« 4F H.A.L.3からのお知らせ。 | トップページ | Today's lunch!! Vol.106 »

2011年9月26日 (月)

6F Alize7の音を

どうもこんにちは。すごく寒いけど秋らしい気候なのでしょうか?
秋晴れが見たいですね!そういえば色んな秋ですね。
 
まずお知らせDan D'AgostinoMomentum』一旦引きあげです。
う~寂しいから早く戻っておいで。
 
まぁそれは良いんですけど、GOLDMUNDのデジタルプリがあるので
いよいよデジタル接続でTELOS5000行ってみるか!と思いました。
 
G1_goldmundGOLDMUND  『EIDOS 36-2ch Reference
      『MIMESIS 30 ME
      『TELOS 5000
VIVID audioG1 GIYA
 
ステラヴォックス・ジャパンより正式に『MIMESIS 20History
の販売が開始されましたが、既に購入いただいた方から
「これはすごい!!」との感想をいただいておりました。
 
そのMM20Hに搭載されているAlize7TELOS 5000にも搭載された
技術です。それを活かさない手はない!とのことでデジタル接続
を決行。最初はCH PrecisionD1』で接続し、情報量の多さと
深み、背景からある音楽性が損失なくG1から出ているようで
全部合わせた定価が定価なだけあるな…と思いました。
 
続いてEidos 36-2ch Ref.を繋ぐと、まず動作の速さに感激
(そこが売りの物ではないですが)
D1に比べ、かなり力強い音です。エネルギーが前に飛んできます。
さっきのD1がかなり大人しい音に思えますね。
この組み合わせだと絶対的なS/Nの良さを感じます。
 
そしてJBLProject EVEREST DD66000』も繋いでみました。
やはりAlize7がすごいのか。より異次元の音になりました。
38cmウーファ、あの大きさだからこその音が楽々でてきます。
超低域の迫りくるような出方は、こういった超強力なアンプ
の時しか聴けないですよー
 
5555 / H.A.L.Ⅱ / A.武田でした。
mailto takeda@dynamicaudio.co.jp mailto

|

« 4F H.A.L.3からのお知らせ。 | トップページ | Today's lunch!! Vol.106 »