« 2010年12月5日 - 2010年12月11日 | トップページ | 2010年12月19日 - 2010年12月25日 »

2010年12月18日 (土)

「ステラヴォックスジャパン&ゼファン合同試聴会」終了しました!

本日は、「ステラヴォックスジャパン&ゼファン合同試聴会」を行いました。お忙しい中沢山のお客様にお集まり頂き誠にありがとうございました。簡単にレポート致します。

P1090528
最初は、TechDAS D-7 のデモからスタート。ステラヴォックスジャパンがプロデュースしたMade in Japanの製品です。コンパクトですが、USB DAC機能以外にもプリ、アップサンプリング機能、10Mクロック入力など充実の機能を装備しております是非ご注目下さい。

P1090524
CH Precision D-1 は瑞々しいサウンドを聴かせてくれました。デザインもシンプルで良いですね。

Resize0242
H.A.L.3大人気C.R.MはGOLDMUNDの「METIS5」で十分駆動できました。そしてサブウーファーのCRSを加えて聴いて頂きました。

 Resize0243
後半は、VIVIO AUDIO G2 の登場です。G1と違うのはサイズとウーファー部分の口径となりますが、台座部分はカーボンを使用したりとある意味グレードが高くなっている部分もあります。駆動するのはGOLDMUNDTELOS350

Resize0233  
最後は、BRINKMAN Turntable"OASIS" + Tonearm"10.5"でアナログを聴いて頂きました。とてもS/Nの良いサウンドでした。

商品数が多く、2時間あっと言う間でした。明日も「G2」や「CRS」はお聴き頂けます。ご興味のあるお客様は是非お越しくださいませ。

お問い合わせは./上遠野までメールをお願い致します。

|

Today's lunch!! Vol.81

今日はまともな時間?に昼食に出ることが出来ました。でも、土曜日の秋葉原は大変な人出で混雑しているので近場で短時間で済ませることが出来る店、ということで結局は馴染みのここに入ってしまいました。Today's lunch!! Vol.75 ここ、「とんかつ冨貴」です。皆さんも行かれたらおばさんたちに私のブログで見た、と話してあげて下さい。とっても喜びますから(*^_^*)そして、入る前から注文するものも決めていました。“カキフライ”です!!

20101218

この店のカキフライは推薦できます。何がポイントなのか? それはしいて言えば何も手を加えないで素直な料理となっていることだと思います。カキを丸めるようにして形を整え細かいパン粉でくるむようにして揚げた冷凍食品のようなカキフライは他でも良く食べますが、どうですか!!このざっくりとした揚げ具合を見てやって下さい。長年ここに通っていると揚げ具合も承知していますが、今日のはうっすらとしたきつね色でジャストな揚げ色です。そして、カキが大粒なこと!!大きい時には10センチくらいのものが出てくる時があります。私はこれも塩をかけて頂きますが、これがまた美味い!!しかし、今日はお代わりはしませんでした~(^^ゞ胃袋に血流が片寄ってしまうと眠くなって頭の回転が鈍くなってしまいますから!!さあ、お仕事再開です!!

|

MAGICO Q5 が入荷いたしました!

先のオーディオショーの中で強烈な印象を受けたことと思います。

ほぼアルミ合金で組み上げられた過去にも例の無いスピーカーが此処に有る。

密閉型、アルミの振動板でも重いという訳でカーボン素材の低~中音域コーン型ユニットが特徴的で全くといって煩さの無いBeツィーター。

P1030077_5 

重量175kgと同社のV3よりは若干大きさはあるもののそんな事は忘れさせてくれる音で有りひじょうに温度感が高く最低音域までもきっちりと見渡せるほどの解れが有り一切のぶれも感じる事も無く低いところでの音階も見事な具合でどこまで音量を上げていいのか不安さを未だ感じさせないのです。背面に回るとスコーカーとツィーターの位置に小さな穴が数多くありネットワークの熱を効果的に逃がす為の工夫らしいですがそんな熱までも考慮した製品そして拘りです。

まずは、こちらを見て欲しい。

http://www.electori.co.jp/magico/Q5.pdf

そして演奏中のアンプはこちら!

http://www.electori.co.jp/hegel/P30_H30.pdf

上記、ラインナップにて試聴会がございます。⇩

「DPAT Technology Model : 0037 Continuum」体験会

0037 Continuum?初めて耳にする方は詳しくは下記サイトをご覧ください。

それは、ハイレベルのPCオーディオトランスポートになります。

http://www.hookup.co.jp/products/pureaudio/dpat_Continuum.html

Model:0037 Continuum           税込定価\1,344,000

Model:0037 Continuum Perfection 税込定価¥2,184,000

Antelope Audio社の10Mルビジウム発信機Isochrone 10Mそしてクラシックな木製ラックがセットになった製品です。

バックグランドノイズの極端に低い静寂感とピントが合うとこんな音に変化するのか!と感激するのではと思います。

日時 : 12/19(日) 午後1時30分~3時

場所 : ダイナ5555 6F H.A.L.2 East-Active room

*hookup の瀬戸氏をお迎えし、進行いたします。

未だお席はございますので参加をお待ちしております。

azuma@dynamicaudio.co.jp までお願いいたします。

|

2010年12月17日 (金)

注目の新製品その②・・・TAOC「FC4500」AVALON「TRANSCENDANT」・・・

注目の新製品その②のお知らせ。 

Resize0239_2
左からTAOC 「FC4500」\997,500(ペア)、
AVALON 「TRANSCENDANT」\1,942,500(ペア)、
B&W「802 DIAMOND」\2,100,000(ペア)。
「FC4500」「TRANSCENDANT」は初展示になります。是非お聴き下さいませ。

 

Kiss
そしてvienna acousticsのクリムトシリーズ「THE KISS」\1,575,000(ペア)

http://www.alphamega.co.jp/product/thekiss-ja.html

弦楽器はさすが。デザインもおしゃれですね。

今週末は、ステラ&ゼファンイベントと合わせて沢山の商品がございます。是非お越しくださいませ。

       -*-*-*-*-*-*-*-*-*-

お問い合わせ、試聴予約は、H.A.L.3島(shima@dynamicaudio.co.jp)、上遠野(ken@dynamicaudio.co.jp)までお願い致します。

|

注目の最新機器が大量入荷しました!

