« 2011年1月 | トップページ | 2011年3月 »

2011年2月28日 (月)

3/13(日)「話題のセパレートアンプ試聴会」のお知らせ。

H.A.L.3の次回イベントをお知らせ致します。3/13(日)にセパレートアンプの比較試聴を行います。

題して 「話題のセパレートアンプ試聴会」

国内製品、輸入製品の単品100万円~200万円のセパレートアンプをご用意し、各メーカーの音の個性をお楽しみ頂けるイベントです。スピーカーは、当フロアーリファレンスのB&Wの「802 DIAMOND」。表現力、ドライブ力等の違いをお聴き頂ければと思います。

<詳細>
●日時:3月13日(日)午後1時半~午後3時半
●場所:ダイナ5555 4F H.A.L.3
●定員:15名様 誠に申し訳ございませんが、先着順とさせていただきます。
●使用機材(予定)Cr1_2

JEFF ROWLAND
 ■CORUS  \1,732,500
 ■MODEL625 \1,890,000

GOLDMUND
 ■MIMESIS 27.5 \924,000
 ■TELOS250  \1,995,000

HEGEL   H30_4
  ■P30 \840,000
  ■H30 \1,680,000

LUXMAN
  ■C-800F \1,050,000
  ■M-800A \1,050,000

BURMESTER
  ■035 \1,417,500
  ■036 \1,312,500C800f_6

       -*-*-*-*-*-*-*-*-*-

●お申し込み:電話かメールで、担当の“”もしくは“上遠野”までお申し込み願います。
 メールの場合、下記を件名につけてメールいただければ幸いです。

 「話題のセパレートアンプ試聴会 参加希望」

皆様のご参加心よりお待ち申し上げます。

|

2011年2月27日 (日)

フォノイコライザーの比較試聴会を行いました。

本日は50万以上のフォノイコライザーを6機種集めての試聴会を行いました。本日も多くのお客様にご来場頂きまして本当ににありがとうございました。

使用機材は、
 ■PHASETECH EA-1Ⅱ \630,000(税込)
 ■OCTAVE   Phono Module \719,250(税込)
 ■PASS     XP-25 \1,365,000(税込)
 ■AESTHETIX  RHEA \787,500(税込)
 ■BURMESTER BURMESTER100 \2,079,000(税込)
 ■ARION  PHONO AMPLIFIER \1,680,000(税込)

今回は3台真空管アンプ、3台トランジスタと半々に分かれました。

P1090666

前半のプレーヤー、カートリッジは下記2モデルを使用しました。
  ■LINN LP12(\399,000)+AKITO3(\178,500) 
  ■PHASE TECH P-3G \120,750(税込) 

  ■VPI VPI SCOUTMASTERⅡ \525,000(税込)  
  ■Ortofon MC30W \94,500(税込) 

後半はこちら。
  ■ORACLE DELPHI MK Ⅵ ORACLE 345 Tonearm\1,365,000(税込)
  ■BENZ MICRO RUBY3 \315,000

  ■BRINKMANN+10.5  OASIS    \2,551,500(税込)

真空管とはいえそれぞれに個性の違いがありました。真空管らしい厚みのあるAESTHETIX、中域が良く出るPHASE TECH、OCTAVEは歯切れのよい音がします。BURMESTERはどのジャンルもバランス良く、完成度が高いですね。ARIONは初めて聞いたのですが、LYRAのカートリッジで有名なスキャンテックの新ブランド。充実した電源部を持った凝った作りのフォノイコライザーです。音質はコニサー譲りの勢いのあるサウンドでした。これが好きというお客様も多かったです。PASSも大きな電源部が別筺体になっています。落ち着いた自然な音だと思います。

最後は恒例?のブラインドも行いました。お客様に聞いてみるとそれまでと違う機器が良いとなる面もあり、面白い比較でした。フォノイコライザーだけでなく、プレーヤーの比較もはさんだりしてアナログの面白さを感じ取れて頂けたのではないでしょうか。

Resize0256

終了後、お客様にお持ちいただいたFM122も登場。そのまま第2部がスタートしました。FMはさすがですね。小さいながら魅力ある音でした。結局2時間ほどオーバーしてしまいましたが、皆様熱心に聴いて頂きました。ここまでの比較試聴はなかなかできないと思います。私も勉強になりました。

次回は3/13(日)にアンプの比較試聴のイベントを行います。詳細が決まりましたらまたお知らせ致します。どうぞお楽しみに。

       -*-*-*-*-*-*-*-*-*-

お問い合わせは、H.A.L.3島(shima@dynamicaudio.co.jp)、上遠野(ken@dynamicaudio.co.jp)までお願い致します。

|

SAEC SUS-480 登場!!

20110227_01    SAEC
オーディオ用USBケーブル
    SUS-480
税込価格 \23,100/0.7m(0.3m、1.2m、1.8m、3.0mあり)
 
SAECよりUSBケーブルが発売となりました。

 ・PCOCC-A導体を採用。
 ・信号ラインと電源ラインを分離した構造。

ケーブルの部分は、やわらかいので取り回しが楽です。0.7m、0.3mもラインナップにありますので、最短でPCとDACもしくは外付けHDと接続することができます。音質も解像度だけでなくしなやかさもあり、ジャンルを選びません。PCオーディオのグレードアップにおすすめです。


5555 1F 小山

|

2011年2月25日 (金)

3F中古情報「Rolf Kelch Baby Blue Gold」(ご成約済)

Rolfkelch_2
ROLF KELCH
BABY BLUE GOLD/ortofon AS-212S(カートリッジレス)
中古品価格¥お買い上げ(定価合計¥1,627,500)
コンディション:良好

フロアーのLINN LP12が旅立つ事になり、暫くはRolf Kelchを鳴らす事にしました。触り始めるとLP12ばかりでも面白くないので重量級も楽しんでしまおうという気持ちが強くなってます、カートリッジも簡単に交換出来ますしね。砲金製9kgの重量プラッターにスタビライザーを乗せて回し始めるとスタビライザーが花のように見えて奇麗だったり、アームはオルトフォンのAS-212Sにてカートリッジは現在ライラ「ドリアン」。こういうプレーヤーに似合いそうな1枚をという事で「By All Means/Alphonse Mouzon」、フュージョンという括りにするには勿体ないファンキーでコズミックな1枚、ドラムもさることながら他のメンバーも最高で特にハンコック名義と言いたい程のエレピは聴きどころです。とは言え、やはりAlphonse Mouzonのドラムは派手さはなくとも裏方でビシッと叩き続けるのですが、このプレーヤーならそのドラムのリズムと鋭さもしっかり骨太に味わえます。

最近はアナログへのお問い合わせが多くなっています、プレーヤー本体もそうですがカートリッジやフォノイコライザー等様々です。個人的にアナログはずっと聴き続けているので気持ちに大きな変化はありませんが、こうやってお問い合わせが増えてくると嬉しいのです。レコードって面倒だなー、なんて思ってる方にこそ是非とも楽しんで頂きたいと思ったりもしますが。やはり、かたやPCオーディオと呼ばれるようなデジタル再生という大きな変化を進むオーディオ業界ですが、だからこそ変わらず(勿論進歩はしていますが)の再生の魅力を持つレコードが際立つのかも知れません。レコードジャケットを眺めてからゆっくり針を下ろす、ライナーノーツに気を惹かれてもう一回針を戻す、A面を聴き終えてゆっくり裏返す、そしてまた針を下ろす、そんな時間が今だからこそ必要なんですよね、きっと。

柴田

Alphonse_mouzonby_all_means
ALL BY MEANS/ALPHONSE MOUZON

製品のお問い合わせは3Fフロアースタッフまでお願い致します。

**************************************

ダイナミックオーディオ 5555 3F
Phone. 03-3253-5555
赤塚 akatsuka@dynamicaudio.co.jp
柴田 shibata@dynamicaudio.co.jp

|

2/27(日)にフォノイコライザー比較試聴会を行います!

2/27(日)にフォノイコライザーの比較試聴会を行います。先週は50万以下のフォノイコライザーを6機種集めて試聴会を行いました。
http://dyna5555.cocolog-nifty.com/5555blog/2011/02/hal322050-8ca3.html

今回は50万以上のフォノイコライザーで行います。
http://dyna5555.cocolog-nifty.com/5555blog/2011/02/hal322750-f3b7.html

P1090666

本日試聴機が続々入荷したのですが、新たにスキャンテック販売が発売した「ARION PHONO AMPLIFIER」も加わりました。コニサー譲りの電源部別筺体フォノイコライザーです。どんなサウンドがするのかワクワクしますね。トランジスターアンプだけでなく、PHASE TECH「EA-1 II」やOCTAVE「PHONO MODULE」、AESTHETIX「RHEA」と真空管フォノイコライザーも3機種ご用意。先週行った50万以下のフォノイコライザーよりも個性豊かなラインナップになりました。まだ若干席は空いておりますので、ご興味のあるお客様はご予約の上ご参加下さいませ。

詳しくは↓こちら。
http://dyna5555.cocolog-nifty.com/5555blog/2011/02/hal322750-f3b7.html

       -*-*-*-*-*-*-*-*-*-

試聴会予約、お問い合わせは、H.A.L.3島(shima@dynamicaudio.co.jp)、上遠野(ken@dynamicaudio.co.jp)までお願い致します。

|

謎の物体パート2!! こりゃ~何だ!?

Cmc01

赤いのは画鋲ですが、その先端付近に見えるものは何か!? これがどう音に関係するのか? 謎の物体の種明かしと新企画はハルズサークルに向けて発信されます? この画鋲のピンの先に広がる物体はいったい何でしょうか?

|

2011年2月23日 (水)

WILSON AUDIOの「SASHA」を展示しました!

お客さまからの問い合わせが非常に多い、WILSON AUDIOの「SASHA」を展示しました!

