« AKG Q701 クインシー・ジョーンスモデル発売!! | トップページ | sa3.0 発売中!! »

2010年10月26日 (火)

Musik+Electronic

どうもこんにちは。明日は強烈に寒くなりそう…
 
本日、火曜は天野が定休のため、5Fに来ています。
そこで見たスピーカーがコレ!発見!!
Me800k_2Musikelectronic Geithain(ドイツ)
ME 800k』アクティブスピーカーです。
38㎝のダブルウーファーとくれば
聴かないわけにはいきません。
 
まずはENGLESKYTSをかけてみました。うーむ…
なんか量感が…続いてKENNY BARRONの『The Moment』。
これはすごく良かったです。ピアノがコツ―ンとくる所や
シンバルの金属感。ウッドベースの深い鳴り方は
音が語りかけてくるようです。
 
とウキウキ気分になってきて気がつきました。
確かこのDISCは逆相になっていたはず…‥
CDもプリもLuxmanなので3番ホットです。
6Fで聴く時はバランスの位相切替スイッチを押して聴いてます。
今回はまだ押してません。
はい答えは出ました。スピーカーは2番ホットでしょう!
 
これは正相DISCLina Nyberg/Esbjorn Svensson『CLOSE』から選曲。
位相切替スイッチをONにした時にピシッと音が合います。
最終的な自信のためにメーカーに問い合わせました。
やはり2番ホットです。海外メーカーですし普通な話ですが。
 
やっと落ち着いて聴けます。
Me800krear後ろを見るとバスレフ?ではなさそう…
これは後ろに出る逆相成分の中で
ある周波数のみ出るように吸音する
素材(スポンジ)だそうです。
 
確かにスピーカーの横から後ろへと周り込んでみると、
ある一定のポイントからは低域がもたらす量感が
グッと減りました。
 
スピーカーの前に行くと、音離れが良く上側のウーファー前に
ついた2Wayも繋がりの良さに貢献しているのがわかります。
 
もう1度ENGLESKYTSをかけると、形になる前に散って行った
というような低音がしっかりまとまり前へ出てくるようになりました。
バランス接続は怖い…
半密閉という特殊な構造ではありますが、密閉のスピーカー
の質感に酷似しているので、ズンズン低音の響く音では
ありませんが、控えめですが深く響く音は上質な気分になります。
 
他にも5機種揃っているので、ぜひ聴きにいらしてみてください。
在りかは5555 5Fです!
 
5555 / H.A.L.Ⅱ / A.武田でした。
mailto takeda@dynamicaudio.co.jp mailto

|

« AKG Q701 クインシー・ジョーンスモデル発売!! | トップページ | sa3.0 発売中!! »