« 2011年8月14日 - 2011年8月20日 | トップページ | 2011年8月28日 - 2011年9月3日 »

2011年8月27日 (土)

B&W「PM-1」試聴会のお知らせ。

Shtop

★☆★☆2F サウンドハウス情報☆★☆★☆

B&W「PM-1」を展示しました!
Resize0377       


■第1回目の紹介はこちら■

9/2(金)に「PM-1」試聴会を行います!
B&W最新スピーカーを同価格帯のシステムで組み合わせ致します。
メーカーの味わいを音としてどう表現してくれるのか、ご期待下さいませ。

使用機器(予定)
Resize0378
HEGEL   H70      ¥262,500   
     CDP2A MK2  ¥315,000
Resize0379
LUXMAN  L-550AX   \346,500
        D-05   ¥315,000 他


●日時:9月2日(金) 18時半~20時
●場所:ダイナ5555 2F SOUND HOUSE
●定員:15名様

お申し込みは「PM-1 発売記念イベント参加希望」と件名に入れお申込み下さいませ。お電話での申し込みもお受付いたします。

皆様のご参加心よりお待ち申し上げます。

PM-1 詳細
http://www.bowers-wilkins.jp/Speakers/Home_Audio/PM1/overview.html

■■■■是非、御試聴下さい!■■■ 

↓下記までご連絡くださいませ。

Shtop2F

林(水曜定休) 

hayashi@dynamicaudio.co.jp

とも田(木曜定休)

tomo@dynamicaudio.co.jp

上遠野(火曜定休)

ken@dynamicaudio.co.jp

電話:03-3253-5555/03-3253-2001
FAX 03-3253-5556
       

営業時間:11:00~20:00

★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆

|

OCTAVE Stereo Poweramp RE290!!

Re290
今日のMEGの試聴会も楽しかったです、この感想はまた後日。

楽しみにしていたOCTAVE RE290がやってきました、この新製品を待ちわびていまして今日と明日のみなのですが音を聴いています。このパワーアンプはプリメインと同じく真空管を交換出来るところが魅力のひとつでして、標準はKT120となっていますが6550CやEL34、KT88も使用可能です。パワーアンプでも真空管を交換できるのはやはり楽しいですね、RE280はKT88と6550Cのみ交換可能でしたが今回は種類も幅広く真空管アンプが好きな人には嬉しい内容ですよ。早速フロアーでもOCTAVE HP500SEと合わせてJBL4365を鳴らしていますが、ドライブ力も音色も抜群に気持ち良いです、この期待を裏切らない音がOCTAVEの良い所だと個人的にも感じています。

という事で、
明日8/28(日)は終日OCTAVE 新製品パワーアンプ「RE290」を鳴らしています。まだ聴ける場所の少ない製品ですので興味のある方等、是非ご来店頂きましてご試聴ください。当日はメーカースタッフの方もいらして下さいますので(12:00〜17:00まで)ご質問等ございましたらお気軽にお声掛け頂ければと思います。

OCTAVE Stereo Power amp RE290
定価¥1,050,000(税込)
カラー:ブラックorシルバー
メーカーサイト:http://www.fuhlen.jp/octave/

明日の試聴システム
Player:LINN LP12system
Player:LINN AKURATE DS/K
Pre amp:OCTAVE HP500 SE
Power amp:OCTAVE RE290
Speakers:JBL4365

アナログ、デジタルどちらもご試聴可能です。

皆様のご来店を楽しみにお待ち致しております。

柴田

**************************************

3Fの特価品、中古情報含めその他の情報は「3FのHP」からご覧下さい。

ダイナミックオーディオ 5555 3F
Phone. 03-3253-5555
赤塚 akatsuka@dynamicaudio.co.jp
柴田 shibata@dynamicaudio.co.jp

|

6F アンプとスピーカ

どうもこんにちは。昨日の雨はすごかったですね。
 
そんな中、これを導入しました。
Telos5000_q5GOLDMUNDTELOS5000
新品を開梱してのデモになります。
展示品の販売をいたします。
重量は260kgになります。
 
当時の定価は\39,900,000(込)でした。 家?
現在MAGICOQ5』をならしていますが、完全にアンプに支配される
だろうと思っていましたが、大丈夫でした。
もちろんこのTELOS5000から電源部が強力になり、低音域からの
圧倒的なスピード感のある音がGOLDMUNDのアンプに備わったと
思っています。Q5で聴いてそのスピードは実感しますし、
100Hz以下の音がさらに存在感を示し、豊かに出てきます。
ダイナミクスの表現もアンプに余裕ある“力”を感じます。
 
それでもQ5の定位の仕方はMAGICOの良さそのままです。
ハイパワーアンプでならす密閉型スピーカの魅力をぜひどうぞ!
 