明日12/18(土)は、午後1時~午後3時まで「ステラヴォックスジャパン&ゼファン合同試聴会」を行います。予約もほぼ埋まり、後数席を残すのみとなりました。本日機材が続々と入ってきましたので、ご紹介いたします。

P1090524
●CH Precision D-1 SACD PLAYER \3,200,000(税別)  

計画から発売まで時間がかかったこのCH Precision D-1。ESOTERIC製 VRDS-NEOメカを使用した数少ないモデル。pdfファイルをご覧いただければお解かりになると思いますが、今後多くの製品、及びカスタマイズされたパーツが出てきます。そのこだわりを是非試聴していただきたいと思っております。

P1090528
●TechDAS D-7 D/Aコンバーター オープンプライス

ステラヴォックスジャパンがプロデュースしたMade in Japanの製品。実勢売価\280,000(税込)という価格の中でかなりテクノロジーと機能を盛り込んでおります。PC AUDIOを考えているお客様だけではなく、単に今のCD PLAYERの音質をアップしたいというお客様にも対応できるモデルです。

P1090522
●VIOLA PICCOLO Passive Preamplifier  \550,000 (税別) 

CELLOのETUDE同様電源がいらないPASSIVEコントローラーです。ヴォリューム部分は同社プリアンプCADENZAと同様のものを使っております。また、バランス出力も装備しています。

Resize0236  
●AUDIO MACHINA CRS サブウーファー \1,400,000(税別)

H.A.L.3 大人気 C.R.M(\980,000)にあわせるサブウーファーとして登場したC.R.S。CRMと組み合わせるための専用のス タンド(\230,000/pair・税別)も用意されております。CRMでは出し切れなかった低域と低域を足すことで得られる中高域のつながりの良さを 感じることができるのではないでしょうか。

Resize0235  
●GOLDMUND TELOS350 パワーアンプ \3,900,000 

第2世代のTELOSシリーズとなりますが、TELOS5000のテクノロジーが詰まっております。

Resize0237_2
●VIVIO AUDIO G2 スピーカー \4,600,000

G1と違うのはサイズとウーファー部分の口径となりますが、台座部分はカーボンを使用したりとある意味グレードが高くなっている部分もあります。空間再現能力。そして音楽の喜怒哀楽を伝えてくれるスピーカーです。

Resize0233  
●BRINKMAN Turntable"OASIS" + Tonearm"10.5": \2,430,000(税別)

ダイレクトドライブ方式のアナログプレーヤーと専用アーム。カートリッジもEMTをモディファイしたカートリッジを使用します。

かなりのラインナップになります。明日は本当に楽しみです。皆様のご来場をお待ちしております。

<イベント詳細>

日時 :12月18日(土曜日)午後1時~午後3時
場所 :ダイナ5555 4F H.A.L.3
定員 :20名様 先着順とさせていただきます。残り5席。

進行 :ステラボックスジャパン 堀川氏/ゼファン 安藤氏

お申し込み: 電話、メールにてご予約をお願い致します。

メールでのお申し込みの場合は./上遠野までメールをお願い致します。

|

2010年12月16日 (木)

12月17日 試聴会のお知らせ。(使用機材の予定)

Shtop

★☆★☆復活!新生サウンドハウス☆★☆★☆

いよいよ、明日17日(金曜日)2Fでも試聴会を開きます。
(ナクソスジャパンとの合同試聴会です。
よりまして、音楽紹介ありきで進めさせていただきます。!
ナクソスの方に曲の紹介はしていただきます。)

使用機器予定は以下のとうりです。
組み合わせは今日の夜から選別する予定です。
そう思うと夜から準備で大変です。

今年の冬、ミドルクラスでどのようなモノを買っていいか
迷われている方は来られれば何か一つの目安に
なるかもしれませんよ。

なるべく国産ミドルクラス新製品で固めてみました。
日頃、お世話になっておりますメーカーの商品で
御紹介させて下さい。

時間の限り、御紹介させていただく予定でいるのですが
御紹介できない機器がでてきたら御免なさい。
(使用機器の変更も考えられます。)

----------------使用機器予定----------------
Cimg3883
今、最も気になるプリメインアンプ
LUXMAN L-590AX かなりの秀作で是非、御検討
されることをおススメ致します。

Denon100
デノン100周年記念モデル
もう最終生産に突入しまして年内の完売が予想されるかも
とのアナウンスが入ってきました。上位機種に迫る
クオリティでこのお値段なら買い?では。

Cimg3885
B&W 804sdと805sd ダイヤモンドツイ―タ―による
変更等でさらなる進化を達成!

