« 2010年12月19日 - 2010年12月25日 | トップページ | 2011年1月2日 - 2011年1月8日 »

2011年1月 1日 (土)

2011年 あけましておめでとうございます。

Dsc01954_3_3

新しい年が良い年でありますようお祈りいたします。

新年は、1月4日より通常営業いたしますので心よりお待ち申し上げます。

http://www.dynamicaudio.jp/audio/5555/6f/act.jpgスタート!

興味深い新製品が続々入荷して参りますのでどうぞ、ご期待願います。

まずは本年もどうぞ、よろしくお願い申し上げます。

|

2010年12月31日 (金)

年末のご挨拶。

ダイナ5555は、本日16時をもちまして年内の営業を終了させて頂きました。

今年も皆様には大変お世話になりまして感謝の気持ちで一杯です。

今年はサウンドハウスが5555と合併を行うなど例年以上に早い1年でした。

来年も様々な商品が登場してくると思いますが。お客様の好みにあった商品をお勧めしてまいります。

新年仕事始めは、2010年1月4日(日) より通常営業になります。またのご来店をお待ちしております。

それでは良いお年をお迎えくださいませ。
ありがとうございました。

H.A.L.3、島(shima@dynamicaudio.co.jp)、上遠野(ken@dynamicaudio.co.jp

       -*-*-*-*-*-*-*-*-*-

|

2010年12月29日 (水)

PAWEL ACOUSTICS 「ELEKTARA2」のご紹介。

非常に評価の高いスピーカー製作者、Harry Pawel率いるPAWEL ACOUSTICS。輸入代理店がステラヴォックス・ジャパンからスキャンテック販売へ、取り扱いが変わりました。
Resize0245_3  
PAWEL ACOUSTICS ELEKTARA2 \1,680,000(税別)

http://www.stellavox-japan.co.jp/products/pawelacoustics/elektra-01.html

↑まだスキャンテック販売では載っていないため、旧タイプの情報です。

変更点は、ネットワークの見直しがメインになります。

PawelAcousticsのスピーカーのバックグラウンドはスタジオモニターです。モニターとして必要な純粋無垢な音質と、正確な空間表現を得るための、小口径ドライバーを使用した2wayというシステム構成を採用したとのこと。

そのためこの「ELEKTRA2」では、3/4インチ径のソフトドームツイータと5インチ径のウーファードライバーを採用。ウーファーは、最大で105dBもの音圧にも耐える設計となっています。

外見は同じ価格帯のSONUS FABER「GUARNERI MEMENTO」と比べると大分質素な感じは否めませんが、木の特徴を生かした味のあるものです。

Resize0244 オケはブラームスの4番。広大なサウンドステージが目の前に現れます。弦楽器は歯切れが良く、コントラバスの包みこまれるような低音すら感じます。背面のパッシブラジエーターの効果でしょうか・・・。全体的には、一体感があり、スピーカーの大きさが信じられないほどの豊かな演奏を楽しめました。

モニタースピーカーらしく音色で聴かせるタイプではないものの、音を分析的に聴くのではなく、音楽として聴かせるところが素晴らしいです。

まだ聴かれたことのないお客様は是非一度お聴きになって下さい。
非常に魅力溢れる小型スピーカーです。

       -*-*-*-*-*-*-*-*-*-

お問い合わせ、試聴予約は、H.A.L.3島(shima@dynamicaudio.co.jp)、上遠野(ken@dynamicaudio.co.jp)までお願い致します。

|

H.A.L.3特価商品のお知らせ。ウィンターセール開催中

ウィンターセール開催中!H.A.L.3の展示品、特価品を大特価にて販売致します。是非お問い合わせ下さい。
Qbd76_img01
CHORD 「QBD76」 \714,000
http://www.timelord.co.jp/brand/consumer/chord/choral-range/qbd76/

終了しました。

Crm_main
AUDIO MACHINA 「CRM」 \1,029,000
http://www.zephyrn.com/products/audio_mac/crm.html

終了しました。
B1_up
VIVID AUDIO 「B-1」 定価\2,100,000
http://www.stellavox-japan.co.jp/products/vividaudio/b1.html
展示品販売価格\1,470,000(税込)