P1090657
剛性の高いキャビネットにMAXX Series 3同様の中高域ユニット、さらに磁気回路を強化した8インチウーファーを搭載。エンクロージャー容積も大きくなり、一般家庭用としてはフラッグシップモデルと言っても良い内容です。当フロアーでリファレンスのB&W「802Diamond」と良い意味で性格の異なるスピーカーです。逆ドーム型チタンツイーターによるものか、適度に賑やかなシンバル、突出してくるトランペット、ベースやバスドラムも非常に豊か。ジャズやロックを聴く方にはたまらないモデルだと思います。是非お聴きくださいませ。

WILSON AUDIO 「SASHA」 定価\3,300,000(税別/スタンダードカラー)
http://www.axiss.co.jp/Wilson_Sasha.html

       -*-*-*-*-*-*-*-*-*-

試聴予約、お問い合わせは、H.A.L.3島(shima@dynamicaudio.co.jp)、上遠野(ken@dynamicaudio.co.jp)までお願い致します。

|

Today's lunch!! Vol.98

新規開拓というわけではなく、もう長年通っているが紹介していない店がありました。今日は少し気温も上がり穏やかな昼下がり。最近食べたランチを思い出して、そろそろ目先を変えようと思いスパゲティーなど食べに行こうと思い付いて向かったのが近所の「ブルーベリー」というお店。当社の社員なら皆知っているという店なのですが、ついぞ今まで紹介していなかったところです。

2011022301

天気も良くて明るい写真が撮れました。でも、ネットを調べたら結構な記事が色々と掲載されているので、ちょっと驚き。この食べログでもありましたね~。このように紹介されると、さぞかし大きくて立派にお店(失礼!!)のように思えますが、シェフひとり女性ひとりという小じんまりしたお店なのです。しかし!!創業30周年というのだから、栄枯盛衰の激しい秋葉原の飲食店にしては老舗という程の歴史。当然私も20年くらい前から行っています。さて、ランチメニューはこちら。

2011022302

他のレストランでスパゲティーを注文するときにも述べましたが、私はペペロンチーノのようにオイルと塩味が好きなのですが、このお店ではクリーム系がお薦め。だから今日もカレークリーム系のものを注文しようと思っていたのです。ところが、こんな日替わりが目につきました。一度醤油ベースのものを頼んだのですが、ちょっと甘みが入っていてがっかりしたのですが、今日の日替わりはどうかな~と思いつつ、ちょっと冒険というわけです。で、ランチAセットでサラダとドリンクも一緒にお願いしました。

2011022303_2

そうそう、このお店でのアドバイスですが、大盛りを頼む時には本当に覚悟の上で注文して下さい。この私でも冷や汗かきながら残さないように苦労するほどの量が物凄いですから(笑)まあ、通常のサイズで十分かと思います。さて、サラダが来ました。色合いがきれいなので一応撮影しました。

2011022304

ここのサラダも年々変わっていまして、以前にはマヨネーズではなくビネガーの効いたドレッシングだったのですが、最近はこんな具合です。ポテトサラダも付くようになったか~(^^ゞ

2011022305

さて、料理が出てきました~。その色合いを見てしまった!!と思いました。なんだ~ナポリタン風に甘いケチャップ味か~(^_^;)参ったな~と思ったのです。恐る恐るフォークに巻き付けて一口食べると…。おー!!これなら大丈夫、甘くない!! むしろカレー粉の色だったのでしょうか。ピリッと香辛料も利いていて中々いけます。しかし、うるさいことを言えば温泉タマゴは余計じゃないかな~。もちろん女性には味がまろやかになって喜ばれるかもしれませんが、タマゴの水分で薄まってしまいカレー味がどんよりしてしまいます。ですから、私はタマゴを崩したところは最後に残しておいて、そのままのパスタを先に食べてから最後にタマゴのところだけ頂きました(^^ゞ まあ、今回マスターに大きな声で「何年やってるの~?」と聞いたら30年です~という答えがちょっと意外というか(笑)地道に生きながらえている実績に感心したので思わず紹介しようと思ったものです。ぜひ一度お試しください!!

|

2011年2月22日 (火)

U-BROS5L/Hについて

052_2

生産完了

設計意図について.............アナログ・ディスクの再生において、MCカートリッジを使用することは、音質の追求を主眼とした場合には、演奏のデリケートなニュアンスの表現力に関して、MM型を凌ぐ面を持っています。また、MC型にしか聴かれない繊細緻密なサウンドは、レコードを聴く楽しみを倍加させるほどの魅力です。しかし、そうしたMC型カートリッジの魅力も、優れた昇圧機構の併用により、初めて引き出せるものであり、いくらカートリッジに高品質なモデルを選択してみても、昇圧機構に問題がある場合には、そのカートリッジの持ち味を活かすことはできません。現在、昇圧機構としてはトランス式アンプ式の二種類があり、それぞれのメリットを競い合っていますが、当社では従来より,トランジスタ/真空管を問わずアンプ式に疑問をもっていました。その根本的理由は、MM型に比較して通常20デシベル以上もゲインの低いMC型カートリッジに対し、ローレベルでのデリカシーや繊細感に富むサウンドを、情報の欠落感なくステップ・アップさせてやるには、アンプ式では避けることのできない残留ノイズが大きな問題となってくるからです。プリ・プリアンプ、ヘッド・アンプに比べ、アクティブ素子を含まないトランス式が、SN比において格段に優れていることを、御理解していただけることでしょう。いかなる超高級設計であったとしても、トランス式に比べて、アンプ式の場合、SN比は極度に劣ります。増幅素子を持たないトランス式の昇圧機構は、コイルの直流抵抗分のノイズしか発生しません。 また、アンプ式の昇圧機構では、通常過度のネガティブ・フィード・バックによる特性改善を行なっていますが、単にカタログ・データを良く見せるための厚化粧では、本質的な意味で音質改善とは言えません。トランスによる昇圧は、一切のネガティブ・フィード・バックを必要としないため、見かけ上の特性ではなく、素顔の美しさがそのまま活きてくるのです。 しかし、それだけに、トランスによる音色の変化も大きく、優れたトランスでなければ、いたずらにカラーレーションをつけ加えるだけになります。また、せっかくのSN比も、誘導ハム対策が完璧でなければ、何の意味もありません。
U・BROSー5は、以上の諸点を様々な角度から検討した昇圧トランスです。

機構設計について.......
セパレーション特性を老化させないために、左右完全独立構造を採用しています。トランスをはじめとする信号系はもちろん、アース系も左右完全独立設計です。本機のシャーシ・アースは、コントロール・アンプぬ本体からアースされる構造になっています。外観はトランスをシャーシ上部に配し、機能に徹したシンプルなデザインに仕上げています。

トランスについて......
タムラ製作所との共同開発による特注仕様のトランスを使用しています。コアー材は極薄特殊パーマロイで、低域の歪率特性に優れ、また超高級の周波数特も極めてスムーズに伸びています。高域にピークのあるトランスは、一聴するとMC型カートリッジ独特の繊細感をうまく演出しているように思われますが、本当の繊細感とは、いかなる誇張感も感じられない、むしろ自然な耳当たりのことを申します。そして、よく聴き込むほどにその陰影の深さ、表情のニュアンスを自然に聞かせてくれるものです。本機のトランスは、高域のピークを100Kz以上の帯域に追い込んでおり、トランス自体のカラーレーションを聴き取ることはできません。オーソドックスに徹しきったトランスです。

アクセサリーについて........
インピーダンス切り替えスイッチがあれば、どのようなMC型カートリッジにもインピーダンス・マッチングがとれて大変便利です。しかし、音質面でのデメリットを忘れてはなりません。単に切り替えスイッチによる音質劣化が生じるだけではなく、たとえば40Ωと3Ω切り替え式のトランスに3ΩのMC型カートリッジを使用した場合には、0Ωと3Ω間のコイルは生きていますが、3Ω~40Ω間のコイルは何の働きもせずに遊んでしまうことになり、この遊んでいるコイルが、実は著しく性能を老化させてしまうのです。U・BROS5では、以上の理由により、コイルに切り替えタップを用いた併用型を避け、Lowインピーダンス型、Hiインピーダンス型、それぞれ専用のモデルを用意しています。.

誘導ハム/磁気歪対策.......
MC型カートリッジ用ステップ・アップ・トランスを用いて、誘導ハムに悩まれた方は多いと思います。本機では、通常の設計で起こりがちな誘導ハムを根絶やするために、様々な工夫を凝らしています。
シャーシは特級鉄材で構成し、トランスを多重シールド構造としたうえで、さらにトランスを大型銅メッキ鉄材ケース内にフローティングさせています。こうした多重の徹底したシールド構造によって、パワー・アンプ部のパワー・トランスの上に直接置く、という誤ったセッティングをしない限り、誘導ハムに悩まされる心配はありません。
一般には、鉄材をシャーシなどに用いると、磁気歪の発生を生じます。かといって、比磁性体であるアルミなどを使用すると、磁気歪の点で有利となりますが、シールド効果はなく、誘導ハムに対して不利になってしまいます。
誘導ハム対策を完璧にし、かつ磁気歪の発生を抑えたいという条件を満たすために.UーBROS5では、シャーシなどに鉄材を積極的に使用しながら、磁気歪の発生を抑えるため信号ラインの引き回しに、当社独自のノウハウをもりこみ配線し、問題点を一挙に解決しています。

特性について
MC型カートリッジの魅力をストレートに発揮させてやりたい、ということからカラーレーションを防ぐために、静特性/動特性に細心の注意を払っています。
ゲインは、Hタイプが10倍、Lタイプが25.8倍、となっています。Lタイプのゲインが、通常の昇圧トランスより少し低くなっていますが、これはあくまでクオリティー最優先として設計した結果です。左右完全独立構造を採用した結果、セパレーション特性は測定限界値に達しております。
アナログ・マスター、デジタル・マスター、を問わず、アナログ・ディスク・レコードの良さを、MC型カートリッジで漫喫していただける、MC型カートリッジ用昇圧トランスと自負いたしております。

主要規格
1次インピーダンス:3Ω(Lタイプ)/40Ω(Hタイプ)
2次インピーダンス:2KΩ(Lタイプ)/4kΩ(Hタイプ)
2次側適性負荷範囲:30~100KΩ
チャンネル・バランス:0.3dB以内
周波数特性:10~130000Hz(+1.0dB/ー0.5dB)
外形寸法:174(W)X125(H)X121(D)mm
重量:約2.5Kg

|

2011年2月21日 (月)

Today's lunch!! Vol.97

次は「野菜タンメン」にしようと~と思っていて中々行けなかったのですが、今日は遂に食べてきました!!Today's lunch!! Vol.87Today's lunch!! Vol.84Today's lunch!! Vol.93でも紹介している上海バールのお馴染み半チャーハンセットです。

20110221

半チャーハンと水餃子は従来通りなので、今回の写真は主役の「野菜タンメン」のみとしました。モヤシだけでなく三種類のキノコも入っていて、ざっくりと大きな刻みの野菜がたっぷりです。スープはあっさり塩味ですが、その中に野菜のうま味がしみ出て、ほんのりとした甘さもあり、今日は少し固めに茹でられて麺を先に頂きました。残ったのは野菜スープということで、チャーハンを食べる合間にスープを飲んで大満足。お腹が苦しいほどの満腹感ですが、きっと消化がいいので夜になったら健康な食欲が戻ってくると思います。このランチはお薦めです!!

|

2011年2月19日 (土)

新春H.A.L.3イベント情報第三弾・・・2/27(日)フォノイコライザー比較試聴会 オーバー50万円

フォノイコライザー比較試聴第2弾オーバー50万円の詳細が決まりましたので、ご連絡させていただきます。

<詳細>
●日時:2月27日(日)午後1時半~午後3時半
●場所:ダイナ5555 4F H.A.L.3
●定員:15名様 誠に申し訳ございませんが、先着順とさせていただきます。
●使用機材

 フォノイコライザー

 ■PHASETECH EA-1Ⅱ \630,000(税込)
 ■OCTAVE   Phono Module \719,250(税込)
 ■PASS     XP-25 \1,365,000(税込)
 ■AESTHETIX  RHEA \787,500(税込)
 ■BURMESTER BURMESTER100 \2,079,000(税込)
  

 プレーヤー
  ■LINN LP12(\399,000)+AKITO3(\178,500) 
  ■VPI VPI SCOUTMASTERⅡ \525,000(税込)
  ■ORACLE ORACLE DELPHI MK Ⅵ ORACLE 345 Tonearm\1,365,000(税込)
    

 カートリッジ
  ■PHASE TECH P-3G \120,750(税込)
  ■Ortofon Cadenza MONO \110,250(税込) 
  ■BENZ MICRO RUBY3 \315,000
  

アンプ、スピーカーに関しては未確定となりますが、ご期待下さい!!

