« 2011年9月18日 - 2011年9月24日 | トップページ | 2011年10月2日 - 2011年10月8日 »

2011年9月30日 (金)

6F あのアンプ登場

どうもこんにちは。今日は日向にいると暑いような日ですね。
冬が好きなのでさっさと涼しくなって良いです。
 
今日のブログは何でしょう。未だかつて聞いた事が無いアレ
Nhb458darTZeelNHB-458
なんともインパクトある外観。
大きなトランスも強烈です。
肝心の音は…‥
 
あの跳ね馬の車会社にも4.5L8気筒を由来にした名前がありますが
このアンプも8Ω450Wという理由で付けています。
 
思い出すと、もう3年弱前になります。6Fにきて初めてdarTZeel
見た時の「うわ何これ…」NHB-18 NSNHB-108 model oneも現在は
風格すら感じれるようになりましたが、また「うわ何これ…」と
思う機会がやってきました。
 
―あの繊細な音が出てくるのか?
NHB-108 model oneは鮮度、繊細さ、音のもつエネルギーと
とても素晴らしい表現力を持っていて多くの方がプリを買った後
自動的にパワーも買うというような構図を見せてくれました。
 
しかし、例えばJBLProject EVEREST DD66000』のような大型で
大口径ユニットを備えたモデルには、追求していけばいく程、
8Ω100Wの限界を感じる部分も確かにありました。
(NHB-108 model oneを2台使うと別世界になりますが)
単純にモノパワーは出ないかなーと思っていたら、一切の妥協なく
NHB-458を完成させてくれました。
…価格も妥協なくしてくれたようです。
 
―Never Heard Before その言葉を再び噛み締めさせてくれる。
プリはもちろんNHB-18 NS、今回はCH PrecisionD1』の
アナログ・モノ・ボードに電流伝送用の出力端子があるので
頭からお尻まで電流伝送(BNC)で接続しています。
 
やはりより大きな力がしっかりついた印象です。
しっかり分解されているが、1つ1つの音にはエネルギーの
劣化が感じられません。VIVID audioG1 GIYA』で聴いた時
音がこんなに前に飛んでくるのか。と思いました。
全てのパート、楽器の音に対して丁寧な印象です。
この鮮度感は是非、実際に聴いていただきたいですね。
 
絶対的なスピードを感じる部類の製品ではなかったですが
これはそういう音作りをしたものじゃないと思えます。
 
さて、見事「うわ何これすごい!!」と思わせてくれたアンプを
これからもっと聴きたいです。が、あまり慣れると
後々大変なことになりそうです。
 
見た目で1歩引きますが、音を聴くと歩み寄るどころか
抱きつきたくなるような魅力ある音です。
10月7日(金)の早い時間に引きあげなので、それまでにどうぞ!
 
5555 / H.A.L.Ⅱ / A.武田でした。
mailto takeda@dynamicaudio.co.jp mailto

|

2011年9月28日 (水)

★H.A.L.3展示情報★

★H.A.L.3展示情報★

めっきり秋の装いですね。
ついこの前まで暑かったのに…。

さて、秋と言えばオーディオもイベントや新製品が続々です。
そんな中、四階も展示を充実させて皆様のご来店をお待ち致しております。

まずはこちら↓↓↓
ダイナミックオーディオ 5555 開店10周年企画 第8弾
「ステラボックスジャパンフェア」
GOLDMUNDを筆頭にVividaudioやEINSTEINと言った名ブランドを多く有するステラボックスの全フロアフェアを行っております。四階では以前から展示しているGOLDMUND TELOSシリーズに加え、EINSTEINのプリメインアンプを四階おすすめスピーカーのSonusfaberGUARNERI evolitionとあわせて鳴らしています。真空管アンプの中でも、非常に多い情報量とドイツらしい深みのある鳴らし方は相性バッチリです。

Dsc_0382_2 

さらに、月曜日から展示が開始されたのはVividaudio「G2」。過去に何度か四階にも登場しましたが、今回は入口のスペースにて鳴らしています。今はGOLDMUND METIS2/3のペアで鳴らしています。まだまだ鳴らし始めたばかりで調整が必要ですが、非常に素性の良い音をしています。広がりや違和感の無い自然な鳴りはさすがですね。

●Brumester●
ドイツのハイファイブランド、ブルメスター製品も入荷しました!
機種はこちら↓↓↓
061 1,659,000円(税込)CDプレーヤー
http://www.noahcorporation.com/burmester/061.html
099 1,155,000円(税込) プリアンプ
http://www.noahcorporation.com/burmester/099LINE.html
036 1,312,500円(税込) パワーアンプ
http://www.noahcorporation.com/burmester/036.html

