« 2011年6月5日 - 2011年6月11日 | トップページ | 2011年6月19日 - 2011年6月25日 »

2011年6月18日 (土)

天ノ視点-4F- NO,11 特価情報!!

天ノ視点-4F- NO,11~4F中古☆特価情報~

今回の天ノ視点では四階おすすめの特価製品を一気にご紹介!!
中古、展示現品、その他諸々です。結構面白い商品ありますよ?
どうぞ、お見逃しなく!!
…商品によってはお値段のご相談も内緒で承ります…

★商品の詳細についてはお気軽に問い合わせ下さい★

■B&W 802D  ローズナット +SPIKEキット スピーカー
定価\1,680,000.(込)+\54,600.(込) →販売価格\850,000(込)

■JBL 4338 スピーカー
http://www.harman-japan.co.jp/jbl/hifi/4338/
定価\1,407,000.(込) →販売価格\740,000.(込)

■Sonus Faber GUARNERI MEMENTO GR(グラファイト)
http://www.noahcorporation.com/sonusfaber/HOMAGE.html#GUARNERI
定価\1,942,500.(込) →販売価格\1,050,000.(込)

■CEC TL0X CDトランスポート
http://www.cec-web.co.jp/products/cdplayer/tl0x/tl0x.html
定価\1,890,000.(込) →販売価格\945,000.(込)

■CEC TL1N CDトランスポート
http://www.cec-web.co.jp/products/cdplayer/tl1n/tl1n.html
定価\766,500.(込) →販売価格\378,000(込)

■PASS X0.2 プリアンプ
http://www.electori.co.jp/PASS/X0.2.pdf
定価\1,365,000.(込) →販売価格 \630,000(税込)

■ESOTERIC 7N-PC7300/1.5 電源ケーブル 
http://www.esoteric.jp/products/esoteric/7npc7300/index.html
定価\231,000.(込) →販売価格\120,000.(込)

■EMM Labs CDSA SE/ブラック CD/SACD PLAYER
http://www.highend.jp/EMM_CDSA_SE.htm
定価\1,890,000(込) →販売価格\1,100,000.(込)

■EAT FORTE (ブラック×1/Alpine×1) アナログプレーヤー
http://www.cayinlabo.com/products/eat/index.html
http://www.euroaudioteam.com/en/eat-forte-turntable-000007.html
定価\1,354,500.(込) →販売価格\630,000(込)

■TRIGON ENERGY(シルバー) プリメインアンプ 
http://www.trigon.jp/products/energy_spec.html
定価\577,500(込) →販売価格\262,500(込)

■TRIGON VAGUARD2  フォノイコライザー
http://www.trigon.jp/products/vanguard2_spec.html
定価\84,000.(込) →販売価格\40,000.(込)

■ORTFON EQA-333  フォノイコライザー
http://www.ortofon.jp/product/equalizer/index.html
定価\63,000.(込) →販売価格\30,000.(込)

■MUSICA pho100  フォノイコライザー
※商品公式ページ無
定価\99,800.(込) →販売価格\40,000.(込)

■MUSICA TCA10  トーンコントロールアンプ
※商品公式ページ無
非売品(24,000.相当) →販売価格\10,000.(込)

■PHASETECH T-3 MC昇圧トランス
http://www.phase-tech.com/html_japan/productspage_t-3.html
定価39,900.(込) →販売価格\20,000.(込)

■PRIMARE R-20 フォノイコライザー
※商品公式ページ無
定価\89,250.(込) →販売価格\35,700.(込)

早い者勝ちの一点ものばかりです。
JBL、B&W、Sonusfaber等の人気メーカーのスピーカーから後半のフォノイコ多々もなかなか…

ダイナミックオーディオ5555 4F担当島/天野
shima@dynamicaudio.co.jp
amano@dynamicaudio.co.jp
tel:03-3253-5555

|

6F 残り2日!!

どうもこんにちは。道で露草を見つけ改めて梅雨を感じました。
そしてまた雨が降ってきましたー…‥
 
さて、太陽インターナショナルとの企画も残り2日間。
明日は日曜日なのでチャンスですよー!
PuccinidCS   『Puccini
    『Puccini U-Clock
darTZeelNHB-18 NS & NHB-108 model one
Avalon 『Time
 
前回6Fに移動してきた直後にも書いた気がしますが、
改めてDPATCH Precisionを散々聴いた後に試聴してみました。
 
最近よく聴くCDをかけてみると、音が前に飛んできて主張する
感じではなく、 音場再現に優れているプレーヤです。
Timeはとても奥行きがでるスピーカなので、奥と
横方向の広がりによるステージ感はとても良いです。
コンサートの客席にいる感覚になります。
上位機種のScarLattiに比べるとフォーカスが少し緩く
感じてしまいますが、カチカチしすぎない甘さのある音作りが
良い雰囲気を出していると思います。
 
Clockは44.1kHzと48kHz のタイプですが、
特にアコースティック系の楽器の音が活き々々としてきます。
Pucciniのみお持ちの方には検討いただきたいクロックです。
 
10周年企画~太陽インターナショナル編 というわけで
残り2日間です!どうぞお問い合わせください。
 
ここでチラッと前回書いたものを見てみましたが、
前回のPucciniの評価は『ズバリ正確』でした…‥
うーん、このセンスの無い言葉のセレクトと現在と真逆の
感想を書くとは…確か当時のAmp.はGlassMasterだったから
ぎりぎりセーフということで。
 
5555 / H.A.L.Ⅱ / A.武田でした。
mailto takeda@dynamicaudio.co.jp mailto

|

トーレンス(THORENS)TD190mkII ・・・展示品特価!