●Instructor: H.A.L.3 島/上遠野

●お申し込み:電話かメールで、担当の“”もしくは“上遠野”までお申し込み願います。
 メールの場合、下記を件名につけてメールいただければ幸いです。

 「フォノイコライザー比較試聴会 オーバー50 参加希望」
 

皆様のご参加心よりお待ち申し上げます。

|

2011年2月18日 (金)

エソテリックSACDソフトを3月5日に発売!

高音質盤として、もうお馴染みになってまいりました
エソテリックのSACDハイブリット盤の次回作が
3月5日に発売します。

今回もEMI音源からの2作品です。

●ベルリオーズ:幻想交響曲
        シャルル・ミュンシュ(指揮)
        パリ管弦楽団
35_2■品番:ESSE-90049
■仕様:Super Audio CDハイブリッド
■価格:3,300円(税抜 3,143円)
■レーベル:EMI CLASSICS
■音源提供:株式会社 EMIミュージック・ジャパン
        ■ジャンル:交響曲

●ビゼー:「アルルの女」&「カルメン」組曲
        アンドレ・クリュイタンス(指揮)
        パリ音楽院管弦楽団
35_3■品番:ESSE-90050
■仕様:Super Audio CDハイブリッド
■価格:3,300円(税抜 3,143円)
■レーベル:EMI CLASSICS
■音源提供:株式会社 EMIミュージック・ジャパン
        ■ジャンル:管弦楽曲

□DSD MASTERING/Super Audio CD層:2チャンネル・ステレオ
   [マルチなし] /CD層:ADD
□美麗豪華・紙製デジパック・パッケージ使用

※詳細は下記のホームページでご覧頂けます。

□エソテリック公式HP(SACDソフト)
http://www.esoteric.jp/products/esoteric/sacd/index.html

昨年の12月10日に発売しました2作品、
「ブラームス:交響曲第2番/バルビローリ」と
「フランク:交響曲ニ短調&シューマン:交響曲第4番」から
約3ヶ月のお待たせでしたが、その分自信作である事は
間違いないでしょう。

まずは一聴、お試しあれ。

※※ ソフトのご注文は下記まで、お気軽にどうぞ ※※

  ◇~・~◇~・~◇~・~◇~・~◇~・~◇
   1階はソフト&アクセサリーのコラボ空間!
       是非、遊びに来て下さい!
      サウンドパーク・ダイナ(SOFT)
       担当:矢部(月曜日定休)
     【info_spd@dynamicaudio.co.jp
  ◇~・~◇~・~◇~・~◇~・~◇~・~◇

|

この音は it's a sony! SS-NA2ES その2

Shtop

★☆★☆2F サウンドハウス情報☆★☆★☆

最近そういえば面白いことをお客様や店員の方が
いっておりました。

この商品、it's a sonyの方ですかね?と。

ここ最近のソニーと言えばmake.believeという
ロゴがついているのですが、そういえば
it's a sonyの方が私もピンときますし、ソニー
サウンドという言葉も以前はよく使っていたような.......
(気もします。)

今やゲーム機プレイステーションでもSACDが
聴ける時代であります。そんな中、機能性やデザイン
などそっちのけで、このSS-NA2ESは音に対して
真剣に作った真面目さが伝わるスピーカーです。
it's a sonyの時代にはこういう商品がAUDIOで数多く
あったような.....
(気もします。×2、いやあったでしょう。)

スピーカーですから機能的な説明よりも、
実際聴いてみた方がいいのではとは思います。
しかしながら、聴かずに衝動買いも決して不可能
ではない恐ろしい価格設定に対してのサウンドグレード。

全く驚きとしかいいようがありません。

ソニーの方もこれは本当に儲かりません!と
(謎の!?)自信をもって力説していましたし、
本日、試聴していたお客様達からも絶賛の声。
(ちょっと言い過ぎです。)

このSPにはソニー伝統のESがついておりますし、
何か【it's a sony】の古き良き時代を感じる
力作です。

-----------------------------------------

心地よい音楽を、より自然に。より豊かに

ソニー 3ウェイ・スピーカーシステム

SS-NA2ES 

標準販売価格: (1本)199,500円
(税抜価格: 190,000円)

DYNA販売価格→ 
詳しくはお問い合わせください。!

Cimg3939

メーカーHPはこちらです。


■第1回目の紹介はこちら■

Cimg3998

定位感、音のヌケ、音触等 かなり秀逸です。
何はともあれ、是非、聴いてみてください。
お待ちしております。!

■■■■是非、御試聴下さい。■■■ 

↓下記までご連絡くださいませ。

Shtop2F

林(火曜定休) 

hayashi@dynamicaudio.co.jp

とも田(木曜定休)

tomo@dynamicaudio.co.jp
 
電話:03-3253-5555/03-3253-2001
FAX 03-3253-5556
       

営業時間:11:00~20:00

★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆

|

LINN MAJIK DS-I をサウンドハウスフロア2F リアルe-DYNAでご体感!

Netshop_2

★☆★☆★☆NET-SHOP便り★☆★☆★☆★☆

 当店2Fで只今、機能性、音質、ともにかなり高評価を
いただいておりますLINN MAJIK DS-Iをデモ中であります。

LINNに対しては毎日のように仕様のお問い合わせを
いただいております。

Cimg3910

LINN MAJIK DS-Iの説明&
ダイレクト購入決済フォームはこちら

このフロアに移りまして、改めて感じることは
お客様からはよくUSB-DACがいいのですか?
イーサネットからのネットワークPの方が
いいのですか?と

2人に一人ぐらいは聞かれます。

結局のところ、その点あたりで買い控えされている方
が圧倒的に多いように感じております。

私は上記の点に関して固定した答えは持っていません。
先ずお客様の仕様(ご希望)をお聞きしまして
ご案内しておりますので
どうぞ、お気軽にお尋ね下さい。(スッキリしますよ。!)

Cimg3937

10年ぶりぐらいに来られるお客様は勿論のこと
2~3年ぶりにAUDIO機器に興味を持たれた方も
最近の音楽の聴き方の環境の激変ぶりに
驚かれているようです。

是非、御体感下さい。!

■■■E-DYNA便りご期待下さい。!■■■

サウンドハウス2Fにおきまして、
通信販売絡みで面白そうな商品を取り上げる
リアルE-DYNAブースを設けました。

Cimg3973

tomo@dynamicaudio.co.jp
 
TEL 03-3253-5555 / FAX 03-3253-5556

5555店 2F サウンドハウス

TEL 03-3253-5555

NET SHOP 担当 とも田 

★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆

|

2011年2月17日 (木)

Eastern Electric 『Mini Max DAC』

20110217_02  Eastern Electric
  32bit対応USB DAC
   Mini Max DAC
 税込販売価格 \99,750-
    売約済みです。
 
 
 
 ・32bit ESS 9018 DACチップを採用。
 ・半導体出力と真空管(12AU7/ECC82)出力を装備。
 ・32k~192kHz(USB~96kHZ)、32bit対応。
 ・入力5系統(RCA、BNC、AES/EBU、Opt、USB)

 なにかと話題のDACですが、今回展示入れ替えのため展示品を放出します。展示品の販売価格等はお問い合わせください。


5555 1F 小山

|

マッキントッシュ MA6300 ダイナキャンペーン!

Shtop

★☆★☆2F サウンドハウス情報☆★☆★☆

只今、当店2Fサウンドハウスフロアにつきまして、
マッキントッシュMA6300を展示開始しました。!

(只今、台数限定でかなりお得です。)

Mcintoshma6300

メーカーHPはこちらです。

MA6600との比較等、試聴も可能です。
また、2Fで台数限定スペシャルキャンペーン
やっております。

2Fキャンペーン実施中 

→ 詳しくはお問い合わせください。

-----最近のサウンドハウスフロア御紹介--------

サウンドハウス内はこうなっております。

(試聴ブースは3つあります。)

Cimg3877試聴ブース1(メイン)

B&W 804sD、805sD
SONY SS-NA2ES
DENON PMA-SX、DCD-SX、DCD-SA1
LUXMAN L-590AX、D-06
FOSTEX  G1302、GX250
KRIPTON KX-1000P
を中心にその他、色々展示しております。
(マッキン、マランツ、ビ エーナ、上杉、トライオード)

今、MCINTOSH MA6300 スぺシャルキャンペーン
実施中です。(展示中ですから試聴もできます。)

販売価格 → お問い合わせください。

Cimg3876 試聴ブース2(リアルE-DYNA)

LINN MAJIK DS-I、、クリプトン KX-5を中核に
AYRE、YAMAHA、マイクロメガで複数SPを
鳴らしており ます。

只今、AIM、SAEC、ベルデン、武藤製作所AUG-LINE等
こちらでLANケーブルも数種類ありますので
比較試聴も可能で す。

販売価格 → お問い合わせください。

Cimg3962

試聴ブース3(マンスリーコーナー)

只今,ハーマンキャンペーンで4429を中心に
DYNAUDIO DM3/7、B&W CM5
ELAC BS243 を鳴らしてい ます。

只今、こちらのブースはプレーヤー
OLIVE 4HD、PM-15S2で鳴らしております。

販売価格 → お問い合わせください。

■■■■是非、御試聴下さい。■■■ 

↓下記までご連絡くださいませ。

Shtop2F

林(火曜定休) 

hayashi@dynamicaudio.co.jp

とも田(木曜定休)

tomo@dynamicaudio.co.jp
 
電話:03-3253-5555/03-3253-2001
FAX 03-3253-5556
       

営業時間:11:00~20:00

★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆

|

SOULNOTE ma1.0 & cd1.0

20110217_01 SOULNOTE
 CDプレーヤー(写真上)
  cd1.0
 モニターアンプ(下)
  ma1.0
 
 
 すでに生産完了となっていたSOULNOTEのcd1.0とma1.0ですが、ついにメーカー在庫も終了したと連絡がありました。写真の展示品ももちろん販売致しますので興味のある方はご連絡ください。 (なお、後継機の予定はないそうです。)
 
 
5555 1F 小山(金曜日定休)

|

2011年2月16日 (水)

緊急確保 1台限定 NP-S2000即納可能分です。!その5

Netshop_2

★☆★☆★☆NET-SHOP便り★☆★☆★☆★☆

皆さん、お待たせしました。当店人気商品
YAMAHA NP-S2000情報ですが ようやく1台だけ
確保ができました。
(ほとんど幻商品と化しております。)

Yamahanps2000

こちらから御注文もお受けできます。
&ダイレクト購入決済フォームはこちら

(早い者勝ちです。!お急ぎ下さい。!)

