« 2010年3月21日 - 2010年3月27日 | トップページ | 2010年4月4日 - 2010年4月10日 »

2010年4月 3日 (土)

自作電源パーツ

みなさまこんにちは。

本日は時間がないので手短に商品のご紹介をしたいと思います。
当店をご利用頂くお客様の中には、ケーブルを自作される方も結構いるのですが、電源プラグでちょっと面白いものが発売されました。

8501 3201 すでに通常タイプのプラグでは好評を得ていますJODELICAの電源プラグですが、このたびL型プラグが発売されました。まあそれだけなら今までも商品として他のメーカーから出ていないわけではありませんでしたが、この商品はユーザーの痒い所に手が届く、実に有りそうでなかった一品。
8503 3202_2 一体何がすごいのかと言いますと、L型の場合プラグを機器に接続した後、たいていはケーブルは上か下方向に向くわけですね。配置場所のクリアランスによってはケーブルをかなりの角度で曲げなければならない場合もあります。ところがこのJODELICAのプラグは、挿込部とケーブルの角度を12段階まで変えることが出来るのです。どうですか?いままでこのようなプラグはなかったですよね。
それぞれ各定価\9,800(税別)、在庫は店頭に入荷済みです!!

もうすこし詳細を紹介しようと思いましたが、急用が出来ましたのでこれで失礼!

mail / ohta@dynamicaudio.co.jp   
担当 / 大田

|

2010年4月 2日 (金)

天ノ視点 NO,386

天ノ視点 NO,386

MUSIKELECTRONIC GEITHAIN
「ME 150」

Me150

ドイツのスタジオモニターメーカー「MUSIKELECTRONIC GEITHAIN」
数々の著名なエンジニアやアーティストがスタジオモニターとして採用しているこのブランドはモニタースピーカーが主だった製品です。その中で一般家庭において楽しんでいただけるスピーカーとして登場してのが今回ご紹介するME150とブックシェルフスピーカーME25/ME100の3機種。ここ5階では以前よりME25を展示してありましたが、念願かなってME150の音を聴く事が出来ました。

まずは、鳴らし始めは女性ヴォーカルから聴きました。
スタジオモニターが主体のメーカーですので、真っ直ぐな音を想像しておりましたが、出だしで「あれ?」と。すっと耳に入って来たかと思うとふわっと消えて、こんなに穏やかな鳴りをするスピーカーだったとは知りませんでした。バイワイヤ接続が可能ですが、まずはシングルでつなぎ検証してみる事に。+hi-hiの場合は割とヴォーカルが前面に出てきて、緊張感があります。これを+low-lowに接続すると、低域の量感は少し増えますが輪郭が甘くなり物足りない。では+hi-lowではどうか。悪くは無い…しかし、なんとなくバランスが悪く、ギリギリのところでもやがかかるようです。最後の+low-hiでは?レンジは多少狭く感じますが、ピントもしっかりとあってヴォーカルが控えめになって、もっと聴いていたくなります。この状態で色々聴いてみました。

この鳴り方はもしかすると…。
と言う事でオーケストラを聴きます。するとこれが素晴らしい。質感もさる事ながら余韻や抜けが良いので引き込まれます。しかし、特筆したのはこの広がり。スピーカー間の表現力はもちろんの事ながら、左右の広がり…というより包み込むような鳴り方。これは底面バスレフの効果なのでしょうか。中高域は実体間を伴った透明度。。滑らかな中に張りのようなものがあり、弦楽、ピアノ、ピブラフォン等が得意のように感じます。スタジオモニター用のアクティブスピーカーは30cmのユニットを積んでいますがME150は12.5cmのウーハーこれも底面バスレフの効果もあって低域の量感があります。

バシバシと鳴って欲しいジャズでは多少寂しく感じましたが、ヨーロッパジャズなどしっとり聞きたいピアノトリオなどには持って来いのスピーカーです。

今週末土日は展示してあります。是非聴きにいらして下さい!!

amano@dynamicaudio.co.jp 5階 Audio Fitting room担当天野

|

6F 輝きのツィーター

どうもこんにちは。今朝は強風でたいへんでした!岩本町から
歩きましたが、少しは痩せたかなぁ…はい、すみません、戯言です。
 
さてさて、前回もお知らせしましたがEast Activeが熱い(暑い)です。
No3Lansche AudioNo.3
CORONAプラズマ・イオン・ツィーター
を搭載したスピーカー。メカメカしい(?)
外見とは裏腹になんとピュアな音でしょう。
 
