« 2011年5月8日 - 2011年5月14日 | トップページ | 2011年5月22日 - 2011年5月28日 »

2011年5月21日 (土)

6F 頂点から見える景色とは

どうもこんにちは。
もう夏のように暑い気がしますが、まだまだ序の口ですねー
 
今朝、突然現れたモノがあります。
KlimaxLINNKLIMAX DS/1
新しくなったクライマックスの
音を突然聴けることになりました。
やはり使い勝手が良いです。
 
以前のKLIMAXの音を正確に記憶していないので、細かい違いを
書けないです。しかし、相変わらず滑らかな音で最初に聴いた時の
感動が蘇るようでした。
 
この滑らかさが他の製品(LINNの他モデルや他メーカー)には
無かった質感で、今になってLINNの『AKURATE DS/K』にも
見事に反映された音色だと思っています。
ただS/Nの良さからくる空間の透明感や1つ1つの音のエネルギー
はフラッグシップに相応しく、このKLIMAXが優れていると感じます。
 
iPadの操作ソフト(ChorusDSHD)も良い!まるでiPodで
プレイリストを作っているように作成/編集が簡単です。
 
※この週末限定の展示になっています。急ではありますが
試聴希望の方は明日までなのでお急ぎください!

 
そうそう、前回のブログで書いたCDが入荷しました。
他にも試聴用に頼んだディスクが2枚きました。
そちらも合わせてどうぞ~!!
 
5555 / H.A.L.Ⅱ / A.武田でした。
mailto takeda@dynamicaudio.co.jp mailto

|

天ノ視点-4F- NO,4

天ノ視点-4F- NO,4

JEFF ROWLAND Corus & Model625

現在、ダイナミックオーディオでは、ダイナミックオーディオ5555OPEN10周年記念と致しまして、「太陽インターナショナルフェア」を開催しております。

太陽インターナショナル(旧大場商事)と言えば、有名ブランドをいくつも扱っている事で有名ですね。
その中で、4FではJEFF ROWLANDとAVALONに注目致しました。4Fでは以前から上位機種「Time」「Diamond」を展示していたいこともありましたが、今回は新製品のAVALON「Transcendent」とJEFF ROWLAND「Corus & Model625」を展示することになりました。
少し前に五階の担当をしていた頃、Transcendantを鳴らしたことがあるので楽しみです。

さて、本日の天ノ視点ではJEFF ROWLAND(以後JEFF)Corus / Model625に注目してみたいと思います。

Dsc_0250

■JEFF ROWLAND Courus 定価\1,732,500.(込)
JEFFはこれまでも優秀なプリアンプを作ってきたアンプメーカーですが、数年前に発表したフラッグシップモデルの「Criterion」は現代プリアンプの最高峰として今も人気を博しています。しかし、Criterionは\2,919,000(込)というかなりのハイエンド機で、なかなか手が出せないのが正直なところではないでしょうか。Courusが誕生したいきさつはわかりませんが、フラッグシップ機のCriterionの技術を生かし、コストダウンを図っているのは間違いありません。分かりやすい考え方としては最上位機のCriterionのバッテリー駆動が出来ないものと考える事が多いようです。相違点もありますので一概にはそうは言えないと思いますが、同価格帯の製品と比べると、かなりコストパフォーマンス良いのではないでしょうか。Criterion同様に非常にハイファイな印象です。プリアンプに特有の味付けを求めず、純粋にS/Nが良く、情報量を引き出してくれます。その力量は当代一だと思います。JEFF伝統のハードアルミのモノコックボディは音がぶれる事が無く、電源の別筐体は電源からの影響を受けません。一ヶ月程前に、同価格帯のプリアンプを集めて数社の比較を行いましたが、それぞれ個性はあるものの、Courusの丁寧かつ、ハイファイな音楽は特筆ものでした。

Dsc_0251

■JEFF ROWLAND model625 定価\1,890,000.(込)
JEFF設立25周年モデルとして開発された製品です。一番の特徴はなんといってもアイスパワーではなく、AB級のトランジスタを採用しています。名機model6の25周年モデルという事でmodel625の名が付けられているようですが、音は最近のJEFFではなく、当時の熱い音が引き継がれています。(私は残念ながら世代ではありませんが…)しかし、熱いのは音だけではなく筐体も…。シャーシとヒートシンクのの一体は世界中のアンプメーカーを見ても珍しく、Courus同様に伝統のモノコックアルミが採用されています。昨年のダイナイベント「マラソン試聴会」では担当島や担当川又が採用する等、ダイナの名営業マンが注目したのは、過去にJEFFに魅了された事がある人がそれを彷彿させる何かを感じたからではないでしょうか。