Yamahanps2000inside

YAMAHAでも想像以上の需要の多さに
ほとんど市場に出回っておりません。
(部品が間に合わなくに大量に作れない事情も
あるようです。)

NP-S2000当店の以前による
紹介はこちらです。

Cimg3974
実は2FリアルE-DYNAブースでエアーのAMPと
絡め、試聴も可能です。SPは今のところ、

PMC-FB1Iシグネチャー
(こちらも残り1セットのみとなりました。)、
クリプトンKX-5、
FOSTEX GX100、
DYNAUDIO DM3/7

で鳴らしております。

もうひとつの大人気商品 LINN MAJIK DS-Iとの
比較も可能です。
(機能性、操作性と悩まれておられる方は
ご相談下さいませ。)

■■■E-DYNA便りご期待下さい。!■■■

サウンドハウス2Fにおきまして、
通信販売絡みで面白そうな商品を取り上げる
リアルE-DYNAブースを設けました。

Cimg3973

tomo@dynamicaudio.co.jp
 
TEL 03-3253-5555 / FAX 03-3253-5556

5555店 2F サウンドハウス

TEL 03-3253-5555

NET SHOP 担当 とも田 

★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆

|

話題のスピーカー ソニー SS-NA2ESが入りました。!その1

Shtop

★☆★☆2F サウンドハウス情報☆★☆★☆

皆さん、お待たせしました。
只今、当店2Fで最も試聴リクエストの多い新製品
スピーカーがやってきました。

心地よい音楽を、より自然に。より豊かに

ソニー 3ウェイ・スピーカーシステム

SS-NA2ES 

 

標準販売価格: (1本)199,500円
(税抜価格: 190,000円)

DYNA販売価格→ 
詳しくはお問い合わせください。!

Cimg3939

メーカーHPはこちらです。

本日からデモを開始していますが
かなりの高品位な音の鳴り方に驚いております。

先ずは1本 標準販売価格が199,500円
であることにほとんどのお客様も
驚いておりました。

Cimg3996

メイン試聴スペースで
B&W 804sD、805sD、DALI ヘリコン400mk2
クリプトン KX-1000Pと一緒に鳴りしております。

Cimg3998

是非、聴いてみてください。
お待ちしております。!

■■■■是非、御試聴下さい。■■■ 

↓下記までご連絡くださいませ。

Shtop2F

林(火曜定休) 

hayashi@dynamicaudio.co.jp

とも田(木曜定休)

tomo@dynamicaudio.co.jp
 
電話:03-3253-5555/03-3253-2001
FAX 03-3253-5556
       

営業時間:11:00~20:00

★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆

|

SONUS FABERの新製品、「AMATI FUTURA」がやってきました!

SONUS FABERの新製品、「AMATI FUTURA」がやってきました!

P1090648

同じレッド・バイオリン仕上げでも「AMATI ANNIVERSARIO」に比べ色が濃く、落ち着いた味わいの仕上げです。

P1090643

底板は2重構造になっています。エラストマー樹脂をベースとしたサスペンション・システムで、リスニングルームに伝わる不要振動を低減します。

これからセッティングし、エージング開始です。今週末はこのスピーカーを使用した2つのイベントを行います。是非ご参加下さいませ。

SONUS FABER「AMATI FUTURO」 定価\3,800,000(税別)
http://www.noahcorporation.com/sonusfaber/AMATIF.html

2/19(土) SONUS FABE「AMATI FUTURA」新製品試聴会
http://dyna5555.cocolog-nifty.com/5555blog/2011/02/sonus-faberamat.html

2/20(日) フォノイコライザー比較試聴会 アンダー50万円
http://dyna5555.cocolog-nifty.com/5555blog/2011/02/hal322050-8ca3.html 

       -*-*-*-*-*-*-*-*-*-

試聴予約、お問い合わせは、H.A.L.3島(shima@dynamicaudio.co.jp)、上遠野(ken@dynamicaudio.co.jp)までお願い致します。

|

2011年2月15日 (火)

iD × hiFace-EVO

20110215_01  MUTEC
マスタークロック・ジェネレーター
   iD
税込価格 \241,500-
 
 
 
 hiFace-EVOには付いてるクロック入力がついていますが、入力信号が44.1k系の22.5792MHzか48kの24.576MHzということで、対応したクロックジェネレーターが限られます。今回、22MHzと24MHzの出力が可能なMUTECのマスタークロック・ジェネレーターiDを借りて試してみることにしました。

20110215_02  M2TECH
  USB DDC
 hiFace-EVO
税込価格 \49,800-
 
 
 
 PCの音源はCDからのリッピングによるものなので、今回は22.5792MHzのクロックにて接続してみました。情報量が増えたことで、スピーカーからの音離れがよくなり、また音の余韻や雰囲気がいっそう再現されるようになりました。

 MUTEC iDは10日ほど展示していますので、この機会に試聴されてみてはいかがでしょうか??


5555 1F 小山

|

2011年2月14日 (月)

U-BROS20について

Ubros20  アナログ・ディスクは、人間の聴感特性を前提に、現実として考えてみた場合、サンプリング周波数が無限大、ビット数も無限大、といった見方ができるといっても決して誇張ではありません。ですから、演奏/録音の優れたアナログ・ディスクの出現を、私自身も待望している次第です。音の入口の部分であるプログラム・ソースのクオリティが低ければ、アンプやスピーカー・システムがハイ・クオリティ化を図っても、ナチュラルなサウンドが得られないからです。現状のデジタル・ソースに対して、クラシック音楽ファンは弦が刺激的/人工的である、ジャズ・ファンはアコースティックな響が死んでしまっている、といったような不満をもっておられるようです。だからアナログ・ディスクが見直されているのでしょう。

 フォノ・イコライザ-内蔵プリアンプのU・BROS-1、フォノ・イコライザーのUTY-6、UTY-7は、いずれもが電源部を独立させていました。ハムの問題、交流磁界が増幅部におよぼす音の濁りの問題を考えますと、電源部を独立させるのがベストといえます。UTY-7では、こういった考え方を徹底させて、増幅部には交流磁界を入れない設計とし、交流成分は音声信号のみ、といった形でまとめた次第です。UTY-7はこういった設計に加えて、完璧といえるシールド・テクニックを駆使しておりますますので、電源部の上に増幅部を置く、といった電源部と増幅部を近接させたセッティングを行っても、音質の劣化が皆無という成果が得られております。こういった成果を活かして、シールドの完璧な電源部とシールドの完璧な増幅部を、ワン・シャーシにまとめてしまう、といった形で、U・BROS-20をまとめてみました。したがって、U・BROS-20は外観的には電源部/増幅部一体型ですが、内容的には電源部/増幅部の完全独立型の性能を誇っています。このU・BROS-20はプリアンプのU・BROS-28の上(下)に置く、といった近接させたセッティングを行ったとしても、ハムを引いたり、音が濁ったりすることはありません。セッティング・フリーとなっています。中味の電源部と増幅部の独立設計を反映させて、左サイドが電源部、右サイドが増幅部、といったパネル・デザインでまとめております。

長年の私の経験から独自の3段構成のNF型としており、NFBを2段目のプレートから1段目のカソードに戻し、さらにPFBを併用することにより、ハイ・クォリティーと高安定性を両立させています。3段K-K方式NF型(俗にいうマランツ型)は、基本的にアンプであってはならない発信現象を生じますので、敬遠しました。電源の安定化に関しましては、ヒーター用、高圧用、ともにコスト・アップに結びつくことが欠点ですが、オーソドックスなπ型フィルターとしており、ダイオードやトランジスタによる安定化は、音質面から採用しておりません。ベルト・ドライブ型、ダイレクト・ドライブ型、といったぐあいに駆動方式を問わず、どのようなターンテーブル・システムにもマッチングするように設計しております。そして、電源ラインからのノイズの混入対策、空中からの高周波ノイズの混入対策、を完璧にしていますから、音を濁らせる要素はありません。

|

U-BROS30mkⅡについて

Ubros30mk2 回路構成はムラード・タイプでまとめています。ムラード・タイプのオリジナルはトップ・ステージに5極管を使用していますが、大きなゲインを必要としない為にトップ・ステージは3極管とし、高域特性の老化を防いでいます。ドライバー・ステージ兼フェーズ・インバーター・ステージはカソード結合型で、これは高性能と高安定性が特徴です。NFBアンプの低域での安定性を考えてトップ・ステージとの直接結合としており、高安定性を確保することから、トップ・ステージのB+供給電源には十分なブリーダー電源を流しています。パワー・ステージはパワーよりもハイ・クォリティということから,EL34を3極管接続としており、プッシュプルで動作させています。控えめな動作としていますが、アウトプット・トランスのロスが大変少ないために、16W+16Wというパワーが得られています。電源部はチョーク・コイルとブリッジ整流回路から構成しており、レギュレーションの優れた電源に仕上がっています。出力端子には4Ω、8Ω、16Ω、の3系統を設けていますから、最新型のスピーカー・システムからヴィンテージ・スピーカー・システムにいたるまで、すべてのスピーカー・システムにマッチングいたします。
<U・BROS-30mkⅡの主要規格>
●入力感度:700mV/フル・パワー

●入力インピーダンス:約100KΩ

●連続最大出力:16W+16W

●出力マッチング・インピーダンス:4Ω、8Ω、16Ω

●周波数特性:5Hz~100KHz(-1dB)

●歪 率:0.1%

●ダンピング・ファクター:12(ON-OFF法にて測定)

●残留雑音:0.15mV以下(高調波成分一切含まず)