Cimg3880
YAMAHA NP-S2000 実売二十万円以下で購入できる
商品で 当店2Fでお問い合わせの多い商品であります。
L-590AXと組み合わせて聴いてみたいリクエストも
多いですね。

Haydngrandse
緊急情報!ハイドングランドSE 緊急確保!
ただ、残念なことに本当に残り僅かです。お急ぎください。

Micromegawm10

フランス製 マイクロメガ エアストリームプレイヤー
WM-10 充実した中域と音触は聴いてみる価値が
あるかもですよ。

Cimg3886

DALI ヘリコン400MK2 当店2Fでよくプッシュしている
SPの一つです。このSPでしか奏でられない音色が
あるのです。

Cimg3882

ステラボックスから話題の意欲作DAコンバータ―
TECHDAS D-7も使いたいと思います。

Cimg3887
当店2Fでは B&W、ヴィエーナとともに試聴リクエスト
の多いアイテム クリプトン KX-5 かなり評判も
GOODです。

Cimg3879
最強レシーバー LINN MAJIK DS-I
やはりネットワークPの仕様的には頭一つ
抜きんでている感があります。

Cimg3891
NOAH キャンペ―ンで2Fでプロモーションしている
ブルメスタ― のプリメインと電源コンディショナ-
是非、こちらも聴いてもらいたいですね。
(2Fで大プッシュしています。)
クロームメッキ処理が実に悩ましいです。
Cimg3890

そして、ダイナベストセラーにしてロングセラー
元フラッグシップSACDプレーヤ―
DENON DCD-SA1。
当店では年末SPキャンペーンを
やっています。
(損は無いと思いますよ。是非、御利用下さい。)

試聴会では
時間進行の関係上 紹介しきれない可能性が
ございます。ご了承ください。
(使用機器の変更も考えられます。)

-------------------------------------------

↓試聴会の内容です。↓

新生サウンドハウスお披露目&今や世界に名だたる
クラシックレーベル ナクソスジャパンとの合同試聴会
のお知らせです。

興味ののある方

是非、御参加下さい。!(予約制です。)

オーディオのご購入で迷われている方も是非お越し下さい。!

-------------------------------------------------

ナクソスジャパン&ダイナ サウンドハウス合同試聴会

内容:国産ミドルクラス&ネットワークプレーヤー等による

ナクソス高音質レーベル&新作発表会

日時:2010年12月17日(金) 18:30~20:30

会場: ダイナミックオーディオ5555 

     2階 サウンドハウスにて

     千代田区外神田3-1-18

要予約です。(席に限りがあります。ご了承さい。)

Naxos

ナ クソスジャパンからのお知らせはこちら

内容としましては国産ミドルクラスを中心とした
組み合わせにネットワークプレーヤーやDACも組み合わせた
面白い試聴会にする予定 です。

http://www.naxos.jp/cat/featured/matsumura101102

また、ナクソスとしましても約3年ぶりと思われる
【日本作曲家選輯】の新作発表など高音質レーベルなど
紹介意欲にあふれておりま す。

曲の紹介としましてもナクソスの方にご紹介して
いただきますので聴くのが楽しくなるかと思います。

Cimg3877

■■■■ご参加お待ちしております。■■■ 

↓下記までご連絡くださいませ。

Shtop2F

林(火曜定休) 

hayashi@dynamicaudio.co.jp

とも田(木曜定休)

tomo@dynamicaudio.co.jp
 
電話:03-3253-5555/03-3253-2001
FAX 03-3253-5556
       

営業時間:11:00~20:00

★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆

|

2010年12月15日 (水)

Today's lunch!! Vol.80

今日はランチの話題のはずが実際に更新出来たのは夕食時よりも遅い時間帯になってしまいました。本当に腹ペコです~(^_^;)そんな時間に昼食を思い出して書き込みしているのですから酷なことです(笑)そして、今日のランチで食べてきたメニューの名前は何と!!「がんこちゃんセット」というもの。何だか想像できますか? そうです、今日のお店はToday's lunch!! Vol.8で紹介している「新宿ねぎし」でした。このメニューの紹介よりも先ず写真を!!

20101215

牛タンがメインのお店ですが、Vol.8でも述べているように食材が値上がりして一時は足が遠のいたものですが、これは薄切り赤みのタンということで、食感は少し歯ごたえがありますが味はよろしい。軽くお代わり出来てしまいます。そして、トロロの味付けがいいので更にお代わり出来てしまいます。でも、昨日の失敗があるので今日は控えめに(笑)でも、がっつりお代わりしましたが麦飯の消化がいいのでしょうか、夕方にはお腹空いてしまいました。明日は木曜日で定休なので、アキバ・ランチはありません(笑)今夜は空腹に負けて多くを語らずでお仕舞いにしましょう~(^^ゞ

|

EMM LABS「CDSA SE」特価のお知らせ。

Xmassale_2

2010年ももうすぐ終わりですね。PCオーディオの流れを感じた1年ですが、振り返るとPLAYBACK DESIGNS「MPS-5」やCH PRECISION「D-1」、国産だと「TAD D-600」、ESOTERIC「K-01」などの高級SACDプレーヤーが相次いで発売されました。SACDでなければ出せない音というのも確かにあり、またドライブメカのある製品はメーカーにとっても作りがいがあるのではと思います。個人的にもディスクプレーヤーにはモノとしての魅力も感じます。

さて、本日はSACDと深くかかわりのあるエド・マイトナー率いるEMM LABSの「CDSA SE」の特価品をご紹介致します。

Resize0232

精悍なブラック仕上げ。特徴はCDフォーマットをDSD信号の2倍にあたる5.6448MHZへのアップサンプリングとディスクリート・デュアル・ディファレンシャルのD/A回路搭載の2点です。

音は瑞々しさと深さを感じます。下手なプレーヤーだと高い音が耳に付くことの多い、ヴァイオリンソロがとにかく素晴らしいです。再生したスピーカー、SONUS FABERの「GUARNERI MEMENTO」は長く展示している製品なので、数え切れないほどのシステムで鳴らしていますが、自然と耳が吸い寄せられてしまいます。やはりSACDはいいな・・・と暫く思っていたのですが、ディスクを変える際にCDだと気付く始末。やはり上記アップサンプリングが相当効果的なのだと思います。

トレイが不安定だった初代「CDSD」のイメージをお持ちの方もいらっしゃると思いますが、動作は非常に安定しています。どうぞご安心下さい。

去年出た製品ではありますが、サウンドはかなり魅力的です。とにかくまずは聴いて頂きたいCD/SACDプレーヤーです。

EMM LABS「CDSA SE/2009年版」 定価\1,890,000
http://www.highend.jp/EMM_CDSA_SE.htm

展示品販売価格\1,100,000(税込)

