« 2011年8月28日 - 2011年9月3日 | トップページ | 2011年9月11日 - 2011年9月17日 »

2011年9月10日 (土)

6F HEGEL登場してます

どうもこんにちは。厳しい残暑が続くようですね。
 
さて、簡単にお知らせです。
Hegel_h30HEGELP30』『H30
ステレオパワーのH30ですが、
モノラルとしても使えるアンプ
(本来は逆のようですが…)
 
ステレオで繋いでも、駆動力やサウンドはしっかりしていますが
それからモノラル仕様にすると表現力の深さに驚けるでしょう。
とてもクリアなサウンドではありますが、音楽的表現は豊かに
感じられます。
 
9月20日までの展示ですので、どうぞこの機会をご利用ください!
Dan DAgostinoMomentum』も同様に今月20日まで展示しています。
 
5555 / H.A.L.Ⅱ / A.武田でした。
mailto takeda@dynamicaudio.co.jp mailto

|

2011年9月 9日 (金)

ついにキタ!! AKG K3003!!

ブログの方は久しぶりですが、今日はなななんと!!いまもっとも注目されている!?AKGのK3003が入荷したということでいち早く皆さまにレビューをお届け。

K31_2 K32_2 K33 まずはどどんと一挙に3枚ご覧あれ!資料には何にも書いてないですけど素材はたぶんステンレスです。しびーね。詳しいスペック等はメーカーサイトにお任せ ⇒ メーカーサイト:AKG K3003

K3filter 頭からなんだかとっても乱暴な説明ですが、K3003はバランスド・アーマチュアの3WAY方式。そしてもっとも特長的なのが、付け替え式のメカニカル・チューニング・フィルターというもの。

K3fK3f2付属している3種類のフィルターを交換する事により音質を調整します。めんどくさい事抜きにとにかく聴いてみる。最初はグレーのフィルターがついていたので、まずはそのまま聴いてみた。
透明感溢れ、解像度よし、低域は若干弱めに感じたが、この手のイヤホンに特有の高域の変な嫌味はなくすっきりとして聴きやすい。白いフィルターに付けかえる。第一印象は軽っ!薄っ!でも聞き込むとグレーよりも高域の透明度が上がり、より空間の広がりが出てくる。ただし低域の軽さは何とかならんのかというレベル。最後に黒のフィルター。先に聴いた音よりもなんだかモッサリとしてしまったが、一番低域が出ている。見方によっては聴きやすいのだが、白、グレーの中高域を聴いてしまうとほんとにこれでいいのかという気分だ。
聴く音楽によってフィルターを付け替えるのもいいんだけど、正直めんどくさいしな。ということで、白、グレーフィルターで付属のシリコンイヤピースからコンプライのイヤピースに付け替えてみる。
予想はどんぴしゃ!それこそキタ━━━━━━(゚∀゚)━━━━━━ !!!!って感じだ!!

中高域の解像度、透明感を保ちつつさらに低域を引き出す・・・

いいね、いやもう "これ、音うぃーねぇ!” と言ってしまおう。。。

とここで、実際ほんとにいいのか?と疑問に。Fi○al audioのFI-○A-SSと比べる。k3003のナチュラル感、透明度いーでしょ!?そして個人的に意外と好きだったWestone4は話にならず、え!?こんなにモッサリしてたっけ?Westone4って感じである。

わかったよ、もう買うよ。。。お金があれば。。。無いから買わないけど。。。

イヤホン最強か!?とか言うと問題ありそうなんでそんなこと言わないけど、個人的には第一印象は非常にいい。エージングが進んでどうなるかも楽しみ。ただしコンプライとの組合わせでって事で。けっこうフィルター径は大きいので、T-400くらいかな?サンプルのコンプライから適当に入りそうなのを選んでつけたので、たぶんということで。
みんなー!買うときは、一緒だよー!!

