« 2011年4月 | トップページ | 2011年6月 »

2011年5月31日 (火)

3Fより試聴会のお知らせ:「MEG ME901KA」.

Me901ka_2
早くやりたいなぁ、と思っていたのですが、
予定していた日程を過ぎてしまいました。

先日のハイエンドショウでも注目度の高いスピーカーとしてお客様からも多数反響があり嬉しく思っています。今回はRL901Kが装いも新たにME901KAとして発売開始となりました、MEGラインナップの「顔」としてムジークのコンセプトが一番分かりやすくかたちとなったモデルであり、その評価もまた一番高くあるモデルです。

特殊同軸システムの3way、バランスの良さは言わずもがなですが小音量時のバランスには惚れ惚れする程、これに合わせて低音域の質感も合わせると放っておくわけにはいかないスピーカーなのです。という事で、この最新モデルを下記日程にて試聴会というかたちでじっくりお聴き頂こうと思いました。

**************************************
「MEG ME901KA その魅力とは」

日程:6月5日(日)
時間:14:00〜15:30
場所:ダイナミックオーディオ5555「3F」
システム:
Player:Mcintosh MCD500&LINN AKURATE DS
Pre amp:Mcintosh C500T&C500T
Speakers:MEG ME901KA

当日はメーカー(Ballad)さんからの詳しい説明もあります。

メーカーHP:http://www.ballad.co.jp/index.html

**************************************

上記試聴会へのご予約は赤塚「akatsuka@dynamicaudio.co.jp」、柴田「shibata@dynamicaudio.co.jp」までお願い致します。

皆様のご参加を楽しみにお待ち致しております。

柴田

**************************************

3Fの特価品、中古情報含めその他の情報は「3FのHP」からご覧下さい。

ダイナミックオーディオ 5555 3F
Phone. 03-3253-5555
赤塚 akatsuka@dynamicaudio.co.jp
柴田 shibata@dynamicaudio.co.jp


|

2011年5月30日 (月)

LINN 「LP12」電源アップグレード!

Shtop

★☆★☆2F サウンドハウス情報☆★☆★☆

それにしても今年のLINNの新製品ラッシュは凄まじい・・・「RADIKAL」「UPHORIK」のリニューアルに伴い「DYNAMIK POWER SUPPLY」のアップグレードも開始されました。早速LP12ユーザーのお客様宅で交換作業を行いました。

Resize0306
上が旧電源、下が「DYNAMIK MINI」という新しい電源です。

LINN「DYNAMIK MINI」 定価\84,000
■LINN JAPANホームページはこちら■

私も両機の新旧比較は行ってないので、非常に興味がありました。交換前に1曲と聴かせて頂いたのはアンドレ・プレヴィンの“I'll Remember April”。MY SONIC LABの「ULTRA EMINENT BC」を搭載したLP12SE、厚み、キレともに申し分ない音・・・これ以上があるのかという素朴な疑問がよぎります。
交換後がどうなるか楽しみです。
Resize0307
まずは「RADIKAL」を載せ替えました。先程の“ I'll Remember April”・・・驚いたことに劇的に変わりました!特にドラムス・・・ビシッ、パシッと気持ち良く決まります。演奏がより上手く、躍動感があがりました。「RADIKAL」は元々半端なく回転精度が高い上、回転速度を毎回センサーで監視しています。電源をアップグレードしてもそう変化はないのではという気もしますが・・・かなり大きなグレードアップでした。

次は「UPHORIK」を交換します。

Resize0308
再度視聴しました。「RADIKAL」ほど目に見えてという感じではありませんでしたが、音の密度が上がりました。付け替えたばかりなので、今後が楽しみです。

Resize0309
地震対策万全のN様のシステムです。EXCLUSIVE「MODEL2251」素晴らしいスピーカーですね。15年以上前の製品ですが、聴かせて頂くたびに進化しています。次回聴かせて頂くのは「KLIMAX DS」「CHAKRA TWIN」アップグレード時ですね。是非アナログもお聞かせ下さい。

N様、本当にありがとうございました。

(上遠野)



■■■■是非、御試聴下さい!■■■ 

↓下記までご連絡くださいませ。

Shtop2F

林(水曜定休) 

hayashi@dynamicaudio.co.jp

とも田(木曜定休)

tomo@dynamicaudio.co.jp

上遠野(火曜定休)

ken@dynamicaudio.co.jp

電話:03-3253-5555/03-3253-2001
FAX 03-3253-5556
       

営業時間:11:00~20:00

★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆

|

Today's lunch!! Vol.104

最近は歩道に立ちつくしてどこに行こうか考えてしまうことがしばしばありますが、今日は珍しく久しぶりに行ってみようと思い付いたのがデニーズでした。

20110530_2

実は、しばらく前の深夜番組でデニーズの人気メニューというのをやっていたのを覚えていて、今日は注文するものはすぐに決まりました。四元豚 のやわらかトンテキです。ソースは二種類あるというので「甘くない方はどれ?」と若いウェイターさんに聞くとジンジャーソースだというので、和食セットということでご飯と味噌汁のセットにしました。ジュージューと音がする鉄板で出てきましたが、ハシしかないのでナイフとフォークを下さいとウェイターさんに一言。甘くない方のソースをと言ったのに味見すると甘い…(^_^;)まあ、仕方ないか…と空腹には勝てず食べ始めました。大手のファミリーレストランなので、味がどうこうと述べる気持ちはありませんが、次回は他のものにしようと思いました。いやいや、決して不味いわけではありません。付け合わせのフライドポテトを食べていたら水だけでは辛くなってしまい、やっぱりコーヒーを追加で頼んでしまいました。

さて、秋葉原のデニーズは七脚のスツールが備え付けのカウンター席があって、そこが私のお気に入り。空いていれば左から二番目の席に必ず座ります。ちなみにここは喫煙席。ランチタイムにいるウェイトレスの皆さんは実に良く動き訓練されているな~と感心します。皆さん30代の女性ですが、ミニスカートのユニホームも好印象。昨年まで良く行っていたので、ここでも顔なじみの女性がいて「お久しぶりです~」と笑顔で言われると嬉しくなってしまう単純なおじさんの私です。(笑) 食後にコーヒーをお代わりして一服して気分は少しゆったりできました。いつもの他の店は食事したらさっさと席を替わってくれという雰囲気があるところばかりですが、ここはしばしの寛ぎが料金に含まれていると思えばまずまずというランチでした。

|

2011年5月29日 (日)

6F 和声を感じて―

どうもこんにちは。どうやら台風は消えたようですが、
これだけ雨が降っているので、気をつけないといけないですね。
 
さて、爽やかな日曜とはいきませんでしたが昨日CD入荷!
East_activeCH Precision  『D1
darTZeel    『NHB-18 NS
        『NHB-108 model one
Avalon AcousticsTime
 
試聴機器は上記のモデルです。
試聴盤として入荷した(もちろん持ち帰り分も)何種類かのCDです。
その中の1枚をピックアップ!!木枠の中にあるCDを紹介。
 
セルダーニャ―ピアノのための5つの絵画的練習曲
作曲:デオダ・ド・セヴラック 演奏:ジャン=フィリップ・オダン
舞台は南仏とスペイン・カタルーニャ地方の辺りだそうです。
行ったことはないのですが、作曲者の意図だったり演奏者の表現で
景色や風のイメージが浮かんできます。
私のオーケストラについての思いですが、指揮者やコンマスを
先頭にその楽団が曲をどう表現するか――で、だいぶ印象が変わり
好きだったり、そうでもなかったりすると思ってます。
ソロパートの楽器が指定楽器以外だったりする時もおもしろいと
感じます。何が言いたいのかというと、このCDはパイプオルガンの
独奏になっています。
 
ピアノに比べると楽器の都合上、軽快さは微妙な所です。
でも多くの音色を出せる、パイプオルガン自体が1つのオーケストラ
バンドのように表現できます。これだけ景色や風を表現できる
編曲者(ジャン=フィリップ・オダン奏者本人)がどれだけ
この曲に対して思う所があるのか、とある種の共感のようなものが
生まれます。奏者自身による解説に「ある作品を理解するには、
自分で編曲してみるのが一番」との思いがあり、この曲が好きで
世にあまり知られていないというのが今回の編曲をする
きっかけだった――とありました。
想いが溢れるCDになっています。
マーキュリーCDに同封されている日本語解説書より参照
 
解説にもなってない解説はこの辺でやめときますが、
パイプオルガンと言えばやはり反響と残響が命!みたいなとこが
あると思います。この響部分を最後の最後まで吸い出してくれる
プレーヤはすごいなーと感心してしまいます。
 
久しぶりにdarTZeelのアンプで演奏していますが、この雑味のなさ!
と言いたくなります。こんな派手な外見でも純粋に信号を、音楽を
奏でてますねー。パワー的にも余裕があって嫌いになれません。
 
最後にAvalonも…ですが、このCDは低い音が入っています。
ドレミがもはやわからないくらいの音も入ってますが、
どの帯域も空間の中に響かせています。多くの表情を見せてくれる
このスピーカの魅力に、色々考えられた時間でした。
 
さて、雨が強くなってる現実をどうしよう
 
5555 / H.A.L.Ⅱ / A.武田でした。
takeda@dynamicaudio.co.jp

|

ESOTERIC 「I-03」入荷しました!

Shtop

 

★☆★☆2F サウンドハウス情報☆★☆★☆

ESOTERIC 「I-03」入荷しました!

Resize0305
ESOTERIC 「I-03」 定価\630,000
■ESOTERIC公式ホームページはこちら■

同クラスの他社高級プリメイン(LUXMAN、ACCUPHASE)と比べるまでもなくこれ以上ないほどシンプルな外観です。

音の方は、最近のESOTERICらしく、S/Nが良く色づけのないサウンド。ですので特徴を言いにくいのですが、低域の解像度、制動力はかなり高いです。このクラスのスピーカーはウーファーが小型の製品が多く低音が主張するような音作りのものは少ないのですが、「I-03」でボリュームを上げるとグイグイベースが出てきます。

Resize0304
オリジナルマスターの情報をそのままリスナーに届ける「MASTER SOUND WORKS」を提唱するエソテリックの魅力が1台に凝縮したモデルを是非お聴きください。

(上遠野)



■■■■是非、御試聴下さい!■■■ 

↓下記までご連絡くださいませ。

Shtop2F

林(水曜定休) 

hayashi@dynamicaudio.co.jp

とも田(木曜定休)

tomo@dynamicaudio.co.jp

上遠野(火曜定休)

ken@dynamicaudio.co.jp

電話:03-3253-5555/03-3253-2001
FAX 03-3253-5556
       

営業時間:11:00~20:00

★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆

|

天ノ視点-4F- NO,6

天ノ視点-4F- NO,6

P1090848

「Free style ESOTERIC -Master Sound Works-」
最近のダイナミックオーディオ5555ブログや各担当者メールマガジンで話題に上がっている製品ESOTERIC「I-03」。
ダイナミックオーディオ5555では、これまでESOTERICが新製品を発売すると、どこよりも先んじて注目してきました。
そして、ESOTERICマスターサウンドワークスの新製品I-30も同様です。

ESOTERICと言えば、言わずもがな再生装置の先駆者としてその名声を得てきました。
そのESOTERICがマスターサウンドワークスとして三年程前に発表したのがA-100やA-03といった管球式やclassAのアンプでした。
当時の事を今でも良く覚えています。オーディオ販売に携わって間もない私でしたが、その頃でもESOTERICの名は知っていて、七階アシスタント時代はP-01/D-01という日本を代表するハイエンドCDプレーヤーを恐れながら触っていました。店長川又のメールマガジンや随筆にはESOTERICがいかに優れたディスク再生装置を作り上げたかが書かれており、ESOTERICがいかにディスク再生にこだわりを持っているのかを考えたものです。そんなESOTERICがアンプを作る?!嘘でしょ?!とESOTERICの担当者に言ったのも覚えています。

「歴史が無い。だからこそ自由。」
先日、ESOTERICの担当者からこのような言葉を聴きました。
-ESOTERICにはアンプに歴史がまだ浅い。だが技術はある。知識もある。ならばそれを製品化すれば良い。しがらみがないからやりたい事は何でもやる。-
今回のI-03にはclassDが採用されています。これは新たな挑戦です。過去に扱ったことのある他社classDアンプの印象は、パワー感は非常に出やすく、迫力はありますが、質感や繊細さは欠けるという印象の製品が多くありました。おそらく、ESOTERICもそのあたりは非常に注意していたと思われます。今回のI-03はclassDの良いところは残し、ESOTERICならではの音づくりが施されて、非常に聴きやすいです。現在、GOLDMUNDのMETISシリーズと比較出来るようにセットしてあります。両社、良いところはあれど、GOLDMUNDの滑らかさに負けず劣らずの質感を聴かせてくれます。

特にAudioMachina CRMのように密閉型や能率の低いスピーカーを鳴らすには最適かもしれません。
今後は同価格帯のプリメインアンプと比較していきたいと思います。

次回 「I-03使い方指南」どうぞ、お楽しみに!!