さて…本日から始まっています。「太陽インターナショナルフェア」。
四階展示機の他に全てのフロアで太陽インターナショナルの製品を展示しております↓↓↓
http://www.dynamicaudio.jp/5555/10th/r4/taiyo_5555tenji.html

ダイナミックオーディオ5555 4F天野
amano@dynamicaudio.co.jp
tel:03-3253-5555
fax:03-3253-5556

|

2011年5月18日 (水)

6F 疲れを癒してくれる

どうもこんにちは。今日は納品に出掛けひと汗かいてきました。
緑が綺麗な季節なので、清々しいですね~。
 
店に戻ってからもちょこちょこあったわけですが、
昨日入ったあるCDを聴く時間があったことに感謝です。
5_18_eastactiveAvalonTime』をFM Acousticsで聴く
至福の時間。音の良いCDはたくさん
あっても、純粋に心を揺さぶられるものは
なかなか出会えなかったりします。
 
写真にジャケットが写っていますが、曲目は
モーツァルト:ピアノ協奏曲 第9番「ジュノンム」・第12番・第14番
なんとも柔らかいタッチのピアノの音色、管弦楽との調和。
その全てが繊細であって、力強く心に何かを訴えかけてきます。
 
今月末から来月頭くらいに6Fへ少量入荷します。
また試聴DISCがあるので聴いてみたい方は声をかけてください!
 
もう買っちゃう!!と言う方はソフトコーナーへ
ご連絡をお願いいたします。(他商品はお取り寄せになります。)
※入荷しました!!
その際は「5/18の6Fのブログを見ました!」と入れていただけると
スムーズにご案内でますので、コピペをお願いいたします。
ソフトコーナーSPD→info_spd@dynamicaudio.co.jp
 
新たな新譜も注文しているので、そちらも楽しみです。
 
5555 / H.A.L.Ⅱ / A.武田でした。
mailto takeda@dynamicaudio.co.jp mailto

|

2011年5月17日 (火)

6F プッツィーニ

どうもこんにちは。今日は雨に注意ですね。
 
さて、昨日到着したプレーヤとクロックがあります。
PuccinidCSPuccini』『Puccini U-Clock
太陽インターナショナルに協力いただき
AvalonTimeNagraVPA』『VPS
の試聴も可能になっています。
 
今回はdCSのレポートです!
 
Mathias Landaeusピアノの『Opening』を聴いてみます。
m・a recordingsのCDでS/Nの良さから透き通るようなピアノが
聴けるDiscです。
 
定位の正確さや硬質な音から『ズバリ正確』という印象を受けましたが
せっかくあるのでU-Clockを繋いで聴いてみます。
今までの音にも迷いはあったのか…と思ってしまうほど
奥行きもでて立体的な音になりました。
 
さてこのU-ClockはUSBのDDCにもなるので、同じ音源の
ダウンロード版をPCで聴いてみました。(Mac/SSD)
24bit、96kHzまでの対応なので88.2kHzで試聴。
DACはPucciniに接続した状態なので、音色は近いものがありますが
ガチッした印象でした。静けさなどとても優秀ですが
うーん、ピアノの厚みある音などを見るとCDが優勢かなと
思いました。
 
ちなみに使用したUSBケーブルはコレ→B.H
ブワァッと広がる音で透明感ある音です。気にいってます。
このケーブルは1Fにて試聴できます。
 
5555 / H.A.L.Ⅱ / A.武田でした。
mailto takeda@dynamicaudio.co.jp mailto

|

2011年5月16日 (月)

天ノ視点 -4F- NO,3

天ノ視点-4F- NO,3

四階に越してきて早いもので一週間が経ちました。
さすがダイナミックオーディオ5555一のオシャレフロアだけあって、五階とは違った趣を毎日楽しんでいます。(職権乱用?)

さて、そんなオシャレフロアに新たなアイテムが加わりました!