いつもの女性ボーカルを聴き始めるとズドーンと奥から声が
飛んできました。ピアノだけの伴奏ですが、自分がピアノの演奏で
前にボーカルさんがいるような気分になりました。
そして惑星を聴き始めました。ある部分がユニットが壊れるんじゃ…
と思うような低域の部分があります。その部分はとても深い低音が
生まれ、余裕があるように感じました。
 
そしてウッドベースがメインのトリオを聴きました。
Cpit“上品”と表現すると弱々しい
イメージがある気がするので、
言葉選びに困惑してしまう。
この低域は包容力があるようだ。
 
なんとなくオシャレぶってみました。
低域を中心に書きましたが、やはりツィーター部分が特殊ですが、
音は本当に良いと思いました。このCDでシンバルがこんなに
きれいな音を聴けたのは初めてだと思います。
ピアノが柔らかい感じ、でもシンバルの金属っぽさはとてもメリハリ
が表現されていました。
 
と長々と書きましたが是非、聴きにいらして欲しいと思います。
 
5555 / H.A.L.Ⅱ / A.武田でした。
mailto takeda@dynamicaudio.co.jp mailto

|

2010年4月 1日 (木)

1F 最新入荷情報 - 4月1日 -

こんにちは。

今日は一時非常に風が強かったですが、桜が散らないといいですね。今週末は関東も相当咲くのではないでしょうか。

Hifiman A7本日は入荷情報です。
いままで品切れでご迷惑おかけしておりましたFOSTEXのHP-A7がようやく入荷致しました!在庫は潤沢にございますが、それでも人気商品なのでお早めにお問合せ願います。
もう一つは新製品“HiFiMAN HM-801”
Hifimanlogo Hifiman1 少し前からプロトタイプ版などが販売されており、一部マニアの間では密かな話題となっていましたが、日本正規バージョンとしていよいよ販売となりました。
機能その他詳細は後日紹介しようと思いますが、簡単にいいますとポータブルデジタルプレーヤーの高音質版です。ポータブルと言っても昔のウォークマンくらいのサイズがあります。データはHDDではなくSDカードを使用します。ヘッドフォンドライブ力も、HD800だろうとなんだろうとまったく問題ありません。逆にイヤホンなんかではパワーがありすぎることもあるので、別ユニットが発売される予定です。店頭にて試聴も可能となっておりますが、SDカード使用なのでSDカードに視聴用データを入れてお持ち頂いても結構です。ファイル形式はWAV,AAC,MP3,OGG,WMA,に対応しております。またSDカードはSDHC Class4が推奨となっております(32GBまで対応)。
今回の入荷本数は2本のみとなっております。週末に完売の可能性もございますので、こちらもお早めにお問合せください。

本日は以上です。

mail / ohta@dynamicaudio.co.jp
担当 / 大田

|

2010年3月31日 (水)

802Diamond 展示開始しました!

こんばんは。
明日は母親と飲みに行こうと思っている、宮川です。

さて、本日は遂に入荷しました、待ちに待った話題の新製品展示のご連絡です。

802diamond ←B&W
「802Diamond / ローズナット
定価:¥2,016,000 (税込)
※ピアノブラックは¥2,100,000(税込)

当初はピアノブラックを予定していたのですが、展示の早さ優先でローズナットとなりました。

802_2 パッと見の外観はあまり変化は見られない感じ、馴染み深い“802”のカタチです。
鼻(フェイズプラグ)の色が黒からシルバーになった所、各ユニットの回りがシルバーのアルミで囲ってあるという点と、下のロゴが旧タイプは「B&W」なのに対し、新タイプは「Bowers&Wilkins」となっている点、サランネット用の穴が無くなったという点、がすぐ分かる違いでしょうか?