●消費電力:140W

●外形寸法:350Wx199Hx282Dmm

●重 量:約20Kg

音の職人:林泰夫:hayashi@dynamicaudio.co.jp 

|

U-BROS32MKⅡについて

Ubros32mk2_001  このモデルはシングル・アンプ・ファンのために開発いたしました。シングル・アンプは大きなパワーを得るためには不利ですが、プッシュプル・アンプのように波形合成をしないために、一部のオーディオ・マニアの間で強く支持されています。過去において上杉研究所では、シングル・アンプ・ファンのために、そして300Bファンのために、U.BROS-27というパワー・チューブに300Bを使用シングル・アンプを発売しておりました。しかし、良質の300Bの入手が困難となったために、製造を中止することなってしまいました。その後継機がU.BROS-32だったのです。そのようなわけでU.BROS-32では、300Bシングル・アンプを強く意識して誕生しており、私自身納得できるアンプに仕上がったと自負しております。U・BROS-32mkⅡも同じ考え方で設計しております。シングル・アンプの問題点は、前途のようにアウトプット・トランスのコアがプレート電流によって磁化され、優れた低域特性を得ることが難しいことにありますが、優れた低域特性を得、かつ高域特性に乱れがないというアウトプット・トランスを使用し、シングル・アンプの問題点を解消しております。U・BROS-30mkⅡのように、パワー・ステージを3極管接続とすることも考えましたが、これでは長期の安定性と長寿命化を考えて余裕度の高い設計とした場合に、パワーが小さくなってしまいますので、U・BROS-32mkⅡでは、U・BROS-32と同じく、EL34をウルトラリニア接続としてパワー・チューブとしての優れた特性を得ています。回路構成は、トップ・ステージがECC83、パワー・ステージがEL34のウルトラリニア接続で、NFBはアウトプット・トランスの2次側からドライバー・ステージのカソードにカソードに掛け、高安定性と高性能を両立させています。

<U・BROS-32mkⅡの主要規格>
●入力感度:600mV/フル・パワー

●入力インピーダンス:約90KΩ

●連続最大出力:6.5W+6.5W

●出力マッチング・インピーダンス:4Ω、8Ω、16Ω

●周波数特性:6Hz~60KHz(-3dB)

●歪 率:0.1%

●ダンピング・ファクター:7 (ON-OFF法にて測定)

●残留雑音:0.3mV以下(高調波成分一切含まず)

●消費電力:70W

●外形寸法:312Wx199Hx223Dmm

●重 量:約14Kg

音の職人:林泰夫:hayashi@dynamicaudio.co.jp

|

U-BROS33mkⅡについて

Ubros33mk2 基本的な回路構成は、U・BROR30mkⅡと同じです。パワー・ステージをパラレル・プッシュプル方式として、30Wという大出力を得ています。この場合、ステレオ・アンプとしてまとめるとパワー・チューブがシャーシ上面に8本も並ぶことになり、パワー・トランスの容量が、2倍となりますから、大型アンプで重量級になってしまいます。私の場合、ナチュラルな低音を得るということからスピーカー・システムの大型化は認めますが、アンプの大型化はスマートさにかけますので好きになれません。重量級アンプはセッティングをするのに苦労します。そういった理由から、U・BROS-33mkⅡはモノラル・アンプとしてまとめています。ステレオ再生におけるモノラル・アンプのメリットは、左右チャンネルの干渉が実用上ゼロであるということです。

<U・BROS-33mkⅡの主要規格>
●入力感度:640mV/フル・パワー

●入力インピーダンス:約100KΩ

●連続最大出力:30W

●出力マッチング・インピーダンス:4Ω、8Ω、16Ω

●周波数特性:5Hz~100KHz(-1dB)

●歪 率:0.1%

●ダンピング・ファクター:12 (ON-OFF法にて測定)

●残留雑音:0.15mV以下(高調波成分一切含まず)

●消費電力:140W

●外形寸法:318Wx199Hx230Dmm

●重 量:約17Kg

音の職人:林泰夫:hayashi@dynamicaudio.co.jp 

|

U-BROS28について

Ubros28_2  CDは1982年10月に市場に登場いたしました。このCDはデジタル・ソースであるために、従来のLPレコードのようにスクラッチ・ノイズを始めとするノイズが皆無である、高域周波数特性を除いて測定できる物理特性がLPレコードよりはるかに優秀である、といったことから当初はトレース不良などでトラブルを起こしたモデルがあったものの、順調な上昇カーブを描いて普及していきました。LPレコードに比べてのCDの欠点は、波形が連続変化ではなく階段変化であること、高域特性において約20KHzから上がスパッと切れてしまっており、これが可聴周波数帯域内の位相特性面においてまずいこと、CDプレーヤー・システム内には高周波領域内に分布する雑音源が多くあり、これが可聴周波数帯域内の音を濁していること、などです。CDはオーディオ・エンジニアが開発したのではなく、デジタル・エンジニアがしたのですから、こういった欠点に気がつかなかったのでしょう。当初のCDプレーヤー・システムはデジタル・エンジニアが中心となって開発されましたが、CDはデジタル臭い音がする、LPレコードの音に比べて音が不自然である、といった不評が多かったために、各社のCDプレーヤー・システムは、デジタル・エンジニアとオーディオ・エンジニアが一体となって開発されるようになり、そのいった欠点が徐々に解決されるようなって、現在にいたっております。これに伴って、CDのレコーディング技術も進歩をとげました。しかし、私はCDの音に不満を感じておりました。当社では1985年にCDプレーヤー・システムからアンプに流入する、コモン・モード・ノイズをカットする、U・BROS-6を発売しましたが、これはCDの音の濁りを除去したかったからです。このU・BROS-6は製造を中止しましたが、それはその後に発売のプリアンプの、U・BROS-18、UTY-12、にU・BROS-6と同等のコモン・モード・ノイズ・イレイザーを内蔵させていたからです。
Ubros28_3 「LPレコードは、低域を抑えて高域を強調してレコーディングされているから、再生するにあたって、録音カーブとは逆の再生カーブのイコライザ-が必要であるから、プリアンプはなくてはならない。これ対してCDをはじめとするデジタル・ソースはプレーヤー・のアナログ出力がフラットなのでイコライザ-が不要なのでプリアンプはいらない」 、といった見解がCD誕生の頃に多く、その結果、当時はCDプレーヤーの出力をダイレクトにパワー・アンプに送り込む、もしくは、良質のフェーダー・ボックスのみを通して、プリアンプは使用しない、というラインナップが一部のマニアの間で流行しました。私はそういった構成に疑問を疑問を感じておりました。その理由は、CDの性能をはるかに上回るSACD、DVDオーディオであっても、完璧なソース源ではないからです。プリアンプをとうすことによって、ソースの長所を可能な限り引き出してやり、反対に短所を可能な限りカバーしてやりたいと考えているからです。現実を考えてみた場合、スピーカー・システムをはじめとして、完璧なオーディオ機器など存在しないわけですから、プリアンプを通すことによって、微妙な色付けがあったとして、プリアンプを通した再生音の方が好ましければ、そのが良いと考えます。プリアンプを通すことによって、刺激感がなく、みずみずしく艶やかな音を得たい、という考え方のもとに、U・BROS-18やUTY-12などと同様に、U・BROS-28を開発いたしました。

★詳しくは担当→林泰夫:hayashi@dynamicaudio.co.jp 

|

2011年2月13日 (日)

SACD~SHM仕様~ 2・3・4月発売タイトル

そして、ワーナーミュージック動く!!

ご好評を頂き、毎月の発売が続いておりますユニバーサルミュージック発売の“SA-CD~SHM仕様~”の4月リリース予定までが決まりました。
シングル・レイヤーのSACD専用盤のためSACD対応プレーヤーが必要ですが、お待ちになっていた方が多かったのかと改めて想う次第です。

気になるタイトルは、下記をクリック!
          ↓↓↓
   【「sacdshm11.pdf」をダウンロード

発売済みのソフトやジャンルでお探しなら、メーカーHPが便利です。

ユニバーサルミュージックのカタログHPはこちら
          ↓↓↓
     【SA-CD ~SHM仕様~

し・か・も///☆~

2月23日から、ワーナーミュージックでも“SA-CD~SHM仕様~”が発売スタートです。(価格もユニバーサルミュージックと同じ4,500円!)
2月23日に続き3月23日にも、それぞれジャズ5タイトルをリリース予定です。

ワーナーミュージックの“SACD特設HP”はこちら、
          ↓↓↓
      【http://wmg.jp/sacd/

「ジョン・コルトレーン」や「チャールス・ミンガス」、「カーメン・マクレエ」などワーナーミュージックも本気モードです。

ただ今、ご注文受付中!!

まずは一聴、お試しあれ。

◇~・~◇~・~◇~・~◇~・~◇~・~◇
1階はソフト&アクセサリーのコラボ空間!
     是非、遊びに来て下さい!
    サウンドパーク・ダイナ(SOFT)
     担当:矢部(月曜日定休)
   【info_spd@dynamicaudio.co.jp
◇~・~◇~・~◇~・~◇~・~◇~・~◇

|

GOLDMUND「METIS 2」「METIS ONE」を展示しました!

GOLDMUNDの新製品、「METIS 2」「METIS ONE」を展示しました!

P1090638

プリアンプ「METIS 2」、モノラルパワーアンプ「METIS ONE」は、大好評のプリメインアンプ「METIS 5」のセパレートバージョンになります。「METIS ONE」は幅20cm、奥行き33cm、高さ6cmのコンパクトな筐体ながら、上級機譲りのテロスサーキットを搭載、モノラル機ならではのチャンネルセパレーションや余裕ある電源供給能力を備えています。「METIS 2」との組み合わせでクリアで抜けが良く、小気味よくスピーカーを鳴らします。

美しい小型ハイエンドシステムを是非お聴き下さいませ。

GOLDMUND 「METIS 2」 定価\550,000(税別)
http://www.stellavox-japan.co.jp/news/pdf/Metis.pdf

GOLDMUND 「METIS ONE」 定価\980,000(税別)
http://www.stellavox-japan.co.jp/01goldmund/page/Metis%20One_One-D.pdf

       -*-*-*-*-*-*-*-*-*-

試聴予約、お問い合わせは、H.A.L.3島(shima@dynamicaudio.co.jp)、上遠野(ken@dynamicaudio.co.jp)までお願い致します。

|

リチェルカール古楽器ガイド

【RICERCAR】(リチェルカール/ベルギー)

ベルギーの由緒ある古楽専門レーベル「リチェルカール」から
“リチェルカール古楽器ガイド”なるガイドブックが発売しています。

001
こんな感じです。

定価は、¥23,100(税込み)です。

内容は、
原著部分は美しいカラー印刷で、美術品からの細部写真や実際の楽器の写真、古い資料の図版など、楽器の細部までを示した図版を数百点掲載。洋書の画集と同じく鑑賞できるアートワーク集にもなっています。
仏・英・独の三ヶ国語(原文はフランス語)で表記された文章は、全編に対応した日本語訳を付けています。

そして、これら古楽器が造られ、弾かれていた当時の曲を演奏した実際の「音」を自然派録音したCD8枚がセットになった、目と耳で愉しめる逸品です。

ちなみに・・・

「リチェルカール」レーベルにご興味をお持ちいただけましたら、このようなCDソフトが発売しています。
                              
◇RICERCAR(リチェルカール)から発売のCDは、“こちら”をクリック!
 (輸入盤に日本語解説書を付けた仕様です。)
        