とはいっても、好みのあることというのは百も承知!!私が良いといってもあなたが良いと思うかはわからない。その為に少しでも満足いく品定めをして頂く為、ダイナ5555ではイヤホンをとっかえひっかえ心行くまで選んで頂けるよう努めています。
ぜひご試聴して下さい!!納得してください!!そして買ってください!!w
私みたいにお金ないよーって方。どうぞ遠慮なく聴きにいてください。聴いてそれを励みにお金貯めて、いつか手に入れてください。

遠方の事はレビューを参考にしてね。だまされるかもしれないけどw

mail / ohta@dynamicaudio.co.jp
担当 / 大田

|

2011年9月 8日 (木)

良い音空間への近道・・・ヤマハの調音パネルお勧めです!

Shtop

★☆★☆2F サウンドハウス情報☆★☆★☆

YAMAHA「TCH-501B02N」を展示しました!
Resize0380        


覚えにくい型番の調音パネルですが、お勧めアイテムです。

ヤマハといえば楽器用防音室のアビテックスが有名ですね。その他、音響対策の製品をいくつか発売していましたが、オーディオ用途で気軽に試せる商品はありませんでした。

この調音パネルは幅600×高さ900×奥行き28mm、重さ約4.3kgという使いやすいサイズで
125Hz~4000Hzと音楽の中心帯域をコントロールします。それでいて定価\31,500(税込)とリーズナブル。オーディオ以外でもアップライトピアノの裏、レッスン室の壁などにも使用可能です。(こちらが元々のようです)

特徴は硬い反射面と音響共鳴管により適度な拡散効果を生む点です。


YAMAHA 「TCH-501B02N」 詳細はこちら↓
http://www.yamaha.co.jp/product/avitecs/product/panel/index.html


Resize0381_2

上は断面の写真です。各共鳴管をパネル状に連結しているためフロントパネルの強度アップも同時に行っています。

スピーカーの後ろや一次反射面に置くと効果的とのことですが、まず一枚後ろの壁の真ん中にセットしました。すでにFAPSの音響パネル「凜」はセットしているのですが、モノ凄く効果がありました。適度なライブ感を保ちつつ、ざわつきがなくなりました。もやついていたベースの輪郭がはっきりします。外せなくなりました。


ルームアコースティックを改善するアイテムは多種出ていますが、10万円以上する高価な商品が多く、大型で場所もとるので躊躇していた方も多いと思います。
その点壁掛けも可能な「TCH-501 B02N」調音パネルは非常にセッティングしやすい商品です。落ち着いたライトグレーの仕上げは、特に壁がホワイト系でしたら上手く溶け込んでくれると思います。

この効果で3万円は絶対に安いです!サウンドハウスも3枚導入決定しました!!
まず1枚、是非お勧めします。


YAMAHA 「TCH-501B02N」定価\31,500 販売価格お問い合わせ下さい!

(上遠野)


■■■■是非、御試聴下さい!■■■ 

↓下記までご連絡くださいませ。

Shtop2F

林(水曜定休) 

hayashi@dynamicaudio.co.jp

とも田(木曜定休)

tomo@dynamicaudio.co.jp

上遠野(火曜定休)

ken@dynamicaudio.co.jp

電話:03-3253-5555/03-3253-2001
FAX 03-3253-5556
       

営業時間:11:00~20:00

★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆

|

週末のオススメ。

今週末に試聴してもらいたい、個人的にオススメの2機種をご紹介いたします。

20110908_lcd2rev2   AUDEZ'E
平面磁界・全面駆動方式モニタリングヘッドホン
   LCD-2 Rev.2
税込販売価格 \119,700-
 
 
 LCD-2がRev.2に生まれ変わりました。見た目にはラムスキン・レザー製のヘッドバンドになり高級感があります。ドライバーは新型となっており、前作に比べてより空間表現が出るようになりました。標準でシングルのケーブルが付属していますが、もちろんバランス駆動がオススメです。BLO-169 Rev.2との組み合わせでは、音に厚みがあり、また解像度の高い音で楽しむことができます。
 
 
 
20110908_sd20_2 SOULNOTE
USB対応DAコンバーター
   sd2.0B
税込価格 \357,000
 
 
 SOULNOTEのリファレンスDAコンバーターです。展示機も徐々にエージングが進みましたのでここでの紹介となりました。CDの44.1kHzも、ハイサンプリングも、USBにも対応した意欲作です。前作dc1.0からさらに質感を上げてきたところが、SOULNOTEらしいところです。常によりよいものを作ろうと志し、実際にこうして完成させてくるところにブランドの信頼感があります。今回初めて対応したUSBの入力も、想像以上の出来栄えとなっています。まずは試聴されることをオススメします。
 スモールモニターとしては定番となったB&W CM1からどんな音が聴こえるか?ご期待ください。