Dsc_0239

finite elemente 「HOHRIZONTAL 51」定価\89,250.(込)
ipodドック内蔵の一体型スピーカーです。写真だと少し見ずらいですが、B1000×T300×H51mm/6.5kgの筐体の上中央部にipodを挿入する口があり、単純に差し込むだけです。接地方法は専用金具を壁に備え付け、本体を差し込みます。また別売のスタンドを使います。オシャレな製品だけに色は多種にあります。現在、四階に展示している製品はブラックですが、木目や赤、白等、系7種類の中からお選び頂けます。肝心の音質はハイエンドスピーカー並みとはいきませんが、BGMとして鳴らすには十分の音質を確保しております。新築をお考えの方やお部屋のインテリアをお考えの方にはもってこいです。

Dsc_0241

GENELEC 「6000A-TM」定価73,500.
スタジオモニターとして私もお世話になったGENELECからポータブルスピーカーが出ました。
入力はミニジャックのみ、ipodやスマートフォンに使用してみてはいかがでしょうか?持ち運び用の専用ケースもあり、旅行等に持っていくのも楽しいかも知れません。なんと、この専用ケースはあのHERMESのデザイナーがデザインしているらしいです。

気になる方はお気軽にご連絡・ご来店下さい。

ダイナミックオーディオ5555 天野
amano@dynamicaudio.co.jp
tel:03-3253-5555
fax:03-3253-5556

|

2011年5月15日 (日)

6F Time登場!!

どうもこんにちは。半袖でも気持ちの良い気候でしたね。
 
さて、昨日から予告していましたが…
TimeAvalon AcousticsTime
実際に置いてみると大きいです。
ここで聴いてみたい!という願いが
実現されたのはこの企画から→ ☆☆
 
ボードに乗せることも考えました。しかし、あまりにも高くなって
しまうので、スパイク使用の直置きになっています。
ユニットを見ながらの試聴は何だか落ち着かず…
やはりネットをつけた状態がきまっていますね。
 
Avalonとはこういうものだ!!と言わんばかりに
見事に姿が消えるスピーカです。
ピアノを聴いても。その絶妙な質感は文字に置き換えると
とても短調になってしまいます。カツーンと響くが硬すぎない
その加減が心地よいです。
 
低音ユニットのインパクトがあるので、どんどん出てきそうだと
思っていましたが、まるで密閉型のような印象の低音です。
バスレフが下向きについてますが、フロントに放出されるような
形ではなく、後ろ向きに出して反射を狙ったものでもないからだと
思います。基本はフロントのユニットから、そして量感を助ける
形で響が広がるような低音。こちらもとても丁寧な質感です。
 
H.A.L.Ⅱが奏でるTimeを堪能してください。
 
JBLEVEREST』が隠れてますので、試聴希望の方は
予め連絡をいただけると助かります。
 
5555 / H.A.L.Ⅱ / A.武田でした。
mailto takeda@dynamicaudio.co.jp mailto

|

3Fより試聴会のお知らせ:「LINN KLIMAX DYNAMIK UPG」

Solo_3
LINN KLIMAXシリーズのアップグレードが間もなくスタートします。

LINNのトップエンドモデルとしてKLIMAX SOLOが発売されたのが12年前。LINNは数々のアップグレードを製品に反映し常に最新の技術を落とし込むことで既存のユーザーの方へも常に新鮮で最先端のクオリティーをお届けし続けています。先月末、そのトップエンドモデルKLIMAXシリーズのアップグレードが発表されました、数年前にMAJIK 、AKURATEシリーズ他の新電源アップグレードがスタートした時にKLIMAXへも、という期待は当然ありました。先立ってKLIMAX KONTROL SEへは電源アップグレードがありその反響は当然のように大きく、アップグレード後の皆様の声がその評価の高さにそのまま繋がっています。そしてやっと、という気持ちも少なからずですがKLIMAX SOLO、TWINという両パワーアンプへの新電源アップグレードがスタートします。

KLIMAXのパワーアンプとして実質的に人気、販売台数が多いのはKLIMAX TWIN、この筐体サイズにして出てくる音を考えると魅力が高いのは当然ですが、今回の新電源アップグレードで期待度が一層高くなったのはKLIMAX SOLOです。「リファレンスアンプ」としてのパワーアンプ、このアップグレードがどれだけで、そしてどんな音を聴かせてくれるのかが楽しみで仕方ありません。

前置きが長くなりましたが、下記内容にてKLIMAX SOLOアップグレードの新旧比較試聴会を開催致します。現在、すでにKLIMAXアップグレード内容に沢山のお問い合わせを頂いて
おりますので皆様の関心の高さは十分に感じていますが、一度じっくり出てくる音で確かめて頂きたいと思います。スピーカーにはJBL4365、3Fならではの音、音楽も含めてお楽しみ頂けることと思います。本当はKLIMAX DSのアップグレードもピックアップしたいのですが、一度では到底無理そうなので今回はKLIMAX SOLOにスポットを当てて行います。