・・・と、いうわけで古楽専門レーベルのご紹介でした。

まずは一聴、お試しあれ。

◇~・~◇~・~◇~・~◇~・~◇~・~◇
1階はソフト&アクセサリーのコラボ空間!
     是非、遊びに来て下さい!
    サウンドパーク・ダイナ(SOFT)
     担当:矢部(月曜日定休)
   【info_spd@dynamicaudio.co.jp
◇~・~◇~・~◇~・~◇~・~◇~・~◇

|

2011年2月12日 (土)

U-BROS31について

Ubros31_f   生産完了

最近になって再びアナログ・ディスクの良さが見直されているようですので、U・BROS-31にはフォノ・イコライザーを内臓させる事を前提として設計いたしました。私は、トーン・コントローラーを強く支持する者です。真空管式/トランジスタ式を問わず、市販されている高級プリアンプにトーン・コントローラーを設けたモデルは、非常に少なくなってしまいました。真空管式ではトーン・コントローラー付の本格的なプリアンプは皆無と言ってよいでしょう。U・BROS-31では、私の主義主張を強く打ち出し本格的なトーン・コントローラーを設けるようにしました。

<トーン・コントローラーの必要性について>
人間の耳は音量の大小によって感度が変わる━人間の耳は、音量を小さくして行くにしたがって、低音と高音の感度が低下して行く、という性格を持っています。したがって、小音量時においても、低音の量感を豊かに、高音の繊細感を充分に、再生してやるには、その人間の耳の感度の低下分を、
あらかじめ増大させて補正しておく必要性があります。だから、フラットな周波数特性だけでは不完全なのです。生演奏に準ずる大音量で音楽を楽しめるケースは、現実としては大変少ないので、トーン・コントローラーで、低音/高音を補正してやる必要があるのです。

Ubros31

プログラム・ソースはレコーディング・エンジニアの音造りされている―CD、SACD、DVD-A、アナログ・ディスクなどを問わず、プログラム・ソースはレコーディング・エンジニアの感覚で音造りがされているのは常識です。したがって、“このプログラム・ソースは低音が出すぎてボケ気味である”とか、“あのプログラム・ソースは高音が出すぎて細身の音に感じる”といった不満に出くわすことが多くあります。厳密に言えば、すべてのプログラム・ソースに、大なり小なり、こういった不満があって当然です。この不満を少しでも解消してやるには、トーン・コントローラーが必要になるのです。

完璧なリスニング・ルームは存在しない─現実のリスニング・ルームを、特性的にチェックしてみますと、必ずクセを持っている事がわかります。このクセを少しでも補正してやるには、
トーン・コントローラーが完璧といえないまでも、有効です。また、左右のスピーカー・システムを、同じ条件でリスニング・ルームにセッティングできる例は少ない、といってよいでしょう。左スピーカー・システムの左側面が壁、右スピーカー・システムの右側が板張り、といった状態ですと、左右のスピーカー・システムの特性が揃っていたとしても、その再生音は大幅に変わってしまいます。したがって、こういった左右のスピーカー・システムの音質補正にも、トーン・コントローラーは有効に働いてくれます。

大編成ソース/小編成ソース、大ホール/小ホール、といった違いにより、聴感上好ましい周波数特性は異なる―大編成ソースを少ホールで演奏し、特等席で楽しんでいる雰囲気を得るには、低音を少し上げ、反対に高音をごくわずか下げてやることによって、より好ましい状態に近づきます。小さなジャズ・クラブではピアノ・トリオを楽しむ、といった雰囲気を得るには、低音はフラットで、高音を少し上げてやる、といった状態が好ましいといってよいでしょう。こういった例からもおわかりのように、プログラム・ソースの内容にふさわしい周波数特性、が存在するのです。信号通過系の複雑化は、音の鮮度の老化に結びつく、と考える近視眼的に物を見るオーディオ・エンジニアが主流となって、オーディオ機器が開発されているからです。いくらオーディオの技術が進歩したとしても、オーディオ・システムから生の音が得られる事はありません。それならば、少しでもより好みの音に近づけて音楽を楽しみたい、と私は考えています。

Ubros31_in_out

 

各種物理特性に優れているNF型を採用しています。ターンオーバー周波数は、低域側を340Hz、高域側を3400Hz、に設定して低音/高音補正による中音域の変動を防止しております。したがって、低音/高音補正によって人の声が胴間声になることはありません。低域上昇/下降最大値は、50Hzにて±15dB、高域上昇/下降最大値は、20KHzにて±14dB、となっておりこれ以上の補正は全く必要ありません。U・BROS-31のトーン・コントローラーでの最大の特徴は、変化特性がスムーズであることに加えて、フラット・ポジションにて、1KHzのスクウェア・ウェーブが原波形道りに通ることです。これが中音域に悪影響を与えないトーン・コントローラーであることを証明しています。U・BROS-31ではトーン・コントローラーを回路外とする、つまりトーン・コントローラーをジャンプさせてしまう、トーン・ディフィート・スイッチを設けています。トーン・ディフィート・スイッチをONとしますと、トーン・コントローラー使用状態に比べてゲインが0.6dB上昇します。

Ubros31_ac_out

音の職人:林泰夫:hayashi@dynamicaudio.co.jp 

|

2011年2月11日 (金)

Mcintosh新製品発表会.

P1010186
数日前に行ってきました、Mclntosh新製品発表会。

写真には現行品も数点含まれていますが、それでも12機種の新製品をズラッと並べた景色は3Fでも常時10機種は並べているので見慣れているとは言え、いやいや何とも壮観でした。今回はラインナップにおいても中心機種、例えば不動のロングランを誇ったC46、それと対となるパワーアンプMC252やMC402といった製品のモデルチェンジを含んでいるのでこれは皆さん興味津々です。プリアンプには今までMMのみだったフォノイコがMM&MC両対応というところもアナログをしっかり意識した気持ちが嬉しくもありますが、逆にUSB/光/同軸/といったデジタル入力も備えるこれからの再生環境へもしっかり対応しています。トランジスターのプリアンプとしてはブルーアイズメーターがついた事も外観として非常に大きな変化です。パワーアンプは402(400W/ch)から452(450W/ch)、252(250W/ch)から302(300W/ch)とパワーハンドリングをブラッシュアップし新型のバイポーラー・パワートランジスターを採用した事が大きな注目点です。というように、CDプレーヤーのフラッグシップ「MCD1100」やアナログ感覚で操作出来る新型チューナー「MR87」、60周年記念モデルで限定セット発売したC22&MC75から、お客様のご要望が非常に多かったプリアンプ「C22」を日本のみ「100台限定」で発売等々、やはり書ききれませんがとにかく春頃からのMclntosh新製品ラッシュから目が離せません。

個人的にはマッキントッシュ伝統のマルチウェイシステムをブラッシュアップした「XR200」、その上位機種となる「XRT1K」、このスピーカー両機種はとても魅力度の高い再生を聴かせてくれたように思います。

という事で、これからまたマッキントッシュは大きく動きます。3Fには現行モデルが常時ズラッと並んでいますので勿論ご試聴頂けます。新製品情報も含めまして是非、ご来店頂きましてご試聴頂きながらお考え頂ければと思います。

柴田

製品のお問い合わせは下記3F担当者までお願い致します。

**************************************

ダイナミックオーディオ 5555 3F
Phone. 03-3253-5555
赤塚 akatsuka@dynamicaudio.co.jp
柴田 shibata@dynamicaudio.co.jp

|

2011年2月10日 (木)

hiFace-EVO と HM602。

おすすめ商品の紹介です。

20110210_01   M2TECH
   hiFace-EVO
税込販売価格 \49,800-

192kHz/32bit対応USB-DDコンバーター。
hiface(RCA, BNC)の上位モデルとなります。

あらためて聴いてみるとその完成度がわかります。ヌケがよく場の雰囲気をよく再現してくれます。デジタル出力が豊富で、またクロック入力(22.5792MHz or 24.576MHz)も装備してますので、さらなる追い込みが可能です。


20110210_02  HiFiMAN
  HM-602
税込販売価格 \45,000-

96kHz/24bit FLACの再生が可能なポータブルプレーヤー。
 
上位機種にHM-801(\79,000)、下位機種にHM-601(\30,000)がありますが、持ち運びやすさや音質などのバランスで人気のモデルとなっています。iPod + HP Amp を検討されている方にもオススメです。まずは試聴してみてください。


5555 1F 小山

|

2011年2月 9日 (水)

Today's lunch!! Vol.96

今朝は出勤の時には雪が降っていましたが、昼から晴れてきた東京です。寒の戻りでしょうか昨日は寒かったですね~。寒いと昼食も近場で済ませてしまおうという気持ちになります。今日も歩き始めてから何を食べようかと考えつつ「そうだ、ワンタンを食べよう~」という思い付きで、どこの店かを考えてしまいました。当然、ワンタンだけでは足りないので、もう一品…しかし、そのもう一品が中々難しい。単品で頼むと量が多すぎてしまう…、などと考えながら行きつけの店へ。ここです。

ちょび&姉ちゃんの『アキバでごはん食べたいな。』
 ~中華料理 「雁川」編

Today's lunch!! Vol.79  Today's lunch!! Vol.82 でも紹介している“雁川”です。店先で今日の日替わり定食のサンプルを見ると「青椒肉絲」とある。でも、ちょっと料理のボリュームが少ないかな~などと思いつつ階段を下りて行きました。もう馴染みなので女性店員さんが「日替わり??」と聞くので、「いや、ちょっと考えるわ~」言いつつメニューを見る。確かにワンタンはあるのですが、この店はどの単品でもボリュームたっぷりなので二品の注文は躊躇する。ええーい!!もういいか~と考えた挙句に「やっぱり日替わりにします~」ということで注文しました。ところが…

20110209

つやつや光るピーマンと大盛りご飯、「青椒肉絲」もボリュームたっぷりで、しかもお代わり自由で780円なのだから勤め人の腹減らしにはありがたい。昼食時間は大男のマスターは厨房にいるが、私が行く時間は大体店に出てきて接客もする。今日の日替わりは美味かったですね~「青椒肉絲」は甘めの味付けが多いような気がして普段はあまり注文しませんが、今回は正解でした。ご飯もお代わりしてデザートも中々よろしい!!(*^。^*) 