Dsc_0385

新製品の099にあわせて、CDプレーヤーとパワーアンプも展示致しました。
昨年、ハイエンドフォノイコラーザーの「100」フォノイコライザーとしては珍しいくらいに人気を博し、それについで登場したプリアンプ099も価格帯の中では非常に高品位の製品を作り上げて来ました。ブルメスターの音を聴いた事がない方、ぜひこの機会に!
現在は試聴室内にてB&W802SDやWilsonAudio SASHA W/Pと鳴らしています。

♪Facebookぺージオープンしました♪
ダイナミックオーディオ5555 4F H.A.L.3のFacebookページを作りました。
今週から本格的に更新しています。
もし、皆様がFacebookをご利用していればFacebook検索→ダイナミックオーディオ→いいね!の順序でいいね!してみてください。H.A.L.3の他愛もない話や音楽、映画、製品の情報、イベント情報等、不定期に私天野が更新しています。非常にゆる~い感じですので、お気軽にどうぞ!!

ダイナミックオーディオ5555 天野
amano@dynamicaudio.co.jp
03-3253-5555

|

2011年9月27日 (火)

Today's lunch!! Vol.106

本日開店!! ではなく本日閉店という美味しいのに残念なお店の紹介です。

久しぶりの更新ですが、ちょっとお食事とは関係ないワイシャツの話し(^^ゞから始まります。ハルズサークルレビュー5月21日の-No.2487-のEditor's Columnでこんな事を述べていました。

            -*-*-*-*-*-*-*-*-*-

体型が変わっても着られるものは20年以上前に買ったものでも何枚かあります。そうそう、POLOラルフローレンの本物のポロシャツがまだ二枚ありますね~。

ポロシャツなどは東南アジアで作られているのが今の常識ですが、30年前のラルフローレンのポロシャツのタグには「Made in USA」と書かれています。信じられます!? アメリカ製のポロシャツなんかあったんですよ!!(笑)

サイズも大きく、更に伸びてしまったのか…、でも私の今の体型だとまずまず着られる年季もののポロシャツです。古いけど、ちょっしたお宝気分です(笑)

30年前のマランツのアンプ、アメリカ製でしたね~。熱かったな~!!いやいや放熱するという意味ではなく、当時のアメリカのアンプはエネルギーを感じられるところがあったように思います。ノスタルジーかな~(^^ゞ

           -*-*-*-*-*-*-*-*-*-

私は長年に渡りボタンダウンのシャツもPOLOラルフローレンを着続けてきました。
http://global.ralphlauren.com/worldofralphlauren/jp

しかし、ボタンダウンというと生地はオックスフォードというのが普通ですが、私はブロード生地(生地の密度が高く光沢がある平織りの生地のこと)のシャツを20年以上着続けてきたのです。

しかし、大分くたびれてきたのでPOLの正規ショップに行ったら在庫がない。店員さんに本社に生産予定を問い合わせてくれと頼んだら何と、もうブロードのボタンダウンは作らないという方針だそうなのです。これは困った^^;

別にブランドにこだわるわけではないのですが、他社のシャツはどうも気に入らない。アパレル業界出身の家内もうるさくて、他社のシャツでは生地も縫製も良くないし、もちも良くないからと否定的。

ラルフローレンのボタンダウンはへたすると10年近く着ることが出来る。まあ、いい加減にくたびれてくると家内のテクニックで襟を裏返して再生するというケチくさい、いや良いものを長持ちさせる技も駆使してのこと。

アイロンをかけていると生地と縫製の良し悪しはプロには判ってしまうとのこと。一応POLの正規ショップで買うと12,800円くらいするのだから安くはない。

じゃ~これからは何を着ればいいんだ~と思っていたら、家内がテレビで見かけたのが「鎌倉シャツ」というブランド。このこだわりだったらいいかも、と家内が言うので幸いにも秋葉原に支店があるので試しに一着買ってきなさい、という事になりました。

http://www.shirt.co.jp/

それで昨日の昼休みにちょっと買い物へ。店員さんに自分のサイズと求める条件を言うと早速目の前に出してくれました。何と、私が欲しかったブロードのボタンダウンの種類も豊富。

条件にあった白いシャツを目の前に生地別に三種類も並べられて、どれにしようかと迷う事しばし。散々触りまくって感触のよいシャツを一枚試しに購入してきたのです。ここのシャツ税込み\5,145.なんですよ~!!ラルフローレンの予算で二着買えてしまうではないですか!!