800diamond 今まで別売だったスパイクキットは今回より同梱されています。出荷の段階では今まで通り、ゴロゴロと動くボールベアリング仕様の足です。ミッドレンジ用のサランネットも別に箱に入れられており、ツィーター以外は完全にネットは外して使って下さい!という感じです。

輸入元マランツ担当さんと5Fの天野にも手伝って貰い…4人がかりでスムーズにスパイク取付、ボード乗せ完了、早速試聴しました。

感想は・・・

まず、本当に新品出したばかり、とは思えないほど、滑らかで悠々とした広がりを感じます。音はもう少し抜けが良くなって行くんだろうな、という感じですが、以前の新品時に感じたキツさや詰まってる感は全く無いです。B&Wにしては柔らかい感じです。「Signature Diamond」の音色、鳴り方を物凄く彷彿とさせます。非常に自然です。

マランツ試聴室で「805Diamond」を聴いた時に予想していた802への期待を大きく上回る、非常に素晴らしいスピーカーに仕上がっていると思います。
以前の802Dもとても優秀なスピーカーで、ここからどうやって良くして行くんだろう・・?と感じていたのですが・・・・さすがB&W、としか言えません。参りました・・・

Telos250 こちらも新製品
GOLDMUND
モノラルパワーアンプ
TELOS250
定価:¥1,995,000(税込)
をあわせて鳴らしているのですが、このパワーアンプも非常に素晴らしいです。以前のTELOSシリーズは低域の量感が増して、落ち着いた感があり、力感を得た反面、GOLDMUNDらしさがやや薄れていたように感じたのですが、これは透明感があって鮮やかで、聴いていて楽しくなるようなサウンドを出してくれます。エネルギー感も申し分なく、全体的にクオリティアップしています。

なかなか、非常に、当フロアのリファレンスに相応しい、素晴らしいシステムになっている様な気がします。

良いモノを聴いたので、凄く気が大きくなって言い切ってしまいましたが・・・でも、是非皆様に聴いて頂きたい試聴室です。

Nordost_jump付属のジャンパーケーブルもB&Wがこだわって作ったものなのですが、このNORDOSTのジャンパーケーブルも試してみました。滑らかな感じに少し透明感とシャープさが加わり、鮮度が上がった感じがします。こういう所で微調整も可能。反応の良いスピーカーなので、色々試して遊べます。

後日、島のメールマガジンにてご案内出来ると思いますが、試聴会の予定もあります。

是非、素晴らしい進化を遂げた新802Diamondを聴きにいらして下さい。

4F  H.A.L.3  宮川 いより<iyori@dynamicaudio.co.jp>

|

6F GOLDMUNDで駆動した"あの"スピーカー

どうもこんにちは。未だにエイプリルフールを意識してしまいます。
いよいよ明日です…騙されないようにしなくてはcatface
 
さて今日はこんなことをしてみました。
Kensai01Audio Smile      『Kensai
GOLDMUND     『TELOS 1000
GOLDMUNDMIMESIS 22 Signature
EINSTEIN     『The Source
 
こんな組み合わせをしてみました。明記しませんが、個々の定価を考える
と予算の使い方を誤ったような感じですね。つまりどんな音になるかな?
と思っただけです。
 
最初はLansche AudioNo.3』の位置でほぼ正面を向けてみました。
広がりがでますし、このスピーカーの素性は良いと思ってます。
リボンツィーターが生き生きとなるにはそれなりに駆動力がある
パワーアンプが良いと思いますが、このアンプは問題ないでしょう。
というより、ここまでいかなくてもこのスピーカーは良い音だせます。
 
そうだ、コンパクトなヤツだからもっと狭い環境と仮定してみようflair
Kensai1m_2スピーカーの間は1mです。
うーむ…さすがに部屋自体が横幅がある
からか、一生懸命さは伝わってきますが
おもしろい音楽ではないなぁ…
 
というわけで、最初の位置に戻してフリをつけてみました。
Kensai_2やはりある程度スピーカー間の
感覚がないとうるさい音楽になります。
※衝動で思い立っての行動なので、
MAGICOは移動しませんでした。
 
中央側を軸に外側を3㎝前に出してフリをつけました。すぐ後ろに
MAGICOがあるにも関わらず、スピーカーの後ろの空間も出ながら、
口元が小さくなりました。
音場間が出ると騒がしさが一転、ホールから力強い音が飛んできます。
広い空間でリスニングポイントが決まっているなら、空間を利用した
セッティングの方がゆったり聴けるんでしょうね。
Kensaiはまた入口に戻してあります。
 
East ActiveLansche AudioNo.3』が移動しているので、
そちらも是非、聴いてみてください。
 
Audiosmilelogo5555 / H.A.L.Ⅱ / A.武田でした。
mailto takeda@dynamicaduio.co.jp mailto

|

805Diamond 登場!!!