DYNAMICAUDIO 4F H.A.LⅢ 島 天野
shima@dynamicaudio.co.jp
amano@dynamicaudio.co.jp

|

2011年5月28日 (土)

3F ESOTERIC I-03.

I03
社内での新製品発表会で試聴したときはセパレートアンプよりこちらのプリメインアンプにグッと惹かれました、まさに質実剛健。最近のK-01やK-03のように今までのESOTERICから少し方向を変えたような音づくり、今までのESOTERICファン以外の方も取り込んでいくことが確実な仕上がりです。アンプ作りにも力を入れていたこの頃、このプリメインアンプがひとつのスイートスポットになっています。これでもかというような強力な電源部に大型スピーカーでも悠々とドライブするデュアルモノブロックパワー部、完全独立プリアンプ部等、仕様を読んでいるだけでも贅沢な内容の製品。そして、これが音に繋がっているところが今回の大きな魅力なのです。

3FではJBL、TANNOY等、大型ウーファーのスピーカーに合わせて鳴らしていますので、是非ご試聴頂ければと思います。

ESOTERIC I-03 ¥630,000(税込定価)

**************************************

3Fの特価品、中古情報含めその他の情報は「3FのHP」からご覧下さい。

ダイナミックオーディオ 5555 3F
Phone. 03-3253-5555
赤塚 akatsuka@dynamicaudio.co.jp
柴田 shibata@dynamicaudio.co.jp


|

3F試聴会後記.

Solo_2
本日の試聴会にご参加頂いた皆様、有り難うございました。
足下の悪い中でしたが最後までお付き合い頂きまして、非常に内容の濃い時間となりました。

基本的には試聴会タイトル通りのKLIMAX SOLO/dのアップグレード比較試聴をメインに行いましたが前半はKLIMAX DS/1を使用してバージョンアップ後の音も十分にお確かめ頂けたと感じています。ですので結局はKLIMAXバージョンアップの全貌をお確かめ頂けた事になったという事です。KLIMAX SOLOの新旧比較は比較後に自然と皆様が大きく頷かれていた様子ではっきりした結果が出ていたと思います。個人的にもやはり想像以上のシステムアップになったと確信出来ました。また、KLIMAX SOLO/dに変更した後のKLIMAX DS/1での再生がどれ程の音だったかはご参加頂いた皆様には十分お分かり頂けたと思います。

また、今度はKLIMAX TWIN/dの試聴会も行いたいと思いますので日程を調整中です。内容が決まりましたらHPにて掲載しますので楽しみにお待ち頂ければと思います。

柴田

**************************************

3Fの特価品、中古情報含めその他の情報は「3FのHP」からご覧下さい。

ダイナミックオーディオ 5555 3F
Phone. 03-3253-5555
赤塚 akatsuka@dynamicaudio.co.jp
柴田 shibata@dynamicaudio.co.jp


|

2011年5月27日 (金)

6F GEM中古品情報!!

どうもこんにちは。昨日は20:00頃から家の部屋を片づけ
始めました。やる気が入るスイッチが遅すぎました…‥
 
さて、Special Value ITEMSには掲載していますが…
Ts208GEM (MEWON)『TS-208
の中古品です。最初期モデル。
売約済 SOLD OUT
お買い上げありがとうございます。
 
最初期ともなると結構時間が経っているモデルですが、
リボンは現行タイプに交換してあります。これは
リボンの折り目の数が増えている。ということになります。
 
ネットワークが初期モデルなので、フィルターを使用した
接続だと10kHz~となります。ダイレクト接続では2kHz~
になります。(共に~100kHzまで。※カタログ値)
 
高域の量感を増やすというよりは、空気感の改善や
音の密度(特に高音楽器)が増す感じがします。
そして低音楽器の明瞭度もアップします。
でも、痩せない。ここが重要ですねー。
現在ショーケース内で仮眠中…もったいないですね!
 
新品はVer.5になりますが、定価が\1,780,000なので
これはお買い得商品と言えるでしょう!
 
中古品なので1点物ですよ!!
本日はもう1件、ブログ書いてます!
もし良かったらそちらも読んで下さい。
 
5555 / H.A.L.Ⅱ / A.武田でした。
takeda@dynamicaudio.co.jp

|

6F 安全対策+α

どうもこんにちは。関東甲信も梅雨入りしたそうですね。
こちらもこの週末予報に傘マークが並んでいます。
 
さて、1週間程前にこのボードを入れてみました。
SeisisarteSEISIS
免震機能を持つボードなのは
もうご存じですね。
ただの免震ボードでしょうか?
 
あの日を境にアクセサリーの問い合わせで地震対策関連の
物をお探しの方が多くなっていました。
多くはスピーカーに被害があったようですが、プレーヤや
アンプの落下も少なからずあり、現在も修理品が届きます。
 
せっかくの愛機ですから、転倒や落下による破損は免れたい
ものです。私も自宅のスピーカーが台から落下しました。
幸い隣の台にクッションとなるものが置いてあったので
傷1つありませんでしたが、現在でも心配です。
 
前置きが長くなりましたが、このボード。
音、悪くなるんじゃないの?と思っていました。
まずはMagnepanMG1.7』を乗せてデモしています。
 
現在のボードは金具を使うことなく、元の位置で固定
されるもので、振動が来るとキャンセルしてくれます。
なのでカチッという音を聞くことはないようです。
 
先に書いた「音が悪くなる」というのは芯のない音になるかと
思っていました。しかし全くそんなことはありませんでした。
メーカーページを参照いただくとわかると思いますが
7層構造であったり点接触により、繊細な所(音)も逃さない
構造になっているそうです。この辺りの拘りが音を悪くしない
ポイントだと思います。
 
まだまだ地震が心配な方は導入をお勧めいたします。
もっと大きなタイプもあるので、ラックごと免震することも
できます。 ※65㎝×55㎝の大きさです。
 
ついでに『ピラミッドウォール』も入っています。
Pyramidスピーカ間の音場がより
鮮明になりました。
結構 効いてますねー
Magnepanでもクッキリしてきてます。
 
店頭デモしていますので、気になる方はチェックにいらして下さい!
 
5555 / H.A.L.Ⅱ / A.武田でした。
takeda@dynamicaudio.co.jp

|

天ノ視点-4F- NO,5

天ノ視点-4F- NO,4

ダイナミックオーディオ5555 10周年企画第四弾として行っている「太陽インターナショナルフェア」が好調です!!
今回の天ノ視点では四階展示製品AVALON「Transcendant」をピックアップしてご紹介いたします。

AVALONといえば七階アシスタント時代にその圧倒的な存在感で聞く人を魅了していたIsisや一昨年発表されたTime、名機Diamondが有名ですが、今回四階では昨年発表され、AVALONの中でも現実的な価格対として注目を集めているTranscendantを展示してみました。

Dsc_0256

AVALON Transcendant 定価\1,942,500(込み)/プレミアムウッド定価\2,572,500

「注目はなんと言ってもセラミックツイーター」
AVALONといえばダイヤモンドツイーターを採用していて、非常に綺麗な伸びのある高域を再生し、組み合わせるアンプによっては面白いようにスピーカーから音源が離れ、その存在を消してくれる印象があります。B&Wも新800シリーズはすべてにダイヤモンドツイーターを採用しており、その実力は折り紙つきです。しかし、ご存知の通り、ダイヤモンドツイーターを採用すると、非常にコストがかかり、価格の高騰は避けられません。セラミックユニットが安いとは言いませんが、ダイアモンドツイーターよりはコストパフォーマンスが良いのかもしれません。五階担当時代からセラミックユニットを採用したスピーカーを採用したスピーカーを扱ってきた私としては非常にうれしいことですが、問題はその相性ではないでしょうか?

「AVALONのキャラクターはツイーターにあり?」
この太陽インターナショナルフェアが開催される一ヶ月ほど前に、実はお客様からのご要望でTranscendantと一つ下のクラスAscendant2を比較試聴するチャンスがありました。AVALONの中堅機の二機種は価格にして50万円程の差があり、その差がいかほどのものかを検証するためでした。サイズやユニット配置の違いはあるにせよ、両者の相違点を音で捉えた場合、最も感じたのは「高域のキャラクター」でした。純粋なセラミックユニットを搭載しているTranscendantに対しAscendant2は新開発の複合材と輸入元では紹介しております。新開発の複合材とはどういうものかはわかりませんが、AVALONとしてはコストを抑えてAVALONのスピーカーをより多くの皆様に楽しんでほしいということで作った製品だと私は思います。そのキャラクターを私が感じた印象で言えば「元気の良い跳ね馬」。比べてTranscendantは調教されたスプリンターと言ったところでしょうか。Ascendant2の難しいところはこの元気よく出てくる高域をアクセサリやそのほかの機器でいかにまとめるか、中低域とのバランスをどのようにして仕上げるかにあると思われます。(※現在太陽インターナショナルフェア中は当店五階にてベテラン担当秋山が鳴らしています)対してTranscendantはセラミックユニット特有のスピード感や優等生タイプの音にどれ程ゆとりを持ってユーザーの好みの音に仕上げていくかにあると思われます。根本的な方向性は両者に通じるところはありますが、このキャラクターを皆様がどう感じるか、お店に来てじっくりと聴いてみて下さい。

「AVALONが培った技術」
昨年のインターナショナルオーディオショウは話題のスピーカーが多くお披露目され、非常に楽しいものでした。オーディオの花形であるスピーカーが元気いいと良いですね。見ごたえがありました。先日短期展示を行ったYGAcoustics「AnatⅢ」やMagico「Q5」、驚愕級スピーカーSonusfaber「The Sonasfaber」など、超ハイエンドスピーカーが軒を連ねましたが、老舗ブランドのTANNOYやJBL、B&Wも新製品を展示し元気に鳴っていました。独自の考えを貫いたメーカー、または新たな思想の元に作り上げてきたメーカーさまざまです。ではAVALONはどうでしょう。先にも書きましたがAVALONといえばIsisやTimeといった超ハイエンドクラスのスピーカーがすでに人気を博しており、その音や技術は多くの人を魅了しております。それらの名機に採用された技術を惜しみなく採用し、コストを抑え設計者二ールパテルの感性のもと、作り上げられたのがTranscendantなのです。伝統のAVALONカットはもちろんのこと、内部のネットワークや中低域のユニット、ターミナルやバスレフに至るまで、歴史があるからこその設計になっています。

「ジャンルを問わない鳴り」
本来、どのスピーカーメーカーもそうですが、この音楽を聴くために特化したスピーカーであるということはありません。しかし、そのスピーカーの特徴や経緯から、または私ども販売員、またはユーザー、評論家の方が実際に鳴らした結果、このような音楽を聴くと素晴らしいと感じ、それを皆様にご紹介することはよくよくあります。ではAVALONはどのような印象を持っているでしょう。スピーカーの存在を消してしまうほどの広がりやダイヤモンドツイーターの持っている綺麗な伸びや見通しからクラシック向きと感じる人が多いのではないでしょうか。「AVALONでロック?それは無理があるよ」そんなことはありません。輸入元のwebでは設計者の二ールパテルについてこんなことを書いています。「若い時からフィラデルフィアシンフォニーの熱烈な支持者として感性を磨き、一方、ジャズや現代的なポップミュージックにも敬意と愛情を示すニールだからこそ、音楽を愛するリスナーはもとより、ベーシストやビッグバンドオーケストラ、そしてクラシック放送局のモニターとして評価を受けているスピーカーをデザインすることが出来たのでしょう。」私はこのスピーカーで聴くジミヘンドリックスが好きです。アースウィンドファイアが好きです。YMOが好きです。優れたスピーカーの方程式なんてありませんが、あえて書くならユーザーの聴きたい音楽うべてを理想の形で鳴らしてくれるスピーカーだと思っています。残念ながらその理想のスピーカーには未だ出会っていません。しかし、少なくともTranscendantはその理想に近いものであると言えるでしょう。

さて、長々と書いてしまいました。
「百聞は一聴に如かず」太陽インターナショナルフェアは来月20日まで開催しております。
拙い文章ではなく、皆様に聴いて頂きたいとものです。是非、ご来店下さい。

ダイナミックオーディオ5555 4F 天野

tel:03-3253-5555 fax:03-3253-5556

|

2011年5月25日 (水)

ilungo audio "sonorite" 新旧比較

Shtop

 

