« 2010年11月 | トップページ | 2011年1月 »

2010年12月31日 (金)

年末のご挨拶。

ダイナ5555は、本日16時をもちまして年内の営業を終了させて頂きました。

今年も皆様には大変お世話になりまして感謝の気持ちで一杯です。

今年はサウンドハウスが5555と合併を行うなど例年以上に早い1年でした。

来年も様々な商品が登場してくると思いますが。お客様の好みにあった商品をお勧めしてまいります。

新年仕事始めは、2010年1月4日(日) より通常営業になります。またのご来店をお待ちしております。

それでは良いお年をお迎えくださいませ。
ありがとうございました。

H.A.L.3、島(shima@dynamicaudio.co.jp)、上遠野(ken@dynamicaudio.co.jp

       -*-*-*-*-*-*-*-*-*-

|

2010年12月29日 (水)

PAWEL ACOUSTICS 「ELEKTARA2」のご紹介。

非常に評価の高いスピーカー製作者、Harry Pawel率いるPAWEL ACOUSTICS。輸入代理店がステラヴォックス・ジャパンからスキャンテック販売へ、取り扱いが変わりました。
Resize0245_3  
PAWEL ACOUSTICS ELEKTARA2 \1,680,000(税別)

http://www.stellavox-japan.co.jp/products/pawelacoustics/elektra-01.html

↑まだスキャンテック販売では載っていないため、旧タイプの情報です。

変更点は、ネットワークの見直しがメインになります。

PawelAcousticsのスピーカーのバックグラウンドはスタジオモニターです。モニターとして必要な純粋無垢な音質と、正確な空間表現を得るための、小口径ドライバーを使用した2wayというシステム構成を採用したとのこと。

そのためこの「ELEKTRA2」では、3/4インチ径のソフトドームツイータと5インチ径のウーファードライバーを採用。ウーファーは、最大で105dBもの音圧にも耐える設計となっています。

外見は同じ価格帯のSONUS FABER「GUARNERI MEMENTO」と比べると大分質素な感じは否めませんが、木の特徴を生かした味のあるものです。

Resize0244 オケはブラームスの4番。広大なサウンドステージが目の前に現れます。弦楽器は歯切れが良く、コントラバスの包みこまれるような低音すら感じます。背面のパッシブラジエーターの効果でしょうか・・・。全体的には、一体感があり、スピーカーの大きさが信じられないほどの豊かな演奏を楽しめました。

モニタースピーカーらしく音色で聴かせるタイプではないものの、音を分析的に聴くのではなく、音楽として聴かせるところが素晴らしいです。

まだ聴かれたことのないお客様は是非一度お聴きになって下さい。
非常に魅力溢れる小型スピーカーです。

       -*-*-*-*-*-*-*-*-*-

お問い合わせ、試聴予約は、H.A.L.3島(shima@dynamicaudio.co.jp)、上遠野(ken@dynamicaudio.co.jp)までお願い致します。

|

H.A.L.3特価商品のお知らせ。ウィンターセール開催中

ウィンターセール開催中!H.A.L.3の展示品、特価品を大特価にて販売致します。是非お問い合わせ下さい。
Qbd76_img01
CHORD 「QBD76」 \714,000
http://www.timelord.co.jp/brand/consumer/chord/choral-range/qbd76/

終了しました。

Crm_main
AUDIO MACHINA 「CRM」 \1,029,000
http://www.zephyrn.com/products/audio_mac/crm.html

終了しました。
B1_up
VIVID AUDIO 「B-1」 定価\2,100,000
http://www.stellavox-japan.co.jp/products/vividaudio/b1.html
展示品販売価格\1,470,000(税込)

C03
ESOTERIC 「C-03」 定価\840,000
http://www.esoteric.jp/products/esoteric/c03/index.html
展示品販売価格\560,000(税込)

Cremona_m
SONUS FABER 「CREMONA M」 定価\1,428,000
http://www.noahcorporation.com/sonusfaber/cremona_m.html
→ご成約

803
B&W 「803 DIAMOND」ローズナット 定価\1,428,000
http://www.bowers-wilkins.jp/display.aspx?infid=4640
→ご成約

Guar_mem
SONUS FABER 「GUARNERI MEMENTO」 定価\1,837,500
http://www.noahcorporation.com/sonusfaber/guarneri.html
展示品販売価格\1,300,000(税込)

Resize0227

GERMAN PHYSIKS 「HRS120」 定価\2,940,000
http://www.zephyrn.com/products/germanphysiks/hrs120.html

→ご成約

ご試聴、お問い合わせをお待ちしております。

       -*-*-*-*-*-*-*-*-*-

お問い合わせはH.A.L.3島(shima@dynamicaudio.co.jp)、上遠野(ken@dynamicaudio.co.jp)までお願い致します。

|

2010年12月28日 (火)

年末年始は、このシステムだ!!

Magico  Q5                   税込定価¥7,350,000

http://www.electori.co.jp/magico.html

上記のURLで確認できますが何といっても骨組みが素晴らしい。

http://magico.net/Product/Q5/Q5_05.php

4Way5Driverの受け持つ帯域ごとに部屋を設けており綺麗に決まっているところが素晴らしい。一聴してツィータの素材がBe(ベリリウム)という概念は消え失せてしまう程耳障りなところは微塵も感じさせないところがこのスピーカの素晴らしいところです。同社には、V3という積層を上手くデザインしたモデルが有りそのV3よりも僅かに大きいが重量が175kgというとてつもないMagicoq01_3重量でありその鳴りは一切の揺れも無く安心できる心地よさを体感できる。

HEGEL               P30   税込定価¥840,000

HEGEL               H30   税込定価¥3,360,000

http://www.electori.co.jp/hegel/P30_H30.pdf

Playback Designs    MPS5  税込定価¥2,625,000

http://naspecaudio.com/category/playback-designs/

Model0037 Continuum Perfection 税込定価¥2,184,000

http://www.hookup.co.jp/products/pureaudio/dpat_Continuum.html 

今、一番人気とDpat_5言いま しょうかご興味を持たれている方が多いモデル。DIGITALも此処まで再生してくれたら大満足ではと思う商品。鳴りについては正直驚く。充分な奥行き感と定位の良さPCオーディオでは過去経験の無い音楽性。それは、DPAT 0037 Continuum以降のDACにより色々と変化をつけることはできるでしょうが基が良くなければ始まらない訳で今は文句のつけどころが無いのです。そこで現在最高レベルのアンプと言っても良いでしょう!GOLDMUND MIMESIS 22 Signatureのプリアンプにに変えてみましょうそれはそれはもう流石です。価格は別にしてもこのプリアンプは素晴らしさは只者では無い。力強さが加わる事でこんなにも表現力が増し、またしてもブレなどはいっさ感じさせないところが高得点をつけなくてはならない。

YG Acoustics ANAT3            税込定価¥6,300,000

こちらは、未だ輸入元アッカのWebでも見る事が出来ない新製品。ユニットの一新で反応の速さには皆さま驚く事でしょう!ダイヤフラムの変更ツィーターを除くコーン型ユニット材質をアルミに、一体形成で超極薄の振動板となりしかも背面には中央から放射状にリブがあり後付けでは無い。センターキャップ背面に同様なリブが有り強度を持たせ前後方向のピストンモーションに於いて一切の揺らぐ事が無い事が正確な動きを約束してくれるものでした幾分、先程のG5

りは明るさが有りますが小気味よい解放感と心地よい音楽が楽しめるものです。初代のANAT、もしくはANAT2からのアップデートプログラムの用意も有り、オーナーにとっては有りがたい気遣いです。

現在 の様子は下記です。

年末年始お楽しみいただPhoto_4けます。

1230日は、皆さまと上記のシステムで音楽鑑賞でも出来ればと思います。翌日31日は、PM4:00までの営業時間ですので本年最後のCDDPAT、アナログも含めた演奏会をPM6:00ごろまで楽しんでいただきたいと思っております。

|

Today's lunch!! Vol.86

今日はカメラを忘れないようにしなくては…、そして最近は中華が多かったので今日は腹いっぱいスパゲティーを食べたいと考えていました。しかも、ペペロンチーノのように味付けはオイルと塩味のもの、そして大盛りが出来るところ(^^ゞ そんな思いがあってちょっぴり足を延ばすことにして行ったのはここ、Today's lunch!! Vol.54 まで何回も紹介していたこの店osteria-la-pirica 「オステリア・ラ・ピリカ」です。お店に至る幅1メートルほどの小道に入る前に黒板のランチメニューがあり、ちらっと見ただけで決めてしまいました。「キノコとアサリのスパゲティー」これにしましょう!! 以前は足げく通っていましたが、ちょっとご無沙汰していましたが雰囲気は以前と変わりません。お仕着せを来た女性に注文すると80円のプラスでBセットにするとサラダかスープ、パンとドリンクが付きますと言われて、じゃあそれで~と注文。これで980円なのです!!

2010122801

サラダではなくスープを選びました。ミネストローネのような野菜のスープがきりっとした味付けでいいですね~。それからパンなのですが、以前はバターも何も付かずバスケットにパンだけがきたものでしたが、お料理をおかずにして食べるものということでパサついて食べにくい時もありました。でも、今日は写真のように味付けしたトマトピューレが乗っていました。これはいいです!!食べやすく料理が来る前に食べ終わってしまいました。その代わり、おかわりはできないだろうな~(笑)そして待つことしばし…

2010122802

この大皿は30センチくらいあるんです!!そこにこんもりと大盛りのスパゲティーが…(^^ゞやはりここに来て正解というボリュームです。しかも、アサリもキノコも飾りという程度ではなく、麺を食べるごとにたっぷりと入っているので更に大満足。このお料理はランチタイムのボリューム感とお味としては推薦出来るものです。しかし、ご飯が食べたくなった私はちょっと回数が減っていましたが、パンでも良ければ本格的なイタリアンだと思います。目的達成、腹いっぱいのスパゲティーを食べて大満足!!ランチ前に配信したハルズサークルの反響が大きくて忙しく、今回のご紹介は推薦の言葉を最後にして終了しましょう。

|

2010年12月27日 (月)

XRCD登場!

まったり高音質は如何~☆

2010年も大詰めを迎え、冬真っ只中と思いきや
寒さは緩急取り混ぜての油断ならない日が続いています。
体調管理も中々大変な季節となってまいりました。
皆さま寒い夜などは如何お過ごしでしょうか。

・・・と、ここでお知らせです。

サウンドパーク・ダイナ(ソフト・コーナー)では
冬のひと時をじっくり心地よく過ごして頂くべく、
高音質で名高いCDソフト、“XRCD”をご用意しました。
より良いものを、より原音に忠実にを目指したCDソフトです。

    “XRCD”って何?
        ↓↓
 http://www.xrcd.com/tech/index.html

ただ今、30タイトルをご用意しております。
店頭にて展開中のソフトは下記をクリック!!
        ↓↓
「xrcdspd201012.pdf」をダウンロード

「BEST AUDIOPHILE VOICES」のⅠ・Ⅱ・Ⅲから「ジィナ・ロドウィック」、
そして、「世界の機関車」までとバラエティーに富んだ内容です。
CD制作において、技術と根性を惜しみなく注ぎ込んだ逸品たちです。
この冬はまったりと音楽に浸ってみては如何でしょう。

まずは一聴、お試しあれ。

◇~・~◇~・~◇~・~◇~・~◇~・~◇
1階はソフト&アクセサリーのコラボ空間!
     是非、遊びに来て下さい!
    サウンドパーク・ダイナ(SOFT)
     担当:矢部(月曜日定休)
   【info_spd@dynamicaudio.co.jp
◇~・~◇~・~◇~・~◇~・~◇~・~◇

|

2010年12月25日 (土)

Today's lunch!! Vol.85

今回は最初にお店をご紹介しておきましょう。ここです!!

ちょび&姉ちゃんの『アキバでごはん食べたいな。』
 ~「焼肉丼 たどん」編~  

この場所にこのお店が出来たことは以前から知っていたものの、ついぞ今日まで入ったことはありませんでした。先ずはちょっと経緯をということでこの写真。

Shisenya1

Today's lunch!! Vol.13で紹介していた場所なのですが、そこがこんな店に変わりました。

2010122501

本当に当店の近くなのですが、今まで入ったことはありませんでした。お店の前に貼り出されているメニューを見ても食指が動かなかったというものでしたが、前回この場所の店を紹介したのが4年前。その「四川や」も次第に客の入りが悪くなってとうとう閉店。しばらくは新しい店舗が出来なかったのですが、今日この店主に聞いたら開店二周年になったとか。

今朝、JR秋葉原駅でティッシュを配っていました。「カルビ丼半額320円」という焼肉丼のお店「たどん」です。当店のすぐ近所です、間に合えばご利用あれ!!

11月24日のtwitterで上記のエピソードを紹介していましたっけ。この日には行きませんでしたが、今日思い切って入ってみました。何を注文しようかとはあまり考えていませんでしたが、中に入って驚いたのはほぼ満席状態ということ。地元のビジネスマンは今日は休みということなのか客層は若い人ばかりでした。でお勧めの「スペシャル丼」900円と「特製スープ」50円の食券を買って一番端のカウンター席に腰掛けました。

店内は黒を基調としたモダンで落ち着いた感じ。厨房設備も本格的で店員さんも機敏な動きで無駄がない。そして、出来あがった丼ぶりのふちにタレが少しついているのを丁寧に拭き取っている仕事ぶり。中々のものですな~、と思っていると料理が出てきました。2010122502_2

この料理の紹介は漫画の中でも書かれているように三種類の肉が使われているということ。それから50円のスープは美味かったですね~。さっぱりしてゴマの風味もあって、これは中々でした。初めてなので大盛りは頼みませんでしたが、あっという間に食べ終わってしまいました。私からするとちょっと甘めのタレ、そう焼肉屋さんのタレとほぼ同じで焼肉屋さんの定食を丼物に形を変えたもの。店主にタレの味は一種類かと聞くと、余裕がないので味付けは一種類とのこと。私の希望としてはあっさりした塩味で甘くないタレを希望します~とお願いしてきました。

この店はフランチャイズではなく個人経営でオーナー社長が初めて出す飲食店だという。だから先ずは一般受けするメニューと味付けということを優先しているのでしょうが、今のところは二周年経ってまずまずの客入りなので良かったと思います。中華の四川の前は沖縄料理の店、その前は忘れてしまいましたが、秋葉原のメインストリートからは外れている立地で健闘している方だと思います。変わらない店でメニューが変わっているという紹介の仕方をしてきましたが、同じ場所でお店が代々変わっている事例で新規開拓のランチでした。食べやすい丼物なのでよろしかったらどうぞ~!!

|

2010年12月24日 (金)

VIOLA 「SOLO」の魅力

VIOLAの「SOLO」を展示しました!

http://www.zephyrn.com/products/viola/00_solo.html

P1090555

電源部も独立した完全モノラルプリアンプです。同じVIOLAの「FORTE」と組み合わせてデモをしていたのですが、もう少し良く鳴らないかとセッティングを見直しました。ケーブルや電源の取り方を変えて・・・重ね置きしもどうかと思い、ラック1段に1つずつ載せて見ました。

P1090558_2

期待以上の効果がありました!ヴォーカルが飛び出した解放感のある立体的な音。劇的に良くなりました!これがモノラルプリ「SOLO」本来の音でしょう。

P1090561

週末は、VIVID AUDIOの「G2」で是非お聴き下さいませ!クリスマスソングも取りそろえております。

Merry Christmas!