**************************************
「LINN KLIMAX SOLO DYNAMIK UPG」

日程:5月28日(土)
時間:14:00〜15:30
場所:ダイナミックオーディオ5555「3F」
システム:
Player:KLIMAX DS/1
Pre amp:KLIMAX KONTROL SE
Power amp:KLIMAX SOLO/d、KLIMAX SOLO
Speakers:JBL4365

**************************************

上記試聴会へのご予約は赤塚「akatsuka@dynamicaudio.co.jp」、柴田「shibata@dynamicaudio.co.jp」までお願い致します。

皆様のご参加を楽しみにお待ち致しております。

柴田

**************************************

3Fの特価品、中古情報含めその他の情報は「3FのHP」からご覧下さい。

ダイナミックオーディオ 5555 3F
Phone. 03-3253-5555
赤塚 akatsuka@dynamicaudio.co.jp
柴田 shibata@dynamicaudio.co.jp


|

B&W 805sD と MAJIK DS-Iの組み合わせでデモ中です。!

Shtop

★☆★☆2F サウンドハウス情報☆★☆★☆

只今、2FのブースでB&W 805sDをLINN MAJIK DS-I
で鳴らしています。クリアで音場を克明に描き出すB&Wに
LINN MAJIK DS-Iのデリケートな音触感は相性が
いいようで実際この組合せでお客様も試聴されてから
購入されている方がいらっしゃいます。

DSが鳴らす話題のハイレゾソースに音像を
正確に鳴らすSPが組み合わさるとどうなるか?

この辺りにお客様の興味があるように思えます。

そこで、只今、他にも対抗馬として
複数種類、是非、DSで聴いたみたいスピーカーを
御用意しました。!

Cimg4241

富士通テン TD510

Cimg4242

FOSTEX GX100 + FAPSスタンド ARTIST 

Cimg3976

最近の高性能コンパクトSPにも目が離せません。
是非、御試聴にいらっしゃって下さい。

特価情報 新製品FOSTEX GX250に
かなりお買い得な特価情報がございます。

販売価格 →  お問 い合わせください。

----最近のサウンドハウスフロアブース別御紹介-------

★☆★☆試聴ブース1(メイン)★☆★☆

Cimg4075

スピーカーは

B&W 804sD、SONY SS-NA2ES
タンノイ ターンベリーSE、JBL 4429
FOSTEX G1302、クリプ トン KX-1000P

を中心にデモを行っております。

プリメインアンプは

DENON PMA-SX、PMA-SX、PMA-SA11
LUXMAN  L-590AX
マッキントッシュ MA6600、MA6300、
【期間限定】MA7000

上杉アンプ 【全種類】

を中心にして鳴らしております。
只今、ソニーとマッキントッシュの組み合わせが
面白いです。

1、【導入予定】エソテリック I-03
メーカー交渉中です。エソテリック話題の商品御期待下さい。!

1、【再展示開始】FOSTEX GX250導入しております。
是非、聴いてみてください。

1、【新規】techdas D-7御試聴可能です。!
1、【期間限定】ヴィエナアコースティクス 
   BEETHOVEN CONCERT GRANDを再び展示予定です。

1、新製品 L-590AXの能力をお確かめ下さい。!
1、国産CDPやOLIVE 4HD、【新規】WADIA171&170
1、エソテリック X-05 デモ再開しております。
1、ドイツハイエンドの雄
   ブルメスター051、052に【特価品】がございます。

是非、お尋ね並びに御試聴下さい。

Cimg4077

★☆★☆試聴ブース2(リアルE-DYNA)★☆★☆

LINN MAJIK DS-I、ラックスマンL-507Uを
中心にして鳴らしてお ります。

スピーカーはB&W 805sD、FOSTEX GX-103
LINN MAJIK140を中心に鳴らしております。

好評でしたビエーナ BEETHOVEN BABY GRANDは
展示品が売れてしまいましたので次回、何か新製品を予定
しており ます。ご期待下さい。!