★☆★☆2F サウンドハウス情報☆★☆★☆

ilungo audio 「sonorite-SN」発売!!の続報です。

■第1回目の紹介はこちら■

イルンゴオーディオからインシュレーター、SONORITEの最新バージョン「sonorite-SN」が発売になりまし た!前回ご紹介してから沢山のお問い合わせを頂き、最初の入荷分は全て完売!ありがとうございます。

新しいモデルが出ると気になるのが前作との違い。私も気にはなっていましたが、「SONORITE-R」が手元にないためどうしたものかと思っていました。そこに先日「SONORITE-SN」をご購入頂いたお得意様が「SONORITE-R」を持ってご来店下さいました。「比べたら新しい方が良かったですよ。良かったら比べて見て下さい。」とのこと。ありがたく検証させて頂きました。


Sono2
左が新しい「SONORITE-SN」右が「SONORITE-R」です。色と高さが大分違いますね。

Majikds
前回同様LINNの「MAJIK DS-i」に使用しました。最初は「SONORITE-R」から。中低域の厚みがグッと増しました。こんな小さいのにやはり凄い。文句ないですね。新型はどのくらい良くなるのだろう・・・と期待して聴いてみました。

ところが「SONORITE-R」に比べると音が若干細身。悪くないけど・・・前の方が良いというのが私とお客様の共通した意見でした。お客様は「うちでは新しい方が全然良かったんだけど・・・気のせいかな」とおっしゃいます。そこで気付いたのがラックです。「MAJIK DS-i」はクアドラスパイアのガラスの棚板に載っています。お客さまは「GRANDEZZA」ボードも使用しておられます。イルンゴも当然このボードを使用して商品を開発しているはず。というわけで環境を合わせてみることにしました。


Resize0303
用意したのは「GRANDEZZA CDP/90」機器よりも厚いボードなので存在感がありますね。早速ボードのみで試聴。それまでで一番良かったです。見た目通りの厚みがあり、聴いていて楽しい。この状態で「SONORITE-R」を使用たのですが、今度は元気が良すぎ・・・厚みがあるのを通り越して少し荒さを感じます。そこで「SONORITE-SN」の登場。濁りがなく、ヌケもありバランスがとても良いです。「これですね」とお客様と納得しました。

というわけで「SONORITE-SN」は「GRANDEZZA」ボードと合わせての使用が良いというのが結論です。「GRANDEZZA」で土台を作り、「SONORITE」でコントロールする感じ・・・繊細かつ躍動感あふれる音を求めるならこの組み合わせがお勧めです!

ilungo audio「sonorite-SN」 定価\12,600(税込)
http://www.ilungo.com/

ilungo audio GRANDEZZAボード
http://www.ilungo.com/products/bord.html

※スピーカー用に隣接した皮から製作する、ペアマッチオーダーも可能です。ご相談下さいませ。(上遠野)



■■■■是非、御試聴下さい!■■■ 

↓下記までご連絡くださいませ。

Shtop2F

林(水曜定休) 

hayashi@dynamicaudio.co.jp

とも田(木曜定休)

tomo@dynamicaudio.co.jp

上遠野(火曜定休)

ken@dynamicaudio.co.jp

電話:03-3253-5555/03-3253-2001
FAX 03-3253-5556
       

営業時間:11:00~20:00

★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆

|

2011年5月24日 (火)

6F I-03を試聴しました

どうもこんにちは。関東も梅雨入りが近そうですね。
 
今日は単発的な試聴になりますが、この機器が来ました!
E_passive_2ESOTERICI-03
細かい使用についてはメーカーページを
参照していただきたいですが、重い!
価格的にはアンバランス、でも高揚します。
 
さすがにTimeEVERESTと組み合わせる方は多くないと思ったので
East Passiveで試聴をしました。
それでもCeramique 3.2.2はアンプがしっかりしていないと難しい
スピーカーです。どんな音が出てくるか。
 
音色はK-01/03の流れが来ていると思いました。
情報量の多さ、澄みきった空間の演出がありとても優等生な音
なのに真面目すぎない。音楽を奏でてくれるモデルだと思います。
 
大編成な部分を大音量にすると、さすがにこのスピーカーとは
無理な部分があるのか少しピーキーな感じがしましたが、
低音の安定感などはパワー(数値的には最大320W)があるアンプだ
とメーカーさんからの言葉もあるようにしっかり駆動していました。
 
静かな部分のピアノソロは浮かび上がるステージ感に
K-01との組み合わせも聴いてみたいな~なんて思いました。
聴きやすい音量に落としても良いバランスの音が出るので
この辺りに駆動力を感じました。
またディスプレイを消すとS/Nが向上しました。
音の鮮度が良くなるので、消灯すべきですね。
 
I03少しボリュームノブの反応が
良すぎと言いますか…
わりと簡単に音量が上がってしまうので
リモコン使用がちょうど良いです。
 
明日には別のフロアーに移動しますが、当店でも常設予定ですので
展示の際には改めて担当フロアーより公開いたします。
 
5555 / H.A.L.Ⅱ / A.武田でした。
takeda@dynamicaudio.co.jp

|

2011年5月23日 (月)

ANDANTE LARGO新型ボード「WF-320」発売のお知らせ。

Shtop

★☆★☆2F サウンドハウス情報☆★☆★☆

ANDANTE LARGO「WF-320」発売のお知らせ。

Resize0299
ANDANTE LARGOよりウィーフォークボードの新モデル4機種が発売になりました。今までの「WF-L1」「WF-L2」から脚を強化し、天板をRIGID TOWERと同様の突板を採用するなど音質も仕上げもブラッシュアップしています。まだ発表してないので昨日に引き続き納品時に撮らせて頂いた写真ですが、ご紹介します。

ANDANTE LARGO「WF-320」 定価\48,300(税込)

(一番小さなサイズです。他に3種類用意されています。)

Resize0300
「WF-320」はLINN KLIMAXにピッタリのサイズ、サイズは大きくなりましたが「RIGID TABLE」の下にも収まります。このリジットテーブルにも秘密が・・・。

Resize0297
標準仕様の天板を外し、「ソリッドベース・アタッチメント」(\36,000/4個)を装着しています。LP12「SOLID BASE」専用となりますが、LP12の脚がピッタリ載るように設計されています。一番リジットでソリッドなセッティングです。(RIGID TABLEと一緒にオーダーの場合は天板分の値段を引いた差額で承りますのでご相談下さい)

Resize0298

A様のクラシック用システムです。「STRADVARI HOMAGE」素晴らしいですね。リジットテーブルは、どちらもブラック仕上げですが、「LP12SE」用にはチタンの「ALT-12T」、「MAJIK LP12」用にはアルミの「ALT-12A」を納品させて頂きました。リジットテーブルに乗せたLP12は古い録音でも瑞々しく、耳というより体に浸みてきました。ヴァイオリンの陰に隠れがちなチェロの動きがハッキリ出て、音は控えめでもハッキリと音楽を支えているのが良く分かります・・・弦楽合奏の醍醐味を味わえました。

A様、本当にありがとうございました。

(上遠野)


■■■■是非、御試聴下さい!■■■ 

↓下記までご連絡くださいませ。

Shtop2F

林(水曜定休) 

hayashi@dynamicaudio.co.jp

とも田(木曜定休)

tomo@dynamicaudio.co.jp

上遠野(火曜定休)

ken@dynamicaudio.co.jp

電話:03-3253-5555/03-3253-2001
FAX 03-3253-5556
       

営業時間:11:00~20:00

★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆

|

6F レコードの真価を

どうもこんにちは。急に寒くなったりたいへんですねー。
 
さて、久しぶりな感じで6Fにいるわけですが、せっかくあるのに
放置するのはもったいない!!ということで…‥
Cleannow約半年間、放置されたレコード。
中古で30円でも音はGOOD。
以前クリーニングをしましたが、
機嫌悪くなってるでしょうか?
 
ここまで書けばHANNLMera EL』の記事だとわかりますね。
でも実際体験すると得られる感動をまた味わいたい!と。
 
East Activeにて試聴しました。ジャケットから出した時点で
そんなに汚れてなく、ピカピカ光沢もあります。
これは癖になっていますがSFCの『SK-2』で表面に見える埃と
見えない静電気を除去してから針を落としました。
少しプチプチ鳴ってるのは前からだった気もしますが、
全体的なS/Nは悪くないと思いました。
 
さて、洗浄作業に移ります…‥
久しぶりなのでできるかな~ 若干緊張してますが、いざ!!
Mera_rl_2もちろんデモ機はローリングブラシ付。
少し洗浄液の量が多かった気もしますが
飛び散ることもなく、まぁまぁ上手く
収まったのでひとまずOK
 
クリーニング、吸引作業を見ると静電気の発生を心配される方が
います。ですがこのMera ELはしっかりアースをとっているので
大丈夫だそうです。盤をとる時も下のシートがひっついたりした
ことが無いですね。心配な方は先程のブラシか『SK-EXⅡ』の
使用をお勧めいたします。
 
早速、かけてみます。
曲前のプチプチは相変わらず。この辺りはどうでも良いですが、
いざ第1声が始まると「おおーこれだ!」と嬉しくなります。
なんとなく音程に不安があったようなピアノ、暴走するんじゃ
ないかと心配していたベースもくっきりしました。
分解能が格段に良くなって、アナログらしいエネルギーが
でてきました。ドラムの音も立体感が出てきて良し!
 
目に見えるカビなどの汚れがあったわけではないのに、
たった半年でもこれだけ音を曇らせる原因があるのですねー
Linn_lpMera ELの記事はこれまで2回書きましたが
今回はわりとラフな感じで行いました。
でも、音が活き活きとなってくれるので
これはもう満足です!!
 
なかなか高価なクリーナーなので半信半疑の方はお試しあれ!
こちらでは常設しています!どうぞ!!
東が過去に書いた記事はこちら→Accessory Recommendation
 
5555 / H.A.L.Ⅱ / A.武田でした。
takeda@dynamicaudio.co.jp

|

2011年5月22日 (日)

6F 聴く音楽

どうもこんにちは。本格的な雨ですね~
日曜日というのもあって静かになっていきます。
 
今日は小部屋にて新しく入れた試聴CDでも
というリラックスした気持ちです!
C3_2_2EINSTEINThe Source
    『The Tube Ⅱ
NAGRA  『VPA
Kharma 『Ceramique 3.2.2
 
一時的にパワーアンプを変えて聴いてみましたが、
Kharmaのスピード感や透明感と合うのはNagraでした。
C.P.E.Bach ヴァイオリンとフォルテピアノのための四つのソナタ
ラヴェルの傑作、管弦楽の真相
 
Bachのピアノは前回のブログに書いたCDと同じエドナ・ステルンさん
こちらはちゃんとフォルテピアノを使っているようで小川のせせらぎの
ように滑らかで繊細なのに力強く流れていくようです。
少し音量を上げ気味にしても喧しくない音色が心に沁み渡ります。
 
RAVELの方にはあのボレロが入っています。
各楽器の音色が本当に良くて、このDISCも滑らかです。
ただ、やはり最後の部分を考えると大音量で聴けるActiveが良いです。
(2曲目は『逝ける王女のためのパヴァーヌ』と訳されていて
なかなか気の効いた訳し方だなぁと思いました。)
さて、注目は3曲目。『左手のためのピアノ協奏曲』
この曲自体、初めて聴くのですが低い楽器から始まるのは
得体のしれない何かが迫ってくるような緊迫感があります。
だいたい7分を超えたとこから始まるピアノソロは曲名通り
もちろん左手1本なので複雑に音が重なることはないですが、
高音域の色彩感は変化に富んでいて、虹のような印象を受けます。Cd_2
忘れてましたが、ボレロの流れがあってこの曲もAvalonTime』で
聴いています。なかなかダイナミクスあるのでこの曲も大音量で
聴きたいですねー。
 
興味のある方は試聴できます!もちろんお持ち帰り分も確保してます
 
さあ、シューベルトの合唱も頼んでいるので、来るのが楽しみです。
 
5555 / H.A.L.Ⅱ / A.武田でした。
takeda@dynamicaudio.co.jp

|

LINN KLIMAX SOLO/d.

