« 6F TAD×darTZeel | トップページ | B&W 45周年アニバーサリーモデル「PM1」発売! »

2011年7月 9日 (土)

6F チョークコイル再導入

どうもこんにちは。ついに梅雨明け。暑い。
 
土曜ということで、暑い中たくさんのご来店ありがとうございます!!
私もタオル無しでは外にでれないです…‥怖いです…
 
さて、チラッとしか書けませんが…
Rgpc400proRGPCRGPC 400Pro
多くの方がご存じでしょう。
まだご存じではない方!
ここで試せますよ~
 
East Passiveでは様々な実験がされています。
あるアンプの長時間動作テストなどの歴史もあったようです。
その多くは極秘で、いまさら公開できないものですが、
コンシューマ向けのテストも日々行っています。ということです。
 
その1つがやはりこのチョークコイル。
現在はCDプレーヤとプリアンプという前段機器へのテストです。
※もちろんパワーアンプ側へのテストも可能。
しかも、400Proから電源をとっているわけではなく、
同じタップに400Proがささっているだけ。というシンプルなもの。
目の前でACを抜いたりさしたりしましょう。
それだけでも効果が体験できます。
 
再び、少量入荷したDISCです。
_モーツァルト:ピアノ協奏曲
第9番「ジュノンム」・第12番・第14番
オケとピアノの繋がりの良さが魅力
家で暑さに負けながら聴いてます。
 
ちょっとネタバレすると、外した状態ではピアノの転がるような
感じがとても素晴らしい。
400Proを導入すると、少し収まりますが音場の立体感、各楽器の
エネルギーが増す、というのを感じれると思います。
以前からボーカルのエネルギーがすごく良くなるという紹介を
していたと思いますが、今は無きチョークトランスはたいてい
音が弱くなるという特徴があったそうですね。
この400Proにはそんなことは感じさせないです。
まだ体験していない方にはぜひ体験してほしい!
 
というわけでH.A.L.Ⅱでは2つの試聴室で前段機器に使用しています。
 
5555 / H.A.L.Ⅱ / A.武田でした。
mailto takeda@dynamicaudio.co.jp mailto

|

« 6F TAD×darTZeel | トップページ | B&W 45周年アニバーサリーモデル「PM1」発売! »