Shtop

★☆★☆2F サウンドハウス情報☆★☆★☆

Resize0323
TD190MKIIは名門トーレンスのフルオートプレーヤーです。フルオートのためターンテーブルにレコードを載せ、スイッチを入れれば自動で再生しますが、音はかなり本格的。オルトフォンのOMB10型採用により厚みのあるサウンドを聴かせてくれます。輸入元㈱ノアとの契約が切れたためこれが最終になります。展示品となりますが、程度は良好です。付属品、元箱ございます。手軽にレコードを楽しみたいというお客様に是非お勧め致します。

http://www.noahcorporation.com/thorens/TD190.html

THORENS TD190mkII
定価\90,300⇒展示品特価\59,800(税込)


■■■■是非、御試聴下さい!■■■ 

↓下記までご連絡くださいませ。

Shtop2F

林(水曜定休) 

hayashi@dynamicaudio.co.jp

とも田(木曜定休)

tomo@dynamicaudio.co.jp

上遠野(火曜定休)

ken@dynamicaudio.co.jp

電話:03-3253-5555/03-3253-2001
FAX 03-3253-5556
       

営業時間:11:00~20:00

★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆

|

2011年6月17日 (金)

天ノ視点-4F- NO,10

天ノ視点-4F- NO,11

梅雨本番!という言葉があるのかわかりませんが「the梅雨」の天気ですね。
突然ですが、皆様の雨ソングってありますか?私の雨ソングはRhythm of the Rain/Cascades、もしくは吉田拓郎「たどりついたらいつも雨降り」ですね。完全に親の影響ですが…。
ちなみに、四階担当島はなぜか雨と言えばユーミンだそうです。雨のステ~イショ~ン…?

さて、今週末、四階H.A.L.3の注目をご紹介致します。

Dsc_0271

■太陽インターナショナルフェア■
以前の天ノ視点でもお知らせ致しましたが、ただいまダイナミックオーディオでは太陽インターナショナルフェアを開催しております。四階展示機は以下の通り↓↓↓

JEFF ROWLAND Corus 定価\1,732,500(込)
http://www.taiyo-international.com/products/jrdg/corus/
JEFF ROWLAND MODEL625 定価\1,890,000(込)
http://www.taiyo-international.com/products/jrdg/model625/
AVALON ACOUSTICS Transcendant 定価\1,942,500(込)
http://www.taiyo-international.com/products/avalon/transcendent/

特にModel625が素晴らしい!!島/天野一押しです。B&W802SDやWilsonAudioSASHAクラスのスピーカーであればバッチリ駆動します。再始動JEFFの音をこの機会にぜひ!!

Dsc_0270

■TADフェア■
太陽インターナショナルフェアとあわせて、ダイナミックオーディオ5555では7/24までTADフェアを開催しております。
四階では現在、AllTAD製品にてシステムを作って音を出しています。ラインナップは以下の通りです。

TAD D600 定価\2,625,000.(込)
http://tad-labs.com/jp/consumer/d600/
TAD C2000 定価\1,995,000.(込)
http://tad-labs.com/jp/consumer/c2000/
TAD M600 定価\5,250,000.(込)
http://tad-labs.com/jp/consumer/m600/
TAD CR1 定価\3,885,000.(込)
http://tad-labs.com/jp/consumer/cr1/にはTADと日東紡音響のイベントを予定しておりますが、先行して聴いてみませんか?

■WELL TEMPERED&I-03■
Dsc_0268

WELL TEMPEREDの新製品「Simplex」が入荷しました。新製品と言っても、去年のオーディオショウでは既に発表されていた商品ですが、それから半年ほど経ってやっとこ音楽を聴く事が出来ました。定価252,000.(込)という価格で非常に立派な音を奏でてくれます。シンプル・イズ・ザ・ベストという言葉が良くあいます。逆にカートリッジの音色が直に出てしまうかもしれません。
さて、そんなSimplexに合わせているのは、ダイナミックオーディオ5555一押しアンプのESOTERIC I-03です。I-03の内蔵フォノを使ってAVALONのTranscendantを鳴らしています。お気に入りのディスクを一枚持って遊びにいらして下さい。

■KRYNA■
KRYNAのインシュレーターD-PROP、D-PROP mini、C-PROPを比較試聴して頂けます。これは四階担当島と私天野も驚きました。
ちょっと見落としていました。電源ボックス、CDプレーヤー、プリアンプ等に使ってみてください。

常時展示製品のB&W802やSonusfaberももちろん試聴して頂けます。
皆様のご来店、お待ち致しております。

ダイナミックオーディオ5555 四階 島/天野
shima@dynamicaudio.co.jp
amano@dynamicaudio.co.jp
tel:03-3253-5555

|

NAGRA 300i インテグレーテッドアンプを展示しました!