客が少なくなってきたところ、店の反対側からマスターが「どうだった?腹いっぱいになったかい?」と大きな声で問いかけてくるので、私は「美味かったよ!!」と返事すると「そりゃ~うちは不味いものは出さねーよ」とくる(笑)すると「忙しいかい?」と聞いてくるので私はゆっくりと「私はいつ~も忙しいよ!!」と答えて「暇だ、という奴は仕事が出来ない人なんだよ」と続ける。マスターは「そうだな~、うちも今年で16年経ったがね~、この4-5年でここいらは食べ物屋が増えたからね~、でもつぶれてる店も多いやな」と話は続く…「特にここいらじゃケーキ屋はだめだね~、中華じゃうちは長い方だぜ」とまたまた大声で話しかけてくる(^^ゞ私よりちょっと年上か、あるいは若いのかわかりませんが、私も開店当時から行きつけているのでマスターの言いたいことはわかる。ふと壁のPOPを見ると「3000円飲み放題」の夜のメニューが貼ってある。二時間飲み放題でたっぷり食べられそうな内容でお勧め出来そう。780円で満腹になった私は午後に何をやるべきか、頭に色々思い浮かべながら戻ってきました。そう、私はいつも忙しいんだから!!(^^ゞ

|

2011年2月 8日 (火)

新春H.A.L.3イベント情報第三弾・・・2/20(日)フォノイコライザー比較試聴会 アンダー50万円

ラック、デジタル機器とイベントが続きましたがH.A.L.3 新春イベント三弾、四弾はアナログに注目してイベントを行ないます。その中でも今回初チャレンジのフォノイコライザーに絞って行ないます。

今でも数多く発売されておりますので、今回は50万以下と50万以上に分け、2週連続で楽しんでいただこうと思っております。

まずは2月20日に開催させていただくアンダー50万の詳細をお届けいたします。

●日時:2月20日(日)午後1時半~午後3時半
●場所:ダイナ5555 4F H.A.L.3
●定員:15名様 誠に申し訳ございませんが、先着順とさせていただきます。
●使用機材

 フォノイコライザー
  
  ■AMPHION   PHONO3  \472,500(税込)
  ■AYRE         P-5xe  \420,000(税込)
  ■EINSETEIN  THE LITTLE BIG PHONO \336,000(税込)
  ■LINN          Uphorik \336,000(税込)
  ■ORTOFON   EQA-999 \315,000(税込)
  ■PHASE TECH EA-3Ⅱ  \204,750(税込)
   
 プレーヤー
  ■LINN LP12(\399,000)+AKITO3(\178,500) 
  ■VPI VPI SCOUTMASTERⅡ \525,000(税込)
 

 カートリッジ
  ■PHASE TECH P-3G \120,750(税込)
  ■もう1機種ご用意いたしますが、検討中です。

 スピーカー
  ■Sonus faber FUTURA \3,990,000(税込)

 
●Instructor: H.A.L.3 島/上遠野

●お申し込み:電話かメールで、担当の“”もしくは“上遠野”までお申し込み願
 います。
 メールの場合、下記を件名につけてメールいただければ幸いです。

 「フォノイコライザー比較試聴会 アンダー50 参加希望」
 

皆様のご参加心よりお待ち申し上げます。

*オーバー50も近々詳細をお届けいたします。

ご期待下さい!!

|

DYNAMIC AUDIO 5555 10周年記念企画 第一弾

お陰様でダイナミックオーディオ5555は今年で開店10周年を迎える事が出来ました。

第一弾として、http://www.dynamicaudio.jp/5555/10th/r1/harman_5555tenji.html

HAL2では、JBL DD66000EBhttp://www.harman-japan.co.jp/jbl/hifi/dd66000/#hero3

を皆様に楽しんでいただけるようシステムを組んでおりますのでどうぞ、この環境でご期待に添える演奏を繰り返し行っておりますので心よりお待ち申し上げております。

P1030234 現在、飛び入りで特別参加となりますが、滅多に聴けないものなのです。左の写真んでピンとくる方は凄い方で・・・そんな仲間を揃えてDD66000EBをビンビンと鳴らして行きます。忘れてましたので、この場を借りてご案内を。

http://www.t-tocrecords.net/umv.html

ULTIMATE MASTER DATA DISCも随時発売開始。

ついに、KANKAWA "ORGANIST"も2月10日開始です。

KANKAWA "ORGANIST"
ULTIMATE MASTER DATA DISC
2011.2.10/TMDA-0005/¥19,800

↓のサンプルは入荷しておりますのでご興味のある方はお声をかけてください。

Umv_mihon

KANKAWA "ORGANIST"
ULTIMATE MASTERVINYL
2010.12.8/UMVD-0001〜4 / ¥39,800
200g/45rpm/片面1曲収録/4枚組/Master CD-R IIαが同梱

それでは、皆さまのご来店をお待ちしております。

|

2011年2月 7日 (月)

SONUS FABER最新モデル「AMATI FUTURA」レッドヴァイオリン試聴会のお知らせ。

SONUS FABERの最新モデル「AMATI FUTURA」レッドヴァイオリンがH.A.L.3にやってきます!
Amatifutura_2

トップモデル「The Sonus faber」発表以来、新しいオマージュシリーズがどのようになるのか期待しておりましたが、まず“未来のアマティー”という名の「AMATI FUTURA」が発表されました。

SONUS FABER 「AMATI FUTURA」  定価 \3,800,000(税別)
http://www.sonusfaber.com/futuraamati/en/

「AMATI FUTURA」は、Aucoumea材を、木目の角度を交互に90度ずつ替えて積層し、伝統の7層ラッカー塗装・ハンドポリッシュ施した美しい エンクロージャーに、「The Sonus faber」で培われた数々のテクノロジーを投入して作られています。

SONUS FABERをお勧めしておりますH.A.L.3で、2/19(土)にお披露目を兼ねた試聴会を行います。今後のソナスの方向性も「AMATI FUTURA」のサウンドから感じとることができるでしょう。

「SONUS FABERの未来」を是非体験下さいませ。

使用機材(予定)
○LPプレーヤー : LINN 「LP12 SYSTEM」
○CDプレーヤー  : BURMESTER 「069」
○プリアンプ      : BURMESTER 「077」
○パワーアンプ  : BURMESTER 「911MK3」
○スピーカー     : SONUS FABER 「AMATI FUTURA」

○日時 :2月19日(土)午後1時30分~午後3時
○場所 :ダイナ5555 4F H.A.L.3
○定員 :20名様 誠に申し訳ございませんが、先着順とさせていただきます。

       -*-*-*-*-*-*-*-*-*-

試聴会お申込み、お問い合わせは、H.A.L.3島(shima@dynamicaudio.co.jp)、上遠野(ken@dynamicaudio.co.jp)までお願い致します。

|

FAPS から新製品スタンド アーティストが発売されました。

Netshop_2

★☆★☆★☆NET-SHOP便り★☆★☆★☆★☆

サウンドハウス2Fにおきまして、
通信販売絡みで面白そうな商品を取り上げる
リアルE-DYNAブースを設けました。

Cimg3976

只今、FOSTEX GX100

FAPS スピーカースタンド 【アーティスト】

デモしております。
この商品の特徴としてはほとんどスピーカーを
中に浮かせたような構造になっておりますから
コンパクトスピーカーを鳴らした場合でも
かなりのお客様に鳴りっぷりで驚かれています。

本当にこのFAPSスタンドなかなか
あなどれませんよ。

是非、聴きに来てみてください。
驚きの音像が存在します。!
※使われるSPでお勧めする仕様等若干違います。
御相談下さいませ。

■■■E-DYNA便りご期待下さい。!■■■

tomo@dynamicaudio.co.jp
 
TEL 03-3253-5555 / FAX 03-3253-5556

5555店 2F サウンドハウス

TEL 03-3253-5555

NET SHOP 担当 とも田 

★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆

|

NU FORCE REFERENCE18 試聴可能です。

Shtop

★☆★☆2F サウンドハウス情報☆★☆★☆

最近、雑誌での評判がすこぶるよく、お客様からも
かなり、リクエストの多かった

NU FORCE REFENCE18を展示中です。

Cimg3906

只今、ブライストンPRE、NU FORCE p-9、
フェーズテック CA-3Ⅱ(パッシブコントローラー)
で期間限定ながら鳴らしております。

Ref18は
瑞々しくもキレと音の陰影を両立したかなりの秀作と
感じております。是非、聴いてみてください。!

2Fオリジナルダブルキャンペーン実施中 

→ 詳しくはお問い合わせください。

-----最近のサウンドハウスフロア御紹介--------

サウンドハウス内はこうなっております。

(試聴ブースは3つあります。)

Cimg3877試聴ブース1(メイン)

B&W 804sD、805sD
DENON PMA-SX、DCD-SX、DCD-SA1
LUXMAN L-590AX、D-06
FOSTEX  G1302、GX250
KRIPTON KX-1000P
を中心にその他、色々展示しております。
(マッキン、マランツ、ビ エーナ、上杉、トライオード)

今、MCINTOSH MA6300 スぺシャルキャンペーン
実施中です。(展示中ですから試聴もできます。)

販売価 格 → お問い合わせください。

Cimg3876 試聴ブース2(リアルE-DYNA)

LINN MAJIK DS-I、、クリプトン KX-5を中核に
AYRE、YAMAHA、マイクロメガで複数SPを
鳴らしております。

只今、AIM、SAEC、ベルデン、武藤製作所AUG-LINE等
こちらでLANケーブルも数種類ありますので
比較試聴も可能です。

販売価 格 → お問い合わせください。

Cimg3962

試聴ブース3(マンスリーコーナー)

只今,ハーマンキャンペーンで4429を中心に
DYNAUDIO DM3/7、B&W CM5
ELAC BS243 を鳴らしています。

販売価 格 → お問い合わせください。

また、期間限定にてNU FORCE P-9、Ref18
を鳴らしています。
瑞々しくもキレと音の陰影を両立したかなりの秀作です。
是非、聴いてみてください。!

只今、2FにてNU FORCE オリジナル 
ダブルキャンペーン実施中です。!

(お問い合わせください。)
■■■■是非、御試聴下さい。■■■ 

↓下記までご連絡くださいませ。

Shtop2F

林(火曜定休) 

hayashi@dynamicaudio.co.jp

とも田(木曜定休)

tomo@dynamicaudio.co.jp
 
電話:03-3253-5555/03-3253-2001
FAX 03-3253-5556
       

営業時間:11:00~20:00

★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆

|

2011年2月 6日 (日)

3F試聴会後記.