       -*-*-*-*-*-*-*-*-*-

お問い合わせ、試聴予約は、H.A.L.3島(shima@dynamicaudio.co.jp)、上遠野(ken@dynamicaudio.co.jp)までお願い致します。

|

2010年12月22日 (水)

PAWEL ACOUSTICS 「ELECTRA/2」展示しました!

 

PAWEL ACOUSTICS 「ELECTRA/2」展示しました!

P1090552

輸入元がスキャンテック販売に変わりました。SONUS FABERの「GUARNERI MEMENTO」と同じ価格帯ですが、音の出方は軽く、開放的な鳴り方がします。他に無い音です。是非お聴きくださいませ。

       -*-*-*-*-*-*-*-*-*-

お問い合わせ、試聴予約は、H.A.L.3島(shima@dynamicaudio.co.jp)、上遠野(ken@dynamicaudio.co.jp)までお願い致します。

|

Today's lunch!! Vol.84

いや~、今日のランチは美味しかった~(*^_^*)満足度もばっちりでした。では、新規開拓したのか? いやいや~、今日は珍しく、あれを食べに行かなくっちゃ~とひらめいたのでした。好きなラーメンと半チャーハンに水餃子のセットがランチメニューにあったからです。本当は坦々麺とのセットなのですが、私は本場の坦々麺はちょっと苦手なので好きなラーメンをメニューで探して「葱鳥ラーメン」とのセットにしてもらいました。待つことしばし本を読んでいると、ぷ~んといい葱の香りがしてきます!!そして、目の前のテーブルに置かれたのがこれ!!玉ねぎまで入っているので、ちょっとスープには甘めのダシが出ていますが、さっぱり塩味が嬉しい!!

2010122201

麺は細めの平打ちで腰があり、ささみの鶏肉と葱を一緒に頂くとこれが美味い!!食事に出かけたのは午後2時過ぎなので腹が減っていたのは事実ですが、これは当たりでした!!最近なんか中華ものがおおいですね~(笑)さて、しばらくしてセットのチャーハンと水餃子が出てきました。

2010122202

このチャーハンがまた美味しい!!私が知っている秋葉原のお店で本格的にパラパラご飯のチャーハンを作ってくれるのは二店しかないかな~? ひとつがここToday's lunch!! Vol.73 でも紹介した上海バールと、Today's lunch!! Vol.16でも紹介した“万豚記”です。秋葉原でチャーハンと言ったら両者を推薦しますが、その半チャーハンがこれまたパラパラとしていてご飯粒ひとつずつに味がしみているようで噛むたびにうま味が出てきます。それから水餃子ですが、最近流行りの食べるラー油がかかっていて、これがまた本格的で美味いのです!!このセットは単品ラーメンに250円の追加で頼むことが出来ます。今日は1,030円でした。でも、久しぶりに美味いな~と感じたランチでした(^^ゞお後がよろしいようで~<m(__)m>

|

2010年12月21日 (火)

Today's lunch!! Vol.83

昨日に比べてちょっとヒヤッとする今日の東京。今日のランチはどうしようかと歩道に立ち止まり、しばし秋葉原駅の方向に向かって歩いてから回れ右をして結局は行きつけの店に向かってしまいました。何が食べたかったのか、迷った末に温かいものということでワンタンを食べたくなりました。

2010122101

透き通るスープに白いワンタン、あのつるっとした食感が好きなのですが、これだけで昼食として足りるのか? いやいや、とてもこれだけでは夜までもちません(笑)これにちょっとのチャーハンでもあればいいのですが、そういうセットは残念ながらありません。仕方なく単品で頼むと今度は量が多い(^^ゞせめて食べやすいものと言うことで焼きそばを注文した。

2010122102

どうですか~、このボリューム(^^ゞでも、あっさりした味付けとうまく混ざった野菜を一緒に食べると結構食べられてしまうものです。このお店では焼きそばと注文すると厨房には「上海麺」と言ってオーダーを出していました。ワンタンにしても上海麺にしても昭和の味と言いましょうか、けっこうあっさり頂けるのでご近所ということもあってついつい利用してしまいます。ここですToday's lunch!! Vol.78 “泰園”で手早く昼食を済ませて店に戻ってきました!!さて、仕事に精を出しましょうか~!!

|

2010年12月19日 (日)

Today's lunch!! Vol.82

今日は昼食に出るのも遅くなり、戻ってからも忙しくて更新が遅くなってしまいました。今回は他の店にはないというオリジナルメニューの紹介です。 「生姜焼きチャーハン」とはこれ!!

20101219

どうですか!!このボリューム(^^ゞ卵チャーハンの上に千切りキャベツを乗せて、その上にあんかけならぬ豚肉の生姜焼きがどどっとかかっていて780円。これでレギュラーサイズで他にはお肉1.5倍チャーハンは2倍というW盛りというのもあります。いえいえ、私は頼んだことはありませんが(笑)でも見かけはボリュームたっぷりですが消化がいいので夕方にはちゃんとお腹空きます(^^ゞ

こんなもの出している店はどこかと言うと、Today's lunch!! Vol.79でも紹介している“雁川”です。今日も白衣の大男マスターから「忙しいかい!?」と聞かれて「売れないけど忙しいよ」と答えた私でした(笑)この漫画は登場人物のキャラクターを実によくとらえていますね~(*^_^*)

ちょび&姉ちゃんの『アキバでごはん食べたいな。』
 ~中華料理 「雁川」編~ 

|

2010年12月18日 (土)

「ステラヴォックスジャパン&ゼファン合同試聴会」終了しました!

本日は、「ステラヴォックスジャパン&ゼファン合同試聴会」を行いました。お忙しい中沢山のお客様にお集まり頂き誠にありがとうございました。簡単にレポート致します。

P1090528
最初は、TechDAS D-7 のデモからスタート。ステラヴォックスジャパンがプロデュースしたMade in Japanの製品です。コンパクトですが、USB DAC機能以外にもプリ、アップサンプリング機能、10Mクロック入力など充実の機能を装備しております是非ご注目下さい。

P1090524
CH Precision D-1 は瑞々しいサウンドを聴かせてくれました。デザインもシンプルで良いですね。

Resize0242
H.A.L.3大人気C.R.MはGOLDMUNDの「METIS5」で十分駆動できました。そしてサブウーファーのCRSを加えて聴いて頂きました。

 Resize0243
後半は、VIVIO AUDIO G2 の登場です。G1と違うのはサイズとウーファー部分の口径となりますが、台座部分はカーボンを使用したりとある意味グレードが高くなっている部分もあります。駆動するのはGOLDMUNDTELOS350

Resize0233  
最後は、BRINKMAN Turntable"OASIS" + Tonearm"10.5"でアナログを聴いて頂きました。とてもS/Nの良いサウンドでした。

商品数が多く、2時間あっと言う間でした。明日も「G2」や「CRS」はお聴き頂けます。ご興味のあるお客様は是非お越しくださいませ。

お問い合わせは./上遠野までメールをお願い致します。

|

Today's lunch!! Vol.81

今日はまともな時間?に昼食に出ることが出来ました。でも、土曜日の秋葉原は大変な人出で混雑しているので近場で短時間で済ませることが出来る店、ということで結局は馴染みのここに入ってしまいました。Today's lunch!! Vol.75 ここ、「とんかつ冨貴」です。皆さんも行かれたらおばさんたちに私のブログで見た、と話してあげて下さい。とっても喜びますから(*^_^*)そして、入る前から注文するものも決めていました。“カキフライ”です!!

20101218

この店のカキフライは推薦できます。何がポイントなのか? それはしいて言えば何も手を加えないで素直な料理となっていることだと思います。カキを丸めるようにして形を整え細かいパン粉でくるむようにして揚げた冷凍食品のようなカキフライは他でも良く食べますが、どうですか!!このざっくりとした揚げ具合を見てやって下さい。長年ここに通っていると揚げ具合も承知していますが、今日のはうっすらとしたきつね色でジャストな揚げ色です。そして、カキが大粒なこと!!大きい時には10センチくらいのものが出てくる時があります。私はこれも塩をかけて頂きますが、これがまた美味い!!しかし、今日はお代わりはしませんでした~(^^ゞ胃袋に血流が片寄ってしまうと眠くなって頭の回転が鈍くなってしまいますから!!さあ、お仕事再開です!!

|

MAGICO Q5 が入荷いたしました!

先のオーディオショーの中で強烈な印象を受けたことと思います。

ほぼアルミ合金で組み上げられた過去にも例の無いスピーカーが此処に有る。

密閉型、アルミの振動板でも重いという訳でカーボン素材の低~中音域コーン型ユニットが特徴的で全くといって煩さの無いBeツィーター。

P1030077_5 

重量175kgと同社のV3よりは若干大きさはあるもののそんな事は忘れさせてくれる音で有りひじょうに温度感が高く最低音域までもきっちりと見渡せるほどの解れが有り一切のぶれも感じる事も無く低いところでの音階も見事な具合でどこまで音量を上げていいのか不安さを未だ感じさせないのです。背面に回るとスコーカーとツィーターの位置に小さな穴が数多くありネットワークの熱を効果的に逃がす為の工夫らしいですがそんな熱までも考慮した製品そして拘りです。

まずは、こちらを見て欲しい。

http://www.electori.co.jp/magico/Q5.pdf

そして演奏中のアンプはこちら!

http://www.electori.co.jp/hegel/P30_H30.pdf

上記、ラインナップにて試聴会がございます。⇩

「DPAT Technology Model : 0037 Continuum」体験会

0037 Continuum?初めて耳にする方は詳しくは下記サイトをご覧ください。

それは、ハイレベルのPCオーディオトランスポートになります。

http://www.hookup.co.jp/products/pureaudio/dpat_Continuum.html

Model:0037 Continuum           税込定価\1,344,000

Model:0037 Continuum Perfection 税込定価¥2,184,000

Antelope Audio社の10Mルビジウム発信機Isochrone 10Mそしてクラシックな木製ラックがセットになった製品です。

バックグランドノイズの極端に低い静寂感とピントが合うとこんな音に変化するのか!と感激するのではと思います。

日時 : 12/19(日) 午後1時30分~3時

場所 : ダイナ5555 6F H.A.L.2 East-Active room

*hookup の瀬戸氏をお迎えし、進行いたします。

未だお席はございますので参加をお待ちしております。

azuma@dynamicaudio.co.jp までお願いいたします。

|

2010年12月17日 (金)

注目の新製品その②・・・TAOC「FC4500」AVALON「TRANSCENDANT」・・・

注目の新製品その②のお知らせ。 

Resize0239_2
左からTAOC 「FC4500」\997,500(ペア)、
AVALON 「TRANSCENDANT」\1,942,500(ペア)、
B&W「802 DIAMOND」\2,100,000(ペア)。
「FC4500」「TRANSCENDANT」は初展示になります。是非お聴き下さいませ。

 

Kiss
そしてvienna acousticsのクリムトシリーズ「THE KISS」\1,575,000(ペア)

http://www.alphamega.co.jp/product/thekiss-ja.html

弦楽器はさすが。デザインもおしゃれですね。

今週末は、ステラ&ゼファンイベントと合わせて沢山の商品がございます。是非お越しくださいませ。

       -*-*-*-*-*-*-*-*-*-

お問い合わせ、試聴予約は、H.A.L.3島(shima@dynamicaudio.co.jp)、上遠野(ken@dynamicaudio.co.jp)までお願い致します。

|

注目の最新機器が大量入荷しました!

明日12/18(土)は、午後1時~午後3時まで「ステラヴォックスジャパン&ゼファン合同試聴会」を行います。予約もほぼ埋まり、後数席を残すのみとなりました。本日機材が続々と入ってきましたので、ご紹介いたします。

P1090524
●CH Precision D-1 SACD PLAYER \3,200,000(税別)  

計画から発売まで時間がかかったこのCH Precision D-1。ESOTERIC製 VRDS-NEOメカを使用した数少ないモデル。pdfファイルをご覧いただければお解かりになると思いますが、今後多くの製品、及びカスタマイズされたパーツが出てきます。そのこだわりを是非試聴していただきたいと思っております。

P1090528
●TechDAS D-7 D/Aコンバーター オープンプライス

ステラヴォックスジャパンがプロデュースしたMade in Japanの製品。実勢売価\280,000(税込)という価格の中でかなりテクノロジーと機能を盛り込んでおります。PC AUDIOを考えているお客様だけではなく、単に今のCD PLAYERの音質をアップしたいというお客様にも対応できるモデルです。

P1090522
●VIOLA PICCOLO Passive Preamplifier  \550,000 (税別) 

CELLOのETUDE同様電源がいらないPASSIVEコントローラーです。ヴォリューム部分は同社プリアンプCADENZAと同様のものを使っております。また、バランス出力も装備しています。

Resize0236  
●AUDIO MACHINA CRS サブウーファー \1,400,000(税別)

H.A.L.3 大人気 C.R.M(\980,000)にあわせるサブウーファーとして登場したC.R.S。CRMと組み合わせるための専用のス タンド(\230,000/pair・税別)も用意されております。CRMでは出し切れなかった低域と低域を足すことで得られる中高域のつながりの良さを 感じることができるのではないでしょうか。

Resize0235  
●GOLDMUND TELOS350 パワーアンプ \3,900,000 

第2世代のTELOSシリーズとなりますが、TELOS5000のテクノロジーが詰まっております。

Resize0237_2
●VIVIO AUDIO G2 スピーカー \4,600,000

G1と違うのはサイズとウーファー部分の口径となりますが、台座部分はカーボンを使用したりとある意味グレードが高くなっている部分もあります。空間再現能力。そして音楽の喜怒哀楽を伝えてくれるスピーカーです。

Resize0233  
●BRINKMAN Turntable"OASIS" + Tonearm"10.5": \2,430,000(税別)

ダイレクトドライブ方式のアナログプレーヤーと専用アーム。カートリッジもEMTをモディファイしたカートリッジを使用します。

かなりのラインナップになります。明日は本当に楽しみです。皆様のご来場をお待ちしております。

<イベント詳細>

日時 :12月18日(土曜日)午後1時~午後3時
場所 :ダイナ5555 4F H.A.L.3
定員 :20名様 先着順とさせていただきます。残り5席。

進行 :ステラボックスジャパン 堀川氏/ゼファン 安藤氏

お申し込み: 電話、メールにてご予約をお願い致します。

メールでのお申し込みの場合は./上遠野までメールをお願い致します。

|

2010年12月16日 (木)

12月17日 試聴会のお知らせ。(使用機材の予定)

Shtop

★☆★☆復活!新生サウンドハウス☆★☆★☆

いよいよ、明日17日(金曜日)2Fでも試聴会を開きます。
(ナクソスジャパンとの合同試聴会です。
よりまして、音楽紹介ありきで進めさせていただきます。!
ナクソスの方に曲の紹介はしていただきます。)

使用機器予定は以下のとうりです。
組み合わせは今日の夜から選別する予定です。
そう思うと夜から準備で大変です。

今年の冬、ミドルクラスでどのようなモノを買っていいか
迷われている方は来られれば何か一つの目安に
なるかもしれませんよ。

なるべく国産ミドルクラス新製品で固めてみました。
日頃、お世話になっておりますメーカーの商品で
御紹介させて下さい。

時間の限り、御紹介させていただく予定でいるのですが
御紹介できない機器がでてきたら御免なさい。
(使用機器の変更も考えられます。)

----------------使用機器予定----------------
Cimg3883
今、最も気になるプリメインアンプ
LUXMAN L-590AX かなりの秀作で是非、御検討
されることをおススメ致します。

Denon100
デノン100周年記念モデル
もう最終生産に突入しまして年内の完売が予想されるかも
とのアナウンスが入ってきました。上位機種に迫る
クオリティでこのお値段なら買い?では。

Cimg3885
B&W 804sdと805sd ダイヤモンドツイ―タ―による
変更等でさらなる進化を達成!