Shtop

★☆★☆2F サウンドハウス情報☆★☆★☆

NAGRA  300i インテグレーテッドアンプを展示しました。今週末ご試聴頂けます!
Resize0320_2
レコードジャケット未満のサイズで300Bプッシュプルの真空管インテグレーテッドアンプという新製品がスイスのNAGRA社より発売されました。前段はトランジスターで構成しており、球は出力管のみということですが、電源、アウトプットトランスを装備してこのサイズにまとめるとは・・・。メカニカルで精緻な造り、仕上げの美しさ、さすがとしか言いようがありませんね。
Resize0319
パワー感はほどほど。でも、直熱管ならではの凛々しい音は新鮮な魅力に溢れています。弦楽器が心地良いですね・・・身体に浸みてきます。同社CDPとどこに並べようか、そんな空想だけでずいぶんと時間が経ちそうです。 (上遠野)


NAGRA 300i

http://www.taiyo-international.com/products/nagra/300b/

定価\2,520,000・・・
販売価格お問い合わせ下さい!


■■■■是非、御試聴下さい!■■■ 

↓下記までご連絡くださいませ。

Shtop2F

林(水曜定休) 

hayashi@dynamicaudio.co.jp

とも田(木曜定休)

tomo@dynamicaudio.co.jp

上遠野(火曜定休)

ken@dynamicaudio.co.jp

電話:03-3253-5555/03-3253-2001
FAX 03-3253-5556
       

営業時間:11:00~20:00

★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆

|

2011年6月16日 (木)

FOSTEX GX100とCW200Aがセットで超特価です!

Shtop

★☆★☆2F サウンドハウス情報☆★☆★☆

小型モニタースピーカーとして人気のFOSTEX GX100にサブウーファーCW200A(CW200A-GBは対象外)を加えた 2.1chがセットで超特価です!組み合わせてのご試聴も承りますので、是非ご来店下さいませ!

FOSTEXのGX100HY

Resize0318

GX100HY(1ペア)-CW200A 定価\149,520・・・
販売価格\94,800(税込)

GX100BD(1ペア)-CW200A 定価\149,520・・・
販売価格\94,800(税込)


GX100WR(1ペア)-CW200A 定価\149,520・・・
販売価格\94,800(税込)


■■■■是非、御試聴下さい!■■■ 

↓下記までご連絡くださいませ。

Shtop2F

林(水曜定休) 

hayashi@dynamicaudio.co.jp

とも田(木曜定休)

tomo@dynamicaudio.co.jp

上遠野(火曜定休)

ken@dynamicaudio.co.jp

電話:03-3253-5555/03-3253-2001
FAX 03-3253-5556
       

営業時間:11:00~20:00

★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆

|

2011年6月15日 (水)

B&W スピーカー大人気です!

Shtop

★☆★☆2F サウンドハウス情報☆★☆★☆

B&W・・・世界をリードするスピーカーを当フロアーでは3モデルご試聴頂けます。全て特価でご案内致します。是非ご来店下さい!

 CM5
Resize0315
CM5は上級機のノウハウを注ぎ込んだハイコストパフォーマンスモデルです。気品溢れるサウンドが魅力です。

B&W CM5 特価・・・お問い合わせ下さい!


805 DIAMOND

Resize0316
価格は上がりましたが、ダイアモンドツイーター搭載の最高グレードスピーカーということを考えるとこちらも超ハイコストパフォーマンスモデルです。繊細なニュアンスも表現できます!

B&W 805DIAMOND 特価・・・お問い合わせ下さい!


804 DIAMOND

Resize0317
アンプはLUXMAN「L-590AX」、McIntosh「MA-6600」との組み合わせで良く売れます。
ハイエンドなサウンドを堪能できます。

B&W 804DIAMOND 特価・・・お問い合わせ下さい!


■■■■是非、御試聴下さい!■■■ 

↓下記までご連絡くださいませ。

Shtop2F

林(水曜定休) 

hayashi@dynamicaudio.co.jp

とも田(木曜定休)

tomo@dynamicaudio.co.jp

上遠野(火曜定休)

ken@dynamicaudio.co.jp

電話:03-3253-5555/03-3253-2001
FAX 03-3253-5556
       

営業時間:11:00~20:00

★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆

|

6F 新規展示スピーカ

どうもこんにちは。今日は爽やかな天気ですね~
明日からは湿度がまた上がってくるようです…‥
 
さて、本日いきなり登場した懐かしいヤツ!
Pearl2Joseph AudioPearl 2
改めて見ると、
ここにあるのがとても懐かしく
なんとなく嬉しい気持ちです。
 
Timeの隣にとりあえずセットした状態ですが、ワクワクします。
2になる前のモデルの時もdarTZeelで演奏していたので、
最初の試聴には迷わずNHB-18 NSNHB-108 model oneを選択。
プレーヤだけはCH Precisionですが、記憶との比較なので
問題ないでしょう。
 
例によってRAVEL『左手のため…』から聴き始めます。
相変わらず音の繋がりの良さを感じるわけですが、
オルガン、トリオ、ポップスとかディスコと色々なんとなく
かけていくと洗練された何かを感じました。
 
ソフトドームのツィータなので金属的な音はやや大人しい印象
ではありますが、2つのウーファーがアルミでスピードは早く
締りもあるのでもたついたりモコモコする印象はありません。
声の基音あたり(中低~中音くらい)が少しでるようになったと
思います。以前の印象だと澄みきっていて反応も良い、ある意味
その部分が強すぎると感じた方には、以前よりは濃厚な
音作りになっているので良いと思います。
もう少し音を出してみてからが本番な気はしますが、
改良となっているので期待大です!
 
