« 2010年10月3日 - 2010年10月9日 | トップページ | 2010年10月17日 - 2010年10月23日 »

2010年10月16日 (土)

6F 続・航海者~…

どうもこんにちは。なんだかお日様が元気です。
 
さて、本日ムラヴィンスキーの音源を手に入れたので
さっそくYG AcousticsVoyager』で試聴しました。
Thorens_td550_2THORENSTD550/AS212SOrtofonアーム付き
何せ鏡面仕上げなので、テーブルにカメラが
ばっちり映っています。カートリッジは
DENONDL-102』です。
  
チャイコフスキーのピアノ協奏曲第1番~変ロ短調作品23
ピアノはスヴャトスラフ・リヒテル。オケはもちろん!
レニングラード・フィルハーモニー管弦楽団です。
 
モノカートリッジなのでお察しだとは思いますが録音自体は
1950年代前半だそうです。残念ながらオリジナル盤ではないです。
アナログの最大の欠点はオリジナルと復刻ではずいぶんと
音の鮮度が違うことですね。でも最初からオリジナルに拘らずに
演奏を聴いて気にいってから探すのが楽しいと思います。
 
先にフォノイコライザも紹介しておきます。
Burmester_100Burmester100
来ました!サブソニックのON/OFF
やはり前面に付いていると操作が楽です。
真中のメーターがニクイ演出。
 
この文章は聴き終わってすぐ書き始めています。こちらも鮮度命です。
Voyager_yga既にEast Activeのページでも公開していますが、
真中に座った頭の位置から撮影しました。
EVERESTもばっちりでています。Voyager
振りを大き目に設置してあります。
 
再生と同時にモノなのでエネルギーは真中に集中しています。
1番驚いたのは3楽章を聴いた時でした。ピアノという楽器は
倍音成分がたいへん豊かな楽器です。1つの音だけでも
1オクターブ上の音に始まり、3度、5度の弦も揺れます。
そうして基音がピアノという個性を帯びて出てくるわけですが
柔らかい音だったりコロコロと転がるような軽快な音に感動しました。
 
ソースの情報に左右されるのはもちろんですが、ある意味
外見からは想像ができない音を表現してくれたとも思います。
 
ここでBurmesterのフォノも音楽を無理に脚色しようとはせず、
レコードに刻まれた信号を広帯域で大切に増幅してくれてるのだ
と考えました。最初の方で情報を無駄にすると取り戻せないので
重要な部分です。もっと派手な音がしそうなイメージでした。
 
さてさてモノ音源ですが、目を瞑るとステージが浮かんできます。
定位が縦方向だけではなく横にもある気がします。
しっかりセッティングしてあるとモノ音源も面白いですね。
昨日のブログで紹介した通り(No504No512)もともとはAnat2
という名前のスピーカーであったVoyagerです。
名付け親の店長川又より資料をもらいました。
Firstgeneration_anat初代のAnatの写真です。
こういう生き物いますよね~
とか言ったら殴られそうですが
なんともたくましいお姿。
 
おそらくこれはこれで意味があり、合理的な形として辿りついたと
思うのですがどんな音だったのでしょうか?続きはまた今度!
 
今日の音楽には感動したのですぐに書いておきたかったのです。
モニターと呼ぶと味気ないようでもったいないスピーカーです。
アンプはAyreKX-R』『MX-R』でした。18日(月)引きあげです。
試聴大歓迎、お待ちしております!
 
5555 / H.A.L.Ⅱ / A.武田でした。
mailto takeda@dynamicaudio.co.jp mailto

|

Esoteric 8N Reference USB Cable 発売!!

こんにちは。

今日も気持ちのいい秋晴れです。
ぜひ秋葉原へおこしを。

P1060036 今日のご紹介商品は、Esotericから注目のUSBケーブル
“8N Reference USB Cable”
発表から発売までずいぶんと待たされましたが、ようやく発売となりました。開封してみると、なんと箱はハードケースでした。ケーブル自体は固くもなく柔らかくもなくですが、接続角度によっては端子にややテンションがかかるかもしれません。
P1060037 P1060038 プラグは真鍮削り出しで24K直金メッキ仕上げ、導体にStressfree 8N Cuを使用、φ0.12×5本芯線を6本、それを6芯撚りの構造にしています。
ノイズ対策は信号線をまずアルミ箔テープで、さらに6N銅線編組シールドで被覆。最終的に撚り合わせた6本を更に6N銅線編組シールド編組ポリウレタン皮膜銅線により2重シールド構造にしており、徹底した対策がとられています。