1F 小山(03-3253-5555)

|

SOULNOTE & ELAC 展示特価品のご紹介。

展示入れ替えのための展示特価品のご案内です。

その1.
20110906_da10_2 SOULNOTE
 モニターアンプ
   da1.0(展示品)
税込標準価格 \252,000 >>>
 売約済み
 
生産完了となってしまいましたが、SOULNOTEの原点ともいえるアンプです。切れの良さと押し出しの良さが魅力です。出力は150W×2(8Ω)。
 
 
 
その2.
20110906_ma10 SOULNOTE
 モニターアンプ
   ma1.0(展示品)
税込標準価格 \357,000 >>>
 売約済み!!
 
こちらも惜しまれつつも生産完了となりましたSOULNOTEのリファレンスアンプ。質感と駆動力を兼ね備えたアンプです。写真には写っていませんが電源別筐体となっています。出力は60W×2(8Ω)。
 
 
 
その3.
20110908_fs187  ELAC
  スピーカー
   FS187(展示品)
標準価格OPEN (\189,000) >>>
 \149,800(ペア税込)
 
ELACの新シリーズ180LINEのトールボーイスピーカー。手頃な価格帯ながらJETツィーターを搭載した意欲作。ハイコストパフォーマンスモデルです。
 
 
 
展示品になりますので、ご検討中の方はお早めにお問い合わせください。
また、状態などの確認は、お気軽にお問い合わせください。(店頭で確認できます)

1F 小山(03-3253-5555)

|

2011年9月 6日 (火)

急告!エソテリックSACDソフト発売!!

9月20日[名盤復刻シリーズ]2作品登場!

毎回あっと驚くタイミング(直前すぎ!)で発売が発表されるエソテリックのSACDソフトですが、今回もそんなタイミングでの発表が届きました。

《9月20日発売》

【1】フォーレ:レクイエム
   アンドレ・クリュイタンス(指揮)
   パリ音楽院管弦楽団
   ロス・アンヘレス(S)、フィッシャー=ディースカウ(Br)
Esse90055■品番:ESSE-90055
■仕様:Super Audio CDハイブリッド
■価格:3,300円(税抜 3,143円)
■レーベル:英EMI
■音源提供:㈱EMIミュージックジャパン
        ■ジャンル: 宗教曲
□DSD MASTERING/Super Audio CD層:2チャンネル・ステレオ
 [マルチなし]/CD層:ADD
□美麗豪華・紙製デジパック・パッケージ使用

【2】ヘンデル:フルート・ソナタ集
   フランス:ブリュッヘン
Esss90056■品番:ESSS-90056
■仕様:Super Audio CDハイブリッド
■価格:3,300円(税抜 3,143円)
■レーベル:SONY CLASSICAL
■音源提供:㈱ソニー・ミュージックエンタテインメント
        ■ジャンル:器楽曲
□DSD MASTERING/Super Audio CD層:2チャンネル・ステレオ
 [マルチなし]/CD層:ADD
□美麗豪華・紙製デジパック・パッケージ使用

※詳細は下記のホームページでご覧頂けます。

□エソテリック公式HP(SACDソフト)
http://www.esoteric.jp/products/esoteric/sacd/index.html

・・・と言う訳で、もう間もなくの登場です。
   待ち遠しくもありますが、2週間暫しお待ちを。    

まずは一聴、お試しあれ。

※※ ソフトのご注文は下記まで、お気軽にどうぞ ※※

  ◇~・~◇~・~◇~・~◇~・~◇~・~◇
   1階はソフト&アクセサリーのコラボ空間!
       是非、遊びに来て下さい!
      サウンドパーク・ダイナ(SOFT)
       担当:矢部(木曜日定休)
     【info_spd@dynamicaudio.co.jp
  ◇~・~◇~・~◇~・~◇~・~◇~・~◇

|

6F Boulder と 中古品

どうもこんにちは。だいぶ朝晩が楽になりましたね。
 
入口のシステム紹介です。
BoulderBoulder810』『860
WestlakeLC 6.75F
音の色はとても濃いが
しつこくない音。
 
どちらも日本語のサイトが用意されていないのは残念ですが、
多くの方がご存じのメーカーですよね。
声の帯域を豊かにしていますが、最近の超高域を意識した
バランスではないと思います。でもモヤモヤした音じゃないですよ。
トルクたっぷりの大排気量車に乗ってるような余裕を感じます。
 