すこしアクが抜けたような印象
Pearl2side以前のはサイドにネジが
丸見えだったのですが、
すっきり綺麗になってます。
だいぶ印象が変わりますねー
 
仮セッティングだったので、現在はサイドに待機しています。
どちらの部屋に置くか検討してからになりますので、
試聴希望の方はまずご連絡をお願いいたします。
 
5555 / H.A.L.Ⅱ / A.武田でした。
mailto takeda@dynamicaudio.co.jp mailto
東へのメールはこちら↓にお願いいたします。
mailto azuma@dynamicaudio.co.jp mailto

|

Mcintosh 新製品発表会その1.

先日よりお伝えしておりますMcintosh新製品発表会。

************************************
「Mcintosh新製品発表会」

日時:6月25日(土)
時間:13:00〜15:00
場所:ダイナミックオーディオ5555 3F
システム:
Player:MCD1100
Pre amp:C50&C48
Power amp:MC452&MC302
Speakers:XR-200&JBL4365

************************************

上記試聴会へのご予約は赤塚「akatsuka@dynamicaudio.co.jp」、柴田「shibata@dynamicaudio.co.jp」までお願い致します。

新製品がズラッと並ぶのは6/25(土)、26(日)の両日ですが、初日の2時間は試聴会というかたちで各製品の説明等々、様々な音楽でお楽しみ頂きたいと思います。スピーカーでの新製品、XR-200を使用したオールMcintoshサウンド、はたまたJBLモニタースピーカー4365を組み合わせたMcintosh&JBL「伝統の音」、どちらの音も当日じっくりお確かめ頂ければと思います。

すでにお問い合わせは多数頂いておりますが、やはりMcintosh人気ラインの新製品という事でそれもそのはず。

特に9年間というロングランを誇ったC46から世代交代するC50には皆さんどうしても興味を惹かれるはず。ついにプリアンプにもブルーアイズメーターがつき、入力端子も金メッキ仕様、そしてDAC搭載となりデジタル入力を装備した事へ大きなスポットが当たっています、勿論DACとアナログ部はしっかり分離された2重シャーシ構造です。8バンドイコライザーは引き続き健在で下は25Hzから上は10kHzと今まで以上にワイドレンジな調整が可能となっています。さらに、MM&MC独立フォノ入力搭載、と9年間を引き継ぐ製品としてしっかり準備は整っているようです。

Xl_c50_fronttop

Mcintosh Pre amplifire C50 ¥819,000(税込)

ここからは先日よりのおさらいですが、6月25日(土)のイベントに先駆けて、3階独自のMCIMTOSHキャンペーンを開始します。

1、新製品のご予約を頂きましたお客様に関しては、先行納品でご対応。

2、MCINTOSHオリジナルノベルティをプレゼント。

3、下取り査定UPのトレードアップキャンペーン。

皆様のご参加を楽しみにお待ち致しております。

柴田

**************************************

3Fの試聴会予定は「こちら」からご覧下さい。

3Fの特価品、中古情報含めその他の情報は「3FのHP」からご覧下さい。

ダイナミックオーディオ 5555 3F
Phone. 03-3253-5555
赤塚 akatsuka@dynamicaudio.co.jp
柴田 shibata@dynamicaudio.co.jp

|

天ノ視点-4F- NO,9

天ノ視点-4F- NO,9

~イベント情報~

●日時:7月2日(土)午後4時~午後6時
●場所:ダイナ5555 4F H.A.L.3
●定員:15名様 誠に申し訳ございませんが、先着順とさせていただきます。
●使用機材
<TAD>
■スピーカー    TAD-CR1+TAD-ST1 ¥3,990,000(税込)
 http://tad-labs.com/jp/consumer/cr1/
■プリアンプ    TAD-C2000  \1,995,000(税込)
 http://tad-labs.com/jp/consumer/c2000/
■パワーアンプ   TAD-M600   \5,250,000(税込)
  http://tad-labs.com/jp/consumer/m600/
■CD/SACD PLAYER  TAD-D600  \2,625,000(税込)
  http://tad-labs.com/jp/consumer/d600/ 
<日東紡音響エンジニアリング>
■ANKH STD(150cm) \280,000(1本/税込)
 http://www.noe.co.jp/product/pdt1/pd1_ankh.html
■ANKH CORNER  \346,500(1本/税込)
■SYLVAN \210,000(1本/税込)
 http://www.noe.co.jp/product/pdt1/pd1_12_06.html
 <TAD>チーフエンジニア 川村氏
 <日東紡音響エンジニアリング株式会社>
    山下氏/佐古氏
 <ダイナミックオーディオ>
    H.A.L.3 島

●Instructor

Dsc_0265 Dsc_0266 Dsc_0267

現在、ダイナミックオーディオ5555では太陽インターナショナルフェアと平行して日本の「TAD」フェアも開催しております。
四階ではTADを上記の製品を使って一式TADで音楽を鳴らしています。私自身久しぶりのTADです。日本のオーディオメーカーとしてその歴史は長くあるものの、スタジオ機器として名を馳せ、近年コンシューマー製品に力を入れている屈指のメーカーです。非常にまじめに妥協なく音質を追及している製品を多く輩出し、ハイエンドオーディオメーカーとして日本を代表するメーカーとなりました。四階以外でも色々な製品を展示しています。この機会にぜひTADの本気を聴いて下さい。
そして、今回のイベントでは日東紡音響エンジニアリングの製品の効果を皆様に体感して頂きたいと思います。
私自身、この四階に来てから日東紡音響製品の効果をまざまざと感じました。「これは凄い!!」これまでも音響反射材の必要性を感じることはありましたが、これほどの変化は久しぶりです。ホントに?と疑心暗鬼になる方は多いと思います。しかし、これを聴けば納得して頂けると思います。

今回のイベントは定員15です。先着順ですので、参加ご希望の方はお早めにご連絡下さい。
四階はイベントを色々やっていきますよ!!今後もお楽しみに!