ケーブル自体は非常に良く作りこまれたものということがわかりましたが、問題は音質です。どんなにこだわって作ったケーブルでも、音が悪ければはっきりいっていらないですね。

未使用からの試聴なので、とりあえずあっさりと試聴してみます。比較はAcousticReviveのUSB-1.0SP、電源部と信号部で2本にわかれているモデルです。

はい、違いますね。アコリバのケーブルをWireWorldのスターライトと比較試聴した時は、アコリバがよく鳴っているように思えたものですが、EsotericのUSBは上をいきました。音色的な部分での大きな違いというのはありませんでしたが、音が上から下までさらによく出てきます。細かな部分の情報量も増えていますね。あとはやはり音と耳の間に空間が出来ました。大まかには、より上のグレードのケーブルを試聴した時と同じような変化を感じる事が出来ました。
高域はしっかりと出ていますが、いわゆるEsoteric的な音のきつさはあまり感じません。多分導体が8N Cuというあたりがその特徴として現れているのかもしれません。

試聴機は本日入荷、来週には返却しなければならないのでエージングをじっくりとした後の試聴が出来ない事が残念ですが、この土日は店頭にてご試聴いただけます。
ぜひご来店、ご試聴いただければと思います。

それからもうひとつ、この商品とくに限定モデルとは謳っていませんが、実際のところは数に限りがございます。お考えの方はお早めに。

現在店頭在庫はございませんので、お持ち帰りは出来ませんのでご了承願います。

こちらからもご購入出来ます ⇒ ご購入ページへ

その他お問合せ等もお待ちしております。

mail / ohta@dynamicaudio.co.jp
担当 / 大田

|

2010年10月15日 (金)

6F 航海者と名のつくもの

どうもこんにちは。少し動くと汗ばむ気温です。例えば90kgの
スピーカーを持つとか。それも明日以降は落ち着くようです。
 
当店の7Fにて演奏しておりましたスピーカーが登場。
Yg_voyagerYG AcousticsVoyager
日本では扱っていないため
100,000.00という表記です。
コンシューマではなくプロ機です。
 
通常メーカーページが存在しますが、このモデルにはありません。
理由はこちらをご覧ください→No.504
 
日本で展開しているYG Acousticsのフラッグシップは
ANAT Reference Ⅱ』になります。アルミのボディは総重量で
150kg近いものです。しかしこの『Voyager』は90kg超えという
比較的“軽い”部類と言えます。2人で持てるなら軽いと思い込む
ようにしています。
 
さて移動に関しての一連の作業には怒涛とも言える場面も多々
ありましたが今回は省略しましょう。
 
恐らく私が6Fに来てから鳴らしたYGCARMELのみです。
仮想同軸を搭載したYGをここで聴きたかったので楽しみでした。
 
下側の左右両脇についてるウーファーはアクティブスピーカーです。
正確なメモリではないのですが、おおよそ35Hzより上で減衰する形
でセット。上側の部分だけでも聴覚的に1番わかりやすい低域は
充分に出ているので低域の空気を動かす感じ、そして残響のため
という音量でセッティングしました。
ここで音量のメモリを上げるともたついた低域で全体的にしまりが
無く、この部屋にはあまり向いていません。
やはり名前の通りSubであって、全体の縁の下の力持ちのような
存在くらいがちょうど良いですね。
 
さっそくLPを聴いてみました。最近ムラヴィンスキーに陶酔して
います。
もっとキツイ、つまり炸裂しまくりの高域のイメージでしたが
実際は違いました。バイオリンの楽器の中で響いている様子が
わかるような質感が出ていました。金管楽器にしても
主張と調和のバランスが良く、完成されたモニタースピーカー
という位置に納得がいきます。次はトリオでも聴きますか。
高域は確かに伸びているのでシンバル系の金物のおいしい部分が
とても綺麗でスティックが当たった瞬間からそれが周りに響いて
いく、ほんの一瞬の出来事ですが個々の楽器が存在している意味
を考えてさせられる気がしました。
 
このトリオはCDなのですが、ウーファーを見ていると
サブソニックが欲しくなるような動きをします。
 
どうやら両脇のウーファーは繋がっているらしく、一方が出ると
一方が引っこむようです。音源が残響豊かなものだと
その残響が最後まで聴こえてきます。単なる発音体ではなく
演奏している空間を作り出しているのが感じられます。
 
明日にはすわりも良くなってまた新たな一面が見られるか…
800が休んでいますが、このVoyagerも一聴の価値ありです!
 