Cimg3880
YAMAHA NP-S2000 実売二十万円以下で購入できる
商品で 当店2Fでお問い合わせの多い商品であります。
L-590AXと組み合わせて聴いてみたいリクエストも
多いですね。

Haydngrandse
緊急情報!ハイドングランドSE 緊急確保!
ただ、残念なことに本当に残り僅かです。お急ぎください。

Micromegawm10

フランス製 マイクロメガ エアストリームプレイヤー
WM-10 充実した中域と音触は聴いてみる価値が
あるかもですよ。

Cimg3886

DALI ヘリコン400MK2 当店2Fでよくプッシュしている
SPの一つです。このSPでしか奏でられない音色が
あるのです。

Cimg3882

ステラボックスから話題の意欲作DAコンバータ―
TECHDAS D-7も使いたいと思います。

Cimg3887
当店2Fでは B&W、ヴィエーナとともに試聴リクエスト
の多いアイテム クリプトン KX-5 かなり評判も
GOODです。

Cimg3879
最強レシーバー LINN MAJIK DS-I
やはりネットワークPの仕様的には頭一つ
抜きんでている感があります。

Cimg3891
NOAH キャンペ―ンで2Fでプロモーションしている
ブルメスタ― のプリメインと電源コンディショナ-
是非、こちらも聴いてもらいたいですね。
(2Fで大プッシュしています。)
クロームメッキ処理が実に悩ましいです。
Cimg3890

そして、ダイナベストセラーにしてロングセラー
元フラッグシップSACDプレーヤ―
DENON DCD-SA1。
当店では年末SPキャンペーンを
やっています。
(損は無いと思いますよ。是非、御利用下さい。)

試聴会では
時間進行の関係上 紹介しきれない可能性が
ございます。ご了承ください。
(使用機器の変更も考えられます。)

-------------------------------------------

↓試聴会の内容です。↓

新生サウンドハウスお披露目&今や世界に名だたる
クラシックレーベル ナクソスジャパンとの合同試聴会
のお知らせです。

興味ののある方

是非、御参加下さい。!(予約制です。)

オーディオのご購入で迷われている方も是非お越し下さい。!

-------------------------------------------------

ナクソスジャパン&ダイナ サウンドハウス合同試聴会

内容:国産ミドルクラス&ネットワークプレーヤー等による

ナクソス高音質レーベル&新作発表会

日時:2010年12月17日(金) 18:30~20:30

会場: ダイナミックオーディオ5555 

     2階 サウンドハウスにて

     千代田区外神田3-1-18

要予約です。(席に限りがあります。ご了承さい。)

Naxos

ナ クソスジャパンからのお知らせはこちら

内容としましては国産ミドルクラスを中心とした
組み合わせにネットワークプレーヤーやDACも組み合わせた
面白い試聴会にする予定 です。

http://www.naxos.jp/cat/featured/matsumura101102

また、ナクソスとしましても約3年ぶりと思われる
【日本作曲家選輯】の新作発表など高音質レーベルなど
紹介意欲にあふれておりま す。

曲の紹介としましてもナクソスの方にご紹介して
いただきますので聴くのが楽しくなるかと思います。

Cimg3877

■■■■ご参加お待ちしております。■■■ 

↓下記までご連絡くださいませ。

Shtop2F

林(火曜定休) 

hayashi@dynamicaudio.co.jp

とも田(木曜定休)

tomo@dynamicaudio.co.jp
 
電話:03-3253-5555/03-3253-2001
FAX 03-3253-5556
       

営業時間:11:00~20:00

★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆

|

2010年12月15日 (水)

Today's lunch!! Vol.80

今日はランチの話題のはずが実際に更新出来たのは夕食時よりも遅い時間帯になってしまいました。本当に腹ペコです~(^_^;)そんな時間に昼食を思い出して書き込みしているのですから酷なことです(笑)そして、今日のランチで食べてきたメニューの名前は何と!!「がんこちゃんセット」というもの。何だか想像できますか? そうです、今日のお店はToday's lunch!! Vol.8で紹介している「新宿ねぎし」でした。このメニューの紹介よりも先ず写真を!!

20101215

牛タンがメインのお店ですが、Vol.8でも述べているように食材が値上がりして一時は足が遠のいたものですが、これは薄切り赤みのタンということで、食感は少し歯ごたえがありますが味はよろしい。軽くお代わり出来てしまいます。そして、トロロの味付けがいいので更にお代わり出来てしまいます。でも、昨日の失敗があるので今日は控えめに(笑)でも、がっつりお代わりしましたが麦飯の消化がいいのでしょうか、夕方にはお腹空いてしまいました。明日は木曜日で定休なので、アキバ・ランチはありません(笑)今夜は空腹に負けて多くを語らずでお仕舞いにしましょう~(^^ゞ

|

EMM LABS「CDSA SE」特価のお知らせ。

Xmassale_2

2010年ももうすぐ終わりですね。PCオーディオの流れを感じた1年ですが、振り返るとPLAYBACK DESIGNS「MPS-5」やCH PRECISION「D-1」、国産だと「TAD D-600」、ESOTERIC「K-01」などの高級SACDプレーヤーが相次いで発売されました。SACDでなければ出せない音というのも確かにあり、またドライブメカのある製品はメーカーにとっても作りがいがあるのではと思います。個人的にもディスクプレーヤーにはモノとしての魅力も感じます。

さて、本日はSACDと深くかかわりのあるエド・マイトナー率いるEMM LABSの「CDSA SE」の特価品をご紹介致します。

Resize0232

精悍なブラック仕上げ。特徴はCDフォーマットをDSD信号の2倍にあたる5.6448MHZへのアップサンプリングとディスクリート・デュアル・ディファレンシャルのD/A回路搭載の2点です。

音は瑞々しさと深さを感じます。下手なプレーヤーだと高い音が耳に付くことの多い、ヴァイオリンソロがとにかく素晴らしいです。再生したスピーカー、SONUS FABERの「GUARNERI MEMENTO」は長く展示している製品なので、数え切れないほどのシステムで鳴らしていますが、自然と耳が吸い寄せられてしまいます。やはりSACDはいいな・・・と暫く思っていたのですが、ディスクを変える際にCDだと気付く始末。やはり上記アップサンプリングが相当効果的なのだと思います。

トレイが不安定だった初代「CDSD」のイメージをお持ちの方もいらっしゃると思いますが、動作は非常に安定しています。どうぞご安心下さい。

去年出た製品ではありますが、サウンドはかなり魅力的です。とにかくまずは聴いて頂きたいCD/SACDプレーヤーです。

EMM LABS「CDSA SE/2009年版」 定価\1,890,000
http://www.highend.jp/EMM_CDSA_SE.htm

展示品販売価格\1,100,000(税込)

ご試聴、お問い合わせをお待ちしております。

       -*-*-*-*-*-*-*-*-*-

お問い合わせはH.A.L.3島(shima@dynamicaudio.co.jp)、上遠野(ken@dynamicaudio.co.jp)までお願い致します。

|

LINN LP12&Mclntosh

1215_2
先日からお伝えの通りLINN DSの話題は事欠かないのですが、
相変わらずなのはむしろこちらのLP12でしょうか。

デジタルがどれだけ進歩しても、
アナログ(レコード)は気にしません。
気にしないのですが、今もなおゆっくり楽しみの範囲を広げています。

デジタル再生のかたわらにレコード、
レコードプレーヤーのかたわらにデジタル、
今までもこれからも、このかたちは変わらないのです。

レコードを買って針を落とすまでのワクワク感は、
データ再生に取って代わる事なんてありませんからね。

LINN:LP12system
Mclintosh:pre amp C500C/T&power amp MC501
Music:PSYCHO AFRICAN BEAT/PSYCHEDELIC ALIENS

 

これで強めのアフリカンビートが気持ち良く楽しめてます。
意外と言うか、やっぱりそうなんだなー、という快感。
シンプルにC500のフォノイコを使用して鳴らしていますが、
内蔵のフォノイコの質の良さを改めて感じました。

Mclntoshもクレジットキャンペーン大好評につきまして続行中です、期間は年内のご注文までとなっておりますのでお考えの方はお早めにお問い合わせ下さい。もちろん、JBLもこのクレジットキャンペーンの対象製品となっております。

とは言え、今週末の新旧AKURATE DS比較は楽しみです、特に時間を決めているわけではありませんので営業時間内にお越し頂ければご試聴可能です。

皆様のご来店をお待ち致しております。

5555 3F柴田

12151

ダイナミックオーディオ 5555 3F
Phone. 03-3253-5555
赤塚 akatsuka@dynamicaudio.co.jp
柴田 shibata@dynamicaudio.co.jp

|

2010年12月14日 (火)

Today's lunch!! Vol.79

今回は先ずこんな写真からご紹介しました。これを見ただけでどこか分かる人は結構アキバに詳しい方だと思います。

2010121401_3 2010121402_2

食べて きてから二時間程経過しようかというのに、満腹でお腹が苦しくて大変です(^^ゞそんな腹減らしにとって貴重な存在のこのお店、店の奥にはこんなガラスの彫刻がどで~んと据え付けられています。  Today's lunch!! Vol.19で紹介している“雁川”です。ここの従業員さんはとにかく元気で声が大きい、そして更に長身で白衣姿のマスターがそれに輪をかけて声が大きい!!(^^ゞ ランチタイムでは8種類くらいの定食があって、どれもボリュームたっぷり。しかし、今日は日替わり定食「肉ニラ黒コショウ炒め」を頼むことにしました。なんと、昨2010121403日と同じようなおかずですがボリューム満点。

しかもお代わり自由なのですから、腹減らしの味方ということで若者からサラリーマンまで幅広い客層で毎日混んでいます。もちろん、私もお代わりしましたが、それかせ後になって苦しくなってしまうほどの満腹状態。そうそう、満腹と言えば例の漫画でも紹介されています。

さて、このお店には外国人の来客も多いのですが、私が円卓で食事していると30代くらいのインテリ風メガネをかけた白人の旅行者が隣に座りました。私は無視して食べていましたが、料理が出てくるとなんと彼は両手を合わせて「いただきます」と言ったのです。

日本人の私は毎日外食していても「いただきます」の言葉をお店では言わなくなってしまいました。いや、自宅でも言わなくなってしまいましたが、ちょっと驚きました。そして、日本人の習慣が本当は文化であるはずなのに、それを私たちは忘れてしまっているんだな~と反省もしたところです。世界中で「いただきます」と「もったいない」という言葉を持っているはずの日本人が、これではいけないでしょう!! でも、明日からは外食しにいって言うかな~? 皆さん、どう思いますか~(^_^;) それにしてもお腹苦しいよ~「いただきました!!」(笑)

ちょび&姉ちゃんの『アキバでごはん食べたいな。』
 ~中華料理 「雁川」編~ 

|

SOULNOTE『ゆく年くる年アクセサリープレゼントキャンペーン』

 明日15日より、SOULNOTEのゆく年キャンペーンが始まります。今回、新製品とし12月24日に発売されるアクセサリー2製品とオリジナルケーブルがプレゼントとなります。これからシステムをそろえようと検討されている方には非常にお得なキャンペーンとなっていますので、この機会にどうぞご利用ください。

 期 間 2010年12月15日 ~ 2011年1月20日

 その1 SOULNOTEオリジナルクロス(MC-350)をプレゼント
      対象:SOULNOTE製品(アクセサリーを除く)をお買い上げの方

 その2 オリジナルインシュレーター(SP-330)をプレゼント

      対象:sa3.0、sa1.0R、sm10、ss10をお買い上げの方

 その3 オリジナルケーブルをプレゼント
      対象:同時に2台以上お買い上げの方

詳しくはお問い合わせください。

 <新製品情報>
 ・ミクロスタースエードクロス MC-350 \1,575(税込)
  フロントパネルやトップカバーを傷めることなく汚れやほこりをふき取れるクロスです。

 ・インシュレーター SP-330 \1,575/1個(税込)
  スパイクと同じ素材のインシュレーター。

 SOULNOTEのつくるアクセサリー(ケーブル)は色付けが少ないため、SOULNOTE製品以外の機器でのご利用にもオススメです。

 1Fに移動して音もだいぶなじんできました。試聴の多いsa3.0とsa1.0Rの聴き比べやDACの聴き比べなどできますので、お気軽にご来店ください。

1F 小山

|

2010年12月13日 (月)

UTY15について

Uty15_3  生産完了

UTY-15の配線

Uty15  配線にはプリント基盤を用いるのが一般的です。しかし、いくら高価なプリント基盤を用いても、プリント基盤固有の音が音楽に付加されてしまいます。したがって、UTY-15では上杉研究所のほかのアンプと同じく、手間暇のかかるラグ板配線としております。このラグ板配線は補強構造を採用した、1.6ミリ厚のメッキ仕上のメタルベースにガッチリと固定されていますから制振対策も完璧です。最近のアンプでは、プリント基盤による配線が常識となっていますが、これは製造コストを大幅に削減できるからであって、性能面で採用されているのでではありません、美しい音と直結する配線歴40年のベテラン職人グループによる美しい手作業配線にも御注目下さい。

UTY-15の使用部品

Uty15_4

トランス類は当社の他アンプと同様に、ISO製のトランス類の特徴は、信頼性が非常に高い事、バラツキが皆無であることに加えて、トランス設計技術スタッフがネガティブフィードバック(NFB)アンプを熟知していることで、その結果、NFBが非常に安定に掛かるという事です。私はISOのトランスを大変気に入っており、もっと早くISO製のトランスを使用しておけば良かったのに…、と後悔しています。

真空管は共産圏諸国で製造されたものではなく、すべて真空管全盛期に製造された優秀品を使用しています。ECC83は松下電器産業Kk製造の特注品、ECC82/6189はフィリップスECG製、6L6GCはGE製を使用しています。こういったヴィンテージ物の優れた真空管の豊富な在庫は、今では上杉研究所の宝物となっています。これらの真空管は定温度/定湿度につとめた地下室で保存しております。

抵抗/コンデンサー類はパナソニックエレクトロニック(旧松下電子部品)に特注した優秀品で、高信頼設計となっています。創業時から使用していますが、抵抗/コンデンサーが原因によるトラブルは一度も起こした事はありません。

シャーシは上杉研究所の他のアンプと同じく、精密板金加工の兵庫無線kkに依頼した特注品です。接合部にハンダを流してヤスリで仕上るといった凝った作業をしており、職人技が見事なシャーシです。補強板を各部に配し、必要充分な制振対策をしております。