ダイナミックオーディオ5555 四階天野
amano@dynamicaudio.co.jp
shima@dynamicaudio.co.jp
tel:03-3253-5555

|

2011年6月14日 (火)

6F EastActiveへの挑戦~I03

どうもこんにちは。少し日があいてしまいました。
それとは関係ないですが、ダラリと長めの文章です。
 
試聴のためEast Activeへ持っていってみました。
I03ESOTERICI-03
60万円のプリメインが10倍の定価
であるスピーカを駆動する。
どんな世界が広がるのか…!?
 
本気で試してやろう!という感じで挑んでますので、空調は
もちろん全てOFF。静寂があります。
 
CH PrecisionD1』―『I-03』―Avalon AcousticsTime
後々バージョンアップを前提にした組み合わせのよう
ですが、仕方ないです。
CDとプリ間はXLR接続。さすがに大変なのか充分な音量を
得るためにはVolume40の設定になりました。
 
RAVELの『左手のためのピアノ協奏曲』を(好きなので)選曲。
この曲の06:00~07:30までの区間での感想になります。
 
まず注目は06:30付近にある曲の山に当たる部分。大音量ですね。
大型スピーカーを駆動するので、もちろん何の不満も無い音が
出るだろうとは思いません。
ただ、ティンパニのロールの粒。スネアドラムのキレの良さ。
管楽器のパワーはよく音が飛んできます。弦楽器などの弱音楽器も
埋もれることはなく、厚みが出ていました。
少し高音域がキツイ感じもありましたが、潰れることなくよく出せた
もんだな~と思いました。次はピアノソロです。
ここでは空気感をみますが、ピアノ単体の音でも
情報量の多さを感じます。しっかりした音で感動できます。
 
さて、ある程度の音量を出して聴くのは簡単だと思ってます。
Volumeを20にして聴きます。
この数値は一般家庭だとギリギリの音量かな?
やはり低音楽器(特に打楽器)の存在感が薄れていますが、
さっきの試聴に比べれば―の話。よく分解できているので音楽として
なりたっています。ある意味こちらのバランスの方が良いくらいです。
ピアノソロの空気感もしっかり感じ取れます。
 
続いて、さらに半分Volume10で行ってみよー!!
これは深夜、家族にも気がつかれないような音量…
わざわざ大型スピーカを使うような音量ではないですね。
7Fで試聴してる曲がまる聞こえ。D1本体からの音も感じ取れる
くらい耳をすました試聴になります。
さすがにティンパニのロールの存在はわからなくなりました。
音が小さすぎて空気感とかそういう次元じゃないです。
うん。これは企画の方が失敗。この音量でも充分なバランスで
出せるプリは1つしか思い浮かばないです。
もっとニアフィールドで聴けば良かったですね~
 
絶対的な限界を感じることはありますが、それは大音量に
した時でした。この部屋でもパワーがあることがわかる
音を出してくれたので、新ESOTERICサウンドは
魅力的です!
 
さーて、だいぶ暑くて嫌になってますがもう1つ
D1DPATも同じ曲をかけて
アンプとのケーブル接続を変え
聴いてみました。
交互に聴くのも大変…‥
 
DPATはエネルギーがあって、前に音が出てきます。
バイオリンも1本1本がわかるほど細かい表現が聴こえます。
ハイスペックPCを使用したわけでもないのに、この情報量や
生々しさ、エネルギー感はさすがと言いたくなります。
一方D1の情報量も見事ですし、何と言ってもピアノソロ時の
空間にはピアノ演奏者の息遣いも感じられますし、周りの
休符中である楽器担当者の緊張感も伝わってくるような
表現は逸品。音楽に浸れているということですねー
今回DPATのDACは別メーカーなので、C1と合わせて聴けば
より近い環境での比較ができるので楽しみです。
なんとも甲乙付けがたいプレーヤなのでセットでいかがですか?
という感じで終わりたいと思います。
 
5555 / H.A.L.Ⅱ / A.武田でした。
mailto takeda@dynamicaudio.co.jp mailto

|

3F TAD system.

Img_0930Img_0934
TAD systemが揃いました。昨日午前中から物々しい人数で搬入、セッティングが終わり無事、素敵な音を聴かせてくれていますが、暫くは移動したくない重量に作業後のその音もまたひとしおです。写真(上左)はスピーカー「REFERENCE ONE」、(上右)はモノラルパワーアンプ「M600」、M600は内部構造もご覧頂こうということで真ん中にキャビネットトップを外した1台があります。
Img_0939
SACDプレーヤーは「D600」、プリアンプには「C2000」。

ALL TAD systemをこんなにじっくり聴くのは始めてですが、とにかく機器の威圧感がまずまずです。質感と重量感、サイズは堂に入った次第でことD600は手触り、操作感や動作感もやはり流石の精巧さを感じます。CDの情報をありのまま、というと少々ありきたりですがこう素直に思えるのも久しぶりですね、堂々たるプレーヤーです。ところでこのシステムの音、目で追ってしまう程の定位感とナチュラルさ、無音から一気に弾け飛んでくる音の粒がどれだけか騒いだとしてもきっちり整頓されている様は、きっとこのTAD systemの一番の魅力なんだと感心しています。