ご試聴、お問い合わせをお待ちしております。

       -*-*-*-*-*-*-*-*-*-

お問い合わせはH.A.L.3島(shima@dynamicaudio.co.jp)、上遠野(ken@dynamicaudio.co.jp)までお願い致します。

|

LINN LP12&Mclntosh

1215_2
先日からお伝えの通りLINN DSの話題は事欠かないのですが、
相変わらずなのはむしろこちらのLP12でしょうか。

デジタルがどれだけ進歩しても、
アナログ(レコード)は気にしません。
気にしないのですが、今もなおゆっくり楽しみの範囲を広げています。

デジタル再生のかたわらにレコード、
レコードプレーヤーのかたわらにデジタル、
今までもこれからも、このかたちは変わらないのです。

レコードを買って針を落とすまでのワクワク感は、
データ再生に取って代わる事なんてありませんからね。

LINN:LP12system
Mclintosh:pre amp C500C/T&power amp MC501
Music:PSYCHO AFRICAN BEAT/PSYCHEDELIC ALIENS

 

これで強めのアフリカンビートが気持ち良く楽しめてます。
意外と言うか、やっぱりそうなんだなー、という快感。
シンプルにC500のフォノイコを使用して鳴らしていますが、
内蔵のフォノイコの質の良さを改めて感じました。

Mclntoshもクレジットキャンペーン大好評につきまして続行中です、期間は年内のご注文までとなっておりますのでお考えの方はお早めにお問い合わせ下さい。もちろん、JBLもこのクレジットキャンペーンの対象製品となっております。

とは言え、今週末の新旧AKURATE DS比較は楽しみです、特に時間を決めているわけではありませんので営業時間内にお越し頂ければご試聴可能です。

皆様のご来店をお待ち致しております。

5555 3F柴田

12151

ダイナミックオーディオ 5555 3F
Phone. 03-3253-5555
赤塚 akatsuka@dynamicaudio.co.jp
柴田 shibata@dynamicaudio.co.jp

|

2010年12月14日 (火)

Today's lunch!! Vol.79

今回は先ずこんな写真からご紹介しました。これを見ただけでどこか分かる人は結構アキバに詳しい方だと思います。

2010121401_3 2010121402_2

食べて きてから二時間程経過しようかというのに、満腹でお腹が苦しくて大変です(^^ゞそんな腹減らしにとって貴重な存在のこのお店、店の奥にはこんなガラスの彫刻がどで~んと据え付けられています。  Today's lunch!! Vol.19で紹介している“雁川”です。ここの従業員さんはとにかく元気で声が大きい、そして更に長身で白衣姿のマスターがそれに輪をかけて声が大きい!!(^^ゞ ランチタイムでは8種類くらいの定食があって、どれもボリュームたっぷり。しかし、今日は日替わり定食「肉ニラ黒コショウ炒め」を頼むことにしました。なんと、昨2010121403日と同じようなおかずですがボリューム満点。

しかもお代わり自由なのですから、腹減らしの味方ということで若者からサラリーマンまで幅広い客層で毎日混んでいます。もちろん、私もお代わりしましたが、それかせ後になって苦しくなってしまうほどの満腹状態。そうそう、満腹と言えば例の漫画でも紹介されています。

さて、このお店には外国人の来客も多いのですが、私が円卓で食事していると30代くらいのインテリ風メガネをかけた白人の旅行者が隣に座りました。私は無視して食べていましたが、料理が出てくるとなんと彼は両手を合わせて「いただきます」と言ったのです。

日本人の私は毎日外食していても「いただきます」の言葉をお店では言わなくなってしまいました。いや、自宅でも言わなくなってしまいましたが、ちょっと驚きました。そして、日本人の習慣が本当は文化であるはずなのに、それを私たちは忘れてしまっているんだな~と反省もしたところです。世界中で「いただきます」と「もったいない」という言葉を持っているはずの日本人が、これではいけないでしょう!! でも、明日からは外食しにいって言うかな~? 皆さん、どう思いますか~(^_^;) それにしてもお腹苦しいよ~「いただきました!!」(笑)

ちょび&姉ちゃんの『アキバでごはん食べたいな。』
 ~中華料理 「雁川」編~ 

|

SOULNOTE『ゆく年くる年アクセサリープレゼントキャンペーン』

 明日15日より、SOULNOTEのゆく年キャンペーンが始まります。今回、新製品とし12月24日に発売されるアクセサリー2製品とオリジナルケーブルがプレゼントとなります。これからシステムをそろえようと検討されている方には非常にお得なキャンペーンとなっていますので、この機会にどうぞご利用ください。

 期 間 2010年12月15日 ~ 2011年1月20日

 その1 SOULNOTEオリジナルクロス(MC-350)をプレゼント
      対象:SOULNOTE製品(アクセサリーを除く)をお買い上げの方

 その2 オリジナルインシュレーター(SP-330)をプレゼント

      対象:sa3.0、sa1.0R、sm10、ss10をお買い上げの方

 その3 オリジナルケーブルをプレゼント
      対象:同時に2台以上お買い上げの方

詳しくはお問い合わせください。

 <新製品情報>
 ・ミクロスタースエードクロス MC-350 \1,575(税込)
  フロントパネルやトップカバーを傷めることなく汚れやほこりをふき取れるクロスです。

 ・インシュレーター SP-330 \1,575/1個(税込)
  スパイクと同じ素材のインシュレーター。

 SOULNOTEのつくるアクセサリー(ケーブル)は色付けが少ないため、SOULNOTE製品以外の機器でのご利用にもオススメです。

 1Fに移動して音もだいぶなじんできました。試聴の多いsa3.0とsa1.0Rの聴き比べやDACの聴き比べなどできますので、お気軽にご来店ください。

1F 小山

|

2010年12月13日 (月)

