« 高音質ソフト ~SACD編4~ | トップページ | 明日はB&W「PM-1」の試聴会を行います。 »

2011年8月31日 (水)

6F VPAの音

どうもこんにちは。
台風の進路が東京からずれていますが、本州の真ん中を通る予報ですね。
平日ですので皆様、お気をつけて。
 
さて、更新頻度が落ちていたので…
VpaNAGRAVPA
考えると長期間展示していますね。
プリはBoulderではありますが、
MAGICOがこんな表情を見せるとは…
 
前回のブログでTELOS5000登場をお知らせしたと思いますが、
大きさ・重量・価格・そして何よりその音は異次元の物のようで
聴けば納得するしかない。というようなアンプです。
 
そういったアンプでしかMAGICOQ5』はならないのか?
 
そんなことはありません。VPAがとても心地よい音をMAGICOから
出してくれます。
中低域、ボーカルの基音域の密度が濃いのでストレスを感じない
音の出方はやはり真空管(三極管 845)らしさ、と感じます。
まぁこれだけ熱が出てれば、こんな音になるだろう。とは良く
言いますよね。
 
反応の早い低音は出ませんが、豊かな低音の広がりは
それだけでゆったり聴く環境が揃う気がします。
 
そうそう、
East PassiveEINSTEINThe Final Cut Mk60 Ⅱ
の中古品が登場しています。
アウトプット トランス レスのアンプ、試聴できます。
 
お買い得情報、更新しています→Special Value ITEMS
 
5555 / H.A.L.Ⅱ / A.武田でした。
mailto takeda@dynamicaudio.co.jp mailto

|

« 高音質ソフト ~SACD編4~ | トップページ | 明日はB&W「PM-1」の試聴会を行います。 »