さて、帰宅してからプロの家内が審査して合格するかどうか?評価が楽しみなところです。しかし、鎌倉シャツは他の製品も私の好みに合いそうですね~(^^ゞ良いブランド発見しました。

そして、この秋葉原の支店が入っているビルの上階にあるレストランも中々。次回は久しぶりにカメラを持ってToday's lunch!!の取材に行かなくては!!

http://akiba-tolim.com/

今日はこのビルの5Fにある沖縄料理「いちゃりば えん」で食事をしました。沖縄の若鳥のから揚げランチは中々美味かったですね~。
http://akiba-tolim.com/shop/icharibaen/index.html

家内の審査が通れば他の色のボタンダウンも買いに行きましょうか。価格的にも手頃だし食事するにもいいです。帰宅してしなものを見せたら、家内の見立てでは生地も縫製も合格だが、一度選択してアイロンをかけると本当に品物の良さがわかるというので最終結論はお預けとなりました。そして、今日は鎌倉シャツの店員さんに教えてもらったイタリアンのお店に行こうと思ったわけです。

           -*-*-*-*-*-*-*-*-*-

一夜明けた今日。いい天気の秋葉原です。先ずはそのお店の窓際からの風景はこうでした。

201192701

久しぶりの更新ですが、新ネタがなくて行きつけの店ばかり行っていたものでしたが、久しぶりに良いお店を見つけたのでした。ここです。AKIBA TOLIMの5Fにあるバール デル イールというイタリアンのお店です。ランチメニューはこんな感じでした。

201192703_3201192702_2

さてさて、スパゲティーというと私はオイルベースの塩味が好物なので、「小海老とベーコンのペペロンチーノ」これに決まりです。サイズは「自信のある方はどうぞ」と書かれているLLサイズで400gを注文しました。私は他の店で濃厚なカルボナーラで600gを完食したことがあるので、腹減らしの私なら400gは軽い(笑)と思ったわけです。それにしても、サラダバーとドリンクバーとデザートまでセットになっているという。ファミリーレストランとは一味違うサービスもいいですね~、ということで早速席を立って取りに行きました。

201192704

お恥ずかしいですが盛り付けのセンスは私にはないようです(笑)一回で全部盛り付けてしまおうとサラダは山盛りに。ここのサラダバーは品質がいいですね~新鮮な野菜だし、ボールには氷が敷き詰められて冷やしてあるし、お薦め致します。ドレッシングはフレンチを選んだのですが、これがまた私の好みに合いました。甘みがなくすっきりしていてよろしい!!ドリンクバーでは野菜ジュースをセレクトして席に戻りました。

このビルでエレベーターに乗ったら女性4人と乗り合わせましたが、同じ店に来ましたね~。来店客の半数は女性で、いかもレディーという客層が秋葉原らしからぬ雰囲気で好ましいです。そうこうしているうちに料理が運ばれてきました。山盛りです(^^ゞ

201192705

写真では分かりづらいのですが、この山盛りを食べ始めると更にその下にパスタを盛り付けたレイヤーがもう一層ありまして実に量感たっぷり! 最初の一口を食べて先ずは合格!!

いけますね~、茹で加減よし、味付け良し、オイルの質良し、そして何と言っても海老の食感がプリプリして大変よろしい。解凍したのがバレバレという海老を使っている店もありましたが、もしかしたらこの店は厨房でいちいちボイルしているのではと思うような新鮮な海老でした。これはいいです!! しかし、食べ応えありましたね~、そして美味かった~(*^_^*)

201192706

デザートは何と和風でした。白玉と小豆に黄粉をかけてみました。ドリンクバーではアイスコーヒーを取ってきてブラックで飲みます。ストローは使いません。そうするとコーヒーの香りが良く分かりますが、このコーヒーも中々いい風味と香りで合格です。

私は最初イタリアンの店でデザートなんだから、水を張ったボールに沢山浮かんでいる白い団子は何だろうかと、最初はデザートだとは思えなかったのです。食べてみたら白玉!! お水をくれたウェイトレスの若い女性に「白玉って何から作るんだっけ?」と材料を問いかけたら「え~、わからない~、聞いてきましょうか?」というので、いやいやそこまでしなくていいよ~と笑ってごまかしました。

今日は美味しかったよ~、と言うと「また来て下さい…、と言いたいんですけど今日で閉店なんですよ~」と彼女は意外なことを口にしました。えっ、閉店…、こんな新しいビルなのにどうしてまた…、聞くと、彼女は言葉にはしづらいようでハンドサインでヒラヒラと(^^ゞなるほど~、売り上げ不振ですか~と表情でわかったよ~と返事をしてあげました。中々印象の良い女性です。