Klimax4365
昨日の試聴会にご参加頂いた皆様有り難うございました。

レコード、デジタルと様々な曲を聴いて頂けたと思いますが、JBL4365の色々な顔を見て頂けたようにも思います。改めて4インチドライバーの迫力を感じながらたっぷりとした鳴りの安心感と再生能力の高さにはJBLモニターシリーズの伝統と革新、更に成長し続けている感触をじっくり味わう事の出来た時間でした。個人的には直前にお知らせ致しましたT-TOC Recordsから「ULTIMATE MASTER VINYL」でのLP12(レコード)の音、同音源でのKLIMAX DS(デジタル)での音、これは時間を忘れる程良い体験が出来たと思いました、演奏も文句無しに最高。

また次回も是非、ご参加頂ければと思います。

柴田

**************************************

3Fの特価品情報は「こちら」です。

ダイナミックオーディオ 5555 3F
Phone. 03-3253-5555
赤塚 akatsuka@dynamicaudio.co.jp
柴田 shibata@dynamicaudio.co.jp



|

2011年2月 5日 (土)

GOURD のケーブル。

 見た目は地味ながらも、購入されたお客様からの反応が良いGOURDのケーブル。今回いくつか借りることができたのでブログで紹介します。ちなみにGOURDの製品は「made in Japan」です。
 
20110205_01 GCP-660
 販売価格 \17,000-
 OFC導体3.5spmm、2P-3P電源ケーブル
 3P-3PモデルGCP-600 \21,000-もあります。
 
 
 
20110205_02 GCR-600/1.0m
 販売価格 \21,000-
 PCOCCとOFCを採用した3芯シールド構造のインターコネクトケーブル。
 付帯音が少なく適度にタイトで、扱いやすいケーブルです。
 
 
 
20110205_03 NUMERO DIGITAL USB 4207AB 1.0m
 販売価格 \5,880
 PCOCC導体採用のUSBケーブル。
 この価格ながら空間表現が得意です。
 
 
 
 
 比較的手ごろな価格の製品が多いGOURDですが、質の良さがつくりと音に出ています。付属のケーブルからのグレードアップにオススメです。ご質問はお気軽にお問い合わせください。


1F 小山

|

Today's lunch!! Vol.95

週末の昼食は行きつけの店は混んでいるので入れないところも多い。今日も歩きながらどこに行こうかと考えてしまう。中央通りと総武線高架がクロスする界隈の人出は毎度のことながら物凄い。そして、メイドのコスチュームを着た女の子が10mおきに並んでチラシを配り声を出しているのは今風の眺め。しかし、どうでもいいけど私の姿を見てメイド喫茶やメイドクラブのチラシを渡そうとするのは止めてもらいたい!!(^^ゞどうして私のような男に配ろうとするのか、ちょっとは相手を見て判断して欲しいものだ(笑)そういう雑踏の中で、久しぶりに食べに行こうかと思ったのが、排骨(パーコー)拉麺。それはどこが美味しいのか!? またしてもここです。「肉の万世」本店ですね~。

ちょび&姉ちゃんの『アキバでごはん食べたいな。』
 ~「肉の万世 秋葉原本店 千代田」編~ 
「肉の万世」最上階で高級ステーキを堪能

でも、やはり私は上のフロアーではなく、ここにある居酒屋を目指したわけです。

2011020501

先日は地下の居酒屋でしたが、今度は万世ビルの正面右側にある万世橋酒場です。実は、数年前は地下の一番奥にラーメンコーナーがあって、それはもう繁盛していました。私も何度となく通っていたのですが、現在は個室に改装されラーメンのメニューは1Fの居酒屋で引き継がれることになったようです。なんだかんだ言っても、ここの排骨(パーコー)は美味しいです。それに鶏の唐揚げを追加したものを地下のラーメンコーナーの時には良く食べていました。今回は事前に食券を買ってから入店する仕組み。じっくり看板のメニューを眺めて、以前と少し変わった内容ながら目指す排骨(パーコー)は健在。今回は鳥唐揚げラーメン(750円)に奮発して特選排骨(パーコー400円)乗せを追加で食券を買って店内へ。古き昭和のイメージの店内はすべてカウンターのみで背の高いスツールに腰掛ける。このスツールの座り心地は良くない(笑)早く飲んで早く食べて替わって下さいと言わんばかりの回転率重視の椅子。客あしらいの美味い女性店員がこちらへと空いているカウンターを指さし、しばし待っていると出てきました。

2011020502

どうですか、この豪快な盛り付け!!スープは醤油味で意外にあっさりしています。太めの麺とお肉を一緒に食べても違和感なく、基本的には地下の居酒屋と同じ味付けの唐揚げも美味しい。食べながら居酒屋メニューを見ていると100円から300円程度の品書きがより取り見取りで貼られています。女性客もけっこうあってカウンターは昼時でも賑やかで、かつ回転がいい(笑)熱々の排骨(パーコー)と唐揚げは昔ながらの味で懐かしいものです。見た目はボリュームがありそうですが、今日はあっけなく食べ終わってしまいスープまで飲みほしてきました~(^^ゞなんだか物足りないな~と思うほどでした。これでは夕方にはお腹が空いてしまうかな~。そうか~、ランチの後味を覚えてもらい夜は排骨(パーコー)や唐揚げでビールを飲みに来い、という誘惑の一手かもしれませんね~(^_^;)好物のつまみで飲みたいな~、と思いつつ夜はまだ一度も行ったことはありません(笑)お後がよろしいようで~

|

2011年2月 4日 (金)

ULTIMATE MASTER VINYL.

Ttoc
3F明日は試聴会です。

開けたばかりだったJBL4365もあれこれ鳴らすうちに何となく良い感じになってきました。少し前からLINN KLIMAX FULL SYSTEMで準備していますが、明日がとても楽しみな音で聴けています。そんな日に更に面白いソフトが飛び込んできたのでご紹介です。

ULTIMATE MASTER VINYL.
45回転片面1曲ずつ/192khz24bitデジタルダイレクトカッティング、という何とも興味のそそるアナログ盤を持ち込んで頂きました、このBOXセットには合計4枚のアナログ盤、という事は合計8曲ですね。そもそも偶然なのかこの盤「ORGANIST/KANKAWA」、このアナログとは関係なくKANKAWAさんという方に興味を持っていた時だったので妙に縁を感じて尚更興味津々。この方本当に多方面で活躍されていて、とはいえ今回の盤を聴いて更にびっくり。ど真ん中のJAZZをがっちり演っているからで、実は個人的にそういったイメージは持っていなかったから余計に驚きました。音についてはここで書く事なく、もう文句無し。BOXセットには同内容のDISCもありまして、アナログだけでなくKLIMAX DSでも再生をしたいと思います。

という事で明日の試聴会にはCD含め急遽この盤も聴いて頂きます、いやいや楽しみです。

KLIMAX FULL SYSTEMで聴くJBL4365の試聴会

柴田

**************************************

3Fの特価品情報は「こちら」です。

ダイナミックオーディオ 5555 3F
Phone. 03-3253-5555
赤塚 akatsuka@dynamicaudio.co.jp
柴田 shibata@dynamicaudio.co.jp





|

2011年2月 3日 (木)

AiTEC 謎の物体 「Λ3.16」 聴いてみました。

AiTECというメーカーをご存じでしょうか?長野県諏訪市にある音響関連のメーカーです。電源フレッシャーのΛ5.35に続いて発売されたのが謎の物体Λ3.16。卸元のM氏がデモに来られました。私も説明はできないので、下記をご覧くださいませ。

http://www.aitec-ltd.co.jp/316.html

「Λ3.16」は美しく光るUFOのような金属。これを置くと音や画に良い効果があるのだそうです。しかも100mの範囲に効果があるとのこと。「私が駅から持って来たので店に近づくに従って音が良くなっているはずです」と言われても・・・正直なところオカルトにしか思えません。とにかく試してみました。

P1090616
スピーカーのセンターを計るM氏、試聴にはガルネリを使用しました。スピーカーの前方89cmに置くのだそうです。
P1090618
計ったところに印を付けます。まずはこの状態でセゴビアのギターを試聴しました。
P1090620
置くとこうなります。再度聴いてみますと・・・うーん、うーん?あれ、違いますね。透明感が出てくるというか、ハッキリと音が聞こえてきます。外して見ました。どろんとする?音がダレるというか。もう一度置いてもらいました・・・やはりあった方が良いですね。今回試聴したのは「Λ3.16 The Professional」というスタンダードモデルですが、この上に「Λ3.16 The Premium」というモデルが存在しています。こちらはさらに効果が高いということです。

とにかく体験してもらうしかない商品です。常設ではありませんので、試聴希望のお客様は前もってご連絡下さいませ。

Λ3.16 Professional  直径 80mm 高さ 58mm 重量 約1.1㎏
 定価オープンプライス 販売価格 \220,000(税込)

Λ3.16 The premium 直径 80mm 高さ 58mm 重量 約1.1㎏
 定価オープンプライス 販売価格 450,000円(税込)

       -*-*-*-*-*-*-*-*-*-

お問い合わせは、H.A.L.3島(shima@dynamicaudio.co.jp)、上遠野(ken@dynamicaudio.co.jp)までお願い致します。

|

2011年2月 2日 (水)

1F 新製品HP

どうもこんにちは。イヤホンとヘッドホンの新製品です!
 
Ne700xNuforceNE-700X
アルミシャーシを用いたモデル。
チタンでコーティングしたドライバ。
とてもオシャレな質感です。
 
なかなかキレの良いサウンドで、1万円以内の価格だと
気軽に使えるでしょう。ポータブルプレーヤーの付属イヤホン
から1つグレードアップにいかがですか?
 
Mdrxb1000SonyMDR-XB1000
ついにこちらも1000番がでました。
BASSシリーズということもあり、
低音はさすがなクオリティです。
 
高域の情報量も多く出すことができるようになっていると思います。
この寒波から大切な耳を守るアイテムとしても有効です!
 
5555 / 1F Accessory Mall / 武田でした。
takeda@dynamicaudio.co.jp

|

2011年2月 1日 (火)

Today's lunch!! Vol.94

今日のランチはどうしようか~とは毎日思い付きで決めています。しかし、近場で簡単に済ませてしまおうという気にさせる寒さが続いていましたが、今日の東京は10℃以上あって少しは足を延ばしてもいいかな~という感じ。そうだ!!あの唐揚げを食べに行こうと思い付いたのがここToday's lunch!! Vol.90で紹介した「肉の万世」本店でした。ただし、やっぱり「階を上がるごとに値段も上がる…」というのは当店も同様かもしれませんが(^^ゞ私の場合には逆に階を下がって地下の居酒屋「呉越同舟」でした。(爆笑)

20110201

それで、前回は唐揚げだけだったのですが、今回はちょっと変化を付けて生姜焼きとのセットにしました。ちょっと照明も居酒屋風で暗めの店内、メガネをかけない私は出てきた料理の更に乗っている黒いモノが最初は何だかわかりませんでした。なんだ!? と、よくよく見たら「揚げ茄子」でした(笑)これに岩塩をふっただけというシンプルな味付けなのですが、こんな付け合わせは他の店にはないですね~。そして、熱いうちに口に入れると、ほのかな塩加減と茄子の甘みが美味しいこと!!豚肉の生姜焼きも食欲をそそる味付けで唐揚げともどもボリューム満点です。ご飯も味噌汁もお代わりして大満足(*^。^*)ちなみに店内でかかっているBGMはデューク・ジョーダン作でおなじみの曲「Jordu」がかかっていたりします(笑)長いドラムソロが入っている録音でしたね~。万世とジャズ…(^_^;)新しいテイストかも~(^^ゞ

|

« 2011年1月 | トップページ | 2011年3月 »