« イベント予告その② : 11/21(日) STUDIO FRANCO SERBLIN 「Ktêma」試聴会 | トップページ | SONY 業務用インナーイヤフォン発売! »

2010年10月28日 (木)

天ノ視点 NO,417

天ノ視点 NO,417

本日の天ノ視点は長いです。

Musike_2

ムジーク スタート!!
先日のブログにて告知をしていたドイツのモニタースピーカーメーカー「Musikelectronic Geithain(ムジーク・エレクトロニック ガイザイン)」のフェアがスタート致しました。プロ用のスピーカーを主とするムジークがコンシューマーとして発表している5機種を一挙展示しております。定価37万円のブックシェルフ型スピーカーから定価700万円を越える大型のスピーカーまで幅のあるラインナップです。上位2機種のスピーカーはアンプ内蔵型のアクティブ型です。しかも定価はOPENとしています。因みに販売値は最上位モデル803KSは税込み\7,350,000.と値段もサイズも5階の価格帯とはほど遠い製品です。その次のクラス800Kは税込み\4,725,000.とそれでもかなりのお値段です。下に今回展示をしている製品の定価を書きますのでご参考下さい。

型番   定価(込)      表面仕上げ材変更費用
ME-25    \388,500.(込)  \43,000.
ME-100   \661,500.(込)  \51,000.
ME-150   \1,512,000.(込) \59,000.
ME-803KS \OPEN
販売価格 \4,725,000.(込) \---
ME-800K  \OPEN
販売価格 \7,350,000.(込) \---

上にも書きましたが、上位2機種に関してはアクティブ型のスピーカーですので、アンプはコントロールアンプ(プリアンプ)のみ使用する形になります。今回5階ではLUXMAN C-600fを使用してみましたが、プリアンプの影響もかなりあると思われます。期間中には色々なプリアンプを接続してみようと思います。因みに、このムジークというブランドは日本では(株)Balladという輸入元が取り扱いを行なっておりますが、実はこのアクティブ型のスピーカーを鳴らす為に、自社にてプリアンプを開発中との事です。この期間中に間に合わせたかったとのことですが、残念ながら間に合いませんでした。今後、製品が出来てくれば聴いてみたい製品です。
先日、東京有楽町・交通会館にて行なわれましたハイエンドショウ・トウキョウ2010でもブースを構え、デモンストレーションを行なったそうです。その後もお問い合わせが多く寄せられているとの事でここ5階にて期間限定の展示がスタート致しました。既に私の所にも試聴やお問合せのご連絡を頂いており、注目度の高さが伺えます。と言っても上位2機種は価格もサイズも鳴らし方も特殊なので現実的な製品3機種をお薦め致します。5階に展示している他のスピーカー達同様に普通に鳴らすスピーカーですが、元々がモニタースピーカーだけに原音忠実指向はなかなかのものです。特徴はなんと言ってもミッドレンジユニットの手前に設計されたツイーターの仮想同軸(?)です。ミッド・ローユニットの音を邪魔してしまうのではないかと思われますが、これが不思議なことに音を聴いてみるとまったく気になりません。逆に、ピントの正確さや実体感は特筆したいものです。完成度の高さが伺えます。ドイツらしい(?)密度のある音は全ての機種に当てはまります。個人的に最も好みな音はブックシェルフ型ME-100です。価格的にも現実的であることはもちろんですが、ブックシェルフとしては多少大型でレンジの広さもあります。最小方ME-25もサイズ対比で考えると十分なレンジを持っていますが、よりバランスよく鳴らしてくれるのはやはりME-100ではないでしょうか?

でも…最上位機種のME-800Kの38cmはやっぱり最高に気持ちいいなぁ…。

ムジークの特徴の一つに仕上げのカラーレーション変更があります。今回、5階に展示してあるのは全てBird eye mapleになります。これが標準色になるそうです。Bird eye mapleを含めて、ムジークでは12色のご用意があるそうですが別途費用が掛かります。…でも、折角のフェアですからね…サービス致しましょう!!

期間中(~11月7日まで)ムジーク製品をお買い上げ頂いた際に、カラーレーションの変更をダイナミックオーディオがご負担致します!!ごうぞ、ご利用下さい!!お薦めはAsh-tree whiteです。白樺の木のように下地の木目がうっすらと出ていて、上品かつナチュラルな仕上げです。

さて、ムジークのフェアがスタートして今週末あたり、バッチリ鳴らそうかと思いきやダイナミックオーディオがお送りする年に一度の大型イベント「マラソン試聴会~THE AUDIO SESSION~」に今年も店長川又のアシスタントとして参加しますので、5階はクローズになります。↓↓↓

第34回マラソン試聴会 ~THE AUDIO SESSION~
http://www.dynamicaudio.com/dyna-info/mar34/image2.gif
今年もこの季節がやって参りました。
私が参加するのは今年で4回目になります。参加と言っても毎年店長川又のアシスタントな訳ですが…。
今年も、ご来場頂いた皆様に必ずご満足して頂けるプレゼンを店長川又始め、5555 6階担当東、5555 4階担当島、サウンドハウス店長厚木の四名が嗜好をこらしてお届けする二日間。さらに今年はAUDIO SESSIONという事でお客様からご希望頂いた注目製品の数々を各担当がアレンジしてお送り致します。担当者が得意とする製品はもちろん、ここでしか…ダイナだから出来るセッティングも見所の一つです。私がアシスタントを行なう店長川又のプレゼンの中には去年のトリニティをさらに進化させた“秘密兵器”が登場するらしい?さてさて…台風なんて吹き飛ばせ!むしろ台風の目となれ!!マラソン試聴会~THE AUDIO SESSIONは明後日30日11時開演です!!

--マラソン試聴会によるフロアクローズのお知らせ--
っという事で、私天野がマラソン試聴会に参加するのに伴い、ダイナミックオーディオ5555 5階 Audio Fitting roomは明日29日(金曜日)から31日(日曜日)までの三日間クローズとなります。11月1日(月曜日)から通常営業に戻ります。また、6階・7階も同様にクローズとなります。ご不便をお掛け致します。1階から4階までのフロアは通常通り営業を行なっております。どうぞご利用下さい。

イベント事が多くなってきましたね。オーディオが最も華やかになるこの季節、体調に気を付けてミュージックライフを楽しんで下さい。

amano@dynamicaudio.co.jp 5階 Audio Fitting room担当天野

|

« イベント予告その② : 11/21(日) STUDIO FRANCO SERBLIN 「Ktêma」試聴会 | トップページ | SONY 業務用インナーイヤフォン発売! »