« 高音質ソフト ~SACD編3~ | トップページ | 3Fより試聴会のお知らせ. »

2011年8月16日 (火)

6F 涼へのお誘い

どうもこんにちは。日中は風があるからまだマシですねー
わりと今日、明日で夏休みも終わりという所が多いようですね。
 
タイトル変ですか?もうこれしか思い浮かばなかった…
Ch_cd最近、1日がやたら早く感じます。
でも朝の事を考えると遥か昔の事のよう…
暑さで頭やられ気味ですかね
今日はゆったりCDでも聴こう。
 
前回のCD紹介で名前(リンク)だけ出した→CD←です。
どうやら装丁変更による再発売盤だそうです。
 
このアルカンジェロ・コレッリさんは完璧主義者だったそうで
出版された作品は100も満たないそうです。本当に納得した作品のみ
そして何らかの形をもって残されていた未発表の作品も納められた
CDです。
 
ちょっとクラシックなどの演奏をしていたからと言って、決して
詳しいわけではないのですが、聴いていて「いかにも神経質さんが
作った音楽だな」ということはないです。
あまりにも自然に流れるように進んでいくソナタは確かに妥協の
一切無い拘りから生まれたものと感じれますねー
 
作曲とかで使う用語をほとんど忘れてしまったのですが、
聴いて飽きない音楽です。そして演奏のエンリーコ・ガッティさんも
コレッリの時代の音を再現しようとした、こちらも恐らく相当な
頑固者と見えますが、その拘りがこの音楽(CD)を現代に甦らせて
くれたんだと思います。
 
個人的にはDISC2の最後にナチュラルトランペットが参加した
「ソナタ ニ長調 Wo0 4」がおススメ。(5分程度)
この手のバロッグは聴いていてとても涼しくなるよう感じます。
どうやら怪談話が廃れているようなので、こういった音楽で
涼をとってみませんか? 
 
そうそう1番言いたかったのは現在
GOLDMUNDMIMESIS 22 Sig.Glass MasterSD-2 GE』で聴く
EVEREST!今後店頭でデモできる機会はほとんどないと思われる
プリアンプなので、是非どうぞ!
CH PrecisionD1』とESOTERICの『P-02 D-02』同時展示も
後少しですよー
 
5555 / H.A.L.Ⅱ / A.武田でした。
mailto takeda@dynamicaudio.co.jp mailto

|

« 高音質ソフト ~SACD編3~ | トップページ | 3Fより試聴会のお知らせ. »