1、【新規】話題のDAコンバーター
アンテロープオーディオZODIAC GOLDを導入予定です。
ち密さを兼ね備えた高級DAC です。是非、聴いてみてください。

1、【大好評】FAPS アーティスト+fostex GX100によるデモ
引き続き好評です。是非、聴いてみてください。

1、エアーAX-7E、CX-7Eを久 しぶりに2Fに戻してデモして
おります。B&W 805sDとの組み合わせによる鳴りっぷりを
ご堪能下さい。

Cimg4088_2

★☆★☆試聴ブース3(マンスリーコーナー)★☆★☆

引き続きLUXMAN【新製品L-550AX】
を中心に色々な機材を使って鳴 らしております。
【期間限定】ハーベスHL-p3ESRと
HL-COMPACT7ESでの組み合わせ検証は
大好評でありました。 ありがとうございます。
今週からはタンノイ Definition8、クリプトンKX-5
【限定品】FOSTEX、GX100 PBによ る鳴り方を
検証したいと思います。

現在、CDPはヤマハCD-S1000、
【特価品】クリーク、クラシックCDで鳴らし ています。

ネットワークPは勿論、【NP-S2000】であります。
しかも1台特価品(シルバー)を御用意しましたので
是非、お尋ねください。!!

販売価格 → お問 い合わせください。


■■■■是非、御試聴下さい。 ■■■ 

↓下記までご連絡くださいませ。

Shtop2F

林(水曜定休) 

hayashi@dynamicaudio.co.jp

とも田(木曜定休)

tomo@dynamicaudio.co.jp

上遠野(火曜定休)

ken@dynamicaudio.co.jp

電話:03-3253-5555/03-3253-2001
FAX 03-3253-5556
       

営業時間:11:00~20:00

★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆

|

日東紡音響エンジニアリングANKH レポート

今回は日東紡音響エンジニアリングから発売されたANKHをご紹介させていただきます。

日東紡音響エンジニアリングは音に関する様々な仕事を行なっている会社ですが、今から2~3年前に森の音場を家庭やスタジオでというコンセプトの元作り上げたのが、
AGS(Acoustic Groove System)。その中で一般普及モデルとして作成したのが1号モデルの「SYLVAN」となります。

「SYLVAN」を元に、サイズ等を変更して作られたのが今回ご紹介させていただくANKH
(アンク)となります。またそのANKHをコーナーに設置できるように作り上げたのが、コーナーANKHとなります。

これで基本モデルが3つになりました。

Sylvanr_5 Ankh_r

C_ankh_2

そこで各モデルの使いこなしをレポートさせていただきます。

商品ラインナップは下記をご覧下さい。

<プライスリスト>

<SYLVAN>

●SYLVAN サイズW40×D20×H140 \210,000(税込)
●SYLVANスタンド W38×D40×H24 \37,800(税込)

<ANKH フラットタイプ>
●ANKH ST12 サイズW60×D23×H120 \262,500(税込)
●ANKH ST15 サイズW60×D23×H150 \294,000(税込)
●ANKH ST18 サイズW60×D23×H180  \357,000(税込)
●ANKH ST06 サイズW60×D23×H60  \136,500(税込)

ST12とST15は標準品でそれ以外は特注品となります。

<ANKHコーナータイプ>
●ANKH CO12 サイズW40×H40×D120 \294,000(税込)
●ANKH CO15 サイズW40×H40×D150 \346,500(税込)
●ANKH CO18 サイズW40×H40×D180 \399,000(税込)
●ANKH CO06 サイズW40×H40×D60  \178,500(税込)

受注生産となります。(3~4週間)

●ANKH OP1(スタンド)W60×D23×H30 \37,800(税込)
●ANKH OP2(脚)W7×D33×H3 \31,500(税込/セット)
●ANKH OP3(脚)W7×D39×H3 \34,650(税込/セット)

1)部屋のコーナーにCORNER ANKHとスタンダードのANKH、そしてSYLVANを設置しその
違いを比較しました。

●SYLVAN設置時

音像の定位がはっきりし、重心が下がるイメージです。木の響きも若干感じられ、全体的に中低域が厚くなり、音に芯が出てきます。エネルギー感が増しますので、ジャズやオーケストラなどで音をもっと前面にだしつつ、立体感が欲しいというお客様には非常に好まれるのではないかと思います。

ただ吸音されているような感じもあり、ステージ感は若干ではありますが、失われる感じもあります。

とはえいリスリングポイントが広くなり、顔を動かしても定位が散漫にならないところが素晴らしい

●スタンダード ANKH 設置時

こちらはSYLVAN同様な効果にプラスしてステージ感が広くなった感じがします。
SYLVANほど前面にでてくるエネルギー感は少ないのですが、逆に全体的に奥行きが出た分立体感を感じます。情報量も増えたように感じます。スケール感を重視する場合こちらの方をお勧めしたところもあります。エネルギッシュに楽しみたい場合はSYLVANの方が良い部分もあるようです。

