« Aurorasound CADA(カーダ) Ver1.1の魅力 | トップページ | 高品位ハード・ガラスCD再臨! »

2011年7月16日 (土)

6F Black Ravioli置いてみた

どうもこんにちは。大きな台風が近づいていますね。
九州地方は大雨が続いていたので、
早めに勢力が弱まってくれることを願っています。
 
さて、18:30から配達に出かけます。現在17:54…
BlackravioliBlack Ravioliの新モデル
デモを開始しました。
まずはdarTZeelプリパワーへ導入
BF-3』『BF-2』のコンビネーション。
 
※セットの仕方はプリ、パワー共通で
フロントの左右端に
BF-2をセット。リアの中心にBF-3です。
(緑色のリンクは拡大写真です。)
 
既に7Fから発信しているメールマガジンで登場していますが
最初にテスト段階の物が6Fに来たのは去年の10月くらいだった
と思います。音が出た瞬間に身を乗り出すくらい「おっ!」と
思ったことも遥か昔のよう…
 
今回は、まずプリにだけ導入してみました。
darTZeelの音は鮮度が高く、とても生々しい音だと思っています。
darTZeelにある独特の“鮮度”というモノは少し落ちている。
悪い書き方のようになってしまいましたが、BigFootを導入して
思ったのは、ある意味では淡泊とも言えるdarTZeelの音から
とても甘い香りがしてきたこと。
新たな足を手に入れたdarTZeelが、新しいリアルなサウンドを奏でる。
 
1つ1つの楽器の分離がただ良くなったのではなく、1つ1つが
しっかりエネルギーを、存在感を持ったような印象を受けました。
不要振動を吸収する物とは言え、面接触だからか角が取れたような
所と活き活きとした楽器達の音にとても色気を感じました。
 
パワーにも使うとさらにBlack Ravioliの色濃くなりました。
Padシリーズのデモ品もあるので、3週間テストをしてみようと
検討しています。
 
5555 / H.A.L.Ⅱ / A.武田でした。 東のつぶやき@HAL_two
mailto takeda@dynamicaudio.co.jp mailto

|

« Aurorasound CADA(カーダ) Ver1.1の魅力 | トップページ | 高品位ハード・ガラスCD再臨! »