5555 / H.A.L.Ⅱ / A.武田でした。
mailto takeda@dynamicaudio.co.jp mailto

|

必須アイテムが新しくなりました!SFC「SK-EX2」発売のお知らせ。

3年前に発売され大ヒットとなった静電気除去グッズ「SK-EX」が新しくなりました!

http://dyna-sh.cocolog-nifty.com/blog/2007/11/sfcskex_c8ff.html

↑以前のレポートです。

Resize0140
新しい「SK-EX2」はまず造りが良いです。フレームが肉厚になり、耐久性が向上しました。また薄くなり、スタイリッシュになりました。

Resize0139
LPを入れてみました。写真だと分かりにくいかもしれませんが、サンダーロンフェルトからサンダーロンシートに変わっています。フェルトだとわずかに毛羽立ちがありレコードに埃が付くことがありました。シートは仮にゴミが入っても簡単に取り除けます。大幅に使いやすくなったと思います。個人的には一番の改善ポイントです。

Resize0141
手前が新しくなった「ZERO SOHT2」奥が以前のものです。以前のものはスポンジ状でしたが、今回は固めの消しゴムという感じです。使い方は以前と同様。数十秒間蓋をし、取りだしたら「ZERO SHOT」で数か所触れれば完了です。

静電気除去能力は同じなので、音質に関しては違いはありませんが、サンダーロンフェルトからシートになったことや造りが良くなった点で完成度はピカ一。しかも価格が下がりました!前回のレポートでも書きましたが、レコードだけでなく、CDやケーブルなどにも効きます。もしまだお持ちでないお客様は是非是非オススメ致します。

SFC「SK-EX2」 定価\29,800(税別)

          -*-*-*-*-*-*-*-*-*-

お問い合わせは4F上遠野(ken@dynamicaudio.co.jp)までお願いします。

|

12回目!中村製作所/NSIT-70R

電源アイテムで強く推薦している中村製作所アイソレーション・トランスですがお求め安く小型で、しかも音のパフォーマンスは侮れない製品があるのです

Logo22

NSIT-70R

http://ns-t.com/products/trans/nsit70R.html

70r_01_s170r_01b_s1

中村に関わらずアイソレーション・トランスはその容量の関係から大きく、重いとゆう印象で実際その通りですが、このNSIT-70Rはこの小型です

しかし重量はこの製品の命と言えるトランスが組まれているので5.8kgあります

多くの製品と異なるのがどうしてもこの手の製品はノイズは減りクリアになるが力強さや力感もうすれがちですが、力強さも増し、情報量溢れる再生音になる印象です

容量の関係からCDやアナログプレイヤーや前段機などに限られますが、プリアンプでも非常に効果的です!!是非デジタル機で味わってくださいませ

小型なので容量も70VAと当然小さいのですが(70Wではなく)、試した中だと、アナログプレイヤーやプレイヤーやPCオーディオに最適です!!

私もしますが、PCオーディオの音源元に使うと非常に分かり安いです。ノートPCなど手軽に高音質への道は溢れていますが、是非大元にお使い下さい。きっとコストパフォーマンスに驚かれると思います。

定格容量 70VA
入力電圧 100V
入力インレット IEC3P
出力電圧 100V/95V切替可(定格容量の60%負荷時)
出力コンセント ULタイプ1口
寸法 W×H×D(mm) 95×140×240(脚・突起物含まず)
重量 約5.8kg
価格(税込) \39,800-

NSIT-70R 定価¥39,800→お問い合わせ下さい!

中村製品を知らない方もこの製品は広いユーザーにオススメできるのです。

中村製品は多く出ているので、お使いのシステムでの最良の組合せなどのご相談もお待ちしています

宜しくお願いします

↓以下問い合わせ↓

諸石/2F(火曜定休)
03-3253-5555

mail to:moroishi@dynamicaudio.co.jp

|

STAX モデルチェンジにより旧モデル特価

みなさまこんにちは。
いかがお過ごしでしょうか?なんだかまだまだ蒸し暑い日がつづきますね。

STAXでは一足先にSRS-2050Aが完了となり、後継機SRS-2170が発売となりましたが、11月1日より大幅にモデルが変更となります。
システムでは
旧)SRS-3050A ⇒ 新)SRS-3170
旧)SRS-4040A ⇒ 新)SRS-4170

単品では
旧)SR-303 ⇒ 新)SR-307
旧)SR-404 ⇒ 新)SR-407
旧)SRM-323A ⇒ 新)SRM-323S
旧)SRM-006tA ⇒ 新)SRM-006tS

とそれぞれ変更になります。
Newモデルの詳細はまた後日ご紹介いたしますが、今回は旧モデルの特価情報です。
それぞれ在庫限りとなりまして

SRS-3050A 売価\????? 在庫稀少
SRS-4040A 売価\?????
SRS-2050A 売価\????? 完売しました 

SR-303 売価\?????
SR-404 売価\?????
SRM-323A 売価\????? 在庫稀少
SRM-006tA 売価\????? 在庫稀少

売価はお問合せ願います。
STAXに興味はあったけど、なかなか手が出せなかった方にはこの機会にぜひSTAXをお試し頂きたいですね。

完売の場合もございます。予めご了承願います。
その他お問合せもお気軽にどうぞ。

mail / ohta@dynamicaudio.co.jp
担当 / 大田

|

SOULNOTE sa3.0発売キャンペーン!!