是非、ご試聴にお越し下さい。

柴田



**************************************

3Fの試聴会予定は「こちら」からご覧下さい。

3Fの特価品、中古情報含めその他の情報は「3FのHP」からご覧下さい。

ダイナミックオーディオ 5555 3F
Phone. 03-3253-5555
赤塚 akatsuka@dynamicaudio.co.jp
柴田 shibata@dynamicaudio.co.jp


|

2011年6月13日 (月)

天ノ視点-4F- No,8

天ノ視点-4F- NO,8

「ESOTERIC I-03 使い方」

今回の天ノ視点では、今注目株ESOTERIC I-03について書きましょう。
今回はこのI-03の使い方や機能を皆様にご紹介致します。

※付属している説明書を参考にしています。
※(※:)は聴力障害や機器の破損につながる恐れがあります。

※文章や写真構成が非常にわかり辛いところがあります。どうぞ、ご了承ください。

STEP1 ~ご使用になる前に、これらをご確認下さい~

I03

■フロントパネル
INPUT切り替え/ヴォリュームコントロール/主電源/ディスプレー/ヘッドフォン端子/リモコン受光部

I03_2

■リアパネル
スピーカー出力端子 :I-03はシングルワイヤー接続専用です。バナナ端子、Yラグ端子、より線(裸線)の使用が可能です。
アナログ入力       :バランス入力(XLR)2番HOT×2
                   :アンバランス入力(RCA)×3(RCA2スルーアウト機能付き RCA3フォノ機能付き)
PRE OUT            :RCA×1
ACインレット       :3ピン

■付属品
電源ケーブル×1/リモコン[型式RC-1251]×1/リモコン用乾電池(単3)×2/フェルト×3/取扱説明書

■外寸/重量
445×162×468mm(突起部含む)約31kg

STEP2 ~接続~

基本的には多くのプリメインアンプと使用方法が特別変わることはありませんが、注意点をかいつまんでご説明致します。
まず入力系統やスピーカー出力をしっかりと接続してから電源を入れましょう。(緩みや位相接続、またはスピーカー端子がショートしていないか確認を行いましょう)初期状態ではヴォリュームは0dBですのでCDプレーヤーが稼働中でも突然の過大出力はありませんが、気を付けましょう。
バランス(XLR)入力は2番HOTです。3番HOTの出力製品は変更が可能な場合は変更する、もしくは変換アダブターを使用して下さい。
PREOUT(プリアウト)はコントロール部を通らず入力ソースを出力致します。主に録音装置などに使用致します。パワーアンプには使用しないで下さい。詳しくはSTEP9をご参照下さい。

STEP3 ~音だし~
接続が終了しましたら、早速電源を入れてみましょう。
I-03はフロントパネルに電源スイッチがあります。これを押すと電源が入ります。「ESOTERIC」→「I-03」→通常画面と変わります。通常画面になりましたら、まずはインプットを確認致します。4Fでは「RCA1」にCDプレーヤーを接続していますのでRCA1にまずはインプットセレクトを回し合わせます。次にヴォリュームのコントロールを行います。初期設定では「0」と表示してあります。コントロールノブをゆっくりと回し、ヴォリュームを上げていきます。

回転の速度により可変率が異なります。勢い良く回すと突然大きくなり、聴力障害や機器の破損に繋がりますので注意しましょう。

音が問題なく確認できましたら、接続している入力機器を全て再生してみましょう。

インプットが切り替わり、音が出るまで3秒ほどのタイムラグがあります。その間にコントロールノブを大きく回転していると過入力になります。I-03内部で「カチッ」と音がしますので、それからヴォリュームを上げましょう。

以上が、通常のシステムを組む場合の流れになります。以降はよりI-03を楽しんで頂く為のご説明になります。

TEP4 ~リモコン~

P1090902
I-03にはリモコンが付属しております。STEP4以降の機能を使う場合はほぼリモコンでの操作が必要となりますので、紛失等に気を付けましょう。
まず電池を入れましょう。リモコン下部のプラスネジを二か所外します。中に単三電池を入れるケースが入っています。+/-を注意しながら電池を入れ、ふたをします。
リモコン型番[RC-1251]は現在ESOTERIC製品の多くの機器に付属しているリモコンになります。CDプレーヤー等も同様のリモコンを使いますので、ボタンはたくさんついていますが、I-03で使用する部分は以下になります。

■「ON」   :最上部(左)
■「VOLUME+」:中央部扇型(上)
■「VOLUME-」:中央部扇型(下)
■「INPUT<」  :中央部扇型(左)
■「INPUT>」 :中央部扇型(右)
■「SETUP」  :最下部(左)
■「DIMMER」 :最下部(中)
■「MUTING」 :最下部(右)

I-03に電源が入っている事を確認し、早速使用してみましょう。
1.入力ソース(インプット)を変えてみましょう。I-03のヴォリュームが「0」になっている事を確認し、■「INPUT>」を押していくと[XLR2]→[RCA1]→[RCA2]→[RCA3]→[XLR1]と変わります。(初期状態では[XLR1]になっています)逆に■「INPUT<」を押していくと逆にセレクトしていきます。
2.次にヴォリュームを変更していきましょう。■「VOLUME+」を押していきます。徐々に音量を大きくし、適性の値まで上げてください。ヴォリュームを下げる時も同様に■「VOLUME-」を押し、適性値まで下げます。
3.画面の明るさを調整してみましょう。■「DIMMER」を押すと[FL Dimmer2]が表示されます明るさは四段階で[FL Dimmer2]→[FL Dimmar1]→[消灯]→[FL Dimmer3]と変わります。初期設定では最も明るい[FL Dimmer3]になっています。適性な明るさに調整して下さい。
4.ミュート(消音)にしてみましょう。■「MUTING」を押すとミュートになります。元に戻す場合はもう一度押してください。

