« MA7000、MA6600でソニーSS-NA2ESを鳴らします。! | トップページ | 6F 究極と呼べる音 »

2011年5月11日 (水)

LUXMAN 待望のアナログプレーヤー「PD-171」のご紹介。

Shtop

★☆★☆2F サウンドハウス情報☆★☆★☆

ラックスマンから待望のアナログプレーヤー「PD-171」が発表されました!

Cimg4186

SACDプレーヤー「D-O8」から立て続けにヒット作を世に送り出しているラックスマン、今回のアナログプレーヤー「PD-171」は、1983年の「PD350」以来28年ぶりということで、非常に力の入った製品に仕上がっています!!

ポイントは

・高トルクモーターによるベルトドライブ方式を採用。
・大出力オーディオアンプ構成の回路によるACシンクロナスモーター駆動。
・32bitマイコン採用の高精度クロック制御ジェネレーター回路を内蔵。
・高慣性(約0.7t・cm2)を生かしたアルミ削り出しの重量級ターンテーブル(5kg)。
・15mm厚のアルミ削り出し板をメインシャーシとした主要部品のアンダースラング(吊り下げ)制振構造を採用。
・安定した回転をサポートするベアリングボール仕様の大口径テフロン軸受け採用スピンドル。
・電源トランスとACモーターをフローティングマウント。
・木と金属によるハイブリッド制振構造。
・アルミシャーシに直接固定された大口径インシュレーター。

他にも回転数調整に使用するストロボ、スタイラスライトなどを装備。機能や造りの割にはコンパクトで置きやすいと思います。


Cimg4189

早速、オルトフォンのMC-30Wを付けて試聴しました。ベルトドライブですが、立ち上がりは早く、5秒ほどで安定します。(止まるのも早いです)ウォームで厚みのあるサウンドです。あまりレンジを欲張らず、ヴォーカル帯域を中心として音楽をじっくり聴かせようという感じを受けました。
ラックスマンらしいチューニングが細部まで行き届いていると感じます。また、盤質の悪いディスクをかけてもアラをあまり出さない点も良いと思います。

現在発売されているアナログプレーヤーは、
 
海外プレーヤー・・・ベルトドライブ、一体型アーム、大体高価。
国産プレーヤー・・・ダイレクトドライブ、ユニバーサルアーム、入門クラスが多い。
 
という傾向があるように思います。その中でこの「PD-171」は、「ベルトドライブかつユニバーサルアームを搭載した本格的な国産プレーヤー」は唯一と言っても良いくらい貴重です。
 
良い音のプレーヤーをお探しの方、特に、複数のカートリッジを持っていて盤によって好きなものを変えて聴いてみたい、という方には待ちに待った商品ではないでしょうか。


重厚かつ品のあるデザイン、今の時代にマッチした手頃なサイズ、そしてラックスマンらしい厚みのあるサウンドを兼ね備えたプレーヤーです。是非、ディスク持参の上ご試聴下さいませ。

現在予約受付中です!

LUXMAN 「PD-171」 定価\418,950 販売価格お問い合わせ下さい。

(上遠野)

■■■■是非、御試聴下さい!■■■ 

↓下記までご連絡くださいませ。

Shtop2F

林(水曜定休) 

hayashi@dynamicaudio.co.jp

とも田(木曜定休)

tomo@dynamicaudio.co.jp

上遠野(火曜定休)

ken@dynamicaudio.co.jp

電話:03-3253-5555/03-3253-2001
FAX 03-3253-5556
       

営業時間:11:00~20:00

★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆

|

« MA7000、MA6600でソニーSS-NA2ESを鳴らします。! | トップページ | 6F 究極と呼べる音 »