悪天候の中、ステラヴォックスさんご協力ありがとうございます!
 
お買い得情報、更新しております→ !Special Value ITEMS!
 
5555 / H.A.L.Ⅱ / A.武田でした。
mailto takeda@dynamicaudio.co.jp mailto

|

2011年8月26日 (金)

B&W「PM-1」やってきました!

Shtop

★☆★☆2F サウンドハウス情報☆★☆★☆

B&W「PM-1」を展示しました!
Resize0376     


■第1回目の紹介はこちら■

B&W「PM-1」
がついにサウンドハウスにやってきました!
小型ハイクオリティースピーカーの決定版です!!

普段お聴きのディスクを是非お持ち下さい、驚かれることでしょう。

今なら1セット確保しました!即納可能です。

B&W「PM-1」
定価\320,000(税込) 販売価格お問い合わせ下さい!

遠野

KATOUNO SOUND CHECK

http://www.dynamicaudio.jp/5555/2/ken/index.html

■■■■是非、御試聴下さい!■■■ 

↓下記までご連絡くださいませ。

Shtop2F

林(水曜定休) 

hayashi@dynamicaudio.co.jp

とも田(木曜定休)

tomo@dynamicaudio.co.jp

上遠野(火曜定休)

ken@dynamicaudio.co.jp

電話:03-3253-5555/03-3253-2001
FAX 03-3253-5556
       

営業時間:11:00~20:00

★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆

|

2011年8月25日 (木)

ATC & HEGEL & Quantum 集合!!

9月20日まで全館プロモーションとして、ELECTORIの扱う製品を展示しています。
1Fでは、私のオススメするアイテムを揃えてみました。どれもオススメです!!

110825_scm7モニタースピーカー
   ATC
   SCM7
税込価格 \157,500(ペア)
 
硬派なスモールモニターSCM7。
小さいくせに密閉型ということで鳴らしづらい印象がありますがSOULNOTE sa3.0との接続では気持ちよく鳴ってくれます。全帯域を遅れることなく駆動できるアンプとの組み合わせがオススメです。なお、SCM19(税込\315,000)も試聴できます。
 
 
110825_hd20DAコンバーター
   HEGEL
   HD20(写真下)
税込価格 \189,000
 
HEGELのUSB・DAコンバーターの上級機種。
スカッとした見通しの良い音が特徴です。PCとの接続も良いですが、すでにお持ちのCDプレーヤーとの接続でもよい結果がでると思います。USBバスパワー駆動の弟分HD2(写真上: 税込価格 \50,400)はこの価格帯では人気のUSB・DACです。
 
 
110825_qx4_2クリーン電源
   Quantum
   Qx2(写真上:税込価格 \231,000)
   Qx4(写真下:税込価格 \336,000)
 
今回一番のオススメは、このQuantumです。しかし、、、技術的な内容はよくわかりません。
電源関係のアクセサリーはいろいろとありますが、このQuantumの音の変化は今までとは違うようです。音楽性に溢れています。
 
ちなみに、、、
110825_qv2最近発売になったQv2(税込価格 \36,750)ひそかに活躍中です。
 
 
 
 
 
上記の商品は9月20日まで試聴できます。お気軽にお立ち寄りください。なお、8月27日にイベントがある関係で26日、27日は試聴できない場合がございます。
 
 
 
1F 小山(03-3253-5555)

|

2011年8月24日 (水)

天ノ視点-4F- NO,18

天ノ視点-4F- NO,18

Sonusfaber Guarmeri Evo & Memento

四階おすすめのこの二者。今が旬のこの両者をどこよりも早く比較して頂けます。
どちらが勝っていて、どちらが劣っているという事は正直言えません。
まるで別メーカーのスピーカーのような鳴り方ですもの。
ただ、残念なのはMementoの取り扱いを日本の輸入元であるノアは行わないという事。

あえて響きを尊重し、質感や擬似的な箱鳴りを表現し、唯一無二の音色を聴かせてくれたmemento。クランプ構造を採用し情報量や音場の表現力、忠実性を重視しているように感じるEvolution。同じラインのスピーカーとしてではなく、むしろ、Guarneriの名を持った、別シリーズや別メーカーのような印象を受けます。
しかし、この両者に共通していることは、両機種とも芸術作品のような美しさを持っている事。そして、表現こそ違えど美音であること。もちろん好き嫌い、賛否両論があると思いますが、私はNewGuarneriのデザインも表現力も好印象です。

Guarneri Mementoは既に日本にあるもののみの販売となっており、手に入れるのが困難になってきました。お求めを検討している方はお早めの試聴をおすすめ致します。