Solo_2
今週末は試聴会です。

その主役がこちら、KLIMAX SOLO/d。一足お先に準備ができたのでMclntoshのアンプ群に混じってシステムを組みました、電源スイッチがフロント下部にあるのが未だに慣れませんがそんな細かい事は吹き飛ぶくらいの音が出てきています。細かな感想は試聴会当日まで貯めておきますが、また一歩、静けさの奥へ進んだ事は間違いありません。これにバージョンアップしたKLIMAX DS/1、KLIMAX KONTROL SEを合わせればいったいどれ程かは想像するだけで楽しみですが、現在のシステムもまた非常に魅力的です。

LINN KLIMAX SOLO/d
税込定価¥3,150,000(ペア)

席にはまだ余裕がございますので、皆様のご参加をお待ち致しております。試聴会へのご予約は赤塚「akatsuka@dynamicaudio.co.jp」、柴田「shibata@dynamicaudio.co.jp」までお願い致します。

LINN KLIMAX DYNAMIK UPG試聴会

柴田

**************************************

3Fの特価品、中古情報含めその他の情報は「3FのHP」からご覧下さい。

ダイナミックオーディオ 5555 3F
Phone. 03-3253-5555
赤塚 akatsuka@dynamicaudio.co.jp
柴田 shibata@dynamicaudio.co.jp






|

LINN 「LP12」新色オーク発売のお知らせ。

Shtop

★☆★☆2F サウンドハウス情報☆★☆★☆

LINN 「LP12」新色オークのお知らせ。

Resize0294

LINN「LP12」の仕上げは、メイプルが終了した替わりに新色オークが追加されました。メイプルよりも色味が濃く、木目がしっかり入ります。中々渋い、良い仕上げだと思いました。写真は、昨日納品させて頂いたオーク仕上げのLP12。アームはオルトフォンの「AS-212S」、カートリッジも同社「MC20W」の組み合わせです。

オルトフォンのアームを使用する場合悩ましいのがアームケーブルの処理。ストレートタイプの付属アームケーブルは使えないためケーブルを加工する必要があるのです。今回もそれでと考えていましたが、先日リンから発売されたアームケーブル「CONN1354」 (\26,250)がしなやかで使えるとのこと。結果は大成功。スプリングに影響を与えることなくフォーミングできました。

Resize0295


オーナーのA様のジャズ用システムはLP12、上杉「UBROS 5L」、マッキントッシュ「MA7000」、JBL「4338」。今までお使いの「MAJIK LP12」でも十分クオリティーの高いアナログ再生でしたが、よりライブ感溢れるサウンドにグレードアップです!

Resize0296
 
個人的に一番羨ましいのが、このディスク収納部屋。ハンルの「MERA EL」・・・最高のコンディションでアナログを楽しめます。

A様、本当にありがとうございました。

(上遠野)


■■■■是非、御試聴下さい!■■■ 

↓下記までご連絡くださいませ。

Shtop2F

林(水曜定休) 

hayashi@dynamicaudio.co.jp

とも田(木曜定休)

tomo@dynamicaudio.co.jp

上遠野(火曜定休)

ken@dynamicaudio.co.jp

電話:03-3253-5555/03-3253-2001
FAX 03-3253-5556
       

営業時間:11:00~20:00

★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆

|

2011年5月21日 (土)

6F 頂点から見える景色とは

どうもこんにちは。
もう夏のように暑い気がしますが、まだまだ序の口ですねー
 
今朝、突然現れたモノがあります。
KlimaxLINNKLIMAX DS/1
新しくなったクライマックスの
音を突然聴けることになりました。
やはり使い勝手が良いです。
 
以前のKLIMAXの音を正確に記憶していないので、細かい違いを
書けないです。しかし、相変わらず滑らかな音で最初に聴いた時の
感動が蘇るようでした。
 
この滑らかさが他の製品(LINNの他モデルや他メーカー)には
無かった質感で、今になってLINNの『AKURATE DS/K』にも
見事に反映された音色だと思っています。
ただS/Nの良さからくる空間の透明感や1つ1つの音のエネルギー
はフラッグシップに相応しく、このKLIMAXが優れていると感じます。
 
iPadの操作ソフト(ChorusDSHD)も良い!まるでiPodで
プレイリストを作っているように作成/編集が簡単です。
 
※この週末限定の展示になっています。急ではありますが
試聴希望の方は明日までなのでお急ぎください!

 
そうそう、前回のブログで書いたCDが入荷しました。
他にも試聴用に頼んだディスクが2枚きました。
そちらも合わせてどうぞ~!!
 
5555 / H.A.L.Ⅱ / A.武田でした。
takeda@dynamicaudio.co.jp

|

天ノ視点-4F- NO,4

天ノ視点-4F- NO,4

JEFF ROWLAND Corus & Model625

現在、ダイナミックオーディオでは、ダイナミックオーディオ5555OPEN10周年記念と致しまして、「太陽インターナショナルフェア」を開催しております。

太陽インターナショナル(旧大場商事)と言えば、有名ブランドをいくつも扱っている事で有名ですね。
その中で、4FではJEFF ROWLANDとAVALONに注目致しました。4Fでは以前から上位機種「Time」「Diamond」を展示していたいこともありましたが、今回は新製品のAVALON「Transcendent」とJEFF ROWLAND「Corus & Model625」を展示することになりました。
少し前に五階の担当をしていた頃、Transcendantを鳴らしたことがあるので楽しみです。

さて、本日の天ノ視点ではJEFF ROWLAND(以後JEFF)Corus / Model625に注目してみたいと思います。

Dsc_0250

■JEFF ROWLAND Courus 定価\1,732,500.(込)
JEFFはこれまでも優秀なプリアンプを作ってきたアンプメーカーですが、数年前に発表したフラッグシップモデルの「Criterion」は現代プリアンプの最高峰として今も人気を博しています。しかし、Criterionは\2,919,000(込)というかなりのハイエンド機で、なかなか手が出せないのが正直なところではないでしょうか。Courusが誕生したいきさつはわかりませんが、フラッグシップ機のCriterionの技術を生かし、コストダウンを図っているのは間違いありません。分かりやすい考え方としては最上位機のCriterionのバッテリー駆動が出来ないものと考える事が多いようです。相違点もありますので一概にはそうは言えないと思いますが、同価格帯の製品と比べると、かなりコストパフォーマンス良いのではないでしょうか。Criterion同様に非常にハイファイな印象です。プリアンプに特有の味付けを求めず、純粋にS/Nが良く、情報量を引き出してくれます。その力量は当代一だと思います。JEFF伝統のハードアルミのモノコックボディは音がぶれる事が無く、電源の別筐体は電源からの影響を受けません。一ヶ月程前に、同価格帯のプリアンプを集めて数社の比較を行いましたが、それぞれ個性はあるものの、Courusの丁寧かつ、ハイファイな音楽は特筆ものでした。

Dsc_0251

■JEFF ROWLAND model625 定価\1,890,000.(込)
JEFF設立25周年モデルとして開発された製品です。一番の特徴はなんといってもアイスパワーではなく、AB級のトランジスタを採用しています。名機model6の25周年モデルという事でmodel625の名が付けられているようですが、音は最近のJEFFではなく、当時の熱い音が引き継がれています。(私は残念ながら世代ではありませんが…)しかし、熱いのは音だけではなく筐体も…。シャーシとヒートシンクのの一体は世界中のアンプメーカーを見ても珍しく、Courus同様に伝統のモノコックアルミが採用されています。昨年のダイナイベント「マラソン試聴会」では担当島や担当川又が採用する等、ダイナの名営業マンが注目したのは、過去にJEFFに魅了された事がある人がそれを彷彿させる何かを感じたからではないでしょうか。

さて…本日から始まっています。「太陽インターナショナルフェア」。
四階展示機の他に全てのフロアで太陽インターナショナルの製品を展示しております↓↓↓
http://www.dynamicaudio.jp/5555/10th/r4/taiyo_5555tenji.html

ダイナミックオーディオ5555 4F天野
amano@dynamicaudio.co.jp
tel:03-3253-5555
fax:03-3253-5556

|

2011年5月18日 (水)

6F 疲れを癒してくれる

どうもこんにちは。今日は納品に出掛けひと汗かいてきました。
緑が綺麗な季節なので、清々しいですね~。
 
店に戻ってからもちょこちょこあったわけですが、
昨日入ったあるCDを聴く時間があったことに感謝です。
5_18_eastactiveAvalonTime』をFM Acousticsで聴く
至福の時間。音の良いCDはたくさん
あっても、純粋に心を揺さぶられるものは
なかなか出会えなかったりします。
 
写真にジャケットが写っていますが、曲目は
モーツァルト:ピアノ協奏曲 第9番「ジュノンム」・第12番・第14番
なんとも柔らかいタッチのピアノの音色、管弦楽との調和。
その全てが繊細であって、力強く心に何かを訴えかけてきます。
 
今月末から来月頭くらいに6Fへ少量入荷します。
また試聴DISCがあるので聴いてみたい方は声をかけてください!
 
もう買っちゃう!!と言う方はソフトコーナーへ
ご連絡をお願いいたします。(他商品はお取り寄せになります。)
※入荷しました!!
その際は「5/18の6Fのブログを見ました!」と入れていただけると
スムーズにご案内でますので、コピペをお願いいたします。
ソフトコーナーSPD→info_spd@dynamicaudio.co.jp
 
新たな新譜も注文しているので、そちらも楽しみです。
 
5555 / H.A.L.Ⅱ / A.武田でした。
takeda@dynamicaudio.co.jp

|

2011年5月17日 (火)

6F プッツィーニ

どうもこんにちは。今日は雨に注意ですね。
 
さて、昨日到着したプレーヤとクロックがあります。
PuccinidCSPuccini』『Puccini U-Clock
太陽インターナショナルに協力いただき
AvalonTimeNagraVPA』『VPS
の試聴も可能になっています。
 
今回はdCSのレポートです!
 
Mathias Landaeusピアノの『Opening』を聴いてみます。
m・a recordingsのCDでS/Nの良さから透き通るようなピアノが
聴けるDiscです。
 
定位の正確さや硬質な音から『ズバリ正確』という印象を受けましたが
せっかくあるのでU-Clockを繋いで聴いてみます。
今までの音にも迷いはあったのか…と思ってしまうほど
奥行きもでて立体的な音になりました。
 
さてこのU-ClockはUSBのDDCにもなるので、同じ音源の
ダウンロード版をPCで聴いてみました。(Mac/SSD)
24bit、96kHzまでの対応なので88.2kHzで試聴。
DACはPucciniに接続した状態なので、音色は近いものがありますが
ガチッした印象でした。静けさなどとても優秀ですが
うーん、ピアノの厚みある音などを見るとCDが優勢かなと
思いました。
 
ちなみに使用したUSBケーブルはコレ→B.H
ブワァッと広がる音で透明感ある音です。気にいってます。
このケーブルは1Fにて試聴できます。
 
5555 / H.A.L.Ⅱ / A.武田でした。
takeda@dynamicaudio.co.jp

|

2011年5月16日 (月)

天ノ視点 -4F- NO,3

天ノ視点-4F- NO,3

四階に越してきて早いもので一週間が経ちました。
さすがダイナミックオーディオ5555一のオシャレフロアだけあって、五階とは違った趣を毎日楽しんでいます。(職権乱用?)

さて、そんなオシャレフロアに新たなアイテムが加わりました!

Dsc_0239

finite elemente 「HOHRIZONTAL 51」定価\89,250.(込)
ipodドック内蔵の一体型スピーカーです。写真だと少し見ずらいですが、B1000×T300×H51mm/6.5kgの筐体の上中央部にipodを挿入する口があり、単純に差し込むだけです。接地方法は専用金具を壁に備え付け、本体を差し込みます。また別売のスタンドを使います。オシャレな製品だけに色は多種にあります。現在、四階に展示している製品はブラックですが、木目や赤、白等、系7種類の中からお選び頂けます。肝心の音質はハイエンドスピーカー並みとはいきませんが、BGMとして鳴らすには十分の音質を確保しております。新築をお考えの方やお部屋のインテリアをお考えの方にはもってこいです。

Dsc_0241

GENELEC 「6000A-TM」定価73,500.
スタジオモニターとして私もお世話になったGENELECからポータブルスピーカーが出ました。
入力はミニジャックのみ、ipodやスマートフォンに使用してみてはいかがでしょうか?持ち運び用の専用ケースもあり、旅行等に持っていくのも楽しいかも知れません。なんと、この専用ケースはあのHERMESのデザイナーがデザインしているらしいです。

気になる方はお気軽にご連絡・ご来店下さい。

ダイナミックオーディオ5555 天野
amano@dynamicaudio.co.jp
tel:03-3253-5555
fax:03-3253-5556

|

2011年5月15日 (日)

6F Time登場!!