UTY-15の回路構成

 真空管式/トランジスタ式を問わず、簡易型プリメイン型アンプに好んで用いられる回路構成は、パワーアンプ部をハイゲイン設計として、プリアンプ部を省略してしまう方式です。この方式のメリットは、信号通過系がプリアンプを通らない分だけシンプル化される結果、音の鮮度の老化が少ないという事です。SACDCDなどの信号源が理想のものあれば、この考え方に賛成ですが、CDよりも優れるSACDであっても、理想とは大きくかけはなれているのが実状です。したがって、プリアンプを通す事によって、より聞きやすい音/楽しい音を演出する方が良いと、上杉研究所では考えています。UTY15のプリアンプはECC83による1段構成NFとしており、14dB5倍)のゲインをもたせております。ボリュームコントローラーはプリアンプの出力側に設けているために、実用上のSN比が大幅に改善されています。したがって、高能率型スピーカーシステムと組合せてもSN比の面で問題を生ずる事はありません。パワーアンプ部は、高性能と高安定性を両立させたムラード型です。プリアンプ部のみならず、パワーアンプ部の初段と位相反転段のヒーターを直流点火とするという贅沢で手法により、優れたSN比を得ています。パワーステージにはプレート損失が30Wと非常に大きな6L6GCを使用し、これをウルトラリニア接続プッシュプル動作とし、高能率と高信頼性を両立させてします。6L6GCプッシュプル動作の場合、50W以上のパワーが取り出すことが出来ますが、UTY-15では20W+20Wと控え目な動作とし、信頼性と長寿命化を図っています。パワーステージのバイアス回路は、安定性の面で大変優れたセルフバイアス動作方式としており、1本の6L6GCに専用の1つのバイアス回路を設ける事により、高い信頼性を確保しています。ネガティブフィードバックは、出力端子から初段管のカソードに13dB掛けており、薄化粧をして音を整えています。出力には、16Ω3種類の端子を設けていますから、最新型のスピーカーからヴィンテージ物のスピーカーのすべてにベストマッチングいたします。パワーアンプの心臓部ともいえる電源部は、充分過ぎるほどの余裕度を持ったパワートランス、大容量コンデンサー、チョークコイルで構成しており、これがパワフルなサウンド/スケールの大きなサウンドの根源となっています。

UTY-15開発の動機

 英国のスピーカー・メーカーのタンノイ社からの要請により、2002年にタンノイ・スピーカー用ドライブアンプのUT-50を、エソテリックから発売させていただきました。UT-50にはタムラ製作所のトランス類を使用しており、400台限定生産品でしたが止むをえず270台で生産中止となってしまいました。生産中止の理由は、400%に近いトランス類の値上げの通知を受けたからです。上杉研究所へのトランス納入価格が約30年前から値上げ無しだった事を考えると、この大幅は当然といえましょう。性能が向上してもいないのに、そのトランス類を使用して、UT-50を大幅な値上げして販売することは、ユーザーの方達を騙すような結果となってしまいますので、UT-50270台で販売を中止とさせていただいたのです。タムラ製作所のトランス類の魅力は、上杉研究所への納入価格が安いことでした。パネルやツマミ、ステンレスパイプなど特注機構部品は、すべて400台分発注していた為に、残りの130台分の在庫があります。これを処分してしまう事は大変もったいないです。このような訳で、あまった機構部品を活用し、新しくプリメイン型アンプのUTY-15100台限定で発売させていただく事なった次第です。スペース的にセパレート型を使用することできない、といった方達にUTY-15をおすすめしたいこと考えています。シンプルな回路でまとめた、本格的なプリメインアンプを内蔵させていますので、UTY-15はお買い得品と自負いたしております。

担当林 泰夫...hayashi@dynamicaudio.co.jp

|

1F Soulnoteの音

どうもこんにちは。
 
久しぶりの更新になります。今度は1FからUPしていきます。
奥のスペースにSOULNOTEを入れています。その音とは!?
SoulnoteCD :SC 1.0
AMP :SA 1.0R
SP :SM 10
(DAC:SD 1.0)
 
早速試聴。
試聴CDはAudiophile Recordingsの『Uncompressed World Vol.Ⅱ』です。
以前EMM LabsPre2の試聴時も使いましたが、良いCDです。
1曲目、Benedicte Torget『Sleep Awhile』を再生。
冒頭のボーカルとPfだけの部分で、後ろの静寂に驚きました。
 
女性ボーカルですが、息遣いやリップノイズの生々しさが感じられ
温かみのあるボーカルとは裏腹にピアノのカツーンと響く音もしっかり
再生されて出てきます。
 
Sm10同軸ユニットの定位の良さ、
下向きに設けられたバスレフ
も低域を豊かにするが、
全体のまとまりは良いと感じます。
 
すぐにパーカッションがガラスというかグラスかな?
リズムを打ち始めますが、その響も物足りなさを感じることは
ありません。これだけ壁から距離をとっていますが、
ベースの反応は良く、量感のある音です。
 
途中、DACを使ってみました。
滑らかさが増し、瑞々しさが出て音楽の躍動感、
またダイナミックレンジも豊かに感じられました。
 
SOULNOTEをお探しの方、買い替えを検討の方、
セカンドシステムをお探しの方へ是非お勧めしたい製品です。
試聴大歓迎、今回紹介したCDもSPDにて取り扱っております。
 
5555 / 1F Accessory Mall / 武田でした。
takeda@dynamicaudio.co.jp

|

LINN AKURATE DS/K.

1213akurate
写真は旧AKURATE DSです。

先日もお伝えしましたが、現在お問い合わせを大変多く頂いております。
ご来店頂きましてのご相談も非常に多く、
新型AKURATE DS/Kへの期待と関心の高さを実感しております。

これまでのAKURATE DSも十分な満足度であった事は間違いありませんが、
新型はさらにその魅力を惹く充実度、この音は実感頂ければお分かり頂けると思います。

すでに様々なところからご情報は出ているとは思いますが、
新型AKURATE DS/Kは120台入荷分までは¥924,000(税込)です。
それ以降の、というより正規定価は¥997,500(税込)です。

すでに相当数のご予約を頂いております中ですので、
お考えの方がいらっしゃいましたら是非お早めにお問い合わせ、ご相談下さい。
とは言え、すでにご予約頂いておりますお客様分も年内のご納品は難しい台数も出ておりますので現在ご予約頂いたとしてもお渡しは年明け以降になる可能性が非常に高いのですが、もちろんご予約順となりますので少しでも早くご予約頂けますと幸いです。

先日お知らせしました通り、12/18(土)、19(日)は3Fにて新旧AKURATE DSを並べますので、是非実際に試聴頂きたいと思っております。

そして、ここらが更に強力なお知らせ内容です、現在LINN DS下記製品新規ご購入につきましてのトキャンペーンを行っております。

これに加えまして、3FではLINN DS製品限定のクレジットキャンペーンも行っております、クレジットキャンペーンの詳細はお問い合わせ下さい。

どちらのキャンペーンも「2010年12月末日ご注文分まで」となっております。

※今回のキャンペーンは3Fフロアー独自の内容も含まれますのでキャンペーン内容につきましてはご来店もしくはお問い合わせにてご確認頂けますと確実かと思います。キャンペーンは残り期間が少なくなっておりますのでお間違えのないようご確認下さい。

もちろん、これからLINN DSの導入をご検討頂いている方等、LINN DSセットアップに関してのご相談、お問い合わせも随時お待ち致しております。現在も色々とアップデートされて使用環境はどんどん良くなっていますが、MacユーザーとしてはKinsky Desktopが使用出来るようになった事は、何だか嬉しいですね(SnowLeopardのみですが)、LINN DSのMac操作環境もどんどん充実してますよ。

5555 3F柴田

Akds_silver_front_top_

Images

LINN AKURATE DS-K ¥997,500(税込定価)

ダイナミックオーディオ 5555 3F
Phone. 03-3253-5555
赤塚 akatsuka@dynamicaudio.co.jp
柴田 shibata@dynamicaudio.co.jp

 

|

Today's lunch!! Vol.78

今日の東京は寒い雨降りの一日になりそうです。そんな時には遠出はしたくありません。結果的には当店の目の前にある店“泰園”に駆け込むことにしました。ここもToday's lunch!! Vol.3 で紹介したのはもう4年前ということになります。通算したら20年近く通っていると思います。そして、この店は雰囲気も変わらなければメニューの内容も大きな変化はありません。逆にそこがいいのかもしれませんが、ほぼすべてのメニューを食べ尽くしているので今日は何にしようかと考えてしまうことしばし。最近はワンタンスープと焼きそばという組み合わせで頼むことが続いていました。以前からの述べていますが、とにかくレトロなスープといいましょうか、魚系のダシが美味しいので好物のワンタンが他にはない味でgood!! で、今日は手書きのランチメニューから「野菜炒めライス・麻婆豆腐付き」を頼んでみました。まあ、確かに写真写りがいいという見栄えではありませんが、こんな感じです(笑)

20101213

ここの麻婆豆腐、実は私好きなんです(^^ゞダシは共通だと思いますが、本格中華というわけではなくて和風の味付けでご飯に良く合います。それからスープそのものもほんのり生姜の風味があっていいですね~。野菜炒めの見た目は豪快なボリュームということで色目のいいものではありませんが、ごろごろっと豚肉が入っていてご飯の友という感じでまずまずです。労働者の昼飯(笑)という感じでしょ!! でも、不思議と愛される店なのか昼時は混みあうこともあって庶民的な飯処という感じです。またお世話になることでしょうm(__)m

|

新生サウンドハウス17日(金)お披露目&合同試聴会のお知らせ。

Shtop

★☆★☆復活!新生サウンドハウス☆★☆★☆

2Fフロアにおいて、2週間まで隣りのビルで営業していました
サウンドハウス。お客様からどうしても残してほしいとのご意見
が大変多かった為、ダイナミックオーディオでは皆様のご意見を
反映しましてサウンドハウスのエッセンスを十分すぎるほど
詰め込んだフロアをサウンドハウスフロアとして創設しました。!

メンバーも元サウンドハウス店員で営業致します。
(ですからノリは一緒です。)

実は12月1日ぐらいから仮営業してはいましたが
お客様のご来店が大変多くなかなかUPしにくい状態でした。
(夜な夜な準備をしていまして昨日HP等やっとある程度の
準備はできました。)

そこで、本日はフロア内のご紹介と新生サウンドハウス
お披露目&今や世界に名だたるクラシックレーベル
ナクソスジャパンとの合同試聴会のお知らせをこの場で
いたします。

興味ののある方

是非、御参加下さい。!(予約制です。)

オーディオのご購入で迷われている方も是非お越し下さい。!

-------------------------------------------------

ナクソスジャパン&ダイナ サウンドハウス合同試聴会

内容:国産ミドルクラス&ネットワークプレーヤー等による

ナクソス高音質レーベル&新作発表会

日時:2010年12月17日(金) 18:30~20:30

会場: ダイナミックオーディオ5555 

     2階 サウンドハウスにて

     千代田区外神田3-1-18

要予約です。(席に限りがあります。ご了承さい。)

Naxos

ナクソスジャパンからのお知らせはこちら

内容としましては国産ミドルクラスを中心とした
組み合わせにネットワークプレーヤーやDACも組み合わせた
面白い試聴会にする予定です。

http://www.naxos.jp/cat/featured/matsumura101102

また、ナクソスとしましても約1年ぶりと思われる
【日本作曲家選輯】の新作発表など高音質レーベルなど
紹介意欲にあふれております。

曲の紹介としましてもナクソスの方にご紹介して
いただきますので聴くのが楽しくなるかと思います。

また、オーディオの組合せの妙といいますか
当店でセレクトした話題の新製品で鳴らす予定です。
選定機器も後日発表します。ご期待下さい。!

-----------------------------------------------------

サウンドハウス内はこうなっております。(試聴ブースは3つあります。)

Cimg3877試聴ブース1(メイン)

Cimg3876 試聴ブース2(リアルE-DYNA)

Cimg3878 試聴ブース3(マンスリーコーナー)

■■■■ご参加お待ちしております。■■■ 

↓下記までご連絡くださいませ。

Shtop2F

林(火曜定休) 

hayashi@dynamicaudio.co.jp

とも田(木曜定休)

tomo@dynamicaudio.co.jp
 
電話:03-3253-5555/03-3253-2001
FAX 03-3253-5556
       

営業時間:11:00~20:00

★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆

|

2010年12月12日 (日)

あの懐かしのアナログ球手箱も復活しました。!

3ftop

★☆★☆★☆復活!アナログ球手箱★☆★☆★☆★☆

ご指名の多かった真空管コーナーですが
ご安心ください。

通なファンに対してご要望の多かったアナログ球手箱も
復活しました。

詳細はまた後日お知らせいたします。

■■■■◇ご期待下さい。!◇■■■

2F サウンドハウス内:担当 林 

:Mailhayashi@dynamicaudio.co.jp

電話:03-3253-5555    03-3253-2001       

営業時間:11:00~20:00

定休日:火曜日

Shtop

★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆

|

今週末の目玉

今週末は12/18(土)にステラ&ゼファンの試聴会がございます。

http://dyna5555.cocolog-nifty.com/5555blog/2010/12/hal3-1c39.html

まだ席に余裕があります。お申込みお待ちしております。

D7
それに伴い、週末は多くの新製品が入荷します。個人的には上記試聴会でお披露目するステラボックスのブランド「TechDAS」に注目しています。

Taoc

その他、TAOCの「FC4500」が今週末12/17(金)にやってきます。国産スピーカーが少ない中、本格的なフロアー型スピーカーです。FCシリーズの第2世代ということで期待しております。入荷しましたらまたお知らせ致しますが、是非ご注目下さい。

       -*-*-*-*-*-*-*-*-*-

お問い合わせはH.A.L.3島(shima@dynamicaudio.co.jp)、上遠野(ken@dynamicaudio.co.jp)までお願い致します。

|

お待たせしました!NET-SHOP便り5555店にて復活です。

Netshop_2

★☆★☆★☆NET-SHOP便り★☆★☆★☆★☆

皆様。お待たせしました。約2週間ぶりにBLOG
立ち上げました。

しかも、新拠点となるかなり広いフロアでご紹介
できることになりました。

話題の機材をご紹介できればと
考えております。

取り急ぎUPしましたことをこの場でご報告致します。

よろしくお願いいたします。

(詳しくは試聴会のお知らせ等色々ございますので
後日またお知らせいたします。)

■■■E-DYNA便りご期待下さい。!■■■

tomo@dynamicaudio.co.jp
 
TEL 03-3253-5555 / FAX 03-3253-5556

5555店 2F サウンドハウス

TEL 03-3253-5555

NET SHOP 担当 とも田 

★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆

|

5階からのお知らせです。

5階からのお知らせです。

5階のトップページが新しくなりました。
まだブログと特価情報しか見られない状況ですが、今後はおすすめ製品や展示製品など随時更新予定です。
コンテンツは現在、急ピッチで作成中です。
徐々に増えていきますので、お楽しみに!!
http://www.dynamicaudio.jp/5555/5/

トップページが新しくなったのに伴い、ブログをこれまで使用していたココログから人気のアメーバブログ(アメブロ)に変更してます。今後は、5階独自のカラーを出して、皆様により楽しんで頂きたいと思います。新メンバー3人でこれまでとは少し違ったブログを作っていきます!!
http://ameblo.jp/5555-5f/

amano@dynamicaudio.co.jp Dyna5555 5階天野

|

Today's lunch!! Vol.77

今日は面白いことを発見しました!!googleで「Today's lunch!!」と検索すると9番目にヒットしました。ホントかな~と思いつつyahooでやってみても同じ9番目です。だからどうした、と言われてしまうとそれまでですが、話のタネにという程度のネタでした(笑)

さて、今日のランチはどうしようか~、と思った時に日曜日であることを思い出す。こんな日には行きつけの小さいお店はどこも一杯。でも、ここだったら先ず間違いなく入れて美味しく充実しているというのかToday's lunch!! Vol.71でも紹介しているここ。火楽 ~Karaku~ 秋葉原です。ここのメニューも初めて行った時から色々と変わりました。

私はToday's lunch!! Vol.67でも述べていますが、「牛の炙りステーキ定食」を良く頼んでいました。実は、このステーキ用のお肉は開店以来二回変わっています。メニューは同じでもお肉という食材が変わって結構味わいも変わるものでしたが、今年からだったか「炙りハラミ定食」に変わりました。ハラミと言えば焼肉屋さんでお馴染みですが、肉厚のハラミを炙りで調理するという一風変わったもので他の店にはないメニューです。さあ、出てきました~

2010121201_2

2010121202_2

見た目は大して美味そうに見えませんが(失礼!!)以前のステーキと比べても味わいがあります。歯ごたえも相応にありますが、ご飯のおかずという面では食が進むので好きなメニューです。

ただし、黙っていると甘辛のつけだれで出てきますので、私が推薦する味を試してみたい時には「ダイナミックの川又さんと同じ塩で…」と↓この女性、高橋さんか店長の元村さんに言うとやってくれます(^^ゞ

2008051403

このランチで嬉しいことはおかずの料理以外はすべて無料でお代わり自由ということで1,000円ポッキリなんですね~(^^♪そして、やはり夕方になるとお腹が空いてくるということで消化もよし!!私は夜もしばしば利用しますが推薦いたします。従業員の質良し味よし、そしてJR秋葉原駅の改札を出て30秒以内という立地も魅力でしょう。一度お試しください!!

|

Classe/CA-2100,CAP-2100が最終特価です

カナダのClasseの最終特価のお知らせです!