Bowers & Wilkins
805diamond01
  805 Diamond
税込価格 \630,000

805Diamondを展示しました。

第一印象は、あの限定モデルのSignature Diamond (White) の質感に似ていると思いました。
まだ鳴らし始めですが(本日開封)、だいぶなめらかな音になってきました。
今回のモデルチェンジでは、、、
 ・ダイアモンド・ツィーターの搭載
 ・独ムンドルフのコンデンサーを使用
 ・ピアノブラックモデルの追加
 ・他、細かな改良。。。
となっていますが、個人的にはムンドルフのコンデンサーや、細かな改良の積み重ねによる成果ではないかと思います。音の質感とともに細部の造りの質感も向上しています。

例のごとく、SOULNOTE cd1.0 & ma1.0で鳴らしていますが、今回の805Diamondの良さを十分に確認していただけると思います。

常時展示していますが、遠方の方やゆっくり試聴されたい方はご予約をオススメします。お気軽にお問い合わせください。

5555 2F -Standard Club 5555- 小山(03-3253-5555)

|

2010年3月30日 (火)

探偵物語

新入学シーズンで初々しい学生たちが街頭を歩いていると、こちらも
何か新しいことを始めたい気分になりますね。最近お問い合わせで
古くなったオーディオの買い替えやAVサラウンド再生のグレード
アップなどのお問い合わせが多いです。

>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>

334016view002 SHERLOCK HOLMES

「シャーロック ホームズ」

監督 ガイ・リッチー
出演 ロバート・ダウニー・Jr、ジュード・ロウ、レイチェル・
    マクアダムス

原作アーサー・コナン・ドイルの世界的に有名な推理小説の
の最新映画。1890年代のイギリスはロンドンが舞台です。
「アイアンマン」「チャップリン」など演技派であり、今が旬の
ロバート・ダウニー・Jrが名探偵シャーロック・ホームズを
演じます。脇を固める盟友ジョン・ワトスンには「AI」「リプリー」
のイケ面ジュード・ロウとなかなか面白い配役なんですね。

334016view006 今までのホームズのイメージが頭脳明晰な
イギリス紳士的なものがかなりアブナイ人物に
なっています。これが原作に近いとのことで
その頃のイギリスの街並みの雰囲気と
二重に楽しめるのではないでしょうか。

334016view003 ただ、推理検証が映像をプレイバックさせる
手法だったのでちょっと目まぐるしさがあります。
ある宿敵となる人物が正体を明かさなかった
ので続編決定です。であれば、人物描写をもっと
増やしても良かった気がしますね。

>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>

お問い合わせ

ダイナミック オーディオ 5555
2F Standard Club 5555 担当 茂呂(もろ)
TEL 03-3253-5555
mail moro@dynamicaudio.co.jp

|

2010年3月29日 (月)

6F East Passiveアンプ変更

どうもこんにちは。今がこんなに寒いと夏がすごく暑くなりそうです。
 
さてsoulutionが引きあげてGOLDMUNDが来ました。
EastpassiveGOLDMUNDMIMESIS 22 Signature
    『TELOS 1000
現在はLansche Audioですが、
明日再びMAGICOを展示予定です。
 
音に厚みがでてきたかな~と思いますが、まだまだパワーアンプが
温まっていない感じなので、本領発揮まではもう少し時間が必要。
Lanscheがこんなによくなってくれるとは思っていませんでしたね~
プラズマ・イオン・ツィーターでしか出せない音だと思いますが、
本当によく飛んできます。細かいところまで表現できるので、
当たり前ですが、本当に静かな所でピアノを演奏しているんだな~
と改めて感じると言いますか…ただその静かな所が録音するための
ブースという感じではないですね。
 
また明日をお楽しみに!です。
 
Goldmund5555 / H.A.L.Ⅱ / A.武田でした。
mailto takeda@dynamicaudio.co.jp mailto

|

« 2010年3月21日 - 2010年3月27日 | トップページ | 2010年4月4日 - 2010年4月10日 »