルが採用されています。
リジットフロートのストレートアームにとても良く合うデザインはさることながら、カートリッジ中央にある磁器回路をしっかりとホールドすべく、「Nelson Hold」(羽交い絞め)構造が採用されており、適度に締め付ける事で、再生音の制度が向上します。

P1000191

カラーは二種類。
Gold/BlakとBlack Metallicの二種類です。お持ちのアナログプレーヤーにあわせるも良し!お部屋やその他のシステムにあわせるも良しです!

その他の特徴としては…
・4N純銀絹巻内部配線・RCA出力・ヘッドシェル交換ユニバーサル式・マグネット式アームレスト・ヘッドシェル込み50gまで対応・本体高さ調整範囲20mm

★イベントではターンテーブルにガラード401を持ち込みにて使用致しました。401自体の箱にはTAOCが採用されており、ショートアームはその上に、ロングアームは別付のクリプトンの上に置きました。おそらくですが、この違いでショート/ロングの印象もだいぶ違いました。個人的にはロングアームの方が好印象でしたが、ショートアームの高解像度も捨てがたいものがありました。これは同条件にて試聴したいものですが、なかなかそれも難し…。今度、もう少し長い期間お借りしてじっくり試聴してみたいと思います。

amano@dynamicaudio.co.jp
H.A.L.3 アシスタント 天野


|

« 話題の新製品AKURATE DSM 期間限定集中デモ行います。! | トップページ | 明日、2/17(金)は、LINNの新製品「AKURATE DSM」試聴会を行います! »