DYNA5Fのブログ-classe

http://www.classeaudio.jp/product/ca2100.html  


CAP-2100
(プリメイン)

DYNA5Fのブログ-cap-2100

プリメインながらSPを十分に駆動させる能力を持ちながらもClasse特有の上質な音色はセパレートに肩を並べるアンプです。タッチパネルの利便性も積極的に使いたい物です。個人的にセパレート以上にこのCAP-2100に好感があるのですよ。SPを軽快にドライブしますよ。

SPとの組合わせも選ばずどんな音楽にも合いますしオススメです。

モデル生産終了に伴う、新品の一台のみの最終大特価です!

●定格出力:100W×2(8Ω)/200W×2(4Ω)
●周波数特性:10Hz - 155kHz +0/-3.0dB
●SN比:95dB(typ)
●歪率:0.005%
●ゲイン(プリアンプ部):-100dB~+14ddB
●ゲイン(パワーアンプ部):29.1dB
●感度:1.0Vrms
●消費電力:188W
●ライン入力×3系統
●バランス入力×1系統
●テープ系入出力×1系統
●RCAメイン出力(プリアウト/シングルエンド)×1系統
●スピーカー出力×2系統
●最大外形寸法:445mm(W)×121mm(H)×419mm(D)
●質量:23kg

CAP-2100 定価¥892,500→545,000→更に最終大特価!!

お問い合わせ下さい!

CA-2100(ステレオパワー)

DYNA5Fのブログ-ca-2100

値段が安いとゆう意味ではなく、音としても個人的に気に入っているアンプなのです。100wですが4Ωで200wを保証していますし、ほとんどのSPを十分にドライブします。音色はClasseのシルキーで気持ちのよい音色に加えて設置の良さも褒めて上げたいですね。Classeはパワーアンプが有名ですがパワーアンプとして大きな主張をするとゆうより、プリアンプとSPの性能をさらけ出すような魅力があります。

2100は2200と比べて重圧感こそわずかに劣るものの、シンプルでストレートな音は2100の良さなのです。組合せを選ばないのも良いですね。

価格もお手ごろなので最終の2台あるのでバイアンプも良いですよ!2200を大きく上回るでしょう!バイアンプにご興味ある方は是非お試あれ

●定格出力:100W×2(8Ω)/200W×2(4Ω)
●周波数特性:10Hz - 155kHz +0/-3.0dB
●SN比:105dB
●歪率:0.003%
●ゲイン:29.1dB
●感度:1.0Vrms
●消費電力:172W
●ライン入力×1系統
●バランス入力×1系統
●スピーカー出力×2系統
●最大外形寸法:445mm(W)×121mm(H)×419mm(D)
●質量:21kg

CA-2100 定価¥630,000→395,000→更に最終大特価です!→お問い合わせ下さい!

宜しくお願いします

↓以下問い合わせ↓

諸石/5F(水曜定休)
03-3253-5555

mail to:moroishi@dynamicaudio.co.jp 

|

2010年12月11日 (土)

Marantz/SA-15S1 中古入荷予定です

こちらでも書いていますが

http://ameblo.jp/5555-5f/

近日入荷予定の中古品のお知らせです

Marantz/SA-15S1(生産完了)

http://www.marantz.jp/ce/products/past_products/audio/sa15s1/index.html


DYNA5Fのブログ-sa-15s1

が入荷します!

シーラスロジック製のDACチップ特有の空間表現の良さは価格を大きく越えます。

気になる方はお問い合わせ下さい

SA-15S1 定価¥157,500→中古価格¥73,500

宜しくお願いします

↓以下問い合わせ↓

諸石/5F(水曜定休)
03-3253-5555

mail to:moroishi@dynamicaudio.co.jp

DYNA5Fのブログ-1

|

3Fよりお知らせです.

1211_3
あっという間に12月もそろそろ半分、走り過ぎでついていけていません。

サウンドハウス3Fから同じ3Fへ異動してはや数週間、こちらの3Fにも沢山のご来店を頂いておりまして有り難く思っています。とは言え、数週間音沙汰無しでしたので、ご心配頂いてご連絡頂いたり等々、お知らせが遅くなりまして申し訳ありませんでした。

今までサウンドハウスにお越しいただいていました方、これからこちらで出会う方、また色々と新しい出会いが出来る事を楽しみにしております。
ここでも今までと変わらず、素敵な音楽とオーディオをご紹介させて頂きますので、これかもどうぞ宜しくお願い致します。

さて、お知らせしたい事は沢山あり過ぎて困りますが、
やはりまずは新製品LINN AKURATE DS-Kの話題をお伝えしない事には始まらないですね。AKRATE DSが発売開始されてもう3年半くらいは経つでしょうか、発売開始時から展示してきましたがLINN DSラインナップにおいて価格も含め実質的なコストパフォーマンスの高さを示してきました。それが先月装いも新たに新製品として発表されました、事前の話 ではマイナーチェンジくらいの予想でしたが正直まったく変身していて驚きです。外観から内部仕様までガラッと変更しているのでここでは触れませんが、定価 として10万円の差としてはそれ以上を感じてしまうのは正直なところです。

近況のお知らせとしましては12/18(土).19(日)の2日間は「新旧AKURATE DSの比較」が出来るよう準備させて頂きますのでお考えの方、まだご試聴された事のない方もご来店をお待ち致しております。

そしてそして最後に、期間限定のスペシャル企画のお知らせです!!LINN DS製品限定のクレジット金利キャンペーンスタートです!!12/31までの期間限定となりますが、是非このキャンペーンをご利用頂ければと思います。キャンペーン内容詳細はお問い合わせ下さい。

ダイナミックオーディオ5555 3F柴田

Akds_silver_front_top_

Images

LINN AKURATE DS-K ¥997,500(税込定価)

ダイナミックオーディオ 5555 3F
Phone. 03-3253-5555
赤塚 akatsuka@dynamicaudio.co.jp
柴田 shibata@dynamicaudio.co.jp

|

Today's lunch!! Vol.76

今日のランチはどうしよう…、と久々にちょっと考えてカレーを食べようと思い付く。ここで私が好きなカレーとはどんなカレーなのか? 昭和30年代の子供のころ、私の母親が作ってくれた黄色いカレーが未だに私が食べてみたいもの。既に10年前に他界しているので今はかなわない夢ということでしょうか。子供のころ母が大きな鍋に鶏がらを一羽丸ごと入れてダシをとっていました。今と違って玉ねぎを炒めてから…というのではなく、この鶏がらスープに直接豚肉とニンジン、玉ねぎ、ジャガイモをどっと放りこんで煮込んでいました。カレールーというものは当時なくて、黄色い缶のSBカレーの粉、そう昔はカレー粉だったんですね~。味付けも塩だけだったんじゃないかな~。カレー粉だけではとろみは出ないので水溶きした片栗粉を入れてとろみを付けていました。昭和30年代というと子供にとってはご馳走がカレーライスでしたね~、大鍋のカレーがなくなるまで何回でも食べられたものです。いやいや、無駄話が長くなってしまいました(^^ゞそんな私が秋葉原のカレー屋さんで唯一リピーターとして通っている店がここです!! Today's lunch!! Vol.22で紹介しているベンガルです。さて、前回語っているポイントですが、以前から通っている店でもメニューやら何やらと変化があったら紹介する価値ありだろう…と考えての再開でしたが、このお店がどう変わったのか?

2010121101

私もこれを読んで、なるほどそういうことか~と思ったものでした。今回は途中ですが、これを先にご紹介しておきましょう。

ちょび&姉ちゃんの『アキバでごはん食べたいな。』
 ~カレー専門店「ベンガル」編~ 

この漫画で登場している女性スタッフ、その中心が斉藤千秋さんで写真中央の方、その他にも笑顔が素敵な女性が印象的ですが、今日行ってみたら厨房にいるはずの斉藤さんがいない。あれあれ…、と思って聞いてみたら何と来年2月にベビー誕生の予定ということでさっき帰ってしまったとか。それはおめでとうございます。何が言いたいのかと言いますと、漫画で描かれている素敵な女性は本当ですよ~ということでした(^^ゞ

店は同じでもメニューが変われば新鮮さがあるかも、ということではなくベンガルは昭和48年当時からの味を守り続けているということ。そして、味は変わらず経営者が若い女性に変わったということが他とは違うところか(^^ゞだから、私も注文するのはいつも同じもの(笑)「骨付きチキン、中辛で両方大盛り」とこれで注文の用は足りる。両方大盛りとはライスとカレーの各々が100円増しで大盛りにしてもらえます。さあ、腹減らしの前に美味しそうなカレーが出てきました!!

2010121102

私はいつものやり方で食べます。こんもりと盛りつけられたライスにどぼとぼとルーを回しかけるということはしません。先ずルーだけをライスの右側に少しだけかけてご飯を食べて場所を空けます(笑)場所が空いたら、そこに骨付きチキンを取り出してフォークとナイフでばらしていきます。これがほぐれるようにすぐに出来るほど良く煮込んであります。そこに今度は丸ごとのジャガイモを乗せて、厚み5ミリくらいにスライスしていきます。その両方にルーをどっとかけて混ぜ合わせ、ご飯と少しずつからめながら食べていきます。いや~、今日も食欲そそる香りのカレーと素敵な女性の接客で満腹です!!あ~、今度行ったらお名前を聞いてみようかな~(笑)前回もそう言いつつ内気な私はまだ聞くことができませんでした~^^; 

|

OCEAN WAY HR-2+HOLM ACOUSTICS展開中!!

OCEAN WAY HR-2+HOLM ACOUSTICS展開中!!

国内唯一のOCEAN WAY HR-2を展示中ですが、
当初はVIOLAフルシステムで展開し、その後MCINTOSH、MARK LIVINSONと老舗メーカーでのデモをおこなっておりました。
だだ3ウェイマルチでのシステム構成では、最低でもアンプ3大が必要となり現実的なご提案がしにくい
構成でした。そこで今回は輸入商社アッカが新しく取り扱いしましたHOLM ACOUSTICSを展示デモいたします。
http://www.accainc.jp/contents.html

使用機器
プリアンプ DS PRE1(3ウェイモデル) 定価\1,050,000
http://www.accainc.jp/contents.data/HOLMACOUSTICS_DSPre1.pdf

モノラルパワーアンプ AMP1/3(500W+200W+200W) 定価\1,806,000(ペア)
http://www.accainc.jp/contents.data/HOLMACOUSTICS_AMP1.pdf

注目すべき点は2つ。
まずプリアンプDS PRE1ですが、
今回使用する3ウェイモデルはチャンネルデバイダーを搭載しております。

今までのチャンデバは各帯域のクロスとレベルをアッテネーター又はGEQで調整しておりましたが
DS PRE1はPC上にソフトをインストールし、USBケーブルを本体と接続してPC上にて
設定を変更出来ます。又別売りのマイクを使用しての測定も出来、使いやすさが格段に良くなっております。

Photo ←こちらがPC上の画面です。

もう1つの注目はパワーアンプ AMP1/3です。
小型サイズで、3チャンネル分のアンプを内蔵し、バイアンプ又はマルチアンプが1台で済んでしまいます。
シアター環境でもマルチチャンネルアンプとしても使用出来ますので、用途は広がるパワーアンプです。

国内でもHR-2とHOLM ACOUSTICSの組み合わせは当店だけです。
常時試聴が出来るように、整えておりますのでぜひご来店ください。

ダイナミックオーディオ 5555 3F
Phone. 03-3253-5555
赤塚 akatsuka@dynamicaudio.co.jp
柴田 shibata@dynamicaudio.co.jp

|

12月11日 H.AL.3 展示情報

いつもご愛顧いただき有難うございます。

●DPAT MODEL:0037 CONTINUUM 12月11日、12日 2日間のみ展示

MODEL 0037 CONTINUUM 定価\1,344,000(税込)リファレンスデジタルオーディオトランスポート

11月23日にイベントを行なったDPAT MODEL 0037 Continuumですが、
特別に2日間のみご用意できました。今回クロックはない状況ですが、そのサウンドは唯一無二かもしれません。
演奏者が何を語りたいかが本当に見えてきます。

前回試聴できなかったお客様はこの機会にお楽しみ下さい。

当日のイベントの様子は
http://dyna5555.cocolog-nifty.com/5555blog/2010/11/dpat-technology.html

*こちらは、簡単にお話をすると、このMODEL0037 CONTINUUMに内蔵されたSSDの中に音楽データー(WAVデーター)をパソコンなどを使用していれ、その再生をパソコンで行なうといった商品となります。こちらはトランスポートとなりますので、D/Aコンバーターが必要となります。

●ESOTERIC オンパレード

今H.A.L.3試聴室に多くのESOTERIC製品を展示しております。

■ESOTERIC K-01 CD/SACD PLAYER \1,470,000
■ESOTERIC X-01D2 CD/SACD PLAYER \1,470,000
■ESOTERIC P-05 CD/SACD TRANSPORT \630,000
■ESOTERIC D-05 D/Aコンバーター \630,000
■ESOTERIC C-03 プリアンプ \840,000
■ESOTERIC A-80 パワーアンプ \1,680,000
 

★ポイント1
 K-01 VS X-01 D2 VS P-05&D-05

 最新モデルK-01と現行モデルとの音の違いは?
 
 各モデル比較試聴可能です!! 

★ポイント2
 K-01のUSB入力のクオリティは?
 
 PCを使ってのデモも可能ですのでお気軽にお申し込みください。

★ポイント3
 ESOTERICが伝えたいサウンドは?

