« 天ノ視点 NO,416 | トップページ | 17回目!システム追加 »

2010年10月24日 (日)

超音波式LPレコードクリーナーGLASS-AUDIO DESK SYSTEM 「VINYL CLEANER」のご紹介。

 じっくりアナログを楽しむのには良い季節になりました。本日は、汚れたLPレコードを自動でクリーニングしてくれる、独GLASS-AUDIO DESK SYSTEME社の「VINYL CLEANER」のご紹介です。レコードクリーナーというとVPIやハンルなどのバキューム式が多いのですが、これは超音波を放射してクリーニングする方式です。

http://www.saec-com.co.jp/product/acc/vinyl_cleaner.html

Resize0173_2
本体は・・・無骨です。

使用前に、クリーニングブラシ4個をセットし、蒸留水4.5Lに専用のクリーニング液を入れます。結構大量ですね。これで約100枚をクリーニングが可能です。その間レコードから出た汚れも本体内部のフィルターでろ過するそうです。

Resize0170_2
LPを本体上面の差し込み口から垂直に差し込み、赤いスタートボタンを押すだけ。スタートボタンを押すとブザーが鳴ります。押す長さによって洗浄時間を最大5分まで指定できます。乾燥時間は常に5分です。

Resize0167_2
スタートするとギリギリまで水位が上がり、洗浄開始。クリーニングブラシも互い違いに回転します。ディスクもゆっくり回ります。その際、水切りブレードで大きな水滴を落としますので、ディスク上に残ることはありません。水滴でレーベル部分が濡れることがないよう工夫されています。稼働音はバキュームを吸い込む音よりは小さいですが、何かしらのモーター音(結構大きめ)は常にします。

洗浄が終わると洗浄液は本体下部に抽出されます。洗浄液がなくなるとファンが回転し、乾燥に移ります。乾燥時間は5分。温風ではありませんので、時間はかかりますが、盤を痛める心配はありません。5分経つとブザーが鳴り、終了です。目につく水滴はなくなりますが、念を入れるなら自然乾燥をさらに行った方が良いでしょう。

LP12にセットして先程聞いたディスクを試聴します。はっきりとクリーニングの効果が表れ、一皮むけたクリアなサウンドを楽しむことが出来ました。

一度に大量に洗浄はできませんが、バキューム式と違い、両面を一度に洗浄でき、乾燥までを完全に自動で行ってくれます。手間をかけずにレコードをきれいにしたい方にお勧めです。

GLASS-AUDIO DESK SYSTEME社の「VINYL CLEANER」定価\378,000
専用洗浄液\2,835(2本組み)
専用クリーニングブラシ、フィルターセット\9,450   

       -*-*-*-*-*-*-*-*-*-

お問い合わせはH.A.L.3島(shima@dynamicaudio.co.jp)、上遠野(ken@dynamicaudio.co.jp)までお願い致します。

|

« 天ノ視点 NO,416 | トップページ | 17回目!システム追加 »