どうもこんにちは。半袖でも気持ちの良い気候でしたね。
 
さて、昨日から予告していましたが…
TimeAvalon AcousticsTime
実際に置いてみると大きいです。
ここで聴いてみたい!という願いが
実現されたのはこの企画から→ ☆☆
 
ボードに乗せることも考えました。しかし、あまりにも高くなって
しまうので、スパイク使用の直置きになっています。
ユニットを見ながらの試聴は何だか落ち着かず…
やはりネットをつけた状態がきまっていますね。
 
Avalonとはこういうものだ!!と言わんばかりに
見事に姿が消えるスピーカです。
ピアノを聴いても。その絶妙な質感は文字に置き換えると
とても短調になってしまいます。カツーンと響くが硬すぎない
その加減が心地よいです。
 
低音ユニットのインパクトがあるので、どんどん出てきそうだと
思っていましたが、まるで密閉型のような印象の低音です。
バスレフが下向きについてますが、フロントに放出されるような
形ではなく、後ろ向きに出して反射を狙ったものでもないからだと
思います。基本はフロントのユニットから、そして量感を助ける
形で響が広がるような低音。こちらもとても丁寧な質感です。
 
H.A.L.Ⅱが奏でるTimeを堪能してください。
 
JBLEVEREST』が隠れてますので、試聴希望の方は
予め連絡をいただけると助かります。
 
5555 / H.A.L.Ⅱ / A.武田でした。
takeda@dynamicaudio.co.jp

|

3Fより試聴会のお知らせ:「LINN KLIMAX DYNAMIK UPG」

Solo_3
LINN KLIMAXシリーズのアップグレードが間もなくスタートします。

LINNのトップエンドモデルとしてKLIMAX SOLOが発売されたのが12年前。LINNは数々のアップグレードを製品に反映し常に最新の技術を落とし込むことで既存のユーザーの方へも常に新鮮で最先端のクオリティーをお届けし続けています。先月末、そのトップエンドモデルKLIMAXシリーズのアップグレードが発表されました、数年前にMAJIK 、AKURATEシリーズ他の新電源アップグレードがスタートした時にKLIMAXへも、という期待は当然ありました。先立ってKLIMAX KONTROL SEへは電源アップグレードがありその反響は当然のように大きく、アップグレード後の皆様の声がその評価の高さにそのまま繋がっています。そしてやっと、という気持ちも少なからずですがKLIMAX SOLO、TWINという両パワーアンプへの新電源アップグレードがスタートします。

KLIMAXのパワーアンプとして実質的に人気、販売台数が多いのはKLIMAX TWIN、この筐体サイズにして出てくる音を考えると魅力が高いのは当然ですが、今回の新電源アップグレードで期待度が一層高くなったのはKLIMAX SOLOです。「リファレンスアンプ」としてのパワーアンプ、このアップグレードがどれだけで、そしてどんな音を聴かせてくれるのかが楽しみで仕方ありません。

前置きが長くなりましたが、下記内容にてKLIMAX SOLOアップグレードの新旧比較試聴会を開催致します。現在、すでにKLIMAXアップグレード内容に沢山のお問い合わせを頂いて
おりますので皆様の関心の高さは十分に感じていますが、一度じっくり出てくる音で確かめて頂きたいと思います。スピーカーにはJBL4365、3Fならではの音、音楽も含めてお楽しみ頂けることと思います。本当はKLIMAX DSのアップグレードもピックアップしたいのですが、一度では到底無理そうなので今回はKLIMAX SOLOにスポットを当てて行います。

**************************************
「LINN KLIMAX SOLO DYNAMIK UPG」

日程:5月28日(土)
時間:14:00〜15:30
場所:ダイナミックオーディオ5555「3F」
システム:
Player:KLIMAX DS/1
Pre amp:KLIMAX KONTROL SE
Power amp:KLIMAX SOLO/d、KLIMAX SOLO
Speakers:JBL4365

**************************************

上記試聴会へのご予約は赤塚「akatsuka@dynamicaudio.co.jp」、柴田「shibata@dynamicaudio.co.jp」までお願い致します。

皆様のご参加を楽しみにお待ち致しております。

柴田

**************************************

3Fの特価品、中古情報含めその他の情報は「3FのHP」からご覧下さい。

ダイナミックオーディオ 5555 3F
Phone. 03-3253-5555
赤塚 akatsuka@dynamicaudio.co.jp
柴田 shibata@dynamicaudio.co.jp


|

B&W 805sD と MAJIK DS-Iの組み合わせでデモ中です。!

Shtop

★☆★☆2F サウンドハウス情報☆★☆★☆

只今、2FのブースでB&W 805sDをLINN MAJIK DS-I
で鳴らしています。クリアで音場を克明に描き出すB&Wに
LINN MAJIK DS-Iのデリケートな音触感は相性が
いいようで実際この組合せでお客様も試聴されてから
購入されている方がいらっしゃいます。

DSが鳴らす話題のハイレゾソースに音像を
正確に鳴らすSPが組み合わさるとどうなるか?

この辺りにお客様の興味があるように思えます。

そこで、只今、他にも対抗馬として
複数種類、是非、DSで聴いたみたいスピーカーを
御用意しました。!

Cimg4241

富士通テン TD510

Cimg4242

FOSTEX GX100 + FAPSスタンド ARTIST 

Cimg3976

最近の高性能コンパクトSPにも目が離せません。
是非、御試聴にいらっしゃって下さい。

特価情報 新製品FOSTEX GX250に
かなりお買い得な特価情報がございます。

販売価格 →  お問 い合わせください。

----最近のサウンドハウスフロアブース別御紹介-------

★☆★☆試聴ブース1(メイン)★☆★☆

Cimg4075

スピーカーは

B&W 804sD、SONY SS-NA2ES
タンノイ ターンベリーSE、JBL 4429
FOSTEX G1302、クリプ トン KX-1000P

を中心にデモを行っております。

プリメインアンプは

DENON PMA-SX、PMA-SX、PMA-SA11
LUXMAN  L-590AX
マッキントッシュ MA6600、MA6300、
【期間限定】MA7000

上杉アンプ 【全種類】

を中心にして鳴らしております。
只今、ソニーとマッキントッシュの組み合わせが
面白いです。

1、【導入予定】エソテリック I-03
メーカー交渉中です。エソテリック話題の商品御期待下さい。!

1、【再展示開始】FOSTEX GX250導入しております。
是非、聴いてみてください。

1、【新規】techdas D-7御試聴可能です。!
1、【期間限定】ヴィエナアコースティクス 
   BEETHOVEN CONCERT GRANDを再び展示予定です。

1、新製品 L-590AXの能力をお確かめ下さい。!
1、国産CDPやOLIVE 4HD、【新規】WADIA171&170
1、エソテリック X-05 デモ再開しております。
1、ドイツハイエンドの雄
   ブルメスター051、052に【特価品】がございます。

是非、お尋ね並びに御試聴下さい。

Cimg4077

★☆★☆試聴ブース2(リアルE-DYNA)★☆★☆

LINN MAJIK DS-I、ラックスマンL-507Uを
中心にして鳴らしてお ります。

スピーカーはB&W 805sD、FOSTEX GX-103
LINN MAJIK140を中心に鳴らしております。

好評でしたビエーナ BEETHOVEN BABY GRANDは
展示品が売れてしまいましたので次回、何か新製品を予定
しており ます。ご期待下さい。!

1、【新規】話題のDAコンバーター
アンテロープオーディオZODIAC GOLDを導入予定です。
ち密さを兼ね備えた高級DAC です。是非、聴いてみてください。

1、【大好評】FAPS アーティスト+fostex GX100によるデモ
引き続き好評です。是非、聴いてみてください。

1、エアーAX-7E、CX-7Eを久 しぶりに2Fに戻してデモして
おります。B&W 805sDとの組み合わせによる鳴りっぷりを
ご堪能下さい。

Cimg4088_2

★☆★☆試聴ブース3(マンスリーコーナー)★☆★☆

引き続きLUXMAN【新製品L-550AX】
を中心に色々な機材を使って鳴 らしております。
【期間限定】ハーベスHL-p3ESRと
HL-COMPACT7ESでの組み合わせ検証は
大好評でありました。 ありがとうございます。
今週からはタンノイ Definition8、クリプトンKX-5
【限定品】FOSTEX、GX100 PBによ る鳴り方を
検証したいと思います。

現在、CDPはヤマハCD-S1000、
【特価品】クリーク、クラシックCDで鳴らし ています。

ネットワークPは勿論、【NP-S2000】であります。
しかも1台特価品(シルバー)を御用意しましたので
是非、お尋ねください。!!

販売価格 → お問 い合わせください。


■■■■是非、御試聴下さい。 ■■■ 

↓下記までご連絡くださいませ。

Shtop2F

林(水曜定休) 

hayashi@dynamicaudio.co.jp

とも田(木曜定休)

tomo@dynamicaudio.co.jp

上遠野(火曜定休)

ken@dynamicaudio.co.jp

電話:03-3253-5555/03-3253-2001
FAX 03-3253-5556
       

営業時間:11:00~20:00

★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆

|

日東紡音響エンジニアリングANKH レポート

今回は日東紡音響エンジニアリングから発売されたANKHをご紹介させていただきます。

日東紡音響エンジニアリングは音に関する様々な仕事を行なっている会社ですが、今から2~3年前に森の音場を家庭やスタジオでというコンセプトの元作り上げたのが、
AGS(Acoustic Groove System)。その中で一般普及モデルとして作成したのが1号モデルの「SYLVAN」となります。

「SYLVAN」を元に、サイズ等を変更して作られたのが今回ご紹介させていただくANKH
(アンク)となります。またそのANKHをコーナーに設置できるように作り上げたのが、コーナーANKHとなります。

これで基本モデルが3つになりました。

Sylvanr_5 Ankh_r

C_ankh_2

そこで各モデルの使いこなしをレポートさせていただきます。

商品ラインナップは下記をご覧下さい。

<プライスリスト>

<SYLVAN>

●SYLVAN サイズW40×D20×H140 \210,000(税込)
●SYLVANスタンド W38×D40×H24 \37,800(税込)

<ANKH フラットタイプ>
●ANKH ST12 サイズW60×D23×H120 \262,500(税込)
●ANKH ST15 サイズW60×D23×H150 \294,000(税込)
●ANKH ST18 サイズW60×D23×H180  \357,000(税込)
●ANKH ST06 サイズW60×D23×H60  \136,500(税込)

ST12とST15は標準品でそれ以外は特注品となります。

<ANKHコーナータイプ>
●ANKH CO12 サイズW40×H40×D120 \294,000(税込)
●ANKH CO15 サイズW40×H40×D150 \346,500(税込)
●ANKH CO18 サイズW40×H40×D180 \399,000(税込)
●ANKH CO06 サイズW40×H40×D60  \178,500(税込)

受注生産となります。(3~4週間)

●ANKH OP1(スタンド)W60×D23×H30 \37,800(税込)
●ANKH OP2(脚)W7×D33×H3 \31,500(税込/セット)
●ANKH OP3(脚)W7×D39×H3 \34,650(税込/セット)

1)部屋のコーナーにCORNER ANKHとスタンダードのANKH、そしてSYLVANを設置しその
違いを比較しました。

●SYLVAN設置時

音像の定位がはっきりし、重心が下がるイメージです。木の響きも若干感じられ、全体的に中低域が厚くなり、音に芯が出てきます。エネルギー感が増しますので、ジャズやオーケストラなどで音をもっと前面にだしつつ、立体感が欲しいというお客様には非常に好まれるのではないかと思います。

ただ吸音されているような感じもあり、ステージ感は若干ではありますが、失われる感じもあります。

とはえいリスリングポイントが広くなり、顔を動かしても定位が散漫にならないところが素晴らしい

●スタンダード ANKH 設置時

こちらはSYLVAN同様な効果にプラスしてステージ感が広くなった感じがします。
SYLVANほど前面にでてくるエネルギー感は少ないのですが、逆に全体的に奥行きが出た分立体感を感じます。情報量も増えたように感じます。スケール感を重視する場合こちらの方をお勧めしたところもあります。エネルギッシュに楽しみたい場合はSYLVANの方が良い部分もあるようです。

●CORNER ANKH 設置時

さすが最後に完成しただけのことはあります。

SYLVANを試聴した時には良い意味で、リアル感があるのですが、音楽が真面目に聞え
てしまい、遊びが少ないように感じましたが、このCORNER ANKHはとにかく音が広いというか、開放感があります。それでいて音が散漫にならず、音像がしっかり浮かび上がり、オーケストラや室内楽、そしてライブなど臨場感が高まるイメージを持ちます。
ステージが広くなると曖昧になるところもあったり、薄くなるところもあるのですが、それを全く感じさせず、全てがプラスの方に変化しております。あくまでもH.A.L.3の試聴室の場合ではありますが、この変化は私の好きな方向に変化してくれ、非常に好感触です。