 入り口からアンプまで揃えて、B&W 802DiamondまたはSONUS FABER Stradivari Ho
 mageで試聴可能です。

是非ESOTERICのサウンドをお楽しみ下さい!!

急なご案内になりましたら、皆様のご来店心よりお待ち申し上げます。

4F H.AL.3 島 /上遠野

|

好評に付きMCINTOSH&JBLクレジット金利キャンペーン第3弾

好評に付きMCINTOSH&JBLクレジット金利キャンペーン第3弾

12月31日まで、MCINTOSH&JBLクレジット金利キャンペーンを開始します。
今回はMCINTOSH全製品とJBL製品が適用となります。、
又今回追加として、LINN DS製品のみですが対象商品としてご利用頂けます。

期間
12月31日お申込み分まで

対象商品
MCINTOSH全製品
JBLは税込定価\50万以上の製品に限ります。
LINN製品は DS対象製品に限ります
ご利用にあたっての詳細等はお問い合わせください。

そして上記キャンペーンとの連動企画として

MCINTOSH集中展示中です。
どの組み合わせでも試聴可能で、比較試聴も承り中!!
ゆっくりとお聴きください。

展示機種
MCINTOH

プリアンプ 
C46 定価\735,000
http://www.mcintoshlabs.jp/products/preamp/c46.html

C2300 定価\903,000
http://www.mcintoshlabs.jp/products/preamp/c2300.html

C500 定価\1,570,000
http://www.mcintoshlabs.jp/products/preamp/c500.html

パワーアンプ

MC1.2K 定価\2,940,000
http://www.mcintoshlabs.jp/products/power/mc12kw.html

MC2301 定価\3,150,000
http://www.mcintoshlabs.jp/products/power/mc2301.html

MC501 定価\1,365,000
http://www.mcintoshlabs.jp/products/power/mc501.html

MC402 定価\892,500
http://www.mcintoshlabs.jp/products/power/mc402.html

MC252 定価\525,000
http://www.mcintoshlabs.jp/products/power/mc252.html

MC275 定価\735,000
http://www.mcintoshlabs.jp/products/power/mc275.html

SACD/CDプレーヤー

MCD500 定価\924,000
http://www.mcintoshlabs.jp/products/cd_sacd/mcd500.html

MCD301 定価\693,000
http://www.mcintoshlabs.jp/products/cd_sacd/mcd301.html

ダイナミックオーディオ 5555 3F
Phone. 03-3253-5555
赤塚 akatsuka@dynamicaudio.co.jp
柴田 shibata@dynamicaudio.co.jp

|

H.A.L.3 イベント情報 ステラ&ゼファン合同試聴会 追記

いつもご愛顧いただき誠に有難うございます。

12月18日(土曜日)午後1時~午後3時まで開催させていただく輸入代理店ステラヴォックスジャパン&ゼファンの合同試聴会ですが、今回の試聴会の聴きどころをご連絡させていただきます。

●CH Precision D-1 SACD PLAYER \3,200,000(税別)  

計画から発売まで時間がかかったこのCH Precision D-1。
ESOTERIC製 VRDS-NEOメカを使用した数少ないモデル。

このCH PrecisionのCとHは設計者のFlorian CossyのC、Thierry HeebのHをとっておりますが、彼らは数多くのオーディオメーカーにデジタル、及びアナログのデバイスをOEM供給しており、その功績は多大なるものです。

その2人が新しい会社を興し、自社ブランドで発売したのがこのD-1となります。

pdfファイルをご覧いただければお解かりになると思いますが、今後多くの製品、及びカスタマイズされたパーツが出てきます。
このこだわりようは他のメーカーにはなかなか無いでしょう。

とはいえやはり音です。そのこだわりを是非試聴していただきたいと思っております。

●VIOLA PICCOLO Passive Preamplifier  \550,000 (税別) 

CELLOのETUDEはご存知でしょうか?

最近ではあまり馴染みが無いかもしれませんが、ETUDEもこのPICCOLOも電源がいらないPASSIVEコントローラーとなります。

素直に音を届けるということではかなりの優れものだと思います。

ヴォリューム部分は同社プリアンプCADENZAと同様のものを使っております。
電源を使用しない分ここがこのモデルの肝となると思います。

またこのPICCOLOはバランス出力も装備されているのも魅力の一つかもしれません!!

●AUDIO MACHINA CRS サブウーファー \1,400,000(税別)

H.A.L.3 大人気 C.R.M(\980,000)にあわせるサブウーファーとして登場したC.R.S。CRMと組み合わせるための専用のスタンド(\230,000/pair・税別)も用意されております。CRMでは出し切れなかった低域と低域を足すことで得られる中高域のつながりの良さを感じることができるのではないでしょうか。

CRMとCRSはスピーカーケーブルで接続となりますが、CRSはアンプ内蔵となっておりますので、上位モデルPURE SYSTEM同様電源が必要になります。

スタンドもあわせて\2,610,000という定価になりますがその実力はPURE SYSTEMに近づくか。
期待したいところです。C/Pはこちらのほうが上?

ご確認下さい。

●GOLDMUND TELOS350 パワーアンプ \3,900,000 

TELOS400とTELOS600を生産終了し発売したのがこのTELOS350。

第2世代のTELOSシリーズとなりますが、TELOS5000のテクノロジーをふんだんに使用したこのモデルの実力はいかに!!

●TechDAS D-7 D/Aコンバーター オープンプライス

ステラヴォックスジャパンがプロデュースしたMade in Japanの製品。

実勢売価\280,000(税込)という価格の中でかなりテクノロジーと機能を盛り込んでおります。

PC AUDIOを考えているお客様だけではなく、単に今のCD PLAYERの音質をアップしたいというお客様にも対応できるモデルとなっております。

ステラヴォックスジャパンが自身を持って生み出したこのTechDASの実力を感じ取ってください。

●VIVIO AUDIO G2 スピーカー \4,600,000

H.A.L.3では2度目の登場となります。

G1と違うのはサイズとウーファー部分の口径となりますが、台座部分はカーボンを使用したりとある意味グレードが高くなっている部分もあります。

空間再現能力。そして音楽の喜怒哀楽を伝えてくれるスピーカーです。

見た目は賛否両論あると思いますが、かわいいものですね。

●BRINKMAN Turntable"OASIS" + Tonearm"10.5": \2,430,000(税別)

ダイレクトドライブ方式のアナログプレーヤーと専用アーム。
カートリッジもEMTをモディファイしたカートリッジを使用します。

アナログらしさというよりも、これがアナログかと思わせるそのサウンドは
聞いてみないと解りません。

是非アナログの世界も楽しんでください。

その他METISシリーズも登場いたします。

こうご期待下さい!!

*輸入商社にデーターが無いものが多いということもあり、モデル名をクリックするとpdfファイルが開くようになっております。参考にしていただければ幸いです。

<イベント詳細>

日時 :12月18日(土曜日)午後1時~午後3時
場所 :ダイナ5555 4F H.A.L.3
定員 :20名様 誠に申し訳ございませんが、先着順とさせていただきます。

進行 :ステラボックスジャパン 堀川氏/ゼファン 安藤氏

お申し込み: 電話、メールにてご予約をお願い致します。

メールでのお申し込みの場合は./上遠野までメールをお願い致します。

まだまだ席に余裕はございますので、是非ご参加いただければ幸いです。

|

2010年12月10日 (金)

B&W、SONUS FABER、VIVID AUDIOのスピーカー

現在4F H.A.L.III試聴室に3つのスピーカーを展開しております。
Resize0228

B&W 「802 DIAMOND」
http://www.bowers-wilkins.jp/display.aspx?infid=4633

H.A.L.3のメインスピーカーです。S/Nの良さと広大な音場がさらに深化。

SONUS FABER 「STRADIVARI HOMAGE」
http://www.noahcorporation.com/sonusfaber/stradi.html

オーケストラ、オペラの包容力、艶やかな音色は素晴らしいです。

VIVID AUDIO 「B1」
http://www.stellavox-japan.co.jp/products/vividaudio/b1.html

ユニークなデザインも音のため。空間表現に秀でたスピーカーです。

コンセプトの異なるスピーカー達です。お好みのディスクでご試聴下さいませ。

       -*-*-*-*-*-*-*-*-*-

試聴予約、お問い合わせはH.A.L.3島(shima@dynamicaudio.co.jp)、上遠野(ken@dynamicaudio.co.jp)までお願い致します。

|

ブログ移行です

前回お伝えした通り、5Fのブログが5F専用としてAmebaの方で新たに発信していきます。

今までのこのCocologはそのまま残してありますし、5FのメインHPも鋭意製作中です。入り口の新しいページは既に改装してありますので、そこから新しいブログに入れますので。ご覧下さい。5555のメインブログは今まで通りですので変更ございません。

http://ameblo.jp/5555-5f/

今まで以上に特価情報などコアな事や、新入荷製品やイベントの事など今まで以上に素早くお知らせ出来ると思いますし、3人の身近な事も気軽にお伝えしますので、お時間がある時にでもお付き合い下さいませ

5F/天野、宮川、諸石

宜しくお願いします

↓以下問い合わせ↓

諸石/5F(水曜定休)
03-3253-5555

mail to:moroishi@dynamicaudio.co.jp

|

オーディオクエストの高級インターコネクトケーブル2モデルが大特価です!

オーディオクエストの高級インターコネクトケーブル2モデルを大大特価にて販売致します。対象モデルは下記全ての長さが対象になります。

Colorado72vdbs
Colorado 72V DBS

Niagaraの導体をPSC+にしたシリーズ中堅モデルにして、旧Cheetahを超えるパフォーマンスを獲得

希望小売価格
(ペア/税込)

1m 126,000円
導体 : PSC+
  Option
(ペア/税込)

0.5m 98,700円
1.5m 153,300円
2m 181,650円

Columbia48vdbs
Columbia 2  72V DBS

シリーズのベストセラー・モデルは、DBS電圧が72Vへ変更されよりナチュラルなトーン、音場を再現するようになりました。

希望小売価格
(ペア/税込)

1m 63,000円
導体 : PSC+
  Option
(ペア/税込)

0.5m 51,450円
1.5m 74,550円
2m 87,150円

納期、販売価格はお問い合わせ下さい!スペシャルプライスです!!ご注文をお待ちしております。

       -*-*-*-*-*-*-*-*-*-

お問い合わせはH.A.L.3島(shima@dynamicaudio.co.jp)、上遠野(ken@dynamicaudio.co.jp)までお願い致します。

|

Today's lunch!! Vol.75

このお店は創業46年というから当社とほぼ同じ歴史を持っていることになりますが、まあお店のオバサマたちも若いの何のって(笑)そして、私も考えてみたら通い始めて20年くらいは経っているというのがToday's lunch!! Vol.2 で紹介した「とんかつ冨貴」のこと。今はカキフライのシーズンで、大きいものは10センチ近いサイズというボリュームたっぷりのカキフライが名物。例年ならば私も毎回カキフライを注文するところだが今年は違う。行くたびに「ロースかつ」を最近は決まって注文している。何故か? 美味しいから!!

2010121001

証拠写真その1.これだけ歴史のあるお店なのだからお肉の仕入れ先も長年お付き合いがあったそうだが、今年の1月から思い切って仕入れ先を変えたという。それがお店の味に激変をもたらした。証拠写真その2はこれ!!

2010121002

これにトン汁とオシンコ、それにアツアツご飯がついて980円しかも、お代わり自由(^^ゞこのお肉は千葉県産黒豚ということなのだが、どうですか!!この厚みと肉汁の輝きは!!このお肉の変更で、私は近隣のとんかつ屋さんの中でも強力にお勧めできるようになりました!!脂身が甘くジュワーと口に広がりますが後味さっぱりです!! 私はいつも塩をかけて食べますが、お肉の味が本当に良くなりました。女将さんというかおばさんたちに私の名前を言えばツーカーですから、一度お試しください。下記もご覧下さい。いい雰囲気で描かれています。その通りのお店です(笑)

ちょび&姉ちゃんの『アキバでごはん食べたいな。』
 ~「とんかつ 冨貴」編~ 

|

2010年12月 9日 (木)

GERMAN PHYSIKS 「HRS120」特価のお知らせ。

昨日から展開しているBURMESTER+SONUS FABERですが、実はもう一台のスピーカーも鳴らせるようにセッティングしています。

Resize0227

GERMAN PHYSIKS 「HRS120」です。 
http://www.zephyrn.com/products/germanphysiks/hrs120.html

ベンディングウェイブ方式無指向性の自然な広がりのあるサウンドは他にはない魅力。この「HRS120」は240Hz以下の低域は専用ウーファーで駆動するトールボーイ型です。同じドイツのBURMESTERとのマッチングも良く、繊細かつクリアなサウンドを聴かせてくれます。この「HRS120」も展示品特価でご紹介中です。仕上げはウォールナット、程度は良好です。

GERMAN PHYSIKS 「HRS120」 定価\2,940,000
⇒ご成約

ご試聴、お問い合わせをお待ちしております。

       -*-*-*-*-*-*-*-*-*-

お問い合わせはH.A.L.3島(shima@dynamicaudio.co.jp)、上遠野(ken@dynamicaudio.co.jp)までお願い致します。

|

2010年12月 8日 (水)

SONUS FABER 「GUARNERI MEMENTO」展示特価品のご案内。

SONUS FABERの「GUARNERI MEMENTO」をブルメスターのシステムでセットしました!

Resize0225

BURMESTER 「061」CDプレーヤー
http://www.noahcorporation.com/burmester/061.html

BURMESTER 「035」 プリアンプ
http://www.noahcorporation.com/burmester/035.html

BURMESTER 「036」 パワーアンプ
http://www.noahcorporation.com/burmester/036.html

見た目こそ上品ですが、非常にしっかりした、とても濃い音のするサウンドだと思います。是非お聴き下さいませ。

今でもボーカル、弦楽器を聴く方に絶賛されるこの「GUARNERI MEMENTO」、世界限定100台「PALLADIO仕上げ」最後の一台を大特価で販売致します。

Adffe

GUARNERI MEMENTO PALLADIO 定価\2,100,000(税込)
⇒お買い上げありがとうございます!

とても綺麗な黄色です。是非実物をご覧くださいませ。

       -*-*-*-*-*-*-*-*-*-

お問い合わせはH.A.L.3島(shima@dynamicaudio.co.jp)、上遠野(ken@dynamicaudio.co.jp)までお願い致します。

|

天ノ視点 NO,422

天ノ視点 NO,422

やっと届きました!!!

1291785661297

ESOTERIC K-03 \840,000.(込)
ESOTERICの新生CDプレーヤーとしてK-01と同時期に発表されたK-03。K-01はすでにダイナミックオーディオ5555 4Fにて展示が開始されており、比較試聴を行いたいというご要望になかなかお答え出来ておりませんでしたが、本日からここダイナミックオーディオ5555 5階にて展示がスタート致しました。一聴してESOTERICサウンドの良いところを継承しているのが伺えます。まず、歯切れの良さが感じられ、その後すぐに、音楽の深みが溢れてきます。5階ではLINDEMANN.825と並べて試聴して頂けますが、もし、ご希望でしたらK-01との比較も行って頂けます。その場合は事前にご連絡下さい。

☆年末感謝セール開催中☆

1291784896606_2LINDEMANN. SWING 定価\2,625,000.(込)
⇒年末感謝特価 \1,350,000.(込) B級品
なんと!!サンタさんっていたんだ…と言わんばかりの特価商品です。
バリバリの人気商品であるLINDEMANN.の特価品が届きました。LINDEMANN.は新品でも円高還元ということで通常でもお買い得になっておりますが、これほどのお買い得特価は今後あるかどうか…。B級品ってなぜ?2点ほど破損修復の跡がございます。まず、片一本の上部角に一度破損して輸入元に修復した跡がございます。ご説明すると確かに修復の跡は確認できますが、通常使用して頂く分には全く問題ございません。さらに、イベントなどで使用しているので入力コネクターが一度曲がることがありました。しかし、これも、新品と交換済みですので、使用上外見上、まったく問題ございません。このような経緯からB級品としております。間違いなくお買い得の特価商品です。今月20日までのご注文でさらに良いことが?!