さて、このGuarneriを鳴らしているアンプですが、現在三機種のプリメインで比較して頂けます。

P1100199

CD-Player:
Metronome technologie CD ONE Signature 定価\840,000.(込)
http://www.electori.co.jp/metro.html

P1100200

Integratedamplifier:
EINSTEIN / The Absolute Tune II 定価\1,260,000.(込)
http://www.stellavox-japan.co.jp/03einstein/page/TheAbsoluteTuneII.pdf
真空管の入力段とトランジスタの出力段を組み合わせたハイブリッド構成。真空管の質感やきめの細やかさを持ちつつ、トランジスタのパワー感(80W/8Ω)を出しています。
真空管アンプにありがちなふくらみや曖昧さはなく、深みがありながらも出て欲しいところは出してくれる、非常に現在的なキャラクターを持っています。

P1100201

HEGEL / H100 定価\420,000.(込)
http://www.electori.co.jp/hegel.html
メジャーブランドではありませんが、私としてはコストパフォーマンス含め、非常にお奨めのアンプです。音質の好みはあるにしてもこの価格帯の中で海外メーカー120W(8Ω)のパワーと繊細な滑らかさを持っている持っているのはHEGELぐらいと言っても過言ではないのでしょうか?POPS、ジャズもしっかりと鳴らしてくれますが、クラシックや静かな女性ボーカルがお好きな人は要チェックです。

P1100202

ESOTERIC I-03 定価\630,000.(込)
http://www.esoteric.jp/products/esoteric/i03/index.html
今年、登場するなりダイナミックオーディオ5555では全フロアにて展示を行う等、積極的に扱っている製品です。マスターサウンドワークスの名のもと、D級アンプならではのパワーのある鳴らし方はそのままにディスク再生で培った音作りの技術を投入し、次代の挑戦を考えられた逸品です。

キャラクターの違う、三機種のインテグレーテッドアンプで皆様の好みに合わせてGuarneriの比較を行って下さい。

さて…一昨日から始まっているのが、ダイナミックオーディオ5555誕生10周年企画第7弾株式会社エレクトリ全館プロモーションです。四階H.A.L.ⅢではメトロノームテクノロジーのCDプレーヤーやHEGELのアンプを試聴して頂けます。日本の老舗輸入商社にして個性的かつ人気ブランドを数多く持つ輸入商社エレクトリ。第7弾目にしてようやく実現した待望のタイアップです。どうぞ、ご来店にてお楽しみ下さい。

ダイナミックオーディオ5555 H.A.L.Ⅲ 島/天野
shima@dynamicaudio.co.jp
amano@dynamicaudio.co.jp
03-3253-5555

|

2011年8月23日 (火)

6F MAGICO!

どうもこんにちは。これでカラッとしていてくれれば
良いんですけどねー。
 
さて、昨日登場したスピーカがこちら。
Q5MAGICOQ5
アルミの塊。こんな言い方したら怒られますね。
ビクともしないこれこそ堅牢なつくり。
190kgの密閉型スピーカー!
 
もうこんな重いの嫌。
さっそく試聴してみました。以前、デモした時もチラッと聴きましたが
MAGICOの音は好きだったので、嬉しいです。
ですが、すぐにブログを書けませんでした。思いつく言葉は
ありますが、それを否定したいと思い、聴いては他の事をし始め
また聴きにいくという行動をとり続け今に至ります。
 
結論から書くと個人的にはまずクラシックがとても良く感じました。
MAGICOの特徴ではありますが、脳に突き刺さるような音のなり方は
しないので体にズンズン響くような低音も期待できないのですが、
映し出されるようなステージ感は心地良さを最大限まであげてくれます。
 
たとえばフルオーケストラを聴いた時、金管楽器の直接音と間接音
そして木管や弦楽器群という弱音楽器。その位置関係の表現能力には
リアルを感じました。
先程書いた「脳に突き刺さるような音のなり方はしない」に少し矛盾
しますが、オーケストラ群が豊かに響を出している中で
トランペットはしっかり音が飛んできて存在を主張しました。
多くのスピーカで聴くともっと低音が前にでてきたりとするので
ある意味、珍しいタイプだと思います。
 
まだまだアンプを替えて試聴を続けたいと思います。
Cdlp今回、試聴に使ったソース達。
ケニーバロンはもう1度聴こうと
思っています。ロサンジェルスフィルの
スターウォーズも良いんですよ!
 
5555 / H.A.L.Ⅱ / A.武田でした。
mailto takeda@dynamicaudio.co.jp mailto

|

« 2011年8月14日 - 2011年8月20日 | トップページ | 2011年8月28日 - 2011年9月3日 »