« 6F 新・East Passive | トップページ | 日東紡音響エンジニアリングANKH レポート »

2011年5月14日 (土)

LUXMAN 「PD-171」を聴いてみました!・・・その②

Shtop

★☆★☆2F サウンドハウス情報☆★☆★☆

ラックスマンから待望のアナログプレーヤー「PD-171」が発表されました!

Cimg4231


■第1回目の紹介はこちら■

■第2回目の紹介はこちら■

Cimg4225
前回に引き続き、MCカートリッジを替えて聴いてみます。今回はクラシック。ESOTERICのリマスター盤です。カーゾンのピアノ、ブリテン指揮、イギリス室内管弦楽団のモーツァルト“ピアノ協奏曲第27番”で聴き比べてみました。
 

P3g
PHASE TECH「P-3G」(\120,750) 少し細身で繊細な弦楽器と端正なピアノ。

103
DENON「DL-103」(\26,000)です。レンジが狭い感じはしますが、ピアノとオケが寄り添って進む感じが好きですね。他のカートリッジで聴くとリマスターされた感じが良く出ますが、103で聴くと70年の録音・・・という感じがします。
Mc30w
ORTOFONの「MC30W」(\94,500)響きが豊かでふんわりしています。ピアノも余韻がありますね。厚みもあり、今回の中で一番リッチな音でした。
Sig
光悦「Rosewood Signature Platinum」(\252,000)同じ木製ボディを採用しているMC30Wと比べると響きが少ないです。弦は優しくピアノはおとなしめです。上品な音ですね。

MMカートリッジやモノラルも試してみたくなりました。

出荷は月末から順次開始します。現在予約受付中です!

LUXMAN 「PD-171」 定価\418,950 販売価格お問い合わせ下さい。

(上遠野)


■■■■是非、御試聴下さい!■■■ 

↓下記までご連絡くださいませ。

Shtop2F

林(水曜定休) 

hayashi@dynamicaudio.co.jp

とも田(木曜定休)

tomo@dynamicaudio.co.jp

上遠野(火曜定休)

ken@dynamicaudio.co.jp

電話:03-3253-5555/03-3253-2001
FAX 03-3253-5556
       

営業時間:11:00~20:00

★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆

|

« 6F 新・East Passive | トップページ | 日東紡音響エンジニアリングANKH レポート »