« 天ノ視点-4F- NO,15 | トップページ | 6F CH再び!! »

2011年8月 7日 (日)

☆4F H.A.L3 ニュース☆

「」Saidera Ai SD-9003WT(ウェスト・テンプル)ケーブル H.A.L.3 独占販売開始

Photo

有名なマスタリング・エンジニア オノ セイゲン氏がご自身のスタジオ(サイデラ・マスタリング)で使用しているオーディオケーブルをH.A.L.3で独占販売することになりました。実際にマスタリングで使用しているケーブルをオーディオファイルの為に仕様を変更し、1本1本ひとりの職人の手でハンダ付けを行い、その音質を含めた最終確認はオノ セイゲン氏がチェックを行い出荷となります
ブランド名: Saidera Ai
商品名: SD-9003WT(ウェスト・テンプル)
メーカー(製造):有限会社サイデラ・パラディソ  Made in Japan
SD-9033WT(ウエストテンプル) 1M ペア \57,750(税込) アンバランスのみ
  50cmごとに + \15,750(税込)

8月8日(月)発売開始!!

広告はこちら

このケーブルの特徴を一言で言えば「色づけのないサウンド」なのかもしれません。
実際ピュアオーディオは生である必要がない部分も多く持っています。しかし、アーティスト、エンジニアが伝えたい芯のサウンドが伝わってこそ、音楽が楽しくなることも数多くあります。機器と機器の橋渡し。それがケーブルですが、そのケーブルの音を感じさせないこと。それはある意味プロの世界でもコンシューマーの世界でも同じなのかもしれないですね。
機器にこだわらずお勧めしたいケーブルです。
職人が注文いただいた時点で製作を行ないますので、納期は若干頂戴いたします。
今回発売記念ということで、10本限定で内税販売を行ないます。

販売価格 SD-9033WT(ウエストテンプル) \55,000(税込/1mペア RCA))
※デモ機もございますので、ご相談下さい。

「株式会社エミライ オーディオ事業部よりLANケーブル発売」

株式会社エミライ(emilai .inc,本社:東京都中央区,代表取締役社長:河野 謙三)は,古河電気工業株式会社製の一方向性結晶無酸素銅線であるPCOCC単線導体を用いた高品質LANケーブル「ancorale(アンコラーレ)」を8月1日に発売・販売いたします。
近年,LANケーブルは企業のインフラ構築のみならず,業務用・家庭用を問わずマルチメディア用途で広く使われております。特にケーブルも含めたエレクトロニクス製品全般に対し,高い品質と信頼性を求めるエンスー志向のお客様のニーズにお応えすべく,本製品を企画いたしました。 

ancorale(アンコラーレ)
●CLC6002 0.2m  \8,400(税込) 
●CLC6005 0.5m  \10,500(税込) 
●CLC6010 1.0m  \12,600(税込) 
●CLC6020 2.0m  \16,800(税込) 
●CLC6030 3.0m  \21,000(税込) 
●CLC6050 5.0m  \29,400(税込) 
●CLC6100 10.0m  \50,400(税込)

<主な特徴>
■導体の製造,ケーブルの製造・加工に至るまで一貫して国内大手電線メーカーの協
力を得た,純国産LANケーブル
■通常のLANケーブルで用いられるタフピッチ銅と比べ導体抵抗の低いPCOCC導体を使

■100mでの試験においてもCat.6の規格に余裕を持って合格
■良好なリターンロス特性
■LANケーブルがノイズの影響を受け,かつノイズ源となることを防ぐため,シール
ドに加えて対より線の平衡度を高精度に保持
■シールド効果の高いコネクタを使用 

更に詳しい資料は
http://www.em-audio.com/works/ancorale.html
以上 メーカー資料より

試作段階から持ち込みをしてくれており、最終バージョンの音を確認いたしましたが、非常にバランスのとれたサウンドでLANケーブルの重要性を感じることが出来ました。
H.A.L.3試聴室で実験しましたが、LANケーブルの比較試聴の際に感じたことは、オーディオケーブルの比較でと変らない変化があるということです。
音の広がり、位相特性、低域のエネルギー、透明感。LANケーブルはオーディオケーブルと同じで安い価格のものが市販されております。
店頭でもそうですが、ここでの音質追求はケーブルを長く引き回す都合あまり行なっ
ておりません。
実際電源ケーブルは既に普及して来たせいか、屋内配線がさほどではなくても、壁から機器まで良いケーブルをご使用のお客様も多いと思います。
そういう観点からLANケーブルを見直してもらい、LINN DSユーザーでしたらHubからDS本体、HubからNAS、お客様によってはルーターからHub。そしてPCとHub。色々実験しましたが、変ります!!

これだけ変化する訳ですから、手を入れれば更に上いくサウンドが実現できるのでは
ないでしょうか?

さて株式会社エミライのほうで月内予定でリファレンスモデルのLANケーブルの発売も予定しております。

Nexus
http://www.em-audio.com/project.html

こちらはancorale(アンコラーレ)のケーブルの価格の3倍ほどになり、
1mで\40,000ぐらいが予価となっております。
こちらは発売後ご案内させていただきます。

ancorale(アンコラーレ)に関しては定価販売とさせていただき、送料サービスとい
うことになります。

皆様からのご注文心よりお待ち申し上げます。

ダイナミックオーディオ5555 島/天野
shima@dynamicaudio.co.jp
amano@dynamicaudio.co.jp
03-3253-5555

|

« 天ノ視点-4F- NO,15 | トップページ | 6F CH再び!! »