« LINN KLIMAX SOLO/d. | トップページ | 6F レコードの真価を »

2011年5月22日 (日)

6F 聴く音楽

どうもこんにちは。本格的な雨ですね~
日曜日というのもあって静かになっていきます。
 
今日は小部屋にて新しく入れた試聴CDでも
というリラックスした気持ちです!
C3_2_2EINSTEINThe Source
    『The Tube Ⅱ
NAGRA  『VPA
Kharma 『Ceramique 3.2.2
 
一時的にパワーアンプを変えて聴いてみましたが、
Kharmaのスピード感や透明感と合うのはNagraでした。
C.P.E.Bach ヴァイオリンとフォルテピアノのための四つのソナタ
ラヴェルの傑作、管弦楽の真相
 
Bachのピアノは前回のブログに書いたCDと同じエドナ・ステルンさん
こちらはちゃんとフォルテピアノを使っているようで小川のせせらぎの
ように滑らかで繊細なのに力強く流れていくようです。
少し音量を上げ気味にしても喧しくない音色が心に沁み渡ります。
 
RAVELの方にはあのボレロが入っています。
各楽器の音色が本当に良くて、このDISCも滑らかです。
ただ、やはり最後の部分を考えると大音量で聴けるActiveが良いです。
(2曲目は『逝ける王女のためのパヴァーヌ』と訳されていて
なかなか気の効いた訳し方だなぁと思いました。)
さて、注目は3曲目。『左手のためのピアノ協奏曲』
この曲自体、初めて聴くのですが低い楽器から始まるのは
得体のしれない何かが迫ってくるような緊迫感があります。
だいたい7分を超えたとこから始まるピアノソロは曲名通り
もちろん左手1本なので複雑に音が重なることはないですが、
高音域の色彩感は変化に富んでいて、虹のような印象を受けます。Cd_2
忘れてましたが、ボレロの流れがあってこの曲もAvalonTime』で
聴いています。なかなかダイナミクスあるのでこの曲も大音量で
聴きたいですねー。
 
興味のある方は試聴できます!もちろんお持ち帰り分も確保してます
 
さあ、シューベルトの合唱も頼んでいるので、来るのが楽しみです。
 
5555 / H.A.L.Ⅱ / A.武田でした。
mailto takeda@dynamicaudio.co.jp mailto

|

« LINN KLIMAX SOLO/d. | トップページ | 6F レコードの真価を »