帰りはレジで支払をしている時に「閉店とは残念だね~、せっかくブログで紹介しようと思ったのに~」と私。すると、先程の彼女は「え~、アキバのランチのブログですか~見たいな~。私、秋葉原を毎日通るんですよ~」とおっしゃる。学生でアルバイトをしているのだという。「私の娘も大学生だけど、君も頑張ってるね~」と思わず名刺をお渡ししてきました。果たして、彼女は後でこのブログを見てくれるでしょうかね~。それにしても惜しい!! せっかく良いランチを見つけたのに残念ですね~。

このフロアーには他のお店もあるので、また来ることにしましょう。帰りに鎌倉シャツの女性スタッフにイタリアンの店が閉店なんだって~と教えてあげようと通りかかりましたが残念ながら今日はいないようでした。久しぶりの更新でしたが、そんな動機を起こさせる店をまた見つけに行きましょうか~(*^_^*)

|

2011年9月26日 (月)

6F Alize7の音を

どうもこんにちは。すごく寒いけど秋らしい気候なのでしょうか?
秋晴れが見たいですね!そういえば色んな秋ですね。
 
まずお知らせDan D'AgostinoMomentum』一旦引きあげです。
う~寂しいから早く戻っておいで。
 
まぁそれは良いんですけど、GOLDMUNDのデジタルプリがあるので
いよいよデジタル接続でTELOS5000行ってみるか!と思いました。
 
G1_goldmundGOLDMUND  『EIDOS 36-2ch Reference
      『MIMESIS 30 ME
      『TELOS 5000
VIVID audioG1 GIYA
 
ステラヴォックス・ジャパンより正式に『MIMESIS 20History
の販売が開始されましたが、既に購入いただいた方から
「これはすごい!!」との感想をいただいておりました。
 
そのMM20Hに搭載されているAlize7TELOS 5000にも搭載された
技術です。それを活かさない手はない!とのことでデジタル接続
を決行。最初はCH PrecisionD1』で接続し、情報量の多さと
深み、背景からある音楽性が損失なくG1から出ているようで
全部合わせた定価が定価なだけあるな…と思いました。
 
続いてEidos 36-2ch Ref.を繋ぐと、まず動作の速さに感激
(そこが売りの物ではないですが)
D1に比べ、かなり力強い音です。エネルギーが前に飛んできます。
さっきのD1がかなり大人しい音に思えますね。
この組み合わせだと絶対的なS/Nの良さを感じます。
 
そしてJBLProject EVEREST DD66000』も繋いでみました。
やはりAlize7がすごいのか。より異次元の音になりました。
38cmウーファ、あの大きさだからこその音が楽々でてきます。
超低域の迫りくるような出方は、こういった超強力なアンプ
の時しか聴けないですよー
 
5555 / H.A.L.Ⅱ / A.武田でした。
mailto takeda@dynamicaudio.co.jp mailto

|

2011年9月25日 (日)

4F H.A.L.3からのお知らせ。

4FH.A.L.3からのお知らせです。

H.A.L.3は新たにFacebookページを作りました。Facebookをお使いの方、検索→「ダイナミックオーディオ」→いいね!の順序で、是非いいね!してください。

本日始めたばかりなのでまだまだ少ないですが、今後、どんどんやっていきます。H.A.L.3の新着情報や他愛もない話、オーディオニュースを更新していきたいとおもってます!!

ダイナミックオーディオ5555 天野

amano@dynamicaudio.co.jp

|

6F 空気がならす

どうもこんにちは。季節の変わり目なので眠いですね~
 
改めて紹介するこのスピーカ。
ZellatonZellatonZellaton Grand 75 Years Edition
まだ新品だったことを知らず、聴いた時は
なんだこの音…?と呆れました。
あの時聴いた方、再度いらっしゃいませ!
 
現在はEast PassiveEINSTEINのフルセットと組んでいますが、
メーカーページが作成され見たのですが、帯域レベルコントローラー
の1つ、下のウーファーをフルレンジにする機能を試しました。
 
新品時にはフルレンジにすると、うるさい部分が余計強調され
なんの為にあるんだ。と思っていましたが、現在は違います。
ウーファ専用にしている時は奥に広がる感じが強く、音の
発生源が的確にわかります。バランスとしてはスッキリですね。
 
フルレンジ化すると、音が前に出てきます。
ある意味少しあまくなりますが、広がりがあります。
 
その先は確かめていただきたい。
非常に軽やか。お待ちしております。
 
5555 / H.A.L.Ⅱ / A.武田でした。
mailto takeda@dynamicaudio.co.jp mailto

|

« 2011年9月18日 - 2011年9月24日 | トップページ | 2011年10月2日 - 2011年10月8日 »