C03
ESOTERIC 「C-03」 定価\840,000
http://www.esoteric.jp/products/esoteric/c03/index.html
展示品販売価格\560,000(税込)

Cremona_m
SONUS FABER 「CREMONA M」 定価\1,428,000
http://www.noahcorporation.com/sonusfaber/cremona_m.html
→ご成約

803
B&W 「803 DIAMOND」ローズナット 定価\1,428,000
http://www.bowers-wilkins.jp/display.aspx?infid=4640
→ご成約

Guar_mem
SONUS FABER 「GUARNERI MEMENTO」 定価\1,837,500
http://www.noahcorporation.com/sonusfaber/guarneri.html
展示品販売価格\1,300,000(税込)

Resize0227

GERMAN PHYSIKS 「HRS120」 定価\2,940,000
http://www.zephyrn.com/products/germanphysiks/hrs120.html

→ご成約

ご試聴、お問い合わせをお待ちしております。

       -*-*-*-*-*-*-*-*-*-

お問い合わせはH.A.L.3島(shima@dynamicaudio.co.jp)、上遠野(ken@dynamicaudio.co.jp)までお願い致します。

|

2010年12月28日 (火)

年末年始は、このシステムだ!!

Magico  Q5                   税込定価¥7,350,000

http://www.electori.co.jp/magico.html

上記のURLで確認できますが何といっても骨組みが素晴らしい。

http://magico.net/Product/Q5/Q5_05.php

4Way5Driverの受け持つ帯域ごとに部屋を設けており綺麗に決まっているところが素晴らしい。一聴してツィータの素材がBe(ベリリウム)という概念は消え失せてしまう程耳障りなところは微塵も感じさせないところがこのスピーカの素晴らしいところです。同社には、V3という積層を上手くデザインしたモデルが有りそのV3よりも僅かに大きいが重量が175kgというとてつもないMagicoq01_3重量でありその鳴りは一切の揺れも無く安心できる心地よさを体感できる。

HEGEL               P30   税込定価¥840,000

HEGEL               H30   税込定価¥3,360,000

http://www.electori.co.jp/hegel/P30_H30.pdf

Playback Designs    MPS5  税込定価¥2,625,000

http://naspecaudio.com/category/playback-designs/

Model0037 Continuum Perfection 税込定価¥2,184,000

http://www.hookup.co.jp/products/pureaudio/dpat_Continuum.html 

今、一番人気とDpat_5言いま しょうかご興味を持たれている方が多いモデル。DIGITALも此処まで再生してくれたら大満足ではと思う商品。鳴りについては正直驚く。充分な奥行き感と定位の良さPCオーディオでは過去経験の無い音楽性。それは、DPAT 0037 Continuum以降のDACにより色々と変化をつけることはできるでしょうが基が良くなければ始まらない訳で今は文句のつけどころが無いのです。そこで現在最高レベルのアンプと言っても良いでしょう!GOLDMUND MIMESIS 22 Signatureのプリアンプにに変えてみましょうそれはそれはもう流石です。価格は別にしてもこのプリアンプは素晴らしさは只者では無い。力強さが加わる事でこんなにも表現力が増し、またしてもブレなどはいっさ感じさせないところが高得点をつけなくてはならない。

YG Acoustics ANAT3            税込定価¥6,300,000

こちらは、未だ輸入元アッカのWebでも見る事が出来ない新製品。ユニットの一新で反応の速さには皆さま驚く事でしょう!ダイヤフラムの変更ツィーターを除くコーン型ユニット材質をアルミに、一体形成で超極薄の振動板となりしかも背面には中央から放射状にリブがあり後付けでは無い。センターキャップ背面に同様なリブが有り強度を持たせ前後方向のピストンモーションに於いて一切の揺らぐ事が無い事が正確な動きを約束してくれるものでした幾分、先程のG5

りは明るさが有りますが小気味よい解放感と心地よい音楽が楽しめるものです。初代のANAT、もしくはANAT2からのアップデートプログラムの用意も有り、オーナーにとっては有りがたい気遣いです。

