« Mcintosh High Quality Desktop System!!!! | トップページ | 謎の物体の種明かし!! »

2011年1月23日 (日)

「オーディオラック比較試聴会」終了しました!

本日13時30分より「オーディオラック比較試聴会」を行いました。地味なイベントですが、沢山お集まり頂きまして誠にありがとうございました!簡単にレポート致します。

Resize0252
<オーディオラック比較試聴会レポート>

本日はラックの比較ということで、CDプレーヤー:BURMESTER「061」と、プリアンプ:GOLDMUND「MIMESIS27.5」の2つをラックに載せ替えて試聴するという形をとりました。パワーアンプはGOLDMUND「TELOS250」、スピーカーはB&W「802 DIAMOND」です。

試聴前にまずはお使いのラックを伺いました。クアドラスパイアのラックを使用されている方が約半数の8名とダントツでした。前半はこのクアドララックを取り上げました。まず標準のQ4Dの脚、スパイクとキャスターでの音の違いを聴いて頂きました。次はQ4DとQ4 EVOの聴き比べ。Q4 EVOを推す方が多かったです。今度はQ4 EVOの使いこなしと言うことで、スパイク直刺しとスパイク受け3種類での聴き比べを行いました。ここではANDANTE LARGOの「SM-5T」を支持される方が多かったです。次はQ4 EVOとQ4D VENTO。

休憩を挟んで後半は各社ラックの聴き比べを行いました。比較したのは下記の5機種。

   ・QUADRASPIRE Q4 EVO(3段)
    http://www.quadraspire.jp/products/q4evo_03.html

   ・QUADRASPIRE Q4D VENT(3段)
     http://www.quadraspire.jp/products/q4dvent_01.html

   ・MUSICTOOLS  ISOstatic(2段)ICN19G×2 

   ・TIGLON TMR-3(3段ラック) 
     http://www.tiglon.jp/?p=26

   ・Andant Largo Rigid Tower Tower 503(3段ラック)
     http://www.andante-largo.com/

クラシック、ジャズ、ポップスと聴いて頂きましたがジャンルによって変わる部分もありましたが、Q4D VENTO、RIGID TOWERは評価が高かったです。最後に使いこなしとして3段ラックの置く位置で音がどう変化するのかということも行いました。同じラックでもどの段に置くかで音が変化する・・・これには驚かれた方も多かったようです。

ラックの聴き比べという地味なイベントでしたが、音の違いは良く感じられたのではと思います。次回はデジタルプレーヤーの聴き比べです。是非ご参加くださいませ。

http://dyna5555.cocolog-nifty.com/5555blog/2011/01/hal326-b2e8.html

       -*-*-*-*-*-*-*-*-*-

お問い合わせは H.A.L.3島(shima@dynamicaudio.co.jp)、上遠野(ken@dynamicaudio.co.jp)までお願い致します。

|

« Mcintosh High Quality Desktop System!!!! | トップページ | 謎の物体の種明かし!! »