      

SOULNOTE
101008_sa3 2010年10月20日発売!!
インテグレーテッドアンプ
sa3.0S(B) 税込価格 \168,000

 いよいよsa3.0の発売が近づいてきましたが、sa3.0発売キャンペーンの発表がありました。

 「sa3.0 発売キャンペーン」
  対象商品:sa3.0
  期間:2010年10月20日~11月30日
 期間中に購入された方に、オリジナルケーブル(XL-750 or RL-750)をプレゼント!詳しくはお問い合わせください。

 そしてSOUOLNOTEオリジナルケーブルの紹介です。今までキャンペーンのプレゼント用としてつくられていたケーブルですが、今回販売されることが決まりました。内容的には内部配線や5C2Vの同軸ケーブルを使用しており、一言でいってしまえば、ふつうのなんてことないケーブルです(笑)。しかし、意外とそういった色づけや癖のないケーブルがないのも事実です。SOULNOTEをお使いのお客様で、ケーブルに迷った方はまずはこれらのケーブルを使ってみてはいかがでしょうか?ちなみに価格もリーズナブルとなっています。発売は11月1日です。

101015_xl_750
XLRバランスケーブル
XL-750 税込価格 \7,875
・仕様:XLR3P - XLR3P ノンシールド
・線材:UL1430錫コート #20
・長さ:750mm
・コネクター:ノイトリック


101015_rl_750 RCAアンバランスケーブル
RL-750 税込価格 \5,250
・仕様:RCA2P - RCA2P ノンシールド
・線材:UL1430錫コート #20
・長さ:750mm
・コネクター:スイッチクラフト


101015_cl_750 同軸デジタルケーブル
CL-750 税込価格 \3,675
・仕様:RCA2P - RCA2P 1芯シールド
・線材:5C2V 同軸ケーブル
・長さ:750mm
・コネクター:ニッケルメッキタイプ



 オリジナルケーブルも加わり、SOULNOTEの製品のラインナップも充実してきました。製品のお問い合わせや購入のご相談などは、お気軽にどうぞ。

5555 2F -Standard Club 5555- 小山(03-3253-5555)

|

2010年10月14日 (木)

11回目!ONIX/MASTER

USB DACは中々聴き比べると面白いですよ。入力サンプルなどで選んでしまう事もあるかもしれませんが、当然ながらDACであり音もメーカーの個性が出ます

細部までLindemannと全体的に滑らかで演出の上手いONIX

ONIXはAMP,Player.SPまで手がけるイギリスのブランドですが、ケーブルブランドでもあります。http://www.audiorefer.com/onix/index.html

ONIX/Mster

P1070023

銅の単線と撚り線を複数使用したケーブル

輪郭のしっかりとした音が味わえます

現在DAC25と組合わせて展示しています

P1070019

onixのケーブルは色々出ていますので、その都度ご紹介します

MASTER 定価¥52,500→価格¥42,000

宜しくお願いします

↓以下問い合わせ↓

諸石/2F(火曜定休)
03-3253-5555

mail to:moroishi@dynamicaudio.co.jp

|

2010年10月13日 (水)

ACROLINK 8N-A2080Ⅲ Evolutionご検討の方へ

こんにちは。

秋だというのに昨日からなんだか暑いですね。汗ばみます。
朝セミが鳴いていましたが、暑さに間違えて来年出てくるところを今日出てきてしまったのかなと思うと、なんだか切ないですね。

8na2080_2 ACROLINKの限定ケーブル“8N-A2080ⅢEvo”ですが、試聴希望者が多くメーカー試聴用ケーブルがなんと2ヶ月待ちとなっております。
しかし!店頭試聴限定ですが、当店でRCAタイプが現在試聴可能となっております。ご検討中の方にはチャンスですね!
お気に入りのCD、あるいは現在使用中のケーブルをご持参頂きケーブル比較をして頂いても構いません。何時まであるかわかりませんので、ぜひぜひ多くの方のご来店、ご試聴をお待ちしております。

ケーブルの在庫も何時まであるかわかりませんよ!この手の商品は完売になってから商品をお求めに来られる方がほんとに多いですから。

お問合せお待ちしております。

mail / ohta@dynamicaudio.co.jp
担当 / 大田

|

2010年10月11日 (月)

ANDANTE LARGOの5段ラック「TOWER865」を展示しました!

