« TONDA-LABORATORY VOL.39 | トップページ | SOULNOTE sa3.0 × sa1.0R »

2010年10月 1日 (金)

天ノ視点 NO,414

天ノ視点 NO,414

皆様、お久し振りです。
いやー…ダイナミックオーディオの総決算も終了してなんとか普段の営業に戻りつつあります。
決算の企画として行なっていた、LINDEMANN. 825(CDプレーヤー)の企画も好評を頂きまして、ご利用下さいました皆様にはこの場を借りてお礼申し上げます。と言っても、現在も進行中です。お待ち頂いている方は誠に申し訳ございませんが、今しばらくご辛抱下さい。まだまだお申し込み受け付けておりますので、ご希望の方はお気軽にお問合せ下さい。

LINDEMANN.企画…まだまだやりましょう!!

「LINDEMANN. Style」vol,2

Lindemann LINDEMANN. USB-DAC 24/192 定価\123,900(込)
日々、進化を続けるUSB-DACの世界において、現在24/192を受けられるDACはそれほど多くありません。本日10/1(金)発売となっているNorth Star Design Essensio(エッセンシオ)\157,500.(込)32bit/192kHzを除けば、最高クラスのスペックをこのサイズと価格で実現しています。しかしこのUSB-DAC24/192の魅力はなんと言ってもズバリその音質です。UBSDACは受信のスペックはもちろん重要な要素ではありますが、LINDEMANN.自体が825CDプレーヤーを発売するなど、出力製品に力を入れていることもあってか、その音により一層の磨きが掛かっています。一聴すると、爽やかな質感はこれまでに感じたLINDEMANN.製品と同様です。やはり情報量の多さとバランスの良さ、さらには余韻感等、あらゆる面において\123,900のDACとは思えない音を聴かせてくれます。余韻を丁寧にたっぷり聴かせてくれる事によって音楽自体が贅沢なものに感じます。これは過去に7階アシスタントをしていた頃、最高位のCDプレーヤーやトランスポート/DACのシステムを聴いていた頃の感覚と似ています。そういえば、お客様からこんな事を言われました→「Macを10万円で買って、このDACを10万円で買えば20万円。20万円のCDプレーヤーでこの音は出るかなぁ?」
もちろん今お持ちの、いや…今皆様がご覧になっているPC自体があれば、音は出せますので後はUSB-DAC24/192を導入するだけです。(Windowsをご使用の場合は別途ドライバーのインストールが必要です)

いかがでしょう?このUSB-DAC24/192もご自宅で聴いてみますか?
「☆USB-DAC24/192自宅試聴希望☆」
↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑
こちらをメールの題名に貼り付けてお送り下さい。
・お名前
・ご住所
・ご連絡先
・ダイナミックオーディオSHC会員登録の有無
※SHC会員登録をされていない方は登録と同時に、身分証の確認をさせて頂きます。
※SHC会員登録は登録料や会費等、費用は必要ございません。詳しくは天野まで。
上記の事柄を本文に明記ください。
ご希望が重複した場合は、基本として受信の早い方を優先させて頂きます。
期間は4日間(配送時間込)とさせて頂きます。土日希望や平日希望と言った場合は皆様のスケジュールとご相談させて頂く場合がございます。
返送のお代金は皆様のご負担とさせて頂きます。どうぞ、ご了承下さい。
※また、ご来店にて試聴をご希望の場合は事前にご連絡をお願い致します。

さて、実は今日から5階にも期間限定であのスピーカーが登場致しました!

Hb1_2 KISO Acoustic HB-1 (マホガニー) \1,300,000.(別)
久し振りにちゃんと聴きました。一年前までは毎日のように聴いていたこの音を忘れる事はありません。小さな筐体から奏でられる唯一無二の響き、「HIBIKI」から取られているHB-1の名。当時、このスピーカーを「音の宝箱」とKISO Acoustic 原氏が表現していたことを思い出しました。小さな、小さな筐体がまるで一瞬膨らむかのような錯覚さえ覚える筐体の鳴り。はちきれんばかりにエネルギッシュで極限に繊細。大型のスピーカーを所有する多くの方が、このHB-1に魅せられてご購入に踏み切るところに幾度となく立ち会いました。このスピーカーにどれ程の魅力があるのか。まだ聴いた事が無い方、このチャンスにどうぞ!

そういえば…全然話は変わりますが、5階のメインステージのイメチェン(?)を行ないました。
イメチェンと言いますか、大人な雰囲気を出しています。どうぞお立ち寄り下さい。

amano@dynamicaudio.co.jp 5階 Audio Fitting room担当天野

|

« TONDA-LABORATORY VOL.39 | トップページ | SOULNOTE sa3.0 × sa1.0R »