UTY15について

Uty15_3  生産完了

UTY-15の配線

Uty15  配線にはプリント基盤を用いるのが一般的です。しかし、いくら高価なプリント基盤を用いても、プリント基盤固有の音が音楽に付加されてしまいます。したがって、UTY-15では上杉研究所のほかのアンプと同じく、手間暇のかかるラグ板配線としております。このラグ板配線は補強構造を採用した、1.6ミリ厚のメッキ仕上のメタルベースにガッチリと固定されていますから制振対策も完璧です。最近のアンプでは、プリント基盤による配線が常識となっていますが、これは製造コストを大幅に削減できるからであって、性能面で採用されているのでではありません、美しい音と直結する配線歴40年のベテラン職人グループによる美しい手作業配線にも御注目下さい。

UTY-15の使用部品

Uty15_4

トランス類は当社の他アンプと同様に、ISO製のトランス類の特徴は、信頼性が非常に高い事、バラツキが皆無であることに加えて、トランス設計技術スタッフがネガティブフィードバック(NFB)アンプを熟知していることで、その結果、NFBが非常に安定に掛かるという事です。私はISOのトランスを大変気に入っており、もっと早くISO製のトランスを使用しておけば良かったのに…、と後悔しています。

真空管は共産圏諸国で製造されたものではなく、すべて真空管全盛期に製造された優秀品を使用しています。ECC83は松下電器産業Kk製造の特注品、ECC82/6189はフィリップスECG製、6L6GCはGE製を使用しています。こういったヴィンテージ物の優れた真空管の豊富な在庫は、今では上杉研究所の宝物となっています。これらの真空管は定温度/定湿度につとめた地下室で保存しております。

抵抗/コンデンサー類はパナソニックエレクトロニック(旧松下電子部品)に特注した優秀品で、高信頼設計となっています。創業時から使用していますが、抵抗/コンデンサーが原因によるトラブルは一度も起こした事はありません。

シャーシは上杉研究所の他のアンプと同じく、精密板金加工の兵庫無線kkに依頼した特注品です。接合部にハンダを流してヤスリで仕上るといった凝った作業をしており、職人技が見事なシャーシです。補強板を各部に配し、必要充分な制振対策をしております。

UTY-15の回路構成

 真空管式/トランジスタ式を問わず、簡易型プリメイン型アンプに好んで用いられる回路構成は、パワーアンプ部をハイゲイン設計として、プリアンプ部を省略してしまう方式です。この方式のメリットは、信号通過系がプリアンプを通らない分だけシンプル化される結果、音の鮮度の老化が少ないという事です。SACDCDなどの信号源が理想のものあれば、この考え方に賛成ですが、CDよりも優れるSACDであっても、理想とは大きくかけはなれているのが実状です。したがって、プリアンプを通す事によって、より聞きやすい音/楽しい音を演出する方が良いと、上杉研究所では考えています。UTY15のプリアンプはECC83による1段構成NFとしており、14dB5倍)のゲインをもたせております。ボリュームコントローラーはプリアンプの出力側に設けているために、実用上のSN比が大幅に改善されています。したがって、高能率型スピーカーシステムと組合せてもSN比の面で問題を生ずる事はありません。パワーアンプ部は、高性能と高安定性を両立させたムラード型です。プリアンプ部のみならず、パワーアンプ部の初段と位相反転段のヒーターを直流点火とするという贅沢で手法により、優れたSN比を得ています。パワーステージにはプレート損失が30Wと非常に大きな6L6GCを使用し、これをウルトラリニア接続プッシュプル動作とし、高能率と高信頼性を両立させてします。6L6GCプッシュプル動作の場合、50W以上のパワーが取り出すことが出来ますが、UTY-15では20W+20Wと控え目な動作とし、信頼性と長寿命化を図っています。パワーステージのバイアス回路は、安定性の面で大変優れたセルフバイアス動作方式としており、1本の6L6GCに専用の1つのバイアス回路を設ける事により、高い信頼性を確保しています。ネガティブフィードバックは、出力端子から初段管のカソードに13dB掛けており、薄化粧をして音を整えています。出力には、16Ω3種類の端子を設けていますから、最新型のスピーカーからヴィンテージ物のスピーカーのすべてにベストマッチングいたします。パワーアンプの心臓部ともいえる電源部は、充分過ぎるほどの余裕度を持ったパワートランス、大容量コンデンサー、チョークコイルで構成しており、これがパワフルなサウンド/スケールの大きなサウンドの根源となっています。

UTY-15開発の動機

 英国のスピーカー・メーカーのタンノイ社からの要請により、2002年にタンノイ・スピーカー用ドライブアンプのUT-50を、エソテリックから発売させていただきました。UT-50にはタムラ製作所のトランス類を使用しており、400台限定生産品でしたが止むをえず270台で生産中止となってしまいました。生産中止の理由は、400%に近いトランス類の値上げの通知を受けたからです。上杉研究所へのトランス納入価格が約30年前から値上げ無しだった事を考えると、この大幅は当然といえましょう。性能が向上してもいないのに、そのトランス類を使用して、UT-50を大幅な値上げして販売することは、ユーザーの方達を騙すような結果となってしまいますので、UT-50270台で販売を中止とさせていただいたのです。タムラ製作所のトランス類の魅力は、上杉研究所への納入価格が安いことでした。パネルやツマミ、ステンレスパイプなど特注機構部品は、すべて400台分発注していた為に、残りの130台分の在庫があります。これを処分してしまう事は大変もったいないです。このような訳で、あまった機構部品を活用し、新しくプリメイン型アンプのUTY-15100台限定で発売させていただく事なった次第です。スペース的にセパレート型を使用することできない、といった方達にUTY-15をおすすめしたいこと考えています。シンプルな回路でまとめた、本格的なプリメインアンプを内蔵させていますので、UTY-15はお買い得品と自負いたしております。