1291785002622_2 LINDEMANN. Boogie 定価\1,890,000.(込)
⇒年末感謝特価 \1,100,000.(込) デモ機現品
SWING並みのお値引ではありませんが、こちらもお買得の製品です。
使用頻度は短期間ということで、もう少し鳴らしこみを進めたいところですが、逆に言えば新品により近い商品ということです。
非常にクリアでリアルな鳴り心地はSWINGにも難しいかもしれません。小編成やヴォーカルソロといった、楽器の少ない音源ではSWINGを凌駕するかも知れない可能性を秘めています。シンプルな外観ですが、そのポテンシャルは計り知れません。

V70 OCTAVE V70 定価\924,000.(込)
⇒年末感謝特価 \580,000.(込) デモ機現品
こちらも大人気OCTAVEの特価品の登場です。
OCTAVEがお好きな方でしたらすでにご存じのニュースだと思いますが、製品がSE(スペシャルエディション)に変更になったのに伴い登場しました。SEに変更される前のV70の音でも十分に良いという事実。私は、LINDEMANN.BoogieとこのOCTAVEV70のセットで過去に行われましたダイナ5555オリジナル企画D300で担当半年にてお客様からの総合評価1位を獲得致しました。真空管なのに定格出力70W、真空管なのにリジットな鳴り、真空管ならではの深み、これほどまでに人を引き付けるOCTAVEの特価です。見逃さないで下さいね!

☆イベント告知☆
さぁ…年末ですよ!
年末年始は何かとお忙しいと思いますが、ダイナミックオーディオは年末、はじけます!!

♪Wilson Audio Sophia3 & ESOTERIC K-03 CDプレーヤー比較試聴会♪
長いタイトルになってしまいましたが、そのままです。
今月いっぱい展示が決まったWilson Audio Sophia3をメインスピーカーに固定して、本日新規展示となったESOTERIC新SACDプレーヤーK-03をLINDEMANN.やその他同価格帯のCD/SACDプレーヤーで比較試聴をしてみましょう!PCオーディオが盛んになっているこの時勢において、ESOTERICがその威信をかけて発表したSACDプレーヤーはどのような音なのか?私一人で聴いてもしょうがない!皆さんで聴いてみましょう!

開催日時:12月11日(土曜日)14時~16時(2時間予定)
参加条件等はございません。気になっている方、是非ともこの機会に!
今週の土曜日の開催でちょっと早いですが、事前に参加ご希望のご連絡をお願い致します。メール・お電話どちらでもOKです。お気軽にご参加下さい。

~余談ですが…~
長らく、休止状態でした5階のWEBが復活します。装いも新たに、私天野と同フロア宮川、諸石の3人が精魂込めて只今急ピッチで作成中です。お楽しみに!!

さぁ…新規展示、特価情報、イベント告知と早足でお知らせ致しましたが、最後まで読んで頂けましたでしょうか?最近、ブログの内容が長すぎるというお言葉を頂戴しております。なので、WEB作成と合わせてメールマガジンの作成も進めております。後日、正式告知を行いますが、もし、私の拙い文章に少しでも興味を持って頂けましたら、無料ですのでどうぞお申込みください!!

amano@dynamicaudio.co.jp 5階担当天野

|

2010年12月 7日 (火)

Today's lunch!! Vol.74

行きつけの店というのは間違いがないという事で、今日も出掛ける前からここにしようと向かったのがここ。Today's lunch!! Vol.6 でも紹介したことがあるが屋号が変わっています。最初に行ったのは開店当時ですから既に10年前のこと。当時は“ふらんす亭”という名前のフランチャイズの店でした。開店当時に最初に行った時にはごはんがべちょべちょでレベル低いな~としばらく行きませんでしたが、ある日にもう一度行くと内容が良くなっていてベリーレアで焼いて欲しいと注文したのに焼き過ぎだよ~と店長に言ったら新しいお肉で焼き直してくれました。まあ、それから顔を覚えてもらったのか「今日の焼き加減はいかがでしたか?」と聞かれる事しばしば。それから10年後だから2年前に“ふらんす亭”から脱退して現在のヒーローズステーキハウス秋葉原店に改名すると社長から話しを聞きました。社長とは前述の昔私が焼き方の注文を付けた店長だったわけですが(^^ゞ

さて、開店以来通い続けているわけですが屋号も変わり、メニューも何回も変わってきましたが、現在のメニューは同社のwebサイトに詳しく紹介されています。その中で、しばらく前から私のお気に入りになっているのが“サイコロ”ステーキですが、これをベリーレアで頼んでいます。既に顔見知りの店員さんばかりなので私の注文はいたって簡単。「いつもの…」という一言で足りてしまいます。ちなみに入社10年目の女性店員さんは、初めてお見かけした時には少しポッチャリ(失礼!!)だったのですが、数年間の変化を見ていたら次第にスマートになられて、とてもきれいになりました(*^。^*)これも長年通っていきたからこその観察ということでしょうか(笑)あっ、でも特によいしょ!!しているわけではありませんので、次回うかがっても従来通りにお付き合い頂ければと思いますm(__)m&(笑)

2010120702

さあ、ジュージューと音を立てる厚い鉄板に乗って出てきました!!まだ湯気がもうもうと上がっていますが、ベリーレアで頼んでいるのでお肉と鉄板の間には生のオニオニスライスが敷かれていて、火が通り過ぎないように気配りしてもらっています。以前の付け合わせはモヤシとスイートコーンとインゲン二本でしたが、最近はこのようにマッシュポテトとコーンに変わりました。この方がいいかも(笑)

2010120701

そして、テーブルを見るとカップスープがありますが、これはベーコンとキャベツのコンソメスープで、先ず最初にこれを呑むと胃の動きが活発になってきます(笑)更にソース入れが三つもありますね~、ヒーローズステーキのオリジナルソースが三種類ありますが、これら全てを一緒にもらっているのか? いえいえ、そんな贅沢な事はしていません(^^ゞ以前にはソースの種類は六種類くらいあったのですが、メニュー変更で三種類になりました。それで私は各々のソースも頂いた事があるのですが、「いつもの…」というのは焼き方だけでなくソースにもこだわりがありました。この三つには無塩バターとおろしにんにく、それに醤油が入っているのです!!おろしにんにくをスプーンの先にちょっとだけ取って醤油に溶かして“にんにく醤油”を作ります。そして、無塩バターを熱い鉄板で溶かしてからサイコロステーキのお肉一つずつにスプーンで“にんにく醤油”を垂らしてバターと和えて一つずつ頂きます(*^_^*)熱い鉄板で焦し醤油となって香ばしさも増して、いい感じです!!美味しいですよ~!!

でも、その後が肝心なのですが、ヒーローズステーキハウスは無料でライスの大盛りが頼めます。もちろん私の「いつもの…」では大盛りなのですが、決まって夕方にはお腹が空いてきてしまいます。これどういうことか? 消化がいいという事なんですね~。ランチにステーキは重い!?とお思いでしょうが、いやいや実は軽い?のかもしれません。とにかく満腹になってもたれないのですから言うことなし!! しかし、周りの若い人たちは1ポンド、2ポンド、更に800グラムのハンバーグと注文が飛び交っているのだから頼もしい(笑)私も10年くらい前には1ポンドならペロッと食べていましたが今はちょっと…(^_^;)いやいや、待てよ!!そうそう、ランチではなくてビール飲みながらだったら今でも1ポンドいけますねー!!だからメタボなんでしょうね~(^^ゞ&(笑)

さて、最後に私のToday's lunch!!で紹介してきた色々なお店が漫画で紹介されているサイトがありました。話のタネにご覧になるのも面白いかも~(^^♪

ちょび&姉ちゃんの『アキバでごはん食べたいな。』

|

2010年12月 6日 (月)

SOULNOTE ここにあります!!

101206_1f 先月まで2Fを担当していた小山です。稀にみるダイナ大移動でサウンドハウスが5555 2Fに移転しました。そして私はというと、1F担当となりました。2Fで展開していたSOULNOTEはといえば、、、1F奥のコーナーに移転となりました。以前にくらべ現実的なスペースとなりましたので、よりイメージがつかみやすいと思います。小型スピーカーを揃えていますが、他にご希望のスピーカーの試聴をしたい場合でも事前に連絡を頂ければ準備をしご希望に添いたいと思います。お気軽にお問い合わせください。
 また、1Fといえばアクセサリーが豊富にそろっていますので、このスペースでケーブルや各種アクセサリーの試聴も承っていきたいと思います。

これからも引き続き、音楽を楽しむためのお手伝いができたらなと思います。

5555 1F 小山(03-3253-5555)

|

Today's lunch!! Vol.73

二年ぶりに更新というToday's lunch!!です。大変大変ご無沙汰しておりました。久しぶりにバックナンバーを見直してみると、自分でもよく書いていたな~、と思ってしまいました。私は新規開拓で初めての店に飛び込んで失敗するのがいやなので、ついつい馴染みのある店に通ってしまいます。お陰さまで各店で店員さんに顔を覚えてもらってしまいました。(^^ゞさて、実は今回のランチは今年の夏くらいから気になっていたもの。個人経営の中華料理やラーメン屋さんのチャーハンはそれなりに美味しいのですが、日本人が日本人向けに作っているという印象があります。でも、最近は大きな会社が傘下に飲食店を経営して人材も本場中国から呼び寄せているお店が増えてきたように思います。果たして、このお店がどうかは分かりませんが、数年間通っていて店員もシェフも大分変ってしまいました。でも、その変化が私にとっては嬉しいメニューとなって最近登場したわけです。そのお店とはToday's lunch!! Vol.5  Today's lunch!! Vol.37 などでも既に紹介している上海バールです。

201012601_2

何だ~、変わり映えしないな~と言わず、私が惚れ込んでしまっているランチメニューがこれです。 「エビ海鮮五目炒飯」なのです!!と、ちょっとここで力が入ってしまいました。(^^ゞ実は、同様なメニューが以前は1,280円で同店のチャーハンの中で一番高い値付けだったのですが、それが980円で食べられるというので注文したのは今年の夏くらいだったか? それ以来一種の病みつきのようになっているので、久しぶりにブログで紹介しようと思ったものでした。今日は午後2時くらいに行きましたから空いていましたね~。さあ、料理が出てきました!!

201012602

チャーハンは「フライドライス」と言うんですね~、外国人の多い秋葉原ですからメニューにも英語表記がありました。パラパラのチャーハンが本格的なわけですが、ここのチャーハンはパラパラです!! 海鮮五目と書いてありますが、エビ、タコ、イカ、ホタテまでは確認しているのですが、あとひとつ足りないのはご愛嬌でしょうか(笑)でも、具材には下ごしらえの手間をちゃんとかけてあります。イカは飾り包丁を入れてあり、エビ、タコなども薄い塩味でボイルをしてあります。ラーメン屋さんのチャーハンは具材もろともいっぺんに炒めてしまうところが多いですが、この辺は本格的と言えますね。エビの触感もプリッとしていて下味がほんのりして美味しく、ご飯と一緒に頂くのが楽しくなります。うっすらとした塩味のチャーハンと海鮮の具をひとつずつレンゲに乗せて頂くのですが、噛みしめると上品な味付けが堪りません!!だから飽きないのかもしれませんね~(^^ゞ

新規開拓しないで行きつけの店が多いわけですが、そんなお店でもメニューが新しくなっていれば情報としては面白いかも、ということで久しぶりの更新をしました。次回の更新は未定ですが、最近初めたtwitterで速報として更新をお知らせしたいと思います。では、次回は何時更新するか分かりませんが、どうぞこちらからご覧下さい。ちょっとだけ楽しみにしていて下さい(^^♪ http://twitter.com/HALkawamata

|

5-6 Dussun/R-10,R-20が限定特価

現在5FのHPトップが一新する予定です。着々と進んでいますので近く皆様に発表できると思います。

またそれに伴いBLOGも新しくなります。といってもこれまでのブログはそのままですしいつでも記事は見れますので。要は5Fフロア専用のブログになるのです。我々3人の個性が出てるのでお楽しみにして下さい

ここで特別1セット限定の特価商材です

Logo1_2

http://www.audiorefer.com/dussun/r-10.html

R-10

http://dyna-atc.cocolog-nifty.com/blog/2009/12/dussun-r-10.html

http://dyna5555.cocolog-nifty.com/5555blog/2010/10/6dussunr-10-f27.html

アルミ削り出しの個体から生み出される大注目のプリアンプ

P1070021 R10

R-20

リファレンス・モノパワー

http://dyna5555.cocolog-nifty.com/5555blog/2010/10/9dussunr-20-1c2.html

http://dyna-atc.cocolog-nifty.com/blog/2010/08/294-5ce0.html

P1070042_2

これをセットでご注文頂いた方には非常にお買い得な価格をご提示させていただきます

R-10 定価¥819,000

R-20 定価¥1,470,000 →セットで大特価ですよ!お問い合わせ下さい

もちろん最新タイプのR-10iです。R-10Ver,upに関しては以下
http://dyna5555.cocolog-nifty.com/5555blog/2010/10/18r-10-7a2b.html

これはデモ機などではない新品で日頃Dussun製品を注目される事が多く輸入元との大サービスキャンペーンですのでお見逃し無く!