CORNER ANKHは上からみると5角形になっており、デザイン的にも非常に良いですね。

2)スピーカー設置面のセンターに設置

●SYLVANを2本設置。

SYLVANは1本だけでみるとシンメトリーの構造になっていないため、間隔をあけずに2
本並べて設置しました。

低域のバランスが非常に向上し、音圧が全体的に上がって聞えます。曖昧だった定位もしっかりして、深みが増します。QRDと比べると音像はやや前よりになるとは思いますが、リアリティは非常に増します。ただ私個人的には吸音的なイ
メージも出てしまい、もう少し開放感が欲しい感もあります。
詳しいSYLVANのコメントはこちら

●スタンダードANKHを設置

SYLVANに比べて音像が奥にいった感じがします。立体感に関してはおそらくSYLVANとさほど違いはないと思いますが、エネルギー感は良い意味減り、聴きやすくなった感じです。おそらくスタジオ的なイメージはSYLVANだとは思いますが、開放感があり、ステージが広くなる分楽しさはこちらのほうが上に感じました。SYLVANと違いシンメトリー構造になっているので1本から楽しめるのも良いですね。

スタジオ録音をリアルに再現といった面ではSYLVAN。クラッシクやライブ盤を楽しみたいということであればANKHというイメージを持ちました。ただ複数組み合わせるのであればANKHをお勧めしたいですね。

3)部屋の両サイドに設置(一時反射面)

●SYLVANを2本設置。

部屋のサイドも重要だということが本当に良く解ります。木を使っている分響きが落ち着き、また雑味が減り、安心感を覚えます。
サイドに設置したときでもリスニングポジションが大きく変化し、定位が崩れにくくなります。

SYLVANはシンメトリー構造ではないため、左右に使う場合は、起きかたで変化いたします。響き方が違いますので、お持ちのお客様はお試し下さい。

●スタンダードANKHを設置

実にステージが広くなります。ただヴォリューム次第ではSYLVANと比べると暴れて聞<えるところもあります。

コーナー、センター、サイドともに変化の仕方は同じで、SYLVANの方が音の厚みがあり、エネルギー感が増すのに対して、ANKHの方が開放感がリ、響きが豊かですね。

音楽をどう聴きたいか、そしてデザインも含めてご検討いただければと思います。

さて、今回コーナーANKHを使って高さによる違いも試聴しました。

120cmと60cmタイプの2機種を使い、120cmの状態と180cmの状態で試聴しましたが、その差は、予想より大きく驚きました。

個人的にVOCALの口の位置は少し高めの方が好きなのですが、高すぎると全体的に上ずってしまうのですが、180cmのコーナーANNHの場合、音像が上にも下にもしっかり伸び、上下感の定位が非常に良くなり、VOCALの位置もしっかり上がり、しっかり定
位します。リアリティが非常に増し、スケール感も広くなりますが、ANKHが持つ特有<な響きが前面に押し出す気配もあります。しかし全体的にみると最初から180cmをお勧めしたいところです。

ルームチューニングも吸音派と拡散派に分かれると思いますが、日東紡音響のANKH、SYLVANはバランスが取れており、どちらのお客様にも高い評価を頂いております。

今まで数件のデモをお客様で行なっておりますが、悪いイメージを持たれておりません。ただデザイン的な面やスペース的な問題、そしてご予算的なものもあると思います。

しかし導入されたお客様の中にはコストパフォーマンスが高いという言葉も頂いております。

是非お客様が頑張ってお揃えになった機器たちをもっと輝かせていただければと思います。

*持込試聴もご相談にのらせていただきますので、、お気軽にお問い合わせ下さい。

4F H.A.L.3 島 健悟

|

2011年5月14日 (土)

LUXMAN 「PD-171」を聴いてみました!・・・その②

Shtop

★☆★☆2F サウンドハウス情報☆★☆★☆

ラックスマンから待望のアナログプレーヤー「PD-171」が発表されました!

Cimg4231


■第1回目の紹介はこちら■

■第2回目の紹介はこちら■

Cimg4225
前回に引き続き、MCカートリッジを替えて聴いてみます。今回はクラシック。ESOTERICのリマスター盤です。カーゾンのピアノ、ブリテン指揮、イギリス室内管弦楽団のモーツァルト“ピアノ協奏曲第27番”で聴き比べてみました。
 

P3g
PHASE TECH「P-3G」(\120,750) 少し細身で繊細な弦楽器と端正なピアノ。

103
DENON「DL-103」(\26,000)です。レンジが狭い感じはしますが、ピアノとオケが寄り添って進む感じが好きですね。他のカートリッジで聴くとリマスターされた感じが良く出ますが、103で聴くと70年の録音・・・という感じがします。
Mc30w
ORTOFONの「MC30W」(\94,500)響きが豊かでふんわりしています。ピアノも余韻がありますね。厚みもあり、今回の中で一番リッチな音でした。
Sig
光悦「Rosewood Signature Platinum」(\252,000)同じ木製ボディを採用しているMC30Wと比べると響きが少ないです。弦は優しくピアノはおとなしめです。上品な音ですね。

MMカートリッジやモノラルも試してみたくなりました。

出荷は月末から順次開始します。現在予約受付中です!

LUXMAN 「PD-171」 定価\418,950 販売価格お問い合わせ下さい。

(上遠野)


■■■■是非、御試聴下さい!■■■ 

↓下記までご連絡くださいませ。

Shtop2F

林(水曜定休) 

hayashi@dynamicaudio.co.jp

とも田(木曜定休)

tomo@dynamicaudio.co.jp

上遠野(火曜定休)

ken@dynamicaudio.co.jp

電話:03-3253-5555/03-3253-2001
FAX 03-3253-5556
       

営業時間:11:00~20:00

★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆

|

6F 新・East Passive

どうもこんにちは。今日は爽やかですね!
 
昨日、East Passiveの模様替えを行いました。
E_passive明るい写真はこちら→East Passive
アナログも引き続きKUZMAで楽しめます。
PhonoやプリはEINSTEINにし、パワーは
NAGRA。そしてスピーカーはKharma
 
木曜にあげた記事ではEast Passiveでのデモをしていましたが、
こちらに移動しました。部屋の規模としては小さくなっています。
ですが、ゆったり聴ける空間になっているかと思います。
 
これを書いている時もアナログをかけていますが、
よく音が飛んできますね~
また新たなEast Passiveをどうぞご覧ください。
 
続いてEast ActiveにはLansche AudioNo.3』がきています。
Act_topこれはプラズマイオンツィータとの
繋がりが抜群と言えるモデルで
よく音が出ていると思います。
しかし…‥!!
 
明日15日の夕方頃から別のスピーカへ入れ替えます。
それに関してはまたアップします。お楽しみに!!
 
5555 / H.A.L.Ⅱ / A.武田でした。
takeda@dynamicaudio.co.jp

|

2011年5月12日 (木)

LUXMAN 「PD-171」を聴いてみました!

Shtop

★☆★☆2F サウンドハウス情報☆★☆★☆

ラックスマンから待望のアナログプレーヤー「PD-171」が発表されました!

■第1回目の紹介はこちら■

「PD-171」に搭載されているアームは、スタティックバランス型ユニバーサル・トーンアーム。気軽にカートリッジを替えて楽しめるのも魅力です。少し遊んでみました。

Disk
71年の名盤、CAROLE KING 「TAPESTRY」の"YOU'VE GOT A FRIEND"で聴き比べしてみました。
103
まず定番のDENON「DL-103」(\26,000)。無駄のない骨格のしっかりしたサウンドです。後で聴いたオルトフォンと比べると少しドライな感じがしますが、曲の持つ空気を良く伝えてくれいるともいえます。
Sig
光悦「Rosewood Signature Platinum」(\252,000) 澄んだサウンドですね。声が若々しいです。
Spu
ORTOFON 「SPU-G」(だと思います。擦れて判別できません)「SPU」等重量級のカートリッジを使用する場合は別売りの重量ウェイト(\9,450)と交換しますが、無かったので針圧計で合わせました。音が濃く、特に低音がゆったりして太い音がします。細かいことを言わせない存在感がありますね。
P3g
PHASE TECH「P-3G」(\120,750) S/Nが良く安定した音。解像度が高いのに自然に聴かせてくれます。
Mc30w
ORTOFONの「MC30W」(\94,500)漆塗りで高級感があります。丸みを帯びた低域は「SPU」の面影があります。中高域は現代カートリッジらしく細かい音を良く出しますが、弾力のある音で聴いていて楽しいです。

今回はMCカートリッジを聴いてみましたが、「PD-171」は、それぞれの個性をしっかりと描き出してくれました。次回はクラシックを聴いてみたいと思います。


現在予約受付中です!

LUXMAN 「PD-171」 定価\418,950 販売価格お問い合わせ下さい。

(上遠野)


■■■■是非、御試聴下さい!■■■ 

↓下記までご連絡くださいませ。

Shtop2F

林(水曜定休) 

hayashi@dynamicaudio.co.jp

とも田(木曜定休)

tomo@dynamicaudio.co.jp

上遠野(火曜定休)

ken@dynamicaudio.co.jp

電話:03-3253-5555/03-3253-2001
FAX 03-3253-5556
       

営業時間:11:00~20:00

★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆

|

6F お買い得スピーカ

どうもこんにちは。ぐずついた天気ですねー
 
さて、久しぶりに聴いたスピーカです。
Ceramique322KharmaCeramique 3.2.2
比較的コンパクトに収められた
ボディからは想像もつかない
スケール感に圧倒される。
 
7FにもKharmaが置いてありますが、こちらはかなりの巨体。
それに比べるとなんとも小さめ?ですが音に関してはこちらも巨体。
 
DPATを用いて試聴しました。
チタンのツィータとセラミックのミッド/ウーファの組み合わせで
立ち上がりの早さはこのユニット独特の持ち味であり、見通しの効く
澄んだ音色は重厚な外見からはなかなか想像つかないかと思います。
 
もちろん素材もあって少し硬めな音色ですが、それでも声は自然。
もたつきの無いピアノはとても爽やかでこのスピード感に慣れると
他では物足りなくなる気もします。
 
パワーアンプがFM Acousticsなので何の問題もない状態ですが、
スケールが出るスピーカなのでしっかりしたアンプを選びたいです。
しかし小音量にしてもその広がりは充分魅力的でしょう。
 
お買い得情報No.517をチェックしながら、試聴はいかがでしょうか?
 
5555 / H.A.L.Ⅱ / A.武田でした。
takeda@dynamicaudio.co.jp

|

YAMAHA NP-S2000 引き続き好評販売中です。

Netshop_2

★☆★☆★☆NET-SHOP便り★☆★☆★☆★☆

E-DYNAでも好評なセールスを続けるYAMAHA 
NP-S2000でありますが 1台限定にてワケあり特価品を
販売いたします。(勿論、新品即納分もございます。)

こちらから御注文もお受けできます。
&ダイレクト購入決済フォームはこちら

新品即納分は上記からでも入っていけます。
そして、上記のURLの条件から
5月20日までの【期間限定】お求めやすいE-DYNAキャンペーン
をさらに実施します。!(内容はお問い合わせください。)

販売価格 →  お問い合わせください。

1台限定にてワケあり特価品はお問い合わせください。

販売価格 →  お問い合わせください。

Yamahanps2000

実売20万円以下で手にできる本格的なネットワークP
として手がでやすい商品ではないでしょうか?
是非、高品位なダウンロードソースなど新しい世界に
こちらからチャレンジしてみてください。!