●CORNER ANKH 設置時

さすが最後に完成しただけのことはあります。

SYLVANを試聴した時には良い意味で、リアル感があるのですが、音楽が真面目に聞え
てしまい、遊びが少ないように感じましたが、このCORNER ANKHはとにかく音が広いというか、開放感があります。それでいて音が散漫にならず、音像がしっかり浮かび上がり、オーケストラや室内楽、そしてライブなど臨場感が高まるイメージを持ちます。
ステージが広くなると曖昧になるところもあったり、薄くなるところもあるのですが、それを全く感じさせず、全てがプラスの方に変化しております。あくまでもH.A.L.3の試聴室の場合ではありますが、この変化は私の好きな方向に変化してくれ、非常に好感触です。

CORNER ANKHは上からみると5角形になっており、デザイン的にも非常に良いですね。

2)スピーカー設置面のセンターに設置

●SYLVANを2本設置。

SYLVANは1本だけでみるとシンメトリーの構造になっていないため、間隔をあけずに2
本並べて設置しました。

低域のバランスが非常に向上し、音圧が全体的に上がって聞えます。曖昧だった定位もしっかりして、深みが増します。QRDと比べると音像はやや前よりになるとは思いますが、リアリティは非常に増します。ただ私個人的には吸音的なイ
メージも出てしまい、もう少し開放感が欲しい感もあります。
詳しいSYLVANのコメントはこちら

●スタンダードANKHを設置

SYLVANに比べて音像が奥にいった感じがします。立体感に関してはおそらくSYLVANとさほど違いはないと思いますが、エネルギー感は良い意味減り、聴きやすくなった感じです。おそらくスタジオ的なイメージはSYLVANだとは思いますが、開放感があり、ステージが広くなる分楽しさはこちらのほうが上に感じました。SYLVANと違いシンメトリー構造になっているので1本から楽しめるのも良いですね。

スタジオ録音をリアルに再現といった面ではSYLVAN。クラッシクやライブ盤を楽しみたいということであればANKHというイメージを持ちました。ただ複数組み合わせるのであればANKHをお勧めしたいですね。

3)部屋の両サイドに設置(一時反射面)

●SYLVANを2本設置。

部屋のサイドも重要だということが本当に良く解ります。木を使っている分響きが落ち着き、また雑味が減り、安心感を覚えます。
サイドに設置したときでもリスニングポジションが大きく変化し、定位が崩れにくくなります。

SYLVANはシンメトリー構造ではないため、左右に使う場合は、起きかたで変化いたします。響き方が違いますので、お持ちのお客様はお試し下さい。

●スタンダードANKHを設置

実にステージが広くなります。ただヴォリューム次第ではSYLVANと比べると暴れて聞<えるところもあります。

コーナー、センター、サイドともに変化の仕方は同じで、SYLVANの方が音の厚みがあり、エネルギー感が増すのに対して、ANKHの方が開放感がリ、響きが豊かですね。

音楽をどう聴きたいか、そしてデザインも含めてご検討いただければと思います。

さて、今回コーナーANKHを使って高さによる違いも試聴しました。

120cmと60cmタイプの2機種を使い、120cmの状態と180cmの状態で試聴しましたが、その差は、予想より大きく驚きました。

個人的にVOCALの口の位置は少し高めの方が好きなのですが、高すぎると全体的に上ずってしまうのですが、180cmのコーナーANNHの場合、音像が上にも下にもしっかり伸び、上下感の定位が非常に良くなり、VOCALの位置もしっかり上がり、しっかり定
位します。リアリティが非常に増し、スケール感も広くなりますが、ANKHが持つ特有<な響きが前面に押し出す気配もあります。しかし全体的にみると最初から180cmをお勧めしたいところです。

ルームチューニングも吸音派と拡散派に分かれると思いますが、日東紡音響のANKH、SYLVANはバランスが取れており、どちらのお客様にも高い評価を頂いております。

今まで数件のデモをお客様で行なっておりますが、悪いイメージを持たれておりません。ただデザイン的な面やスペース的な問題、そしてご予算的なものもあると思います。

しかし導入されたお客様の中にはコストパフォーマンスが高いという言葉も頂いております。

是非お客様が頑張ってお揃えになった機器たちをもっと輝かせていただければと思います。

*持込試聴もご相談にのらせていただきますので、、お気軽にお問い合わせ下さい。

4F H.A.L.3 島 健悟

|

« 2011年5月8日 - 2011年5月14日 | トップページ | 2011年5月22日 - 2011年5月28日 »