もちろん試聴されたい方はいるでしょう。今なら5Fに展示していますのでお気軽にお尋ね下さい。またお持ちのSP等と組合わせもなるべく合わせるようにしますのでお問い合わせ下さい

ちなみに!特別仕様のBlack仕上げのR-10も今なら在庫があるのです!お考えの方お早めにお問い合わせ下さいませ

P1010784

http://dyna5555.cocolog-nifty.com/5555blog/2010/11/22blackr-10-f75.html

宜しくお願いします

↓以下問い合わせ↓

諸石/5F(水曜定休)
03-3253-5555

mail to:moroishi@dynamicaudio.co.jp

|

2010年12月 5日 (日)

天ノ視点 NO,421

天ノ視点 NO,421

やっと来ました!!
Wilson Audio Sophia3 \2,200,000.(込/スタンダードカラー)
Dsc_0092

ここ5階は先日から価格を抑えて、ミドルクラスの製品を取り揃えて展示をしていこうということで新たにスタートしておりますが、この定価220万円のSophia3、なぜここにあるのか…それは単純に過去にSophia3の前身であるSphia2があったからという理由です。そしてこのSophia2に私天野が惚れてしまったわけです。2から3に移行するというニュースを聞いた時はそれは驚きました。そしてそのニュースを聞いた時から楽しみでずっとアプローチをしていたわけです。それが、この年末、オーディオショウや各イベントの出展が終わり、短期間ですが、今年中の展示が行えました。まだまだ詰めなければなりませんが、とりあえず音出しはして皆様のご来店をお待ちいたしております。

簡単にご紹介致しましょう。

●ウーファー: 10インチ (25.4 cm) アルミニウム・コーン
●ミッドレンジ: 7インチ (17.78 cm) セルロース/ペーパーパルプコンポジット・コーン
●トゥイーター: 1インチ (2.54 cm) チタニウム逆ドーム
●感度: 87dB @ 1W/1m @ 1 kHz
●公称インピーダンス: 4Ω (最低: 3.1Ω@ 98 Hz)
●周波数特性: +/- 3 dB 20 Hz - 22.5 kHz Room Average Response
●エンクロージュアX-Material w/S-Materialミッドハイバッフル、ウーファー&ミッド・リアポートバスレフ
●外形寸法: 347W × 1103H × 482D (mm)
●重量: 74.9kg(1台当り)

まず、重量はSophia2より約2kg重たい74.9kg。上級機のSasha W/Pが89.5kgですからそれに比べると、多少軽く感じるものの、シングルキャビネットのSophia3の移動はSashaW/Pより困難であると感じます。このシングルキャビネットに関しても、WilsonAudioがSophiaを開発する上で拘ったところではないでしょうか?
AlexandriaX-2やMAXX3といった超が付くハイエンドスピーカーに加え、Systemシリーズの正当後継機であるSashaW/P。価格にするとSashaW/P\3,300,000.…最高級機のAlexandriaX-2で\20,000,000.とハイエンドブランドであることは間違いありません。そんな中で、コストパフォーマンスを求めて…しかし、音質的に妥協はしたくないということで開発されたのがSophiaでした。では、上位機種のSashaとどこが違うのか。一番の大きな違いは、やはり、マルチキャビネットではなくシングルキャビネットであるということ、マルチキャビネットである利点は上部(WATT)の角度が変えられること、それぞれのキャビネットの微小な鳴りを分けられること等があげられると思います。(他にもあると思いますが…)
Sophiaにはその利点こそありませんが、それでもWilson特有の剛性の高い素材で作られたキャビネットやユニット群は上位機種たちと同様で、私の勝手な解釈ですが、WilsonAudioという歴史とノウハウを持つブランドが一つの完成された一個体を作り上げ、上位機種の新たなラインナップに付随する形で進化を遂げて新たに登場してきたと考えます。
相違点と言えばウーハーにも大きな違いがあります。8インチ(20.32 cm)ハードペーパーコーンを2発採用しているSashaとは違い、Sophia3は10インチ(25.4 cm)アルミニウム・コーンを1発採用。Sashaよりもユニット数こそ少ないものの大きなユニットで量感を稼ぐと共に、ダイナミックな鳴りを聴かせてくれます。私はこの10インチのウーハーをどれだけ上手く鳴らせるかでこのSophia3の魅力が変わってくると考えます。そこでいろいろなアンプを繋げて試してみたいと思いますが、まずは元気よく鳴らしてみましょう…ということで、McIntoshのMA7000を繋いでみました。McIntoshのインテグレーテッドの最高位であるMA7000。セパレートタイプのMC252と生産完了モデルのC45がペア100万円ですから製品としてはそれらと同等クラスになります。過去にはSophiaよりも上位機種のスピーカーを難なく鳴らしたこともあり、MA7000であればSophia3を鳴らしきってくれることでしょうという考えです。
キャビネットにも注目です。素材等はSashaやその他の上位機種と同様の素材を使用していますが、たとえば頂点部にSasha同様に傾斜がついたり、ウーハー部に微妙な折り目が付いたり…少しSashaに近づいています。

っということで、簡単にSophia3のご紹介をしました。私が聴いた印象ではSophia2の頃よりも、まとまりが良くなって、より鳴らしやすくなっているように感じました。MA7000というハイパワーのアンプ以外にも、国産LUXMANや現在、5555にて行っている(株)ノアのフェアに合わせて、ブラデリウスやプライマーのシステムでも鳴らして行きたいと思います。

っと現在、5階ではWilson Audio Sophia3と(株)ノアフェアをメインで鳴らしておりますが、その他、注目の機器を取り揃えています。年末はお買い得ですよ!どうぞ、ご来店下さい。

amano@dynamicaudio.co.jp 5階担当天野

|

リンの新製品試聴会を行いました。

本日はリンの新製品試聴会を行いました。

Resize0223

ご参加いただいた15人のうちDSユーザーの方は4名でしたので、リンジャパン山口氏にDSについて詳しく説明して頂きました。ネットワークプレーヤーとPCオーディオの違いについてから始まります。

Resize0222

次に使用機材やDS関連ソフトのKONFIG、KINSKY DESKTOP、リッピングソフトのdBPOWER AMPについてもご紹介。NASやHUBについてのご質問も頂きました。前半は解説が長くなってしまいましたが、最後に「MAJIK DS」と「AKURATE DS」の違いをお聴き頂いて休憩に入りました。

後半は「AKURATE DS」と「AKURATE DS/K」、「AKURATE DS/K」と「KLIMAX DS」を比較を行いました。「KLIMAX DS」はさすが・・・ただ「AKURATE DS/K」もよりKLIMAXに近いクオリティーというのは感じて頂けたと思います。また、同じ曲をリッピングしたCDとスタジオマスタークオリティーでの比較も行いました。DSについては最後に新しい「KINSKY JUKEBOX」の説明をして頂きました。リモコンで登録した曲をいつでも呼び出せるのはIPAD、IPOD TOUCHで曲を選ぶのとは違う便利さがありますね。ご家族誰もが気軽にDSを使えるようになる魅力的な機能です。

Resize0224

最後に「LP12+RADIKAL+UPHORIK」の組み合わせでレコードを3曲聴いて頂きました。ソニーロリンズ太い音してましたね。アナログの魅力の大きさを改めて感じました。

というわけで2時間の試聴会終了です。沢山のお客様ご参加頂きまして誠にありがとうございました。次回のイベントは12/18(土)にステラ&ゼファン合同試聴会開催を行います。

http://dyna5555.cocolog-nifty.com/5555blog/2010/12/1218-13c1.html

こちらも是非ご参加くださいませ。

       -*-*-*-*-*-*-*-*-*-

イベントのお申込みはH.A.L.3島(shima@dynamicaudio.co.jp)、上遠野(ken@dynamicaudio.co.jp)までお願い致します。

|

2010年12月 4日 (土)

明日12/5(日)はLINNの新製品試聴会を行います。

Akurete

明日12/5(日)はLINNの新製品試聴会を行います。まだ数席空いてます。メール、お電話でのご予約をお待ちしております。

目玉は新しくなった「AKURATE DS/k」ですが、このイベントではまだDSのようなネットワークオーディオについてあまりご存じないお客様にも分かりやすくご説明致します。
また、LINNのDSシリーズ3機種(KLIMAX DS、AKURATE DS、MAJIK DS)のグレードの違い、そしてアナログプレーヤー LP12のサウンドもお楽しみいただこうと考えております。

LINNワールド全開のイベントです。是非ご来場下さいませ

日時 : 12/5(日) 午後1時~3時
場所 : ダイナ5555 4F H.A.L.3
定員 : 15名
講師 : リンジャパン 山口氏

       -*-*-*-*-*-*-*-*-*-

イベントのお申込みはH.A.L.3島(shima@dynamicaudio.co.jp)、上遠野(ken@dynamicaudio.co.jp)までお願い致します。

|

5-5 Grimm Audio/CC1

オススメで確実なクロック・ジェネレーターを紹介します

5555に来てからは初でご紹介いたしますが、ATC時代に好きでEsoteric,Marantz製品と非常に相性が良く評判良くお勧めしていました

Grimm Audio/CC1(クロック・ジェネレーター)

詳しくはメーカーページhttp://www.highend.jp/Grimm_CC1.htm

Cc120small_2

トランスポート、DACを高精度なクロックで同期させると高音質になる・・と言われたのは大分前からですが、それは確かな事。機械にもよりますが意外なほどの変化を見せます。

現在では様々なクロックジェネレーターが発売されていますが、その中でもオランダからGrimm AudioのCC1が好調ですね

国産では大きく先陣を切るEsotericの究極の精度追求とは違った目線でデジタルにおける歪となるジッターを出来るだけ減少させノイズを低くする事を目指しています

フロントパネルにて周波数や44.1の2倍4倍と選択出来ます。シンプルで明快です。取説いらずです。

P1050378

本体自体は4kgと非常に軽いです。そして高額な製品には見えにくい??デザインと仕上げですが、それはコンシュマー用途ではなく音質や実用性重視のスタジオ関連のプロシュマー用途とゆう事も少なからずありますが、音質的にも意味があるんですよね。

クロックジェネレーターで非常に変わるのですが、時にメーカーを変えてしまうほど変わる製品がありますが、CC1は個性が無いと言えば違うのですが、あくまで製品の個性や性能を後押しするかのように自然で嫌味がない事が評価出来ます。

確実に奥域や緻密さが沸き、空間表現も増します。

色々試すと供給するケーブル(BNC)で何故だかころころ変化するのも信じがたいですが追い込みには欠かせないでしょう

そして、今までと変わった所もあるんですよ。

それは上の画像で分かると思いますが、GrimmAudio/CC1がクロックジェネレーターとゆう性質上業務機(スタジオ関連)で使用される事が多い事にも繋がりますが、ラックマウント用に金属のひさしがついていました。これが展示の際や設置の際に時に気を使う事がありましたし、デザイン的にも無機質に見えてしまいましたが、今回のタイプではそのひさしが無くなりシンプルな形になりました。

P1070140

より親しみが沸きそうです。

Grimm Audio/CC1 定価¥522,900→お問い合わせ下さい

宜しくお願いします

↓以下問い合わせ↓

諸石/5F(水曜定休)
03-3253-5555

mail to:moroishi@dynamicaudio.co.jp

|

2010年12月 3日 (金)

新AKURATE DS 「AKURATE DS/k」やってきました!

Resize0213

LINN「AKURATE DS/k」がやってきました。日本のみでラインナップされるスペシャルモデルでKLIMAX DSと同じ出力トランスを採用。また、ゼロから新設計したという内部回路には、ロージッタ化のための新マスタークロックシステムを搭載など、「KLIMAX DS」に近いと言われる音質を獲得しているモデルです。

定価\997,500ですが、限定120台に限り定価\924,000(税込)となっております。是非この機会にお求め下さいませ。

LINN 「AKURATE DS/K」 定価\924,000(120台限定定価) 販売価格お問い合わせ下さい。

 

12/5(日)はこれら新製品の試聴会を行います。

http://dyna5555.cocolog-nifty.com/5555blog/2010/11/125linn-4e8f.html

是非ご来場下さいませ。

日時 : 12/5(日) 午後1時~3時
場所 : ダイナ5555 4F H.A.L.3
定員 : 15名

       -*-*-*-*-*-*-*-*-*-

商品のお問い合わせ、イベントのお申込みはH.A.L.3島(shima@dynamicaudio.co.jp)、上遠野(ken@dynamicaudio.co.jp)までお願い致します。

|

5-4 NSIT-150Q

良質な製品は何度でも紹介たいものです

中村製作所のアイソレーション・トランスです

それは隠れたヒット製品

NSIT-150Q

http://ns-t.com/product/audio/nsit-150q.html

150q_11 150q_031

大きいトランスを前にすれば意外と思われるかもしれません、がそれは違うのですよ

大きいトランスこそに意味がある、と常に言ってその効果をお客さんのご自宅でご本人が体験され歓喜の声を日頃聞いていますが、使う機器を大前提に考えれば色々方法はあり

150Qの良い所は150VA×5(総750VA)とゆう小型のトランスが5つあり、前段器に全て使えるのですよ。タップ式に共通給電ではなく個別のトランスからの出力です。

前段器プレイヤー,DAC、アナログ関連、プリアンプ・・どれも数十wの世界ですから、この150VAが如何に大きいか分かると思います。それは現在大ヒットのNSIT-70Rでも分かりますね。あれば70VAでありますが、あれでも十分のなかにその2倍の容量。

それはオススメしている2000VAをそこまで使わなくても1000ではなく2000を圧倒的に違いがあるので薦める理由と同じなのです。

1固体でアイソレーション出来、何台も使う方にはベストです

これは例えば2000をパワー(3500であっても)に使用し、前段用に150Qを使えば惚れ惚れする電源システムですね。

実際にこの組合せで何人も楽しまれる方もいますが、大いに満足されています

と、極簡単に紹介しましたが、詳しくは書いていると一日たってしまうので、更なるアドバイス、使いこなしはご注文時にさせていただきますのでご安心を。

NSIT-150Q 定価¥195,000→お問い合わせ下さい

一応余裕をもって見てますが、基本的に受注なので納期などもお尋ね下さい。

宜しくお願いします

↓以下問い合わせ↓

諸石/5F(水曜定休)
03-3253-5555

mail to:moroishi@dynamicaudio.co.jp

|

2010年12月 2日 (木)

12/18(土) ステラ&ゼファン合同試聴会開催のお知らせ。

Resize0211

イベント第4弾は恒例のステラボックス取り扱いの商品及び今回は兄弟会社のゼファン取り扱いの製品をそろえたステラ&ゼファン合同試聴会を開催いたします。

有楽町の国際フォーラムで開催されたインターナショナルオーディオショーでは多くの新製品が出ておりましたが、今回出来るだけ多くの新製品をご試聴いただけるように考えております。
Topimage201006

是非この機会に話題の新製品をお聴きくださいませ。

<詳細>

日時 :12月18日(土曜日)午後1時~午後3時
場所 :ダイナ5555 4F H.A.L.3
定員 :20名様 誠に申し訳ございませんが、先着順とさせていただきます。
製品 :
   <ステラボックス取り扱い>
    GOLDMUND METISシリーズ GOLDMUND TELOS350、TECHDAS D-7
     VIVID AUDIO G2、BRINKMAN OASIS など 
   <ゼファン取り扱い>   
    VIOLA PICCOLO、AUDIO MACHINA CRM&CRS
    CH Precision D-1 など。

進行 :ステラボックスジャパン 堀川氏/ゼファン 安藤氏

       -*-*-*-*-*-*-*-*-*-

イベントのお申込みはH.A.L.3島(shima@dynamicaudio.co.jp)、上遠野(ken@dynamicaudio.co.jp)までお願い致します。

|

2010年12月 1日 (水)

12/5(日)に行うLINNの新製品発表会の内容が決まりました!

Akurete

12/5(日)に行うLINNの新製品発表会の内容が決まりました!

目玉は新しくなった「AKURATE DS/k」ですが、このイベントではまだDSのようなネットワークオーディオについてあまりご存じないお客様にも分かりやすくご説明致します。
また、LINNのDSシリーズ3機種(KLIMAX DS、AKURATE DS、MAJIK DS)のグレードの違い、そしてアナログプレーヤー LP12のサウンドもお楽しみいただこうと考えております。

LINNワールド全開のイベントです。是非ご来場下さいませ

日時 : 12/5(日) 午後1時~3時
場所 : ダイナ5555 4F H.A.L.3
定員 : 15名
講師 : リンジャパン 山口氏

       -*-*-*-*-*-*-*-*-*-

イベントのお申込みはH.A.L.3島(shima@dynamicaudio.co.jp)、上遠野(ken@dynamicaudio.co.jp)までお願い致します。

|

« 2010年11月 | トップページ | 2011年1月 »