NP- S2000当店の以前による
紹介はこちらです。

ノイズ感の無いイーサネット方式ならではの
静寂感が新しい音楽の聴き方を提供して
くれるはずです。

Yamahanps2000inside

次にご紹介するのは私としては久しぶりとなる
CDトランスポーターです。

私もBlog等でご紹介するのは実に
久しぶりな感がありますCECの商品です。

CDベルトドライブプレーヤーとして有名な
CECでありますが、国産で安定的な供給を
目指しTL3Nを開発されております。

Cectl3n

この価格帯でスピンドルだけでなくピックアップ
までベルトドライブになったことにより、さらに
魅力的な商品となっております。

Cectl3npickup

ノイズ感の無いクリアで独特の質感が
期待できそうです。

CEC  TL-3Nの紹介はこちら

回転系のトラポとして個人的に非常に
期待しております。

■■■E-DYNA便りご期待下さい。!■■■

Cimg3973

tomo@dynamicaudio.co.jp
 
TEL 03-3253-5555 / FAX 03-3253-5556

5555店 2F サウンドハウス

TEL 03-3253-5555

NET SHOP 担当 とも田 

★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆

|

2011年5月11日 (水)

6F 究極と呼べる音

どうもこんにちは。昨日との温度差びっくりです。
 
さて本日はこちらも気になっていた!と言う訳で試聴しました。
DpatDPAT TechnorogyModel 0037 Continuum
業務用に開発されたデジタルファイルプレーヤ
Model 0037 Continuum Perfectionとは
Antelope Audioのクロックとセットになった物です。
 
最近、CDプレーヤーに変わるデジタルプレーヤーが賑やかで
情報量の多さや使い勝手の良さがポイントになってると思います。
CDプレーヤも色褪せることなく、豊かな音楽性を持つモデルが
まだまだ登場し、簡単には世代交代と言えない現状と思っています。
 
しかし、この音を聴いてしまうと…‥
 
さて始めましょう。クロックが入った状態での試聴レポートです。
もう無しはあえて書きません。GOLDMUNDプリFM Acousticsパワー
そしてJBLスピーカの組み合わせです。
 
昨日のイメージもあるので、パイプオルガンとソプラノボーカルを
再び。最後の曲をかけると出だしのパイプオルガンの低音の制御が
こんなにできていた状態を聴いたことが無い!!と思いました。
広がる空間の中にボーカルがポッと浮かび上がる、実体感があり
実に気持ちが良いです。
続いてJAZZの女性ボーカルを聴いても、しっとりと歌い上げ
リップノイズの生々しさは思わずため息がでます。
昨日のD1もそうでしたが、余韻まで美しく表現できるのは
音楽の魅力を一層ひきたてると思います。
 
エアコンも換気扇も、照明さえノイズに思えるほど静かで
まだ聴いたことのない方には是非データをお持ちいただいて…
と思います。
 
5555 / H.A.L.Ⅱ / A.武田でした。
takeda@dynamicaudio.co.jp

|

LUXMAN 待望のアナログプレーヤー「PD-171」のご紹介。

Shtop

★☆★☆2F サウンドハウス情報☆★☆★☆

ラックスマンから待望のアナログプレーヤー「PD-171」が発表されました!

Cimg4186

SACDプレーヤー「D-O8」から立て続けにヒット作を世に送り出しているラックスマン、今回のアナログプレーヤー「PD-171」は、1983年の「PD350」以来28年ぶりということで、非常に力の入った製品に仕上がっています!!

ポイントは

・高トルクモーターによるベルトドライブ方式を採用。
・大出力オーディオアンプ構成の回路によるACシンクロナスモーター駆動。
・32bitマイコン採用の高精度クロック制御ジェネレーター回路を内蔵。
・高慣性(約0.7t・cm2)を生かしたアルミ削り出しの重量級ターンテーブル(5kg)。
・15mm厚のアルミ削り出し板をメインシャーシとした主要部品のアンダースラング(吊り下げ)制振構造を採用。
・安定した回転をサポートするベアリングボール仕様の大口径テフロン軸受け採用スピンドル。
・電源トランスとACモーターをフローティングマウント。
・木と金属によるハイブリッド制振構造。
・アルミシャーシに直接固定された大口径インシュレーター。

他にも回転数調整に使用するストロボ、スタイラスライトなどを装備。機能や造りの割にはコンパクトで置きやすいと思います。


Cimg4189

早速、オルトフォンのMC-30Wを付けて試聴しました。ベルトドライブですが、立ち上がりは早く、5秒ほどで安定します。(止まるのも早いです)ウォームで厚みのあるサウンドです。あまりレンジを欲張らず、ヴォーカル帯域を中心として音楽をじっくり聴かせようという感じを受けました。
ラックスマンらしいチューニングが細部まで行き届いていると感じます。また、盤質の悪いディスクをかけてもアラをあまり出さない点も良いと思います。

現在発売されているアナログプレーヤーは、
 
海外プレーヤー・・・ベルトドライブ、一体型アーム、大体高価。
国産プレーヤー・・・ダイレクトドライブ、ユニバーサルアーム、入門クラスが多い。
 
という傾向があるように思います。その中でこの「PD-171」は、「ベルトドライブかつユニバーサルアームを搭載した本格的な国産プレーヤー」は唯一と言っても良いくらい貴重です。
 
良い音のプレーヤーをお探しの方、特に、複数のカートリッジを持っていて盤によって好きなものを変えて聴いてみたい、という方には待ちに待った商品ではないでしょうか。


重厚かつ品のあるデザイン、今の時代にマッチした手頃なサイズ、そしてラックスマンらしい厚みのあるサウンドを兼ね備えたプレーヤーです。是非、ディスク持参の上ご試聴下さいませ。

現在予約受付中です!

LUXMAN 「PD-171」 定価\418,950 販売価格お問い合わせ下さい。

(上遠野)

■■■■是非、御試聴下さい!■■■ 

↓下記までご連絡くださいませ。

Shtop2F

林(水曜定休) 

hayashi@dynamicaudio.co.jp

とも田(木曜定休)

tomo@dynamicaudio.co.jp

上遠野(火曜定休)

ken@dynamicaudio.co.jp

電話:03-3253-5555/03-3253-2001
FAX 03-3253-5556
       

営業時間:11:00~20:00

★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆

|

MA7000、MA6600でソニーSS-NA2ESを鳴らします。!

Shtop

★☆★☆2F サウンドハウス情報☆★☆★☆

5月30日までマッキントッシュMA7000を展示再開します。!
MA6600も展示中です。!

Cimg4157

【大好評】ソニー SS-NA2ES と
【期間限定展示予定】ヴィエナアコースティクス 
BEETHOVEN CONCERT GRANDの鳴り合せに御期待下さい。
【ビエーナは来週予定です。】

Mcintoshma7000

その他、【期間限定】OLIVE 6HD、
【期間限定】富士通テン TD510も導入しました。
ご期待下さい。!

【新製品】プライマー、【新製品】ケンブリッジオーディオ
近々お披露目できます。
こちらもご期待下さい。!

ドイツハイエンドの雄
ブルメスター051、052に【特価品】がございます。
是非、お尋ね並びに御試聴下さい。

----最近のサウンドハウスフロアブース別御紹介-------

★☆★☆試聴ブース1(メイン)★☆★☆

Cimg4075

スピーカーは

B&W 804sD、SONY SS-NA2ES
タンノイ ターンベリーSE、JBL 4429
FOSTEX G1302、クリプ トン KX-1000P

を中心にデモを行っております。

プリメインアンプは

DENON PMA-SX、PMA-SX、PMA-SA11
LUXMAN  L-590AX
マッキントッシュ MA6600、MA6300、
【期間限定】MA7000

上杉アンプ 【全種類】

を中心にして鳴らしております。
只今、ソニーとマッキントッシュの組み合わせが
面白いです。

1、【導入予定】エソテリック I-03
メーカー交渉中です。エソテリック話題の商品御期待下さい。!

1、【再展示開始】FOSTEX GX250導入しております。
是非、聴いてみてください。

1、【新規】techdas D-7御試聴可能です。!
1、【期間限定】ヴィエナアコースティクス 
   BEETHOVEN CONCERT GRANDを再び展示予定です。

1、新製品 L-590AXの能力をお確かめ下さい。!
1、国産CDPやOLIVE 4HD、【新規】WADIA171&170
1、エソテリック X-05 デモ再開しております。

でデモしています。

※大好評でしたGOLDMUND MM21D・USBは完売と
なりました。ありがとうございました。

Cimg4077

★☆★☆試聴ブース2(リアルE-DYNA)★☆★☆

LINN MAJIK DS-I、ラックスマンL-507Uを
中心にして鳴らしてお ります。

スピーカーはB&W 805sD、FOSTEX GX-103
LINN MAJIK140を中心に鳴らしております。

好評でしたビエーナ BEETHOVEN BABY GRANDは
展示品が売れてしまいましたので次回、何か新製品を予定
しております。ご期待下さい。!

1、【新規】話題のDAコンバーター
アンテロープオーディオZODIAC GOLDを導入予定です。
ち密さを兼ね備えた高級DACです。是非、聴いてみてください。

1、【大好評】FAPS アーティスト+fostex GX100によるデモ
引き続き好評です。是非、聴いてみてください。

1、エアーAX-7E、CX-7Eを久しぶりに2Fに戻してデモして
おります。B&W 805sDとの組み合わせによる鳴りっぷりを
ご堪能下さい。

Cimg4088_2

★☆★☆試聴ブース3(マンスリーコーナー)★☆★☆

引き続きLUXMAN【新製品L-550AX】
を中心に色々な機材を使って鳴らしております。
【期間限定】ハーベスHL-p3ESRと
HL-COMPACT7ESでの組み合わせ検証は
大好評でありました。ありがとうございます。
今週からはタンノイ Definition8、クリプトンKX-5
【限定品】FOSTEX、GX100 PBによる鳴り方を
検証したいと思います。

現在、CDPはヤマハCD-S1000、
【特価品】クリーク、クラシックCDで鳴らしています。

ネットワークPは勿論、【NP-S2000】であります。
しかも1台特価品(シルバー)を御用意しましたので
是非、お尋ねください。!!

販売価格 → お問 い合わせください。


■■■■是非、御試聴下さい。 ■■■ 

↓下記までご連絡くださいませ。

Shtop2F

林(水曜定休) 

hayashi@dynamicaudio.co.jp

とも田(木曜定休)

tomo@dynamicaudio.co.jp

上遠野(火曜定休)

ken@dynamicaudio.co.jp

電話:03-3253-5555/03-3253-2001
FAX 03-3253-5556
       

営業時間:11:00~20:00

★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆

|

天ノ視点-4F- NO,2

天ノ視点-4F- NO,2

皆様こんにちわ。
五月雨ですね。これからどんどん気温も上がって、あっという間に夏の装いになるのでしょうか。
さて、私事ですが、昨日、サントリホールにチョン・ミョウンフン指揮、ソウル・フィルハーモニー管弦楽団の公演を聴きに行ってきました。久しぶりのコンサートで楽しかったわけで…。曲目は前半、庄司紗矢香(Vn)を迎えチャイコフスキー/ヴァイオリン協奏曲二長調作品35、後半はチャイコフスキー/交響曲第六番(悲愴)でした。当初の予定だったドビュッシーやラヴェルは出演者の関係で変更になりましたが、庄司紗矢香さんを生で聴けたので、むしろ最高でした。

…という余談はさておき…。

Dsc_0235 Dsc_0234

「YG ACOUSTICS / AnatⅢ」定価\6,300,000.(込)
去年のインターナショナルオーディオショウで発表され各所で話題になったYG ACOUSTICS / AnatⅢが四階試聴室にやってきました。去年のインターナショナルオーディオショウではSonasfaberの驚愕級スピーカーやMAGIO/Q5等、注目株が軒を連ねる中、彼らと並んで好評価を得ていたAnatⅢ。もとよりイスラエルYGAcousticsと言えばAnat Referenceが有名で、その音に魅了された方もいらっしゃるのでは?そんなYGAcousticsが満を持して発表したのがAnatⅢ。ユニットやネットワークに改良が加えられ、新たな新境地に達しています。
定価600万円とかなりのハイファイ機ですが、とてもリアルに澄んだ音色を聴かせてくれます。私自身以前は試聴室ではない五階で音づくりをしておりましたが、やはり、こだわり試聴室保有の四階でこれだけのスピーカーを鳴らすと違いますね。一聴価値ありのスピーカーです。
現在はラックスマンフェアに因んでCDP:D-08/PREAMP:C-800/POWERAMP:M-800のシステムで鳴らしています。
今後、もしかしたらオルフェウスのフラッグシップで鳴らせるかも知れません。
展示期間未定です。試聴ご希望の方は担当島、アシスタント天野までご連絡下さい。

ダイナミックオーディオ5555 4Fアシスタント天野
amano@dynamicaudio.co.jp
tel:03-3253-5555
fax:03-3523-5556

|

2011年5月10日 (火)

6F 精度を高く高く

どうもこんにちは。お久しぶりです。
1Fから6F担当へと変わりました。
ブログ更新など行っていきますのでどうぞよろしくお願いいたします。

商品構成がだいぶ違うので1から始めるつもりですが、
このプレーヤーの音を聴きたいと思っていました。
 
D1_3CH PrecisionD1
拡張性あるモジュール構成
こちらの試聴機は外部クロックが
入ります。
 
まずは外部クロックを使わずに試聴しました。
やはり…と言いますか、この情報の多さには驚きました。
たとえばチェロの余韻、音が減衰していく時間もとても音楽性が
あって、永遠にこの余韻が続くような気がするほど
エネルギーのある音です。
 
例のパイプオルガンとソプラノボーカルを聴いても
静寂感と音の分離、この先発売予定の別電源ユニットを
導入したらどんなことになるのか?
と、単体でも充分なスペックを持つことを感じました。
 
続いてクロックを入れて試聴(Antelope AudioIsochrone 10M』)

D1rメーカーページにある後部写真と
見比べると左から2番目にクロックの
入力部が見えています。
カパッと取ってガチッと付けます。
 
全面にあるノブを回したり押したりしての操作は慣れが必要ですが
専用の画面が出ます。(有機ELなので小さくても見やすい!!)
 