ANDANTE LARGOの「TOWER865」がやってきました!以前ご紹介しました「TOWER503」の5段バージョンです。

Resize0134
フレームはとてもシンプルですが、非常に高い精度でつくられています。

Resize0133
棚板のくりぬきは、1mm単位で30枚ほど試作して形と大きさを決めたそうです。凄い執念ですね。

Resize0132_2
棚板をいれるとこうなります。早速試聴室で聴いてみます。

Resize0135_2
QUADRASPIRE「Q4D」と入れ替えてみます。ESOTERICの「K-01」を使いました。

Resize0138
スパイク受けは、同社のサイレントマウント「SM-5T」です。手で回しながら4か所同じ荷重がかかるようにセットします。ネジの精度が高いので調整はしやすいです。

Resize0136
機器をセットしました。棚板の間隔は幅、高さともに国産の機器がピッタリと収まります。音は「TOWER503」と同様の傾向です。とにかく純度の高いサウンド。密度は濃く、しかも高域、低音が伸びます。インシュレーターなどで調整する必要性を全く感じません。安心して任せられます。。。

スピーカーの接地方法もそうですが、機器の置き方は、オーディオのセッティングの土台。アンダンテラルゴのラックは、機器の本来の良さを発揮できるおそらく唯一の製品だと思います。個人的にはケーブルを替える前に押さえて頂きたい商品です。

ANDANTE LARGO「TOWER865」 定価\499,800(税込)
http://www.andante-largo.com/

          -*-*-*-*-*-*-*-*-*-

お問い合わせは4F上遠野(ken@dynamicaudio.co.jp)までお願いします。

|

10回目!Lindemann/USB dAC 24/192

USB DACも日々進化していますね。それは入力対応などスペックで判断出来る事が大きいですが、最終的に音も進化しているように思います。

LindemannのUSB DACが入りました。小型で可愛く正しく誰もが思うUSB DACの典型のデザイン。

Lindemann/USB DAC 24/192

http://www.accainc.jp/lindemann.html

P1070058

しかし内容はさすがLindemannもあります

・バーブラウン社製SRCにより、全ての入力信号は24bit/192kHzへアップコンバートされ、
時領域補正機能を備えるWolfson社製DACにてD/A変換。
・USB入力を含む全デジタル入力は24bit/192kHzハイ・ディフィニション音楽信号に対応。
・アポダイジング・デジタル・フィルタの採用でプリ・エコーを排除。ポスト・リンギングも最小限に抑えます。
・アウトプットステージは最良の音質を達成する為の超高速伝送設計
・オペアンプを一切使用しないアナログ出力段のオーバーオール・フィードバックは
30dB以下に抑えられ、ほぼ完璧な時間軸特性を達成

ハイエンドブランドが価格が安くこんな小さい製品を出す音の魅力はいかがでしょうか?どうぞ実際に試聴されて体験されてください。

ONIX/DAC 25

http://www.audiorefer.com/onix/dac25.html

P1070019

バーブラウン製PCM-1792 24bit/192KHz D/Aコンバーター搭載。
SRC-4192サンプリングレートコンバーターにより、44.1/96/192KHzにアップサンプリングが可能。
S/PDIF、TOSLINK及びUSB(24bit/96KHz)入力にも対応
USB入力はPCのUSBハイレゾリューション音源に対応。PCでも192KHz/24bitにアップサンプリングされた高音質サウンドを再生できます。
ヘッドフォンアンプを装備。
出力は、RCA1系統、XLR1系統を装備。。

ONIXオリジナル・Rコアトランスを搭載。

滑らかな音できつい音を聴かせないのがONIXサウンドであり、USB DAC以外にもヘッドフォンアンプとしても優秀です。

Lindemann/USB DAC 24/192 定価¥123,900→お問い合わせ下さい

ONIX/DAC 25 定価¥113,400→オススメ特価!お問い合わせ下さい

連休中の現在、この2機種をサブシステムで置いていますので、比較試聴も可能ですのでお気軽にお尋ね下さい。

宜しくお願いします

↓以下問い合わせ↓

諸石/2F(火曜定休)
03-3253-5555

mail to:moroishi@dynamicaudio.co.jp

|

« 2010年10月3日 - 2010年10月9日 | トップページ | 2010年10月17日 - 2010年10月23日 »