« 6F 精度を高く高く | トップページ | MA7000、MA6600でソニーSS-NA2ESを鳴らします。! »

2011年5月11日 (水)

天ノ視点-4F- NO,2

天ノ視点-4F- NO,2

皆様こんにちわ。
五月雨ですね。これからどんどん気温も上がって、あっという間に夏の装いになるのでしょうか。
さて、私事ですが、昨日、サントリホールにチョン・ミョウンフン指揮、ソウル・フィルハーモニー管弦楽団の公演を聴きに行ってきました。久しぶりのコンサートで楽しかったわけで…。曲目は前半、庄司紗矢香(Vn)を迎えチャイコフスキー/ヴァイオリン協奏曲二長調作品35、後半はチャイコフスキー/交響曲第六番(悲愴)でした。当初の予定だったドビュッシーやラヴェルは出演者の関係で変更になりましたが、庄司紗矢香さんを生で聴けたので、むしろ最高でした。

…という余談はさておき…。

Dsc_0235 Dsc_0234

「YG ACOUSTICS / AnatⅢ」定価\6,300,000.(込)
去年のインターナショナルオーディオショウで発表され各所で話題になったYG ACOUSTICS / AnatⅢが四階試聴室にやってきました。去年のインターナショナルオーディオショウではSonasfaberの驚愕級スピーカーやMAGIO/Q5等、注目株が軒を連ねる中、彼らと並んで好評価を得ていたAnatⅢ。もとよりイスラエルYGAcousticsと言えばAnat Referenceが有名で、その音に魅了された方もいらっしゃるのでは?そんなYGAcousticsが満を持して発表したのがAnatⅢ。ユニットやネットワークに改良が加えられ、新たな新境地に達しています。
定価600万円とかなりのハイファイ機ですが、とてもリアルに澄んだ音色を聴かせてくれます。私自身以前は試聴室ではない五階で音づくりをしておりましたが、やはり、こだわり試聴室保有の四階でこれだけのスピーカーを鳴らすと違いますね。一聴価値ありのスピーカーです。
現在はラックスマンフェアに因んでCDP:D-08/PREAMP:C-800/POWERAMP:M-800のシステムで鳴らしています。
今後、もしかしたらオルフェウスのフラッグシップで鳴らせるかも知れません。
展示期間未定です。試聴ご希望の方は担当島、アシスタント天野までご連絡下さい。

ダイナミックオーディオ5555 4Fアシスタント天野
amano@dynamicaudio.co.jp
tel:03-3253-5555
fax:03-3523-5556

|

« 6F 精度を高く高く | トップページ | MA7000、MA6600でソニーSS-NA2ESを鳴らします。! »