STEP5 ~PHONO(フォノ)機能 INPUT3~

Rca3_phono

Mm_mc_mm

Mm_mc_mc
I-03ではお持ちのレコードプレーヤーをそのまま使用して頂けます。その為の機能としてPHONOイコライザーを備えております。
1.まず、INPUTが3以外(または電源が落ちている状態)、ヴォリュームが[0]になっている事を確認し、INPUT3の端子にお持ちのレコードプレーヤーのラインケーブルを接続します。(既にフォノイコライザーを使用している方はこの機能を使用しないで下さい)プレーヤーから出ているアース線をI-03背面部のアース端子に接続して下さい。
2.次に入力を[RCA3]に合わせます。(この状態ではまだヴォリュームを上げないで下さい)
3.次にリモコンの■「SETUP」を二秒以上押してください。[Disp>step]の表示が出たら■「SETUP」ボタンを3回押します。[RCA3>LINE]の表示で■「INPUT>」を一度押します。[RCA3>PHONO]の表示が出たらフォノ機能が使えます。
4.最後にMM/MCの設定を行います。お使いのカートリッジに合わせて設定して下さい。■「SETUP」ボタンを二秒以上押し[Disp>step]の表示が出たら、■「SETUP」ボタンを4回押します。[MM/MC>MM](初期設定ではMM)の表示が表示されたら■「INPUT>」で切り替えを行います。
以上がフォノ機能の設定になります。

設定を[PHONO]にしたままレコードプレーヤー以外の機器を接続すると大きな音が出ることがあります。レコードプレーヤー以外の機器を接続する場合は必ず[LINE]に戻しましょう。

STEP6 ~THRU(スルー)機能 INPUT2~

Rca_nml
Rca2_thru_2

I-03にはスルーアウトが備えられています。これは既にプリアンプやヴォリューム可変機能を持った出力装置のコントロールをI-03のパワーアンプ部のみを使用する時に使用致します。
1.まず、INPUTが2以外(または電源が落ちている状態)、また、出力装置のヴォリュームが[0]になっている事を確認して下さい。

出力装置のヴォリュームが上がっていると設定を行った後すぐに音が出ます。聴力障害や機器破損の恐れに繋がります。
2.次に■「SETUP」ボタンを二秒以上押します。[Disp>step]の表示が出たら■「SETUP」ボタンを3回押します。[RCA>NML]の表示で■「INPUT>」を一度押します。[RCA2>THRU]が表示されますが、この段階ではTHRUの文字が点滅になっていて機能しておりません。次にリモコン最上部■「ON」ボタンを押し確定させます。以上にてスルー機能が使用可能になります。
3.四階にて検証した際には設定後、少々ノイズが発生していました。これは使用機器にもよると思われますが、出力レベルが最大の状態になっているからだと思われます。STEP8にてご説明致しますが、チャンネルの出力レベルの設定にて調整を行えばノイズは減少します。

STEP7 ~左右バランス~

Bal_00_2

Bal_l60_2

Bal_r60_2 
各チャンネルの出力バランスが変えられます。
リモコン■「SETUP」を一度押します。[Bal>0.0]の表示が出たら、■「INPUT<」「INPUT>」を押します。左右に0.5づつ最大6.0(左右で24段階)の調整が可能です。

STEP8 ~出力レベル~

Level_0_2

Level_18

Level_18_2 

選択されている入力端子の出力レベルが調整できます。
リモコン■「SETUP」を二度押します。初期設定では[Level>0]に設定されています。■「INPUT<」「INPUT>」を押し+/-の変更をしていきます。-18.0(dB)~+18.0(dB)の範囲で0.5(dB)刻みで調整が可能です。
STEP6にてご紹介しましたスルー機能を使用した場合、機器によってはノイズが乗ることがありますので、その際はこの方法でレベルを下げることをおすすめ致します。

STEP9 ~プリアウト出力~
Preout_off

Preout_on1

Pteout_on2

Preout_rec

各チャンネルにてプリアウト機能が設定できます。
1.まず、背面のPRE OUT端子(RCA端子)に出力ケーブルを接続します。出力先の機器にしっかり接続されている事を確認して下さい。
2.次に■「SETUP」ボタンを二秒以上押します。[Disp>step]の表示が出たら■「SETUP」ボタンを2回押します。[PREOUT>OFF](初期設定ではOFF)の表示が出たら「INPUT<」「INPUT>」で用途に合わせた設定を選択してください。

プリアウトには三つの種類があります。
▲ON1
I-03に接続されているスピーカーとプリアウト出力接続先に接続されているアンプの二系統に信号を送ります。主に別のパワーアンプを追加してバイアンプをする時に使用します。
▲ON2
I-03に接続しているスピーカーから音は出ません。パワーアンプは停止状態になります。I-03をプリアンプとして使用し、別途パワーアンプを使用する場合はON2を使用して下さい。
▲REC
フロントパネルのヴォリューム機能が無視され、音声信号がそのまま出力されます。レコーダー(録音機器)を使用する場合はこの機能を使用して下さい。

