« 6F ご案内 | トップページ | 6F MAGICO! »

2011年8月19日 (金)

天ノ視点-4F- NO,17 GUARNERI Evolution

天ノ視点-4F- NO,17

P1100143

来た!! Evolution!!
本日、SonusfaberGUARNERIの新作となるGUARNERI Evolution(ガルネリ・エボリューション)が到着しました!!
明日の20日はお披露目イベントを予定しています。詳しくは↓↓
http://dyna5555.cocolog-nifty.com/5555blog/4f_hal3/index.html
※まだ、若干数の席のご用意があります。ご希望の方は島/天野宛にご連絡下さい!!

日本初公開となるこのイベント、それに先行して、天ノ視点でちょこっとその姿を写真を交えて公開致しましょう!

P1100158 ☆鏡面仕上げの天板(底板)
見た目にも強い印象を受けるアルミ合板の天板。GUARNERI Evolutionの一つの大きな特徴である「アニマ・レガータ」構造を発展・応用し天板と底板を強固に一体化する「エキソ・スケルトン・クランプ構造」。アルミ合金を研磨し、鏡面状に仕上げ荒れた天板と同様の素材である底板、そしてリアにも同様の素材が採用されています。これは楽器の魂柱(こんちゅう)からアイディアを受け、開発されたようです。天板と底板を強固に固定する事を目的のようです。

P1100156 ☆新ユニット群
ツイーター:29mm 口径ウルトラ・ダイナミック・リニアリティ・ツイーター
(ソフトドーム・ツィーター)
高域を受け持つのは、かつて密閉型25cm / 2 ウェイ・ブックシェルフ型スピーカー設計の名手として名声を欲しいままにしたラグナー・ライアン(Ragnar Lian)氏の設計思想に基づく29mm 口径ウルトラ・ダイナミック・リニアリティ・ツイーター。このツイターを適度なコンプライアンスを持たせた粘弾性素材を介して、ウーファーと共通のサブバッフルに取り付けた上でキャビネットに取り付けることで、フロントバッフルからデカップリングさせています。~輸入元ノアパンフレットより~

ミッドレンジ:180mm 口径コーン型。
スピーカーシステムの中核となるウーファーは、自然な音質を重視した180mm 口径コーン型。自然乾燥させたために表面に凹凸を持つ風合いが独特な、非圧縮ペーパーパルプ振動板を採用しており、口径43mm のボイスコイルを使用した強力な磁気回路により渦電流の発生を最小限に抑えています。また、ツイーターと共通のサブバッフルに取り付けた上で適度なコンプライアンスを持たせた粘弾性素材にてフロントバッフルからデカップリングされています。

クロスオーバー周波数は2800Hzと少し高めです。音楽再生の中核を極力単一ユニットに集めることで違和感のない再生音に近づける目的のようです。

っと…ここまで書いて、お時間が無くなってきました…他にも何枚か写真を撮っていますので載せます。その他、詳しいご説明は明日のイベントでどうぞ!!

P1100147 P1100144 P1100151 P1100163 P1100170 P1100182 P1100195_2

ダイナミックオーディオ4F 島/天野
shima@dynamicaudio.co.jp
amano@dynamicaudio.co.jp
03-3253-5555

|

« 6F ご案内 | トップページ | 6F MAGICO! »