現在 の様子は下記です。

年末年始お楽しみいただPhoto_4けます。

1230日は、皆さまと上記のシステムで音楽鑑賞でも出来ればと思います。翌日31日は、PM4:00までの営業時間ですので本年最後のCDDPAT、アナログも含めた演奏会をPM6:00ごろまで楽しんでいただきたいと思っております。

|

Today's lunch!! Vol.86

今日はカメラを忘れないようにしなくては…、そして最近は中華が多かったので今日は腹いっぱいスパゲティーを食べたいと考えていました。しかも、ペペロンチーノのように味付けはオイルと塩味のもの、そして大盛りが出来るところ(^^ゞ そんな思いがあってちょっぴり足を延ばすことにして行ったのはここ、Today's lunch!! Vol.54 まで何回も紹介していたこの店osteria-la-pirica 「オステリア・ラ・ピリカ」です。お店に至る幅1メートルほどの小道に入る前に黒板のランチメニューがあり、ちらっと見ただけで決めてしまいました。「キノコとアサリのスパゲティー」これにしましょう!! 以前は足げく通っていましたが、ちょっとご無沙汰していましたが雰囲気は以前と変わりません。お仕着せを来た女性に注文すると80円のプラスでBセットにするとサラダかスープ、パンとドリンクが付きますと言われて、じゃあそれで~と注文。これで980円なのです!!

2010122801

サラダではなくスープを選びました。ミネストローネのような野菜のスープがきりっとした味付けでいいですね~。それからパンなのですが、以前はバターも何も付かずバスケットにパンだけがきたものでしたが、お料理をおかずにして食べるものということでパサついて食べにくい時もありました。でも、今日は写真のように味付けしたトマトピューレが乗っていました。これはいいです!!食べやすく料理が来る前に食べ終わってしまいました。その代わり、おかわりはできないだろうな~(笑)そして待つことしばし…

2010122802

この大皿は30センチくらいあるんです!!そこにこんもりと大盛りのスパゲティーが…(^^ゞやはりここに来て正解というボリュームです。しかも、アサリもキノコも飾りという程度ではなく、麺を食べるごとにたっぷりと入っているので更に大満足。このお料理はランチタイムのボリューム感とお味としては推薦出来るものです。しかし、ご飯が食べたくなった私はちょっと回数が減っていましたが、パンでも良ければ本格的なイタリアンだと思います。目的達成、腹いっぱいのスパゲティーを食べて大満足!!ランチ前に配信したハルズサークルの反響が大きくて忙しく、今回のご紹介は推薦の言葉を最後にして終了しましょう。

|

2010年12月27日 (月)

XRCD登場!

まったり高音質は如何~☆

2010年も大詰めを迎え、冬真っ只中と思いきや
寒さは緩急取り混ぜての油断ならない日が続いています。
体調管理も中々大変な季節となってまいりました。
皆さま寒い夜などは如何お過ごしでしょうか。

・・・と、ここでお知らせです。

サウンドパーク・ダイナ(ソフト・コーナー)では
冬のひと時をじっくり心地よく過ごして頂くべく、
高音質で名高いCDソフト、“XRCD”をご用意しました。
より良いものを、より原音に忠実にを目指したCDソフトです。

    “XRCD”って何?
        ↓↓
 http://www.xrcd.com/tech/index.html

ただ今、30タイトルをご用意しております。
店頭にて展開中のソフトは下記をクリック!!
        ↓↓
「xrcdspd201012.pdf」をダウンロード

「BEST AUDIOPHILE VOICES」のⅠ・Ⅱ・Ⅲから「ジィナ・ロドウィック」、
そして、「世界の機関車」までとバラエティーに富んだ内容です。
CD制作において、技術と根性を惜しみなく注ぎ込んだ逸品たちです。
この冬はまったりと音楽に浸ってみては如何でしょう。

まずは一聴、お試しあれ。

◇~・~◇~・~◇~・~◇~・~◇~・~◇
1階はソフト&アクセサリーのコラボ空間!
     是非、遊びに来て下さい!
    サウンドパーク・ダイナ(SOFT)
     担当:矢部(月曜日定休)
   【info_spd@dynamicaudio.co.jp
◇~・~◇~・~◇~・~◇~・~◇~・~◇

|

« 2010年12月19日 - 2010年12月25日 | トップページ | 2011年1月2日 - 2011年1月8日 »