今月は弊社の決算月なので、どんどんお問い合わせください。
 
この後、お待たせいたしましたHEGELP30』『H30』が搬入されます!
明日は納品に出かけますので、14:00くらいまではクローズになります
ご迷惑おかけいたしますが、よろしくお願いいたします。
 
5555 / H.A.L.Ⅱ / A.武田でした。
mailto takeda@dynamicaudio.co.jp mailto

|

2011年9月 5日 (月)

6F 再Zellaton登場

またまたこんにちは。1個目のブログもあります
 
ホームページでは公開済みですが…
ZellatonZellatonZellaton Grand 75 Years Edition
再び展示開始いたしました!今度はEast Passive。
EINSTEINのフルセットで奏でる音、それは
なんとも優しい空気。
 
詳しくはモデル名にリンクを張ったPDFデータにて。
 
前回も書きましたが、振動板の質量がとても軽いそうです。
実際外して持ってみれば実感できるのですが…
発音が柔らかく、硬質さを求めても答えてくれませんが、
例えば今、LISTのピアノを聴いていて連符でコロコロ転がる
音の質感はとても軽快でありながら余韻が美しいです。
 
スピーカの存在を忘れてしまいそうな音で、その点の空気
そのものが発音しているような広がり。
ドカドカと大音量で迫力ある音は少し苦手ですが、
この優しいタッチの音は他には出せませんよ。
 
アウトプット トランス レスの音はいかがですか?(中古品紹介)
Thefinalcutmk60_2EINSTEINThe Final Cut Mk60 Ⅱ
売約済 Sold Out
お買い上げありがとうございます。

今ならステレオパワーとの比較も可能

 
鏡面仕上げの製品なので、多少使用感はあります。
問題は熱ですが、今年の冬も電力消費が懸念されているので、
暖房いらずでちょうど良い…というのはいかがでしょうか?
来年の夏は見通しがついてるようなので、今年ほど電力の
心配はないようです。
 
肝心の音について一切触れず、と思っていますが
熱は結構問題になるポイントなんですよね~
 
せっかくデモしているので、音はこちらで確認してください!
 
5555 / H.A.L.Ⅱ / A.武田でした。
mailto takeda@dynamicaudio.co.jp mailto

|

天ノ視点-4F- NO,20

天ノ視点-4F- NO,20

第35回マラソン試聴会「音の絆」開催日時決定!!

2

日時:2011/10/29(土)・30(日)
   29日:午前11:00~午後8:00
     30日:午前11:00~午後6:00
場所:青山 梅窓院 祖師堂

今回で35回目を迎えるマラソン試聴会。今年もダイナミックオーディオを代表する四人のオーディオマイスターが、最新の注目製品を独自の感性で鳴らし上げます。今年は「音の絆」と題し音楽と人、そして人と人を繋ぐ音楽の架け橋の大切さをお伝えしていこうという趣旨です。

今回のマラソン試聴会、私天野はH.A.L.Ⅲ担当島のアシスタントとして参加致します。初めて一緒に舞台に立たせて頂けるという事で、いつも以上に緊張です。

Sonusfaber GUARNERI Evolution VS. Memento
今年四階の注目製品の一つであるGUARNERI Evolution。今年のマラソン試聴会で四階のメニューとしてはほぼ確定的であるスピーカーです。現在はMementoのご購入を行って頂けますが、マラソン試聴会の時期には販売は終了しており、比較が行われるかわかりません。聴けるうちに聴いとこう。という事で、少しづつ傾向と差異点を探っていきたいと思います。