ディスプレイ左下に鍵マークが出てしっかりロックしたかどうかが
わかります。この辺りが硬くなりすぎていない演出だと思います。
いざロックしてから聴くと元には戻れない!
こんなにも活き活きとした音が入っていたのかと思うほど。
このアップグレードが出きるという後々の可能性を秘めているので
今は思い切っても時間が経った時、さらに上を目指せます。
 
常設なのでお時間ある時にお好みのディスクで試聴してみてください。

5555 / H.A.L.Ⅱ / A.武田でした。
takeda@dynamicaudio.co.jp

|

2011年5月 9日 (月)

天ノ視点-4F- NO,1

天ノ視点-4F- NO,1

「天野 入荷しました」

Dsc_0233

これまで五階の担当として皆様にお世話になっていた私天野ですが、本日5月9日(月)から四階担当島のアシスタントとして担当島と共に四階を盛り上げていきたいと思います。

既に、色々な方から激励のご連絡を頂きました。有難うございます!

四階はダイナミックオーディオが自信を持ってご紹介する試聴室保有のフロアH.A.L.Ⅲです。
担当島が作り上げたハイファイシステムが皆様のご来店をお待ちしております。
私も、ここでこれまで以上にこだわりを持って音づくりをしていきたいと思います。

四階はB&W「802SD」を始め、Sonusfaber「CremonaM/GUARNERI memento」、WilsonAudio「SashaW/P」等、現代オーディオを代表するブランド・製品が集まっています。
スイスを代表するアンプメーカー「GOLDMUND」や「HEGEL」「Brumester」等、非常に鮮麗された音楽を鳴らしています。

これまでお世話になっていたお客様はもちろん、これからも色々な方とお話をしたいと思います。
ご相談やご質問等ございましたらお気軽にご来店下さい!!

これからも四階の今を随時、更新していきます。
要チェックして下さい!!

ダイナミックオーディオ5555 4F天野
amano@dynamicaudio

|

ilungo audio 新インシュレーター「sonorite-SN」発売!

Shtop

★☆★☆2F サウンドハウス情報☆★☆★☆

上遠野です。突然ですが、昨日より4F H.A.L.3から2FのSOUND HOUSEへ異動することとなりました。今後はこちらのページでお勧め商品をご紹介していきます。どうぞ宜しくお願い致します。早速ですが、個人的に一押しのインシュレーターをご紹介します。

ilungo audio 「sonorite-SN」発売!!

Sonoritecase

イルンゴオーディオからインシュレーター、SONORITEの最新バージョン「sonorite-SN」が発売になりました!sonorite、sonorite-Rと続き、sonorite-SNバージョンとなりました。今回はsonorite-Rから皮の種類から見直し、1から開発したものだそうです。色も前作までと比べると白くなっています。

変更点は

○皮のなめし処理方法を見直し、響きを損なわない新たな手法の確立。
○積層した皮から丸く切り抜く際に発生する皮へのストレスをほぐす特殊処理方法の開発。

この処理で音が重なったときのほぐれ感が大幅に向上し、楽器相互の前後感が増し、弦楽器の豊かなハーモニーが一層心地よく楽しめるようになったとのことです。

Majikds

LINNの「MAJIK DS-i」に使用しました。リンのマジックシリーズの脚は薄いゴムなので、試すのには丁度良いです。音が出た瞬間に全く違う世界になります。特徴的なのは、中低域で、凄く肉厚になります。ベースが豊かに前に出てきます。ヴォーカルも生々しく、広がりも十分。つながっているスピーカーはFOSTEXのGX100PBですが、ウーファーの口径が1.5倍になったくらいのインパクトがありました。サイズが小さいため目立たないですが、効果は抜群です。実は1月前にプロトタイプを聞いたときは少し音が軽めに聴こえたのですが、最終的にプレスの圧力を調整して非常に良い仕上がりになっています。

どんな使い方でも効果はしっかりと感じますが、同社の「grandezza」ボードと組み合わせ、上下左右をミリ単位でセットするなどのセッティングを追いこんでいくと、より真価を発揮します。他もQUADRASPIREのラック等、木製のボードが良いと思います。ギターやヴァイオリンの余韻、響きが豊かになります。

Sonorite

縁の下の力持ちという印象のインシュレーターです。前作より2000円アップしましたが、それでも効果を考えると良心的な価格だと思います。まずは1セット導入してみてはいかがでしょうか。スピーカー、プレーヤー、アンプはもちろん、電源タップ、ネットワークオーディオのハブなどにも効果があります。色々試してみるとセッティングの発見が色々見つかると思います。音を思い通りにコントロールできると凄く愉しいですよ。

ilungo audio「sonorite-SN」 定価\12,600(税込)
http://www.ilungo.com/

※スピーカー用に隣接した皮から製作する、ペアマッチオーダーも可能です。ご相談下さいませ。(上遠野)

■■■■是非、御試聴下さい。■■■ 

↓下記までご連絡くださいませ。

Shtop2F

林(水曜定休) 

hayashi@dynamicaudio.co.jp

とも田(木曜定休)

tomo@dynamicaudio.co.jp

上遠野(火曜定休)

ken@dynamicaudio.co.jp

電話:03-3253-5555/03-3253-2001
FAX 03-3253-5556
       

営業時間:11:00~20:00

★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆

|

2011年5月 6日 (金)

3Fより中古品全品、3日間限定のスペシャルプライス.

やはりGWは賑やかです、始めての方や久しぶりにご来店頂いた方などなど、この期間だからこその出会いがあり、お話が出来る事です。今日は金曜日、連休の合間をぬってお仕事の方や8日までの大型連休終盤までラストスパートの方、とにかく天気も良いですし毎日を楽しみましょう。

という事で、

3Fフロアーも連休の締めくくりとしてフロアー中古品全品、スペシャルプライスへ変更してのご紹介とさせて頂きます。下記に現在のラインナップを掲載致しました、表記価格は通常時の販売価格ですのでここから更にお買い得価格となります、中古品それぞれ割引率が違いますので各中古品の販売価格はメール、電話で直接3Fスタッフまでお問い合わせ下さい。

中古品3日間限定スペシャル価格期間:5/6(金)〜5/8(日)

***********************************
GOLDMUND Mimesis27ME
中古品価格¥750,000
(定価¥1,659,000)
3日間限定スペシャル価格¥お問い合わせ下さい!!

本体、リモコン、ACケーブル
***********************************
Sonus faber Amati Anniversario
中古品価格¥2,050,000
(定価¥3,780,000)
3日間限定スペシャル価格¥お問い合わせ下さい!!

本体のみ、レッドヴァイオリン
***********************************
JM lab Alto Utopia BE
中古品価格¥商談中
(定価¥2,100,000)
3日間限定スペシャル価格¥お問い合わせ下さい!!

本体のみ
***********************************
JBL S9800SE BG(ブラックウッドグロス) 
中古品価格¥1,260,000
(定価¥3,465,000)
3日間限定スペシャル価格¥お問い合わせ下さい!!

本体のみ
***********************************
PASS XA60.5 
中古品価格¥630,000
(定価¥1,365,000)
3日間限定スペシャル価格¥お問い合わせ下さい!!

本体のみ、ACケーブル
***********************************
PASS X0.2
中古品価格¥630,000
(定価¥1,365,000)
3日間限定スペシャル価格¥お問い合わせ下さい!!

本体、リモコン、ACケーブル
***********************************
CEC TL0X   
中古品価格¥945,000
(定価¥1,890,000)
3日間限定スペシャル価格¥お問い合わせ下さい!!

本体のみ
***********************************
CEC TL1N 
中古品価格¥378,000
(定価¥766,500)
3日間限定スペシャル価格¥お問い合わせ下さい!!

本体のみ
***********************************
EAT FORTE 
中古品価格¥630,000
(定価¥1,354,500)
3日間限定スペシャル価格¥お問い合わせ下さい!!

本体のみ、カートリッジレス
***********************************
JBL4348 
中古品価格¥860,000
(定価¥1,785,000)
3日間限定スペシャル価格¥お問い合わせ下さい!!

本体のみ
***********************************
JBL4338
中古品価格¥750,000
(定価¥1,407,000)
3日間限定スペシャル価格¥お問い合わせ下さい!!

本体のみ
***********************************
LINN MAJIK2100/KS
中古品価格¥175,000
(定価¥367,500)
3日間限定スペシャル価格¥お問い合わせ下さい!!

元箱有、本体シルバー
***********************************
JEFF ROWLAND/CONTINUUM250
中古品価格¥650,000
(定価¥1,039,500)
3日間限定スペシャル価格¥お問い合わせ下さい!!

元箱、付属品有
***********************************
OCTAVE/V40
中古品価格¥280,000
(定価¥OPEN)
3日間限定スペシャル価格¥お問い合わせ下さい!!

元箱有
***********************************
LINN MAJIK-I(ブラック)
展示特価品¥235,000
(¥420,000)
3日間限定スペシャル価格¥お問い合わせ下さい!!

メーカー新品保証付
***********************************
ESOTERIC P-03
中古品価格¥525,000
(定価¥1,260,000)
3日間限定スペシャル価格¥お問い合わせ下さい!!

元箱無、リモコン付
***********************************
Mclntosh MA6800(メーカーメンテナンス済)
中古品価格¥お買い上げ 
(定価¥609,000)
3日間限定スペシャル価格¥お買い上げ

元箱無、リモコン、ACケーブル
***********************************

製品のお問い合わせは下記3F担当者までお願い致します。

 

**************************************

 

ダイナミックオーディオ 5555 3F
Phone. 03-3253-5555
赤塚 akatsuka@dynamicaudio.co.jp
柴田 shibata@dynamicaudio.co.jp

|

2011年5月 4日 (水)

LINN NEW AKURATEシリーズ展示しました!

Resize0277

LINN NEW AKURATEシリーズ・フルセットを展示しました!

AKURATE DS/K \997,500(税込)

AKURATE KONTROL/K \787,500(税込)*プロトタイプ

AKURATE 2200 \577,500(税込)

AKURATE 242 \1,470,000(税込)
 
RAKK2  \147,000(税込)

AKUTARE KONTROL/Kは、やっと登場しましたね。まだプロトタイプですが、ほぼ最終モデルとのことです。入口から出口まで全てリンで揃えることが出来ました。そのサウンドは新鮮そのものです。以前の録音も最新録音のように聴こえてきます。リンの機器にジャストフィットする「RAKK」も凄く良い出来です。インテリアとしても美しくまとまります。是非お聴き下さいませ。

       -*-*-*-*-*-*-*-*-*-

お問い合わせは、H.A.L.3島(shima@dynamicaudio.co.jp)、上遠野(ken@dynamicaudio.co.jp)までお願い致します。

|

2011年5月 3日 (火)

アナログな日.

Img_0819
フロアーには現在PASS XA60.5というA級60Wモノラルパワーアンプ(中古品)があり、これを楽しむ為にシステムを組んでみました。プレーヤーにはEAT/FORTE、プリはMclntosh/C2300、スピーカーにはJBL/S9800SE。
Img_0829 Img_0839 Img_0837

いやいや、一番始めはJimmy Smith /Plays Pretty Just For Youを聴きたいと思ったのを忘れてました。気合いの入った4色刷りのブルーノート1563、バラード含めてジミースミスのオルガンが堪能出来る1枚です。

Pretty1_2

ちょっとブルーノートらしくないジャケットが気になりますが、それが狙いでそうなのか広範囲で売れた1枚なのではないでしょうか。Jazzですがポップでノリの良い1枚、それでもバラードのオルガンは本当に体に染み込む絶品なのです。現在フロアーにはアナログプレーヤー5機種(Solid Acoustics/Solid Machine Small、EAT/Forte、Rolf Kelch/Baby Blue Gold、Mclntosh/MT10、THORENS/TD521/SME3012R)がありますので、かなりの割合でレコードをかけています。レコードを聴くときには想像する時間が素敵なのです、針を落として音が出るまでの想像力、デジタルにはこれはちょっと少ないですね。

これだけプレーヤーがあるのは連休期間のみですが、レコードはいつでもご試聴頂けますので是非お立ち寄り下さい。

柴田

**************************************

ダイナミックオーディオ 5555 3F
Phone. 03-3253-5555
赤塚 akatsuka@dynamicaudio.co.jp
柴田 shibata@dynamicaudio.co.jp

|

« 2011年4月 | トップページ | 2011年6月 »