担当林 泰夫...hayashi@dynamicaudio.co.jp

|

1F Soulnoteの音

どうもこんにちは。
 
久しぶりの更新になります。今度は1FからUPしていきます。
奥のスペースにSOULNOTEを入れています。その音とは!?
SoulnoteCD :SC 1.0
AMP :SA 1.0R
SP :SM 10
(DAC:SD 1.0)
 
早速試聴。
試聴CDはAudiophile Recordingsの『Uncompressed World Vol.Ⅱ』です。
以前EMM LabsPre2の試聴時も使いましたが、良いCDです。
1曲目、Benedicte Torget『Sleep Awhile』を再生。
冒頭のボーカルとPfだけの部分で、後ろの静寂に驚きました。
 
女性ボーカルですが、息遣いやリップノイズの生々しさが感じられ
温かみのあるボーカルとは裏腹にピアノのカツーンと響く音もしっかり
再生されて出てきます。
 
Sm10同軸ユニットの定位の良さ、
下向きに設けられたバスレフ
も低域を豊かにするが、
全体のまとまりは良いと感じます。
 
すぐにパーカッションがガラスというかグラスかな?
リズムを打ち始めますが、その響も物足りなさを感じることは
ありません。これだけ壁から距離をとっていますが、
ベースの反応は良く、量感のある音です。
 
途中、DACを使ってみました。
滑らかさが増し、瑞々しさが出て音楽の躍動感、
またダイナミックレンジも豊かに感じられました。
 
SOULNOTEをお探しの方、買い替えを検討の方、
セカンドシステムをお探しの方へ是非お勧めしたい製品です。
試聴大歓迎、今回紹介したCDもSPDにて取り扱っております。
 
5555 / 1F Accessory Mall / 武田でした。
mailto takeda@dynamicaudio.co.jp mailto

|

LINN AKURATE DS/K.

1213akurate
写真は旧AKURATE DSです。

先日もお伝えしましたが、現在お問い合わせを大変多く頂いております。
ご来店頂きましてのご相談も非常に多く、
新型AKURATE DS/Kへの期待と関心の高さを実感しております。

これまでのAKURATE DSも十分な満足度であった事は間違いありませんが、
新型はさらにその魅力を惹く充実度、この音は実感頂ければお分かり頂けると思います。

すでに様々なところからご情報は出ているとは思いますが、
新型AKURATE DS/Kは120台入荷分までは¥924,000(税込)です。
それ以降の、というより正規定価は¥997,500(税込)です。

すでに相当数のご予約を頂いております中ですので、
お考えの方がいらっしゃいましたら是非お早めにお問い合わせ、ご相談下さい。
とは言え、すでにご予約頂いておりますお客様分も年内のご納品は難しい台数も出ておりますので現在ご予約頂いたとしてもお渡しは年明け以降になる可能性が非常に高いのですが、もちろんご予約順となりますので少しでも早くご予約頂けますと幸いです。

先日お知らせしました通り、12/18(土)、19(日)は3Fにて新旧AKURATE DSを並べますので、是非実際に試聴頂きたいと思っております。

そして、ここらが更に強力なお知らせ内容です、現在LINN DS下記製品新規ご購入につきましてのトキャンペーンを行っております。

これに加えまして、3FではLINN DS製品限定のクレジットキャンペーンも行っております、クレジットキャンペーンの詳細はお問い合わせ下さい。

どちらのキャンペーンも「2010年12月末日ご注文分まで」となっております。

※今回のキャンペーンは3Fフロアー独自の内容も含まれますのでキャンペーン内容につきましてはご来店もしくはお問い合わせにてご確認頂けますと確実かと思います。キャンペーンは残り期間が少なくなっておりますのでお間違えのないようご確認下さい。

もちろん、これからLINN DSの導入をご検討頂いている方等、LINN DSセットアップに関してのご相談、お問い合わせも随時お待ち致しております。現在も色々とアップデートされて使用環境はどんどん良くなっていますが、MacユーザーとしてはKinsky Desktopが使用出来るようになった事は、何だか嬉しいですね(SnowLeopardのみですが)、LINN DSのMac操作環境もどんどん充実してますよ。

5555 3F柴田

Akds_silver_front_top_

Images

LINN AKURATE DS-K ¥997,500(税込定価)

ダイナミックオーディオ 5555 3F
Phone. 03-3253-5555
赤塚 akatsuka@dynamicaudio.co.jp
柴田 shibata@dynamicaudio.co.jp

 

|

Today's lunch!! Vol.78

今日の東京は寒い雨降りの一日になりそうです。そんな時には遠出はしたくありません。結果的には当店の目の前にある店“泰園”に駆け込むことにしました。ここもToday's lunch!! Vol.3 で紹介したのはもう4年前ということになります。通算したら20年近く通っていると思います。そして、この店は雰囲気も変わらなければメニューの内容も大きな変化はありません。逆にそこがいいのかもしれませんが、ほぼすべてのメニューを食べ尽くしているので今日は何にしようかと考えてしまうことしばし。最近はワンタンスープと焼きそばという組み合わせで頼むことが続いていました。以前からの述べていますが、とにかくレトロなスープといいましょうか、魚系のダシが美味しいので好物のワンタンが他にはない味でgood!! で、今日は手書きのランチメニューから「野菜炒めライス・麻婆豆腐付き」を頼んでみました。まあ、確かに写真写りがいいという見栄えではありませんが、こんな感じです(笑)

20101213

ここの麻婆豆腐、実は私好きなんです(^^ゞダシは共通だと思いますが、本格中華というわけではなくて和風の味付けでご飯に良く合います。それからスープそのものもほんのり生姜の風味があっていいですね~。野菜炒めの見た目は豪快なボリュームということで色目のいいものではありませんが、ごろごろっと豚肉が入っていてご飯の友という感じでまずまずです。労働者の昼飯(笑)という感じでしょ!! でも、不思議と愛される店なのか昼時は混みあうこともあって庶民的な飯処という感じです。またお世話になることでしょうm(__)m

|

新生サウンドハウス17日(金)お披露目&合同試聴会のお知らせ。

Shtop

★☆★☆復活!新生サウンドハウス☆★☆★☆

2Fフロアにおいて、2週間まで隣りのビルで営業していました
サウンドハウス。お客様からどうしても残してほしいとのご意見
が大変多かった為、ダイナミックオーディオでは皆様のご意見を
反映しましてサウンドハウスのエッセンスを十分すぎるほど
詰め込んだフロアをサウンドハウスフロアとして創設しました。!