ダイナミックオーディオ5555 天野
amano@dynamicaudio.co.jp
03-3253-5555

|

6F 今日もDAgostino

どうもこんにちは。まだ雨が降ったりしています。
 
38cmウーファへの不安が感じられないアンプ。
Momentum_dd66000CH Precision      『D1
Boulder    『1012 DACPRE
Dan DAgostino   『Momentum
JBLProject EVEREST DD66000
 
スピーカ以外は昨日と同じ環境での試聴になります。
 
まずは昨日と同じパイプオルガンを聴いてみます。
もう最初にすばらしい!と言ってしまいました。
70Hz以下のほとんど音にもなっていないような低音域が
しっかり音楽に厚みを持たせる効果として効いています。
40Hz以下の音の存在もしっかりでてきます。
 
ここで付け加えたいのは、ブルブル…といいますか、
耳や体が疲れてしまうような出方ではないということです。
イタリアの教会での録音なので、恐らく家庭用パイプオルガン
などの比較的小型なものではなく、しっかりした楽器だと
思うので、当然大迫力の音がでるでしょう。
そのままのエネルギーを出すなら、なんとかできそうな気は
しますが、この音量でしっかりと分離しバランス良く
ならせるのはアンプがしっかりしているからだと思います。
 
私は低音楽器を好んでやってきたので、低音の事を主に
書いてしまいますが、オーケストラを聴いていても
低音パートの動きがしっかり見えるのは嬉しいことで、
譜面が頭に入っているものは、やはり見せどころが
他の楽器に埋もれることなく聴こえて欲しいと思っています。
強調するのではなく、各楽器がしっかり存在いるからこそ
音が調和した時に痺れることができます。
最後には拍手をしたくなりますねー
 
さてさて、ピアノトリオなんかも駆動力をみる基準に
しているDISCがあるので聴いてみました。
当然納得していますよー
 
続きはEast Activeでどうぞ!!
 
5555 / H.A.L.Ⅱ / A.武田でした。
mailto takeda@dynamicaudio.co.jp mailto

|

2011年9月 4日 (日)

6F Dan DAgostino登場

どうもこんにちは。風が強いですねー
 
私用で休みをいただいておりましたが、本日来ると…
MomentumDan DAgostinoMomentum
AXISSのページにある
「新たなるスタートを切った…」
まさにそのコピーに相応しい音。
 
最初にその姿をネットで見た時は“また60kgとかあるんだろう”
なんて思いましたが、まさかの40.8kg。軽くはないけど
軽いじゃんと思いました。なにせ今、145kgだ180kgだ260kgと
重量級が並んでいるので、これは軽量級のアンプになります。
 
重さに比例するわけではありませんが、なんとなく非力そうな
印象でしたが、再生ボタンを押すと揺るぎない駆動力の虜に
なると思います。
 
日曜なので長時間試聴はできませんでしたが…
 
今朝、開店前の準備中にアルミのボディが冷たくどんなもんかと
電源を入れ第1声をMAGICOから聴いてみました。
 
え?このアンプで音だしてるんだよね?
3日ぶりにハイエンドを聴くから耳がビックリしたのかな?
アンプの方も目が覚めたばかりなのに… こっちは
通勤電車でも寝て来て、寝ぼけたままの頭。良いのはわかるが
よくわからないという状態になったのでしばらく放っておきました。
 
開店後の話になりますが、再挑戦。アンプは触っていられない程の
熱を出しています。たぶん私も目が覚めています。
以前、ちょっと紹介したパイプオルガンのCDをかけてみます。
前と奥への空間と横方向の広がりを感じることができますが、
やはり安定した駆動力に、これはただ物じゃないと思いました。
スピーカとの相性になりますが、そのあまりにも自然な鳴り方は
音楽のもつ説得力を存分に伝えてくれます。
 
名前の通り、推進力のあるアンプですね。
それでいてピュアな音なのでアナログを聴いても良いと思います。
その前にEVERESTでも聴いてみないといけないですね。
 
相変わらず無駄な前置きが長いブログだな~と思いました。
East Activeのトップ写真もぜひご覧ください。
東の自信作ですhappy01 製品の美しさが伝わります!
 