STEP10 ~音量カーブ(VolTable)~

Voltable_a

Voltable_e
I-03のヴォリューム増幅カーブの変更が各チャンネルごとに出来ます。A~Eの五段階の変更が可能です。
A→B→Cへと変わるにつれて、緩やかにヴォリュームが上がります。必要に応じて変更して下さい。(初期設定ではA)
1.まず■「SETUP」ボタンを二秒以上押します。[Disp>step]の表示が出たら■「SETUP」ボタンを1回押します。
2.[Voltable>A]の表示が出たら■「INPUT>」を押し適切なモードに変更します。その際に、一度、ヴォリュームが最小値まで下がりますので、トップ画面にて再度、ヴォリュームを上げてください。
四階で以上の変更を行い、音質の検証を行った結果、私が最も好印象だったのはAでした。Eに近づくにつれて徐々にコンプレッサーがかかっているような音になっていくように感じました。何か特殊な理由がなければ使用しない方がおすすめです。

TEP11 ~入力ソース名変更~
Xlr1_xlr1

Xlr1_cd

Xlr1_vcr

Xlr1_abc12

Xlr1_skip

各部入力ソースの名前を変更できます。
どこの入力チャンネルでも各チャンネルの名前変更を行えます。
1.まず■「SETUP」ボタンを二秒以上押します。[Disp>step]の表示が出たら■「SETUP」ボタンを4~8回押します。
もともと本体に登録してある名前を使えます。選択できる端子名は以下の通りです。

CD/DAC/SACD/DVD/CD-R/DVD-R/TAPE/MD/TUNER/PC/MP3/AUX/TV/VIDEO/VCR/*skip

例)[XLR1=XLR1](初期画面)
→「INPUT<」を押すと上記の登録済みの名称が出てきます。
端子名を入力したい場合は[XLR1=■■■■■]の表示時に■「VOLUME+」「VOLUME-」を押し、文字を選択していきます。
選択できる文字は以下の通りです。

アルファベット:A~Z、a~z
数字     :0~9
記号     :!"#$%&'()*+,-./:;<=>?@(空白)

特徴的は機能として*skipがあります。例えばRCA2を*skipに設定した場合、インプット設定にてRCA2を飛ばすことが出来ます。長期間、特定のインプットを使用しない場合はこの機能を使用すると便利かも知れません。

STEP12 ~自動ディスプレー消灯~

Flaoff_off_2

Flaoff_15m_2

Flaoff_30_2

Flaoff_60m_2 
I-03を一定時間操作しなかった時に、自動的にディスプレーを自動消灯します。初期設定では[30m]に設定されています。
1.まず■「SETUP」ボタンを二秒以上押します。[Disp>step]の表示が出たら■「SETUP」ボタンを数回押します(各チャンネルで違います)必ず、メニュー画面の最後から二番目に設定されています。設定できる間隔は15秒、30秒、60秒、OFFの四種類です。
天野のおすすめは15秒です。ディスプレイ画面がノイズの原因になると言われています。実際に消した方がS/Nが良く感じます。

以上が、I-03の機能一覧です。

音質もさることながら、この多機能には驚かされました。このブログ書きながら思ったのは「好きなことやってるなぁ…」でした。天野的にはフォノイコライザー内蔵が嬉しいものです。音も良いし…。

ダイナミックオーディオ5555 四階 天野

amano@dynamicaudio.co.jp

shima@dynamicaudio.co.jp

03-3253-5555

|

Today's lunch!! Vol.105

20110613
今回はいきなり写真を見て頂きました。ありきたりない洋食メニューという感じですが、チキンのジューシーグリルランチ~バター醤油ソース~(スープ・ライス付)880円(税込924円)/930円(税込976円)という料理です。今日は目玉焼きがちょっと焦げてますが、まあご愛嬌と言うところでしょうか。大体私のランチタイムの行動半径は徒歩五分くらいの範囲であり、前回はデニーズを紹介しましたが、今日はロイヤルホストに行ってきました。大盛りライスとドリンクバーを一緒に頼みます。ドリンクバーの最初は何とカルピス(笑)

このメニューのポイントは「バター醤油ソース」というのがお気に入りなんです。チキンのソテーは他でもありますが、甘みのある味付けが結構多いもの。去年から食べ始めて何度目でしょうか、このソースは甘みもなくて私好みでリピートしています。秋葉原のロイヤルホストは天井も高くて広く、喫煙席もあって雰囲気は良いのですが、シート・椅子がイマイチ。ボックスシートは腰掛け部分の奥行きが短いので、深く座って寛ぐことはできないのです。これが難点。

ドリンクバーは種類が一通りあって良いのですが、いちい自分で歩いて行くのが面倒かな~。第一ランチタイムで何杯もお代わりしたりしませんから。こういうときにはデニーズのようにウェイトレスさんが注いでくれる方が私にとってはいいですね~。でも、他のメニューだと毎日の昼食となるとちょっと割高なのでたまにしか行きません。大体私のランチタイムは食事したらさっさと会社に戻ってしまうので、昼休みはあと何分ある?という感じてお茶を飲んで帰るということはありませんから。さあ、これからも試聴して課題のレポートも書かなくては!! いい音してるアンプDというのがお薦めなのです!!

|

« 2011年6月5日 - 2011年6月11日 | トップページ | 2011年6月19日 - 2011年6月25日 »