メンバーも元サウンドハウス店員で営業致します。
(ですからノリは一緒です。)

実は12月1日ぐらいから仮営業してはいましたが
お客様のご来店が大変多くなかなかUPしにくい状態でした。
(夜な夜な準備をしていまして昨日HP等やっとある程度の
準備はできました。)

そこで、本日はフロア内のご紹介と新生サウンドハウス
お披露目&今や世界に名だたるクラシックレーベル
ナクソスジャパンとの合同試聴会のお知らせをこの場で
いたします。

興味ののある方

是非、御参加下さい。!(予約制です。)

オーディオのご購入で迷われている方も是非お越し下さい。!

-------------------------------------------------

ナクソスジャパン&ダイナ サウンドハウス合同試聴会

内容:国産ミドルクラス&ネットワークプレーヤー等による

ナクソス高音質レーベル&新作発表会

日時:2010年12月17日(金) 18:30~20:30

会場: ダイナミックオーディオ5555 

     2階 サウンドハウスにて

     千代田区外神田3-1-18

要予約です。(席に限りがあります。ご了承さい。)

Naxos

ナクソスジャパンからのお知らせはこちら

内容としましては国産ミドルクラスを中心とした
組み合わせにネットワークプレーヤーやDACも組み合わせた
面白い試聴会にする予定です。

http://www.naxos.jp/cat/featured/matsumura101102

また、ナクソスとしましても約1年ぶりと思われる
【日本作曲家選輯】の新作発表など高音質レーベルなど
紹介意欲にあふれております。

曲の紹介としましてもナクソスの方にご紹介して
いただきますので聴くのが楽しくなるかと思います。

また、オーディオの組合せの妙といいますか
当店でセレクトした話題の新製品で鳴らす予定です。
選定機器も後日発表します。ご期待下さい。!

-----------------------------------------------------

サウンドハウス内はこうなっております。(試聴ブースは3つあります。)

Cimg3877試聴ブース1(メイン)

Cimg3876 試聴ブース2(リアルE-DYNA)

Cimg3878 試聴ブース3(マンスリーコーナー)

■■■■ご参加お待ちしております。■■■ 

↓下記までご連絡くださいませ。

Shtop2F

林(火曜定休) 

hayashi@dynamicaudio.co.jp

とも田(木曜定休)

tomo@dynamicaudio.co.jp
 
電話:03-3253-5555/03-3253-2001
FAX 03-3253-5556
       

営業時間:11:00~20:00

★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆

|

2010年12月12日 (日)

あの懐かしのアナログ球手箱も復活しました。!

3ftop

★☆★☆★☆復活!アナログ球手箱★☆★☆★☆★☆

ご指名の多かった真空管コーナーですが
ご安心ください。

通なファンに対してご要望の多かったアナログ球手箱も
復活しました。

詳細はまた後日お知らせいたします。

■■■■◇ご期待下さい。!◇■■■

2F サウンドハウス内:担当 林 

:Mailhayashi@dynamicaudio.co.jp

電話:03-3253-5555    03-3253-2001       

営業時間:11:00~20:00

定休日:火曜日

Shtop

★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆

|

今週末の目玉

今週末は12/18(土)にステラ&ゼファンの試聴会がございます。

http://dyna5555.cocolog-nifty.com/5555blog/2010/12/hal3-1c39.html

まだ席に余裕があります。お申込みお待ちしております。

D7
それに伴い、週末は多くの新製品が入荷します。個人的には上記試聴会でお披露目するステラボックスのブランド「TechDAS」に注目しています。

Taoc

その他、TAOCの「FC4500」が今週末12/17(金)にやってきます。国産スピーカーが少ない中、本格的なフロアー型スピーカーです。FCシリーズの第2世代ということで期待しております。入荷しましたらまたお知らせ致しますが、是非ご注目下さい。

       -*-*-*-*-*-*-*-*-*-

お問い合わせはH.A.L.3島(shima@dynamicaudio.co.jp)、上遠野(ken@dynamicaudio.co.jp)までお願い致します。

|

お待たせしました!NET-SHOP便り5555店にて復活です。

Netshop_2

★☆★☆★☆NET-SHOP便り★☆★☆★☆★☆

皆様。お待たせしました。約2週間ぶりにBLOG
立ち上げました。

しかも、新拠点となるかなり広いフロアでご紹介
できることになりました。

話題の機材をご紹介できればと
考えております。

取り急ぎUPしましたことをこの場でご報告致します。

よろしくお願いいたします。

(詳しくは試聴会のお知らせ等色々ございますので
後日またお知らせいたします。)

■■■E-DYNA便りご期待下さい。!■■■

tomo@dynamicaudio.co.jp
 
TEL 03-3253-5555 / FAX 03-3253-5556

5555店 2F サウンドハウス

TEL 03-3253-5555

NET SHOP 担当 とも田 

★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆

|

5階からのお知らせです。

5階からのお知らせです。

5階のトップページが新しくなりました。
まだブログと特価情報しか見られない状況ですが、今後はおすすめ製品や展示製品など随時更新予定です。
コンテンツは現在、急ピッチで作成中です。
徐々に増えていきますので、お楽しみに!!
http://www.dynamicaudio.jp/5555/5/