5555 / H.A.L.Ⅱ / A.武田でした。
mailto takeda@dynamicaudio.co.jp mailto

|

天ノ視点-4F- NO,19

天ノ視点-4F- NO,19

Dsc_0317 Dsc_0344

先日、三日間のお休みを頂いて、お客様からご紹介頂いた上高地に行ってきました。
もう…最高に気持ちよかったです。私の実家は山梨のど田舎ですが、それすらも凌駕する雄大な大自然。運が良く上高地内のホテルをとれたので、朝、昼、晩と堪能してきました。
いや~また行きたい!!

ダイナミックオーディオ5555 10周年記念企画第七弾
「エレクトリ取扱い製品全館プロモーション」
常に時代の先端を行くハイエンドブランドを多く扱ってきたエレクトリ。その歴史はダイナミックオーディオとも深く繋がりがあります。世界の一流品を扱う販売店のダイナミックオーディオと輸入商社のエレクトリ。ダイナミックオーディオの総決算月に実現したこのコラボレーションをお楽しみください。

さて、そんなエレクトリプロモーションですが、ここダイナミックオーディオ5555H.A.L.Ⅲも魅力的な製品を展示しております。

四階展示製品は以下の通りです。

METRONOME TECHNOLOGIE:
CD One Signature \840,000.(込)
T3A Signature \1,260,000.(込)
C3A Signature \1,260,000.(込)
http://www.electori.co.jp/metro.html

Dsc_0345

イタリアのブランドMETRONOME TECHNOLOGIE社の製品三点を展示しています。
CDプレーヤーCD1Sigはメトロノーム社としてはエントリー機ですが、定価80万円の高級機です。メトロノームらしい独特の色気のある音は他のメーカーでは真似する事が出来ません。国産機にはないこの音作り。CD専用機ですが非常にお奨めです。

HEGEL:
H100 \420,000.(込)
P4A \525,000.(込)
H20 \735,000.(込)
http://www.electori.co.jp/hegel.html

Dsc_0347

北欧ノルウェーのブランド、ヘーゲルです。プリメインアンプのH100とセパレートアンプP4A/H20のシステムを展示しています。プリメインアンプは現在、話題のSonusfaber GUARNERI Evolutionを鳴らしています。HEGELのエントリークラスですが、申し分ないパワーと北欧のブランドらしい透明感のある素直で自然な鳴り心地はお奨めです。セパレートアンプのP4A/H20は奥の試聴室でB&W802SDを鳴らしています。価格的にはGOLDMUND TELOS350やAyre VX-Rと比べるわけにはいきませんが、価格以上の鳴らしっぷりを聴かせてくれます。

ATC:
SCM100SL PT \2,100,000.(込)
http://www.electori.co.jp/atc.html

Dsc_0348

イギリスATC社の大型スピーカーを展示してみました。3ウェイ/3スピーカーのフロントバスレフ型です。オリジナルユニットを搭載していてバスユニットは314cmと大型。それに応じて筐体も大きいわけですが、しかし、見た目に似合わず、音は繊細で丁寧に作りこまれています。あわせるアンプは四階ではGOLDMUNDとあわせていますが、国産ラックスマンやマッキントッシュ等とあわせても面白いのではないでしょうか?

三ブランド計7機種を展示しています。どれも魅力的は製品ばかりです。中でもおすすめはメトロノームテクノロジーCD1Sig。SACDが再生できなかったり、トップローディングだったりと不便な所はありますが、その音質…キャラクターは唯一無二です。もし、CDプレーヤーをお探しでしたら、一度ご試聴下さい。

さぁ…GUARNERI Evolutionが良く鳴っていますよ!今回ご紹介したHEGEL H100はもちろんですが、EINSTEIN The Absolute TuneIIやESOTERIC I-03も良く鳴っています。お好みにあわせて試聴してみてください。

ダイナミックオーディオ5555 4F H.A.L.Ⅲ 島/天野
shima@dynamicaudio.co.jp
amano@dynamicaudio.co.jp
03-3253-5555

|

« 2011年8月28日 - 2011年9月3日 | トップページ | 2011年9月11日 - 2011年9月17日 »