トップページが新しくなったのに伴い、ブログをこれまで使用していたココログから人気のアメーバブログ(アメブロ)に変更してます。今後は、5階独自のカラーを出して、皆様により楽しんで頂きたいと思います。新メンバー3人でこれまでとは少し違ったブログを作っていきます!!
http://ameblo.jp/5555-5f/

amano@dynamicaudio.co.jp Dyna5555 5階天野

|

Today's lunch!! Vol.77

今日は面白いことを発見しました!!googleで「Today's lunch!!」と検索すると9番目にヒットしました。ホントかな~と思いつつyahooでやってみても同じ9番目です。だからどうした、と言われてしまうとそれまでですが、話のタネにという程度のネタでした(笑)

さて、今日のランチはどうしようか~、と思った時に日曜日であることを思い出す。こんな日には行きつけの小さいお店はどこも一杯。でも、ここだったら先ず間違いなく入れて美味しく充実しているというのかToday's lunch!! Vol.71でも紹介しているここ。火楽 ~Karaku~ 秋葉原です。ここのメニューも初めて行った時から色々と変わりました。

私はToday's lunch!! Vol.67でも述べていますが、「牛の炙りステーキ定食」を良く頼んでいました。実は、このステーキ用のお肉は開店以来二回変わっています。メニューは同じでもお肉という食材が変わって結構味わいも変わるものでしたが、今年からだったか「炙りハラミ定食」に変わりました。ハラミと言えば焼肉屋さんでお馴染みですが、肉厚のハラミを炙りで調理するという一風変わったもので他の店にはないメニューです。さあ、出てきました~

2010121201_2

2010121202_2

見た目は大して美味そうに見えませんが(失礼!!)以前のステーキと比べても味わいがあります。歯ごたえも相応にありますが、ご飯のおかずという面では食が進むので好きなメニューです。

ただし、黙っていると甘辛のつけだれで出てきますので、私が推薦する味を試してみたい時には「ダイナミックの川又さんと同じ塩で…」と↓この女性、高橋さんか店長の元村さんに言うとやってくれます(^^ゞ

2008051403

このランチで嬉しいことはおかずの料理以外はすべて無料でお代わり自由ということで1,000円ポッキリなんですね~(^^♪そして、やはり夕方になるとお腹が空いてくるということで消化もよし!!私は夜もしばしば利用しますが推薦いたします。従業員の質良し味よし、そしてJR秋葉原駅の改札を出て30秒以内という立地も魅力でしょう。一度お試しください!!

|

Classe/CA-2100,CAP-2100が最終特価です

カナダのClasseの最終特価のお知らせです!

DYNA5Fのブログ-classe

http://www.classeaudio.jp/product/ca2100.html  


CAP-2100
(プリメイン)

DYNA5Fのブログ-cap-2100

プリメインながらSPを十分に駆動させる能力を持ちながらもClasse特有の上質な音色はセパレートに肩を並べるアンプです。タッチパネルの利便性も積極的に使いたい物です。個人的にセパレート以上にこのCAP-2100に好感があるのですよ。SPを軽快にドライブしますよ。

SPとの組合わせも選ばずどんな音楽にも合いますしオススメです。

モデル生産終了に伴う、新品の一台のみの最終大特価です!

●定格出力:100W×2(8Ω)/200W×2(4Ω)
●周波数特性:10Hz - 155kHz +0/-3.0dB
●SN比:95dB(typ)
●歪率:0.005%
●ゲイン(プリアンプ部):-100dB~+14ddB
●ゲイン(パワーアンプ部):29.1dB
●感度:1.0Vrms
●消費電力:188W
●ライン入力×3系統
●バランス入力×1系統
●テープ系入出力×1系統
●RCAメイン出力(プリアウト/シングルエンド)×1系統
●スピーカー出力×2系統
●最大外形寸法:445mm(W)×121mm(H)×419mm(D)
●質量:23kg

CAP-2100 定価¥892,500→545,000→更に最終大特価!!

お問い合わせ下さい!

CA-2100(ステレオパワー)

DYNA5Fのブログ-ca-2100

値段が安いとゆう意味ではなく、音としても個人的に気に入っているアンプなのです。100wですが4Ωで200wを保証していますし、ほとんどのSPを十分にドライブします。音色はClasseのシルキーで気持ちのよい音色に加えて設置の良さも褒めて上げたいですね。Classeはパワーアンプが有名ですがパワーアンプとして大きな主張をするとゆうより、プリアンプとSPの性能をさらけ出すような魅力があります。

2100は2200と比べて重圧感こそわずかに劣るものの、シンプルでストレートな音は2100の良さなのです。組合せを選ばないのも良いですね。

価格もお手ごろなので最終の2台あるのでバイアンプも良いですよ!2200を大きく上回るでしょう!バイアンプにご興味ある方は是非お試あれ

●定格出力:100W×2(8Ω)/200W×2(4Ω)
●周波数特性:10Hz - 155kHz +0/-3.0dB
●SN比:105dB
●歪率:0.003%
●ゲイン:29.1dB
●感度:1.0Vrms
●消費電力:172W
●ライン入力×1系統
●バランス入力×1系統
●スピーカー出力×2系統
●最大外形寸法:445mm(W)×121mm(H)×419mm(D)
●質量:21kg

CA-2100 定価¥630,000→395,000→更に最終大特価です!→お問い合わせ下さい!

宜しくお願いします

↓以下問い合わせ↓

諸石/5F(水曜定休)
03-3253-5555

mail to:moroishi@dynamicaudio.co.jp 

|

« 2010年12月5日 - 2010年12月11日 | トップページ | 